ま、適当に

思いつきで書くよ

高地での強弱

一部の方のご期待に添うべく、変なコメントをしてみます。

ワールドカップの予選リーグが全て終了いたしました。前回の優勝国と準優勝国であるフランス、イタリアが揃って敗退したという事実はおいら的にも結構驚きでしたが、それを説明するちょっと面白い屁理屈を知人から教わりましたので、ここでご紹介しようと思います。

「欧州ラテン民族は高地に弱い。」

今回のワールドカップは南アフリカ共和国にある10の競技場で行われておりますが、このうち6つの競技場が標高1,000mを越える高地にあります。で、予選を敗退したフランス、イタリアの戦績と競技場の高低とを照らし合わせてみますと、大変面白いことに、次のような白黒はっきりしたデータが出てくるんです。

 ・フランス0勝1分2敗のうち、2敗が高地での試合。
 ・イタリア0勝2分1敗のうち、1敗が高地での試合。

要するに、欧州ラテン系を代表するこれらの国々は高地だと全然勝てていない、てか、負けちゃってるわけです。

一方、南米の国々はこの逆です。

「南米は高地に強い。」

実際、次の例で見られるように高地だと大変強いというデータが出ています。

 ・ウルグアイ2勝1分のうち、2勝が高地での試合。
 ・アルゼンチン3勝の全てが高地での試合。
 ・パラグアイ1勝2分のうち、1勝1分が高地での試合。

(ちなみに、欧州ラテン民族の雄ポルトガルと南米の雄ブラジルとが同居していた、通称”死のグループ”と呼ばれていたグループGでは、ポルトガル、ブラジルとも試合は全て低地で行われておりましたので、この観点でのデータがとれませんでした。結果は両者が順当に勝ち進んでいます。)

で、日本はどうかというと、この高地への相性という意味では南米と同じなんですね。

 ・日本2勝1敗のうち、2勝が高地での試合、1敗は低地での試合。

要するに日本ってのは、まともに戦えば下馬評通り負けちゃうところを、競技場の空気が薄いことに乗じて何とか予選を突破するところまでもってきた。そんなことが言えるんじゃないか。・・・こんなことを真顔でいうオヤジが私の知り合いにいたわけなんです。

事の真偽はともかくとして、明日のパラグアイ戦は高地で行われます。どちらも高地に強いチームなので、上の屁理屈は日本にとって何の足しにもなりゃしませんが、パラグアイってのを無理やり低く見ようと努力しますと、日本より格下と言えるニュージーランドとスコアレスドローに終わる程度の大したことないチームで、空気の薄さに(?)勝手にコケたイタリアのおかげでたまたまなんとか順当に上がってきただけとも言えますから、ここはひとつ、日本にも頑張っていただきたいものだと思います。

で、もしまぐれでも何でもいいからパラグアイ戦に勝っちゃったりしますと、次の試合はスペインとポルトガルとの勝者と戦うことになります。ここで勝たないと目標のベスト4には上がれないわけなんですけど、実際問題としてFIFAランキング2位、もしくは3位のチームが目の前に立ちはだかるわけですから、ま、普通に考えればここで一巻の終わりってことになるんでしょう。でもね、だけどね、そこで上のデータがもしかするとちょっと使えるかもしれない。そう、この両国は欧州ラテン系、そしてその試合が行われるのは標高1,753mという高地に位置する競技場エリス・パーク・スタジアムなんですから。

というわけで、ちょいと無理やりにすぎるかもしれませんけど、こんな妙なデータとともに、日本代表には「自分の能力が低いことも忘れちゃった図に乗った阿呆の一発」ってのを期待して、私のヘンなコメントを締めくくりたいと思います。

これでいいかな?

スポンサーサイト
  1. 2010/06/27(日) 16:06:32|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変なこと?

「お前が変なこと書くと日本が勝つから、もっと変なこと書け。」

こんな変なこと言われました。ので、パラグアイ戦までにまた書きます。

んじゃ。

  1. 2010/06/26(土) 10:06:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワールドカップ

仕事どころではありません。ブログなんか更新してられません。会社ではトイレに立てこもって寝てるなんてことは言うまでもありません。飲み会も全部お断りしてます。・・・・てな感じで、ここんとこ、ワールドカップ中心の生活にどっぷりとつかっています。面白すぎ。

フランス、しょうがねえなあ。なんだよ、この体たらくは。カメルーンもそうだけど、内紛なんてかっこ悪いことが表面化したようなチームはとっとと失格にして、それぞれの地域予選から繰り上げで別のチームにとっかえちゃえばいいのに。

韓国、がんばったねえ。ギリシャ戦では結構よかったのに、アルゼンチン戦ではアジアと南米との実力差を見せつけられた感じがしてちょいと愕然としたけど、よく立ち直って決勝トーナメント進出を決めたよね。この調子で頑張ってちょ。

北朝鮮はポルトガルにう~ん・・・、ノーコメント。前半は少し押してたくらいに感じたけど・・・・3位と105位だもん。しょうがないよね。

日本はカメルーンに勝ったね。それだけで、マスコミは手のひらを返したように岡田を誉め始めた。笑止笑止。内紛のあったカメルーンにまぐれで一勝しただけじゃん。オランダ戦で互角に戦ったって?バカ言いなさい。あの試合、オランダは勝てば決勝トーナメント進出だったんだよ。別に大量得点する必要なんてなかったのよ。だいたい、ボール支配率はカメルーンやオランダの方がずっと上だったでしょ?これが、スペインに勝利したスイスみたいな戦い方でもしていたというなら、見直すところではあったんだけどね・・・・ま、いいか。何はともあれカメルーンには勝ったんだから。でもね、おいらの評価は変わらないよ。残念ながらね。(と言いつつ、デンマーク戦でのまぐれを期待する気持はその辺の日本人と変わりゃしませんが。)

イングランドもドイツもスペインもイタリアも、決勝T進出など楽勝と思われていた強豪が、実際には予選3戦目にまでもつれ込んでる。ホント、なんでこんなことになるんだかいまだに信じられないけど、とにかく苦戦してるよね。こんだけ強い連中なのに、もしかすると決勝Tに行けないチームも出てくるのかも。・・・・だからこそ、面白くて目が離せないんだろうけど。

あっそうそう、V5についてのお問い合わせ(「iPhoneの新しいやつの方がいいんじゃねえか?」的なお問い合わせ)がありましたのでここで答えておきますけど、iPhoneなんぞお話になりません。V5の方がずっといいです。

iPhoneって、ああいうハードで出来そうなものは何でもかんでもぶち込む的なことしちゃってるもんだから、電池はもたないわ(毎日充電で超面倒)、読めるはずの動画ファイルが読めないわ(例えばAVIファイルと一口に言っても、ハード側のコーデックのカバーする範囲が異なるのか、読めるものと読めないものがあって、へなちょこなハードほど読めないことが多くなったりします)、コミックスも読めないわ(画面が小さいため、解像はしてても肉眼で読めない)、・・・・そもそも画面が小さすぎて、ちょっとV5と比較するのはかわいそうって感じ。ま、両方並べてみてみりゃわかりますよ。(わたしゃ、実際に見てみて、こんな事を書いてます。)要するに別物だよ、これ。おいらの書いてきたような用途をメインに捉えりゃ、V5の方がいいに決まっちょる。

ただし、こんなことをいう背景にはもちろん条件がありますよ。その条件とは、・・・・・おいらのように、V5で鑑賞する映像・画像に事欠かないソフト資産を抱えていること。これがない人はiPhoneの方がいいって言うでしょうね。あたりまえだけど。動画・静止画鑑賞以外にもいろんな事が出来るからね、確かに。

んじゃ。

  1. 2010/06/23(水) 22:31:41|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝!V5ユーザー増

今日もまた、Cowon V5の話題です。なんで3回もCowon V5について書くのかと申しますと、皆様お察しの通り、おいら自身がこいつを大変気に入ってるからです。更に、このブログの読者でおいらと似たような立場の方が複数いるんですけど、こうした方々に対して、もしおいらと似たようなニーズをお持ちだったら、こいつを買ってみたらいかがでしょうかと暗にお勧めしているわけです。

そんな思惑でV5について書いてきたわけですが、先日のおいらのあの阿呆な報告に惑わされたのか、なんと、おいらの周りで2名様が新たにこのV5をお買い上げになられました。これについてはCowonから感謝状をもらいたいくらいですが、それはともかく、多くの方々(といっても2名だが)にやはり似たようなニーズがあったことが実証されたわけですし、そのニーズも、すぐにこいつに手を出しちゃうくらい差し迫ったものだったっちゅーことです。このウレシハズカシな状況を鑑みまして、今後V5について書く際には、所有者にしか通じないかもしれないような細かい点にまで突っ込んだ話も取り上げるようにします。

早速ですが、あれから東京往復のみならず、休日にも何度か持ち歩いてみましたので、今回はその携帯性を中心に使い勝手等についてご報告をさせていただきましょう。

- 動画再生、音楽再生、静止画再生、フラッシュ再生、ドキュメント再生、ボイスレコーダー、ゲーム、他
- 縦横の大きさは128(横)x82(縦)mmで、厚さはケースを入れて27mm。
- 重量は革装ケース込みで300g弱。
- 画面サイズは4.8インチの800x480。
- フル充電時の再生時間は動画で10時間、音楽だと45時間。
- メモリ容量は32GB。USB2.0で、PCから外付けHDD的に取り扱い。

本体に革装ケースを装着すると一回り大きくなりますが、それでも胸ポケットには入ります。ただ、本体197gにケースが加わって300g近くになりますので、これを入れたポケットはその重みに引っ張られ垂れ下がったような状態となってしまいます。これ、気にしなけりゃそれでいいのかもしれませんが、現実には結構気になります。これがどうしても我慢ならないという方は、
 <1>ズボンのポケットに入れる。
 <2>カバンに入れる。
 <3>何らかの工夫をしてベルト位置に装着する。
 <4>ストラップ等で首からぶら下げる。
といった対策が必要となるかもしれません。

ちなみに私は、平日の東京往復時はYシャツじゃなくてスーツの内ポケットに入れて使ってきました。スーツなら、本機の重さがあまり気になりません。ただ、これから暑くなってくると、ただでさえ汗っかきのおいらはスーツの上着なんて着てられません。となるとどうするか。Yシャツの胸ポケットにこいつを入れるってのはちょいと不細工過ぎます。かといって、スーツのパンツで<1>はちょいとしんどいし、カバンと自分がコードでつながっている状態になる<2>はコードの取り回しが結構鬱陶しいし、通勤で<4>はありえないでしょう。となりますと、やるとしたら<3>ってことになりますね。ただ、どうやってやろう・・・・・・というわけで、今後<3>について何か具体的にしでかした上で、後日ご報告いたしたく存じます。

休日にも持ち歩きました。やはり垂れ下がったシャツのポケットが少し気になったため、とりあえず安直に<1>をやってみました。が、・・・・これって・・・短時間ならこれでもいいとは思いますが、どうしてもズボンの片側が不細工に膨れ上がり垂れ下がる状態になりますので、長時間は辛いッス。そう思って、続けざまに<2>で対処してみました。これだと、カバンと自分の身体(耳)がコードでつながっている状態になるわけですが、これがまた動きに何かと制約がかかってやっぱ鬱陶しいです。カバンをヒョイと持ち替えたりすることにも神経を使う状況というのは、精神衛生上全然よろしくない。よって、早々に<1>に戻しちゃいました。

こんな感じで、<1>と<2>になんだかスッキリしないストレスを感じたおいらは、その翌週、<3>と<4>とを試してみましたが、どれもこれもイマイチ。こちらも平日の東京往復同様、今後何か具体的にしでかした上でご報告いたします。

ああ、あと、携帯性について考察するならイヤホンについても触れなきゃなりません。わたしゃイヤホンは付属のものを使わずに、ソニーのネックストラップタイプのノイズキャンセリングイヤホン MDR-NC32NXを使用しています。普通のイヤホンですと、耳から外したときにどこかに収納する必要がありますけど、このイヤホンだと首に引っかかっておりますので単に外すだけでOK。<1><3><4>と組み合わせれば、電車を降りる際などには本体のスイッチを切って、イヤホンを耳から外すだけ。慌しい対応をする必要がありませんので、とっても楽です。

逆に<2>だと普通のイヤホンの方が便利ですね。電車を降りる際などには耳から外してカバンに入れることになりますが、ネックストラップタイプだとわざわざ首から外してカバンにぶち込む必要がありますので、この動作が大変鬱陶しいです。(←これ、所有者が言ってるんですから間違いありません。)特に通勤時の対応として、<2>と組み合わせた普通のイヤホンタイプのノイズキャンセリングイヤホン MDR-NC33の購入も検討課題かもしれません。5,000円くらいで買えるみたいだしね。

尚、何の疑問もなくノイズキャンセリング機能をもったイヤホンの使用を当たり前のように書いておりますが、これ、当たり前なんです。まあとにかく、使ってみてください。使ったことないくせにつべこべ言うのは禁止。あとで恥をかくだけでっせ。とにかく使ってみること。使いさえすれば、普通のイヤホンなんぞ、アホらしくて使ってられなくなるこの感覚が分かっていただけるかと思います。電車の中なんぞでは特にそうで、ノイズの軽減された状態というものがどのようなものか、ま、一度体験してみてください。

念のため申し上げておきますが、これ、単に雑音が聞こえないから快適というだけではありませんよ。普通のイヤホンですと、どうしても電車の騒音に対抗する大音量に設定することになってしまいますが、その状態を長く続けておりますと、突発性難聴を引き起こす危険があります。それが、ノイズキャンセリングイヤホンですと耳に優しい音量でOKとなりますので、身体にもとっても優しいのです。

V5の性能そのものについては何の問題もなく、大変満足しております。実際の使用法ですが、通勤では”ごっつええ感じ”とか”ひょうきん族”とか”ガキの使い”とか”アメトーーク”とか、新旧のバラエティを満員電車の中で鑑賞することを常としています。朝の京浜東北線って蒲田から浜松町あたりまでべらぼうに混むのですが、そんな中、椅子に座っているいい年こいたオヤジが、あまりの混雑で立っている方々からひざをグイグイ押されたりしながらも”ゴレンジャイ”とか”アホアホマン”とか見てプッと噴き出したりしてるわけです。殺伐とした雰囲気の中でつり革につかまって四苦八苦している方々にとってこれほど不愉快なこともないでしょうし、もしかするとおいらに対して殺意さえ覚えてるんじゃないかと思われますが、わたしゃこれを止めることが出来ません。それくらい今までなんてこともなく無駄に過ごしてきた不愉快な時間帯を、楽しく有意義な時間に変えることが出来ている、ってことです。

本日最後の話題ですが、おいらのV5の容量は32GBです。が、ここまで使ってみて、16GBでな~~~~んにも問題ないことを実感しています。容量で言うなら、1日どんなにがんばっても1GB分くらいの動画を鑑賞するのがせいぜいですので、そんなにいっぱい入れておいても意味がないのです。って、そんなことは事前に分かっておりましたが、使ってみて改めて実感できた。そういうことです。実際、たとえ16GBだったとしても数日に一回ソフトの入れ替えをしてやれば十分なのですから、32GBという容量にさほどのメリットを見出せないように思います。あなたが例えばソフト入れ替えのためのPCとの接続を他人に頼んでいるような機械オンチで、そういう機会を極力減らしたいなんて思ってたりするなら話は別ですけどね。

というわけで、まだ購入していないあなたもどう?

  1. 2010/06/02(水) 21:27:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる