ま、適当に

思いつきで書くよ

プラズマクラスターイオン発生機 車載タイプ

花粉症対策の一助にでもなればと、空気清浄機を買おうと思って機種選定を進めてきました。色々な人の色々なコメントを読んだり、ない頭をフル稼働させてありゃこりゃ考えたりなんかして、最終的にダイキンの”うるおい光クリエール”ってやつを買ったんですけど、対抗馬であったシャープのプラズマクラスターにも捨て難い魅力を感じているところ。そこで、こちらに車載用の機種がありましたので、こいつを購入してみました。

もともとおいらは通勤で1日当たり往復2時間~2時間半くらいは車に乗っています。そして、花粉症の季節となると車内に外気を取り込むことは厳禁となりますので、常に車内循環で送風し、窓が曇ってくるとエアコンを入れます。でね、この送風とかエアコンなんですが、若干妙なニオイがすることがあるんです。特に雨天の日とか湿度の高い環境でそんな気がすることが多いのですが、まずはこのニオイを抑えたい。また、逆に乾燥した日には呼気(二酸化炭素)濃度の上昇とあいまって決まって空気のイガイガ感が醸成されますので、これはこれでなんとか抑えたい。とにかく車に乗ってる時間が長いということもあって、花粉そのものへの対策以前に、こういう環境改善へのニーズがありました。

で、実際に購入して使用してみたわけですが、その結果について、検証とかしたわけじゃないので単なる感想に過ぎませんが、一言で言うと「いい感じ」です。

まず、送風・エアコンのニオイについて、あれからまともに雨が降っていないので効果を確信するほどでもないのですが、ニオイが気になったことは一度もありません。また、乾燥時のイガイガ感については、これは確実になくなりました。車内の二酸化炭素がこの機械で減るわけでも(あるいは、酸素が増えるわけでも)ないのに、呼吸していて空気に透明感が感じとれます。確実に環境は改善されている。その結果を数値で表すことは叶いませんが、明らかな実感がありますので、非常に満足しているところです。

一方、もともと空気清浄機導入の動機であった”花粉対策”については、はっきり言ってよく分かりません。シャープによると、

「プラズマクラスターは花粉の表面にあるアレルゲンや、外殻が割れて放出したアレルゲンについては分解・除去できるが、花粉外殻を割ることができないため、花粉内部に含まれるアレルゲンについては分解・除去できない。」

とのこと。(ここが花粉を全部ぶっ壊して処理してくれる光クリエールとの決定的な違いです。)これって要するに、取り込んですぐにはアレルギー反応は発現しなくとも、粘膜上で花粉外殻がぶっ壊れて放出されるアレルゲンには無力ってことでしょうから、多大な効果を期待するには無理があるような気もします。これについては今度、自らの身体を用いて人体実験やってみようと思ってます。その方法は簡単。送風を車外循環にしてみるのです。

たとえ外循環にしても花粉がそのまま車内に無遠慮に入ってくるということではなく、その多くはフィルターでトラップされるとは思うのですが、それでもいくばくかの花粉は車内へと絶えず供給されることになります。こうした連続供給によってある一定濃度にあろうとする花粉を、この機械でいったいどれだけ除去できるのか。この大変興味深い命題の結果を、数値ではなく、おいら自身が引き起こすであろうくしゃみや鼻水、涙、その夜の喘息様の咳等々で推し量ってみようという寸法です。

もちろんこの実験は場合によってはとんでもない結果を引き起こしかねませんので、いつでもやれるというものではなく、最悪土日には寝込んでいられる”金曜日の帰宅時”限定で行うことになります。ただ最近、金曜日は東京(駅)に出かけることが続いているため、この実験を出来ないでいます。明後日も東京行くんでダメなんですが、いつの日かこの実験を敢行できた暁には、その結果をここでお知らせしようと思います。ご期待(?)ください。

スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 20:08:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

準決勝

韓国戦、面白かったですね。勝ちましたから気分がいいのはもちろんなんですが、やっているサッカー自体がやっぱオモロイ。面白かった理由は、やはり”縦”。得点シーンに至る長友もそうでしたが、あの縦にズコッと抜ける感じが堪えられません。

ただ、前回書いた個人に対するおいらの能書きはこの試合に限っては見事に外れた感じで、香川が全く冴えませんでしたね。その代わり、本田がそこそこ働いてました。(PKでいつものようにしゃしゃり出てきて、キーパーに普通に跳ね返されたときはムカつきましたけど。)あと、長友。この人も海外に出て、よりはじけたみたいですね。川島もよかった。この試合に勝てたのは、何と言ってもこの人のおかげですから。

一方、バックラインのへなちょこっぷりは相変わらずで、内田はいつもと同じくうんこでしたし、今野もイマイチ。岩政に至っては力量不足が明らかで、抜かれまくってましたよね。これって裏を返せば「もしここに(今、ケガしてる)中沢と栗原がいたら、メチャつえ~チームになるんじゃねえか」とも考えられますので、こんなんで勝ててるってところが逆にすごいことだとも言えるんですけど。

マイナス面で圧巻だったのは本田拓也ですな。いや~もう、それはそれは酷かった!1点をリードした日本がボールキープを始めた延長後半の残り何分かで出てきて、ボールを持ったら周りに敵選手が誰もいないのにキープもせず無造作にポーンと前線に蹴り出して相手に奪われたり、不用意なファールで韓国の2点目の基点となったフリーキックを与えたり、韓国の得点シーンではボールにばかり集まる幼稚園サッカーに終始してゴールを決めた選手をフリーにしたり、眠い目をこすりながら観戦していたゆたろ・こたろをもってして「こいつ、何しに出てきたんだ?」「韓国の回し者かよ!」と激怒させたそのどうしようもない、頭の悪いプレーの数々。試合は勝利したというのにゆたろ・こたろの怒りは試合終了後も収まらず、こいつが笑顔でいるのを見て、「このバカ、全然自覚してねえよ。」「頭悪すぎだろ!」とまで言わしめました。おいら自身はこやつの普段のプレーを知らないのでどんな選手か実はよく分かってないのですが、今日のこの試合を見る限りはまあ確かに「こいつはバカすぎる」と思ってしまいました。てか、ここまでダメな選手って、おいら初めて見たかも。(ムーディ勝山みたいな顔して、偉そうにガム噛んでんじゃねえよ!)

あとね、この試合ってちょっとフェアじゃないようなところがありました。韓国はイラン相手に延長戦して、中二日でこの試合でしょ?中三日の日本と比べてコンディションは相当悪かったはず。それなのに、日本の方がバテてましたよね。それを見て、ど根性っつーか何つーか、地力的には韓国の方が一枚上なんだろうなと思いました。同条件でこういう強豪と互角に渡り合うには、やはりセンターバックを入れ替えるしかないような・・・・・

中でも、おいら的に相当気に入ってるのがサイドバックのチャ・ドゥリ選手。彼、Fマリに来てくれないですかね。あの労を惜しまない猪突猛進型のプレーって、個人的に好みなんですよ。

決勝はオーストラリアですか。予選リーグでは韓国と引き分けてますから、強いチームなんでしょう。更に、準決勝で6-0で圧勝しているオーストラリアに対して、こちらは韓国と延長戦までして消耗しておりますから、そこは多少の不利があるかと思います。ただ、決勝には中三日あるから今回の韓国ほどの不利ではないはず。なんとかがんばっていただきたいと思います。

それはそうと、キ・ソンヨンが日本人侮蔑の意を込めて猿まねしたらしいッスね。その理由が「大韓民国国民だから」だって。バカだね、こいつ。自国まで貶めちゃってることにも気づかない、宇宙レベルの大バカや。かわいい顔して、どうしようもないガキなんだね、こいつ。日本から直接迷惑なんぞ被ったことなどないだろうに、それでいてこんな無駄に無意味な感情もってこんな低俗なことができるなんて、世間狭すぎ。未熟にも程があろう。おいらは、戦争世代でもないくせに反日感情を持つ韓国人とか無意味に嫌韓感情をまき散らす日本人とか、どちらも救いようのないバカだと断定します。そして、バカは嫌いです。

んじゃ。

  1. 2011/01/26(水) 21:58:37|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザックジャパン

皆様、アジアカップにおけるサッカー日本代表の戦いっぷりをご覧になっておられますでしょうか?

大会をフォローされている方々には言うまでもないことですが、我がザックジャパン、一般的に格下と判断されているチームに終了間際まで負けていて直前に1点とって引き分けたり、退場者を出してバタついたりなんてことを繰り返していて、なんだかとっても危なっかしい印象を持たれている方も多いかと存じます。でも、私は全然違う印象を持っています。

このチームのやってるサッカー、てか、やろうとしているサッカーって、すごく面白くないすか?一言で言うなら「縦一本」みたいな。少なくとも私には、幻想報道ばかりが先行して実は何の実態もポリシーもなかった岡田なんぞと比べて、ザッケローニのやろうとしていることがビンビン伝わってくるんですけど。

その中心は、なんといっても香川でしょ。彼、ドイツに行って完璧にはじけましたよね。日本にいた頃は”まあちょっとだけ優れた選手”程度だったのが、ドイツで爆発した。要するに縦でメチャクチャ活きる男だったんすよ、彼は。日本人って伝統的に縦ができませんからね。そんな環境の中で、大して目立たなかったのも無理はない。

彼はこの大会では得点がなかなか入らず、調子が悪いみたいなことを言われちゃってました。が、こんなの、彼の質の高いプレーに周りが付いて来れなかっただけでしょ。彼の能力開花に必要な縦パスが、誰からも出なかったし。

チーム全体を鳥瞰してみますと、最初は確かに全体的にギクシャクしてましたが、大会が進むにしたがって高度な連携が(”縦”が)有機的に機能し始め、本田とか吉田麻也とか使えねえ元名古屋のプレーヤーを除いて(こいつらがなぜ召集されているのかさっぱり分からん)、香川中心によくまとまってきた印象があります。

あとはセンターバックを元通りに(中沢と栗原に)入れ替えて、ロシアのチームで補欠しているまっすぐしか走れない頭の悪すぎる本田なんぞとっととロシアに帰して、松井と前田を常時起用しましょうよ。そうすればこのチームは相当なもんになるかと思います。

明日は韓国戦です。韓国は過去の歴史の中でもトップレベルにあるチームだと思いますし、こちらはセンターバックが急造の超出来損ない状態なので、普通に考えれば相当不利だと判断されます。が、それはそれとして何とかがんばって欲しいと思います。ただまあ、万が一負けたとしても、おいらはこのチームにポテンシャルを感じてますから、あんまり気にしません。3位決定戦もありますしね。勝っても負けてもあと2試合、引き続き面白い試合をお願いいたします。

  1. 2011/01/24(月) 22:56:53|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PC購入

大分前にご紹介いたしましたが、我が家には固有のPCお下がり制度が存在します。具体的には、新たなPCを購入したらそれまで使っていたPCをおかんに払い下げ、おかんが使っていたやつはゆたろに、ゆたろが使っていたやつはこたろに、ってことで、おいら⇒おかん⇒ゆたろ⇒こたろとPCを下げ渡して行くシステムなんですが、これがまともに機能したことなど過去に一度もなく、PCを普通に使ってたら壊れ、下げ渡してみては壊れ、中古PCをもらってきては壊れ・・・なんて感じでPCの補充・脱落を繰り返しているうちに、今、4台のデスクトップが屋根裏部屋に眠った状態になってます。

そしてつい先日、ゆたろに下げ渡したPCがぶっ壊れました。これは米国駐在時代から使用していた自作のデスクトップPCで、キーボードは米国仕様配列品。英語版Windows XPの上で日本語ATOKを走らせていて、入力のキーが日本語キーボードと微妙に異なる、大変楽しいPCです。もう既に10年近く使用している年代もので、こいつが我が主力機であった時代はとてつもない負荷をかけ続けていたのですが、おかんに払い下げられて以降も不具合を起こすこともなく、これまで奇跡的に動き続けておりました。それが、昨年くらいから微妙な破滅音を出し始め(これは以前にこのブログで書いたかも)、今年に入ってついに不可逆的にぶっ壊れちゃった次第です。

これで我が家で動くPCは、おいらのドスパラPC(デスクトップ)、おかんのノートPC、そしてこたろの古いThinkPad(ノート)というたったの3台になってしまいました。自分のPCがぶっ壊れたゆたろは、iPodを持ってるくせに音楽の出し入れが出来なくなって八方塞状態に陥り、おいらはおいらでiPodの充電の度にあやつがいちいちPCを借りに来るのが鬱陶しくなってまいりました。

そこで新しいPCの導入検討を開始。てか、おいらの性格からしていざ検討を始めちゃうともうダメで、買わないというオプションは直ちに消えてなくなり、購入が既定路線化しちゃったんですけどね。手元にはNANAOの19インチモニター、5.1chスピーカーシステムがありますので、導入するのはこれらの周辺機器が活用できるデスクトップタイプのものということになります。

で、まずPCお下がり制度の原点に立ち返り、おいらのPCを買うことを検討いたしましたが、6TBくらいあるファイルの管理体制をまた新たに構築し直すのも面倒だし、そもそもそんなのを新たに作るとなると、ストレージ等も含めてPC本体にかかるお金がバカになりません。また、おかんに聞くと、新たにデスクトップをあてがわれるよりも今のノートを引き続き使いたいということでしたので、今回は我が家自慢のPCお下がり制度の運用をスッパリと断念いたしまして、5.1chを再生可能な中で最安値ゾーンのPC、3~4万円のものをゆたろに直接買い与えるってところに落ち着いたのです。(なんで、あんな阿呆に新しいPCを買ってやらなきゃならんのか、ちょっと釈然としないけど。)

買うと決まったら、その次はどこのどの機種を買うかという話になるんですが、それから色々と各社のサイトを見て回ってはみたものの、こんな廉価版PCに目立つような差などつくはずもございません。結局、ちょっとした差を小まめに検討する行為自体がバカらしくなってきて、たまたまサイトを閲覧していた”マウスコンピュータ”で、たった今、半ば衝動的に購入手続きをとっちゃいました。

発注したPCは月末くらいに届くみたいなんですけど、封を開ければすぐ使えるかっていうとそんなわけもなくて、使えるように仕上げてやらなければなりません。まずやることは、ブートHDDのパーティションを切ること。そして、旧ゆたろPCに接続していた160GBのHDDをこちらに移管すること。その上で、各種ソフトのインストールを始めます。というわけで、以下、作業指南のため、インストールすべきソフトを列記しておきます。
(この辺からはもう備忘録みたいなもんになるから、読んでもしょうがないと思うよ。)

- Monitor control
- 5.1ch control
- Office2000
- CD2WAV32
- 午後のこ~だ
- 圧縮・解凍ソフト
- マンガミーヤ
- SNES
- SKYPE
- iTunes
- English ソフト2種
- GOM Player
- Craving Explorer
- FastCopy
- 極窓
- ・・・・・

とりあえずこんなもん?

あとですね、このPCはゆたろ専用のものとはせず、ゆたろこたろ共用と位置づけました。設置はゆたろの部屋になりますが、ゆたろがいないときにはこたろが自由に使用してもOK。PC到着前からそのように言い渡します。せっかく新しいPCを買うわけですから、これを機にこたろに激遅ノートPCを与えている後ろめたさも一気に解消しちゃおうってことですね。

あと、DVDマルチドライブとかHDDリムーバブルケースとか、屋根裏で眠っている4台のPCから使えそうな部品を取り外して、いつでも有効利用できるようにしておかなきゃね。これ、やろうやろうと思いつつ全然やってなかったんで、これを機にやっておくってことで。

それでは。

  1. 2011/01/20(木) 21:47:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立て続けに・・・(2)

続きは明日、なんて書いておいて、実際には仕事が立て込んじゃって全然無理でした。すいません。続きとして書きたかったのは、5D本体の限界とでも言いましょうか、そういうのを感じちゃったことです。

購入以来5年超もの間、5Dを褒めてばっかりきたんですけど、実際には「ここがもう少し進化してくれればなあ」ってこともあるわけです。その第一に挙げられるポイントは”オートフォーカス”。特に古いAPS-Cカメラの使用経験をお持ちの方ならご理解いただけるかと存じますが、昔のオートフォーカスって結構ショボイでしょ?APS-Cとフルサイズとの違いも大きい。おいら自身、初代キスデジから5Dに乗り換えた際、あまりの進化っぷりにめまいがしたくらいですから。

ぶっちゃけ、5Dのオートフォーカスってソコソコだと思いますし、普通に写真撮っている分には何も問題ありません。ただ、ことサッカー撮影となるとピンポイントで辛いシチュエーションがあったりします。そこが今回取り上げる改善要望のポイント。それは、遠い被写体を撮るときに起こります。

これまで何度も述べてきたように、サッカーだとわたしゃゴール裏近辺で撮影することがほとんどなんですけど、こちらのエンドライン周辺から、向こう側のゴール前を撮影するようなとき。こういうときに、フォーカスのヒット率がガクッと落ちるんですよ。これまた以前から述べていることですが、おいらったらサッカーは全て日の丸構図で撮っています。(撮影後のトリミングが常)で、そのときに被写体は画像中央で捉えているにもかかわらず、なぜかフォーカスは被写体の後ろのゴールネットとか、ボール飛散防止用のネットとか壁とか、とにかく背後に何かあると(つーか、何かあるのが普通ですが)、そこにフォーカスを持っていかれることが多いんです。

被写体は確かにど真ん中で捉えてるんですよ。ええ、間違いなくちゃんとど真ん中にね。毎度毎度、SILKYPIX上で確かめてるんだから間違いない。なのにフォーカスは背景に行っちゃってる画像が多い。その理由がさっぱり分からないでいます。特に、ファインダーの中で合焦すると赤く光る四角いフォーカスフレームと被写体とが大きさ的に同程度になるほど被写体が遠いときに、この不可思議な現象が高頻度で発生するようになります。それも、ときにそれは半端じゃないレベルで起こり、例えばその条件で10枚撮ると、8~9枚のフォーカスは後ろに持っていかれている。それくらい酷いこともあるほどです。

最初、その原因はこのフォーカスフレームが実際のフォーカスポイントより上下左右どちらかにずれているからかと思ってました。そこで、「被写体をど真ん中からわざと上下左右にずらして撮る」なんてことも試してみたんですけど、ダメでした。ずらしたらずらしたマンマ(背景にフォーカスが来た状態で)撮れちゃいます。くどくなりますが、これ、フォーカスが甘いということではありませんから誤解のなきよう。甘いんじゃなくて、違うところにフォーカスが来るってことですよ。初代キスデジなどは全体的にフォーカスが甘い感じで、被写体にバッチリと合焦するとうれしかったりしたもんですが、5Dはその点に文句はなく、バッチリと合焦してくれます。問題なのは、その合焦ポイントがこちらの意図する被写体とは別のところに来ちゃうってこってス。

こういうの、5D2では改善されてるんですかね?もし改善されてるなら、この秋に出ると思われる5D3なんかは、かなり期待できますよね。それなら5D温存のためなどという後ろ向きの理由ではなく、こいつを積極的に買う意味が出てくるってもんです。ま、こんなの、同じ環境で試写してみれば一発で分かるかと思うんですけど、なにせおいらの周りに5D2を貸してくれるような人がいないもんですから確かめようもないんですけどね。

あと、5Dってシャッターがブニャブニャですよね。グニャって感じでシャッターが切れます。画質とは関係ありませんが、改善できるもんならここも改善して欲しい。・・・・とまあ、こんなところでしょうか。

ま、こんなこと、新しいカメラを買わない限りはどうにもならないことなので、言ってもしょうがありませんでしたね。ただ、APS-Cの型落ちのカメラがコンデジに毛の生えたような価格にまで落ちてきたとき、衝動買いする可能性が出てきました。この辺の論理の飛躍は、これまでの記述にご共感いただける方にはご理解いただけようかと存じます。いやはや、人の物欲って果てしないものですね。

・・・なんだか、神経が逝っちゃった人の言い回しみたいになってきましたので、そろそろ止めておきます。(疲れてんのかも。)

んじゃまた。

  1. 2011/01/19(水) 21:55:03|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立て続けに・・・

新年早々、景気の悪い話はしたくはないんですが、ここんとこ連続して苦難の出来事が続いてます。

まず、花粉症。5日の初出勤日にとてつもない症状が襲いかかってきました。(いきなり”写真”のカテゴリーとは関係ない話題ですが、見逃してください。)

以前から何度か繰り返しておりますが、おいらの会社は神奈川の山奥(?)にあるんですけど、もうすでに花粉が飛びまくってまして、初出勤の際にここで大量に吸い込んじゃったみたいなんです。テレビなんぞでは、花粉症のない無神経なニュースキャスターの小娘が「まだ花粉は飛んでいません」などと抜かしやがったりしておりますが、こんなのを信じちゃいけません。

で、翌日から鼻水が一日1リットルくらい出るわ、涙とが止まらねえわ、咳き込むわ、翌日なんぞは目やにで目が開かねえわ、・・・ってことで、その週末に耳鼻科に突撃。

「ああ、花粉症ですね。炎症が相当酷い。強い薬を出しておきます。それにしても、今年は花粉量がすごいそうですよ。花粉症の患者さんは昨年末からいらっしゃってます。」

というわけで、あのドクターは我が花粉症の症状を軽減させてくれた上に、小娘ニュースキャスターの嘘八百のコメントを完膚無きまでに撃破してくださり、感謝の念に堪えません。

次に、花粉症の症状が軽減したことをいいことに、ゆたろサッカーの撮影に赴きました。そこでショックな出来事がダブルで発生しちゃいました。

まず、いつものように試合会場全体を鳥瞰した写真を撮ろうと5Dにうんこシグマ17-35mmF2.8-4を装着したのですが、このレンズのオートフォーカス機能がぶっ壊れたことが確認されたのです。何度シャッターを半押ししてもうんともすんとも言いやがりません。

「シグマの野郎、どこまでおいらをコケにすれば気が済むんだ?」

久々に脳裏に蘇ってきたシグマへの憎悪を高ぶらせつつ、その一方で「超広角だからフォーカスなんてテキトーでいいや」と自分を慰めながら、マニュアルでテキトーにフォーカスを合わせて撮影しました。

次に、1.4xエクステンダーと望遠レンズとの接続がバカになりました。レンズをはめ込んで回すと普通はカチッといって止まるんですが、全然カチッと言わずに反対に回すと回ってしまい、そのままレンズが外れてしまいます。で、ありゃこりゃ四苦八苦してるとようやくカチッとはまったんですが、レンズを斜めにするような妙な力をかけないとはまらなかったりしましたので、こんなことやってたら早晩接点がイカれると思われます。

更に、・・・って、もう眠くなってきたので(文章がいつにも増して相当よれてるから分かるでしょ)、この続きはまた明日。


  1. 2011/01/16(日) 23:29:23|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとう。

直樹の行き先が決まらんと、なんか、落ち着かんがな。

  1. 2011/01/05(水) 20:54:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる