ま、適当に

思いつきで書くよ

USB3.0

今日はホント久しぶりなので、いっぱい書こうと思います。

USB3.0に対応したインターフェースボードと1.5TBのハードディスク、買ってみました。
これ結構・・・てか、相当いいです。

今年はじめのことですが、わがPCの内蔵HDDがぶっ飛びました。
HDDがぶっ飛ぶのはわが人生で3度目のこと。前2回はどうにもならずに保管していたデータを全て諦めざるを得ませんでしたから、「今回もまた全てを失うことになるのか!」と真っ青になった次第です。

とにかくPCがどうやっても立ち上がらなくなっちゃいましたので、こりゃどうもならんということで新しいPCを購入。ぶっ飛んだHDDをこれに接続して弄繰り回した結果、なんとかHDDを認識できるところまで持ち込みました。
ようやく認識できたHDDの中で、一部のファイルは壊れちゃってどうにもなりませんでしたが、それ以外のほとんどのファイルのバックアップを取ることになんとか成功致しました。

このように、HDDぶっとびによる実害は最小限のレベルに食い止めることが出来たものの、この一連の騒動にとんでもない時間と労力を費やされたおいらは、これを契機として
「どんなしょうもないファイルでも、常日頃から必ずバックアップをとる。」
というポリシーを打ち立て、このどう考えても超面倒くさいとしか言いようのないポリシーを頑ななまでに実践していこうと決意いたしました。

実は我が家では画像・映像・音楽をはじめとするファイル各種が管理しきれないほどありまして、その総容量は3TBを越えております。更にまた、これらがある意味メチャクチャに、ランダムに保管されていました。
そのような状況で上のようなポリシーを打ち立てた。これ即ち、メチャクチャに保管されていたファイルをことごとく整理いたしまして、どのようなファイルでもスムーズにバックアップできる体制へともっていくことを決意した、というわけです。
(ちなみに、この”ファイル整理”が大変で、ぶっちゃけ半年以上かかっちゃったりしました。これまでずっとブログの更新を怠ってきた理由も、実はここにあります。)

私の新しいPCに内蔵されていたHDDは、1.5TBのものが2台でした。
また外付けHDD(もちろん全てUSB2.0です)は、容量別に以下の5台を持っておりました。
  ・500GB×2、320GB、250GB×2
要するに、システムや作業領域を除き、合計で4.5TBくらいのファイル保管領域があったわけですが、3TBを超えるファイルを全てバックアップするためには単純計算でもその2倍、7TB近くの容量が必要となるため、このままでは全然足りません。
よって、整理の進捗に併せて、SATA1.0TB内蔵HDD、1.5TB外付けHDD(USB2.0)と買い増して行ったのです。

こうして合計2.5TB分のHDDを新たに購入したわけですが、ファイル整理が終わりに近づくにつれ、やはりHDD容量的にまだ少し足りないことがわかってきました。無理やり詰め込めば入らないこともないのですが、今後のファイル増加を加味していくと、余裕がなさ過ぎるのです。
従って、ここで再び1.5TBの外付けHDDの補充を考えることになりました。そして、その候補として挙がってきたのがUSB3.0対応の1.5T-HDDだったわけです。

我が家のPCは当然のことながらUSB3.0未対応だったので、もしこれを買うとしたならば、HDDに併せてインターフェースボードも買う必要がありました。価格はHDDが2万円弱、ボードが4千円強の計2万4千円くらい。
一方、USB2.0の1.5T-HDDで済ませるとしたら、これが最安値でだいたい14,000円くらいでしたから、単純に投資額だけを比較すると、1万円くらいの余計な出費ということになります。

で、ここでどっちにしようかという葛藤があるにはあったのですが、結局のところ1万円余計に払ってUSB3.0の方を買っちゃったわけです。
んでもって、ここでいきなり飛躍して結論に飛びますが、USB3.0にして正解でした。

とにかくスピードが違いすぎるくらい違いますです。

USB2.0での接続環境の下、1.5TBものファイル、それも画像ファイルみたいな小容量のファイルを大量にコピーするとなると、なんだかんだ合計で1日24時間を越えるような途方もない時間がかかったりします。
これが、USB3.0になると、体感でSATAの内蔵HDDと同じレベルにまで短縮される。
例えばこれまでは数百GBのフォルダをコピーしようとするだけで「残り時間8時間」みたいなとんでもねえ表示が出てきてうんざりさせられておりましたが、これが1時間とか1時間半とか、なんとか我慢できる水準になるのです。
一度この速度に慣れてしまうと、USB2.0なんかかったるくてやってられなくなるのが人情と言うもの。もはや後戻りは出来ません。

今後についてですが、上で我が家の外付けHDDの構成をご紹介致しましたが、500GBとか320GBとか250GBとか、ファイルの種類毎にバックアップ保管する外付けHDDが異なる現状は大変うっとうしいので、いつの日か、大容量HDDにまとめたいと思っています。
ま、そうは言っても今すぐにやるというわけではなく、来年の夏以降とかになりそうではあるのですが・・・・

再び大容量HDDを購入する際には、今度は現行2万円近くする外付けHDDを買うのではなく、USB3.0対応のSATA内蔵HDD用クレードル(現時点で7,000~8,000円くらい)を購入し、これに加えてSATA内蔵HDD(1.5TBで1万円くらい)を買おうかと思っています。
もちろん、単体で取り扱うには外付けHDDの方がずっと有利ではあるのですが、自分のPCのバックアップに使うなら、SATA内蔵HDD+クレードルで何も問題ない。これで速度的には同等ですし、金額的にはクレードルを入れても若干お安いくらいですからね。
また将来、更なるHDD買い増しの際にはSATA内蔵HDDを買い足していけばいいわけですから、外付け買い増しよりも金額的には更にずっとお得でしょ。もしあなた様にUSB3.0のHDDをご検討する機会があるようでしたら、我が家のように複数のPC(現在5台稼動中)を渡り歩くようなことでもない限りは、インターフェースボード+クレードル+SATA内蔵HDDで対応するのがお利口かもしれません。

今後は様々な周辺機器をUSB3.0で取り揃えて行くことになるかと思います。

HDD以外で今欲しいと思っているのは外付けブルーレイドライブ。
今だとこれ、3万円位しますので買いはしませんけど、もしこれが我が家にあればPCでハイビジョンディスクを作成しているだろうなと思うような機会も最近ボチボチ出て参りましたので、こいつが1万円台前半くらいにまで落ちてきた暁には、購入しちゃおうかなと思っています。
(PCでハイビジョン映像をいじくるには、まだ少しPCのスペックが追いついてない感はあるけど)

この話題はまた今度。
んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/25(金) 21:03:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる