ま、適当に

思いつきで書くよ

三菱の炊飯器(2)

魚沼産のコシヒカリをいただきましたので、早速水を増量した”芳醇炊き”をして食べてみました。

いや~、うまい!うまいッス。とにかくひたすら美味・・・・ではあるですが、前と比べて格段に美味くなったという感じではありません。(と言っても、魚沼コシヒカリなんぞ、”前”にはあんま食べたことないけど。(笑))

美味さの絶対値で言うなら、この前感動した米より更に美味しいんですよ。これは間違いない。ただ、もともと美味しい米なので、この炊飯器による旨さの増幅度が普通の米ほどではない。そういうことです。その結果、前の炊飯器ならうまい米と普通の米との差がもっと分かりやすかったと思うんですが、この新しい炊飯器だと両者間にそれほどの差は感じなくなった。ぶっちゃけ言うなら、大したことのない米がとっても美味しくなることによって、うまい米との差が縮まった感があります。本当にうまい米の価値があまり感じられなくなったっつーか、技術革新によって米への価値観が大きく変わったっつーか・・・・

今ね、我が家には福島県産の無銘の米があるんです。福島の米といえば福島市で生産した米からセシウムが検出されたばかりですが、我が家のは放射線量を測定して問題なかった会津産のもので、あるスジから適正価格(「買い叩いたりしていない」という意味です)で入手しました。なんたって無銘ですからもともとそんなに高い米ではないんですが、魚沼を食い尽くしたら、次はこいつを食べてみようかと思っています。「価格相応で、さほどおいしいというわけではない」という前振りで購入した米なので、魚沼産コシヒカリとは逆の検証が出来るかと。こいつがどれほど旨く感じられるのか・・・・・またレポートします。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2011/11/19(土) 23:25:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨人の内紛

あのねえ、こんなの、クソみたいな連中がクソみたいなことやってるってだけでしょ。あまりにクソ臭いんで、眼中にありません。それにしても、長年にわたってこんなクソどもにいいように操られやがって、いい加減気づけよ、クソ巨人ファン。

以上

  1. 2011/11/18(金) 21:24:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fマリノス 対 松本山雅

昨日行われた天皇杯3回戦、おいらもBSでTV観戦しておりましたが、マツのJFL松本山雅がJ1アルビレックス新潟を見事1-0で撃破して4回戦進出を決めました。でもって、12月17日に行われる4回戦の対戦相手は、この日、栃木を3-0で一蹴したFマリノス。いや~、もう、こんなことってあるんですね~。

「この試合、絶対に見たい。どこでやるのかは知らねえが、観戦に行っちゃお~っと。」

早速そう宣言したんですが、この儚い望みもおかんによって(?)即座に叩き潰されました。

「12月17日ってこたろの公式戦、日産スタジアム杯があるわよ。」

なんてこったい!ゆたろが引退して普段の土日のスケジュールなんぞスッカスカのくせに、今年いっぱいでたった2つしかない参加必須のイベントがよりによって同日に行われるとは・・・・

今年度、こたろサッカー部の公式戦はこの大会しかないんです。これが終わると来年4月まで何もない。そしてこの日産スタジアム杯ってのはトーナメントなんで、負けたら終わりなんスよ。17日に行われるのは区の予選なので、前のチームなら強かったんで負けるはずもないからすっ飛ばしてもよかったんですが、何せ今年のチームはとっても弱い。17日で終わっちゃう可能性も十分ありますから、最初から目が離せない。どうしてもすっ飛ばせないんです。あいつがキャプテンになって初めての公式戦でもあるし。

でも、おいら的にはこの「Fマリノス 対 松本山雅」という試合の”見たい度”ってのも半端ないレベルにあるッス。とにかく直に見たい。スタジアムの雰囲気を直に味わいたい。ある意味、たとえFマリのJの優勝決定戦をスタジアムで見られなかったとしてもTV中継があれば何とか我慢しますが、こればっかりはTVじゃダメ。現場じゃないとね。

さあ、どうしたもんでしょう。いや、マジで頭抱えちゃってます。困った!


  1. 2011/11/17(木) 21:07:51|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三菱のIH炊飯器

昔々のその昔、このブログにて新しい炊飯器を買うと宣言しておきながら結局な~んにもせず、無為無策な日々を過ごしておりました。それが先日、ついに古い炊飯器がにっちもさっちも行かなくなり、新しいのを買わざるを得ない状況になってしまいました。

てことで買いました、新しい炊飯器。三菱のNJ-VV102ってやつ。なんでこの機種にしたかっつーと、「買値は25,000円以内」という基準を何の脈絡もなく唐突に打ち出し、その線で選びました。ぶっちゃけ、機種選定すんのが面倒くさくなっちゃったってことですね。以前から、釜の種類がいろいろあって、そこにはいろんな屁理屈があって、その理屈一つ一つがいちいちすごそうだってことで検討はしていたんですけど、結局のところ、それぞれすごいのはなんとなく分かるが、比較してみてどれが最もいいのかが分からない。どちらがより優れているのかが分からない。てことで、最終的には「それなりに売れた技術なら差なんぞないだろ」ってことで、考えることを放棄しちゃったわけです。いくら頭で考えたってね、実際に食ってみないことには比較なんぞできるわけないし。

というわけで、以前買おうと思っていたおどり炊きの三洋電機がパナになって撤退したっぽい。「んじゃ、蒸気レスIHの三菱だ」って感じで、ホント、テキトーに選んじゃいました。(機種検討に要した時間は2分くらいでしたか。)

で、先日モノが届いたので早速炊いてみたわけなんですが、・・・・ぶっちゃけ、特段大騒ぎするほど美味しくはありませんでした。以前よりちょっとは旨いかなってくらいなもんで、言われなきゃあんまりわからない感じ。

「なんだよ、もう。こんなもんだったのかよ。」

三菱っぽく(?)硬めに炊かれたご飯を口にしながら、多少がっかりしていました。

ちょっと前に炊飯器の評価を調べまくってた頃は、三菱の炊飯器は米が立つようなちょいと硬めに炊き上がったご飯が好きな人にはたまらない機種、ってことのようだったのですが、あいにく我が家は柔らかいお米が好きなんですよね。(んじゃ、三菱なんか買うなよ!)んなもんですから、とりあえず「もうちょっと水の量を増やして、柔らかく炊いてくんない?」なんてことをおかんに進言いたしました。

で、その次の回、水の量を増やしたとかで炊き上がってきたご飯を食べてみたんですが、結構美味しくなっている。「なるほど。米の旨さって、炊飯器の良し悪しよりも、好みの硬さ・柔らかさの方が重要だったのね」なんてことを思っちゃったりしました。この勘違い、次の炊飯で起こった驚きの事件(?)によってすぐ否定されることになるんですけどね。

んでもって、その次の炊飯にあたる翌々日のご飯なんですが、・・・・・今度はね、見た目から違いました。別に特に旨い米って訳でもないのに、あの”炊きたての旨い米”の感じ(←分かる人には分かるはず)が濃厚にあるんです。ご飯の見た目からくる不思議な感じに包まれながら、こいつを一口食べてみてまたビックリ!

「ぐお~~っ!米がうめえぞ~~っ!」

とんでもねえ旨さです。なんじゃこりゃ。そう思ったおいらはおかんに理由を尋ねました。

「”芳醇炊き”っていうのを試してみたのよ。あと、水の量を更に増やしてみた。3合のお米に水は4合のライン近くまで入れてみたの。」

なんでも、水を更に増やした上で、普通に炊くより時間のかかる炊き方で炊いてみたとのこと。上蓋には[芳醇炊き]などというでっかいボタンまで用意されているくらいですから、この炊き方はこのジャーの売りの一つではあることは間違いないのですが、それにしたってねえ。同じジャーを使っていてまさかこんなに違うとは・・・・。この瞬間を境に、おいらの価値観は一変しました。

「こんなに美味しくなるんならとっとと買うんだった!このレベルの機種でこんなに旨いんだから、最上位機種ともなればどれほど美味しくなるんだろう。いや~、これってもう、とんでもない技術革新ですよね。三菱だけが旨いとは考えにくいので、おそらく他社のだって同じような感動が得られるんでしょう。炊飯器が古くなって買い替えに悩んでいるあなた、とっとと買ったらいいッスよ。」

5kg1,800円の特価で売られてる米が魚沼産コシヒカリになる・・というのは大げさだとしても、1,800円の米がうちのそばのスーパーで一番高い2,700円のコシヒカリ(←相当旨い)くらいのレベルにはなります。価格的にざっと1.5倍くらいですか。量的に死ぬほど食いやがるゆたろこたろを抱える我が家では月に軽く1万円以上は米を消費しますので、これならあっという間に償却できちゃいますね。

ま、ただ念のために言っておきますけど、この事例ってのは、相当柔らかい米を好みとしている我が家で、硬い米に定評のある三菱の炊飯器を使って、水の量を基準より遥かに多く入れて芳醇炊きとやらで炊いた超軟らかい米を「こりゃうめえ」なんて言っている、という特殊例に過ぎませんから、そこんとこは間引いて考えてね。(どうやって間引くんじゃ?)

普通の米がこれだけ旨くなるってことは、もともと美味しい米を炊いたらどうなっちゃうんでしょうか。てことで今度、ゆたろこたろのいない隙を見計らって魚沼産コシヒカリでも炊いてみようかと思ってます。あるいはつや姫でもいいかな。このお米はあんまり作っていないのか最近見かけませんが、一回食べてめちゃ旨かったし。こういう米がどれだけ美味しくなっちゃうんだろう。旨すぎて死んじゃうかも。

あと、くそ安い米も試して見ないとね。古古米とかも。5kgはリスクが高いから、2kg単位くらいで買ってみようかと。美味くなったらめっけものでしょ。もしまずかったら、ゆたろこたろに食わせときます。

とにかく米の美味い不味いっていうのは米の種類だけじゃなくて、炊き方(硬く炊くと旨い米とか)の相性とか、炊飯器との相性とかもありそうなので、気づいたことがあればまたレポートしてみます。

んじゃ。

  1. 2011/11/07(月) 20:19:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに写真の話題など

飛行機撮ったり電車撮ったり、はたまた虫撮ったり鳥撮ったり、あるいは風景撮ったりスナップ撮ったり・・・などといったところにほとんど興味はなく、子供のサッカーを撮ることを除けば個人的に定番となる被写体などないっちゅーのが、最近のおいらの撮影実態です。で、そのサッカーもゆたろが引退しちゃいましたので、実質的にこたろのサッカーしかない状態に陥っちゃってます。

そのこたろのサッカーなんですけど、今はチームのレベルアップの時期に当たり、練習試合ならそれこそ毎週のようにやってますけど、公式戦は12月中旬の日産スタジアム杯予選までお預けなんですわ。おいら的にはある意味勝負のかかっていない”待ったなし感”のない練習試合なんてものを撮影しても面白くもなんともないもんですから、止めちゃおうと決意したところでもありますので、結局、ここんとこな~んにも撮影しない週末が続いておりますです。

一方、ヨンニッパが市場に出回り始めて2ヶ月が経過いたしました。で、おいらはっつーと、貧乏をこじらせている現在、生活必需品とは到底いえない”望遠レンズ”なんてものに百万円などという大金を投入できるような余裕があるはずもなく、以前と変わらぬ無為なる日々を送っているのが実情です。上記のように撮影機会自体がないもんですから特段物欲も沸きあがってこないわけでして、我ながらジジ臭くていやなんですけど、精神的になんか、低位でバランスしちゃってます。

昨年のチームは様々な大会で神奈川県で片手で数えられるような順位にまで上り詰めておりましたので、こちらの撮影意欲も次から次へと沸いて来たもんですが、今年のチームはというと、最近の練習試合を見る限りさほど期待できそうにもありませんので、「サンヨンで十分」「ヨンニッパで記録に残すほどのものでもない」ってな感覚が漠としたレベルでおいらを支配しちゃってます。ま、こりゃ、地元の子供のみで構成されている公立中学の宿命だと思いますのでしゃーないッス。少なくともこたろが中学を出るまではおいら、サンヨンで撮り続けてるように思われます。

そんなことより、おいら的に少しだけ気になっているのはカメラの方です。往年の開発サイクルからいうと、そろそろ5D3なるものが発売されてなきゃおかしいんですが、まだなんですよね。発売の発表すらされていません。震災の影響?それともデジイチ市場が冷めちゃったせいでしょうか。前にも書きましたが、とにかくおいら的には年間万単位の連写ばかりをしてカメラに多大な負荷をかけているサッカー撮影はとっとと5D3へと移行し、なるべく早く5Dを温存する体制に持って行きたいということもありますので、キャノンさんには5D3、はよ出してもらわんと困ります。

先日、1Ds系と1D系とを統合したような1D Xとかいうカメラが発表になりました。このカメラ、おいら的には相当オーバースペックですし価格も50万円を越えちゃってますので、こいつを買うなんてことは金輪際ありませんが、一旦増やした画素数をここで抑えてきたところなど、なかなか好感の持てるカメラです。連写枚数を稼ぐって意味もあるんでしょうけど、1Ds3で一度2,000万画素を越したってのにここでまた下げてきたってのは、やはり前から書いてきているように、2,000万画素のところで画質的な一線(Lレンズの中でもいいレンズじゃないと、まともに改造しないレベル)が引けるってことをキャノン自身が自覚していたってことじゃないでしょうか。ここにきてキャノンもものづくりというものがようやく分かってきたような・・・・この調子で5D3もお願いしたいものです。

ただ、「売れりゃあ何してもいい」とばかりに、今までアホウなこともあえて積極的に散々行ってきたキャノンのことです。ムダに2,110万画素もある5D2より更に画素数を増やしてくることだってあり得ます。もしそんなことになったらおいら、5D3の購入は断念して、片落ちになって価格の下落した5D2を買うかもしれません。5D2って今でも値段的に大分こなれてきた感がありますからね。キスデジよりも更にドットピッチの狭い5D2でサンヨンがちゃんと写るかちょいと心配ですが、更に画素数の増えたうんこカメラよりはマシだろうってことで。

あと、カメラとは全然脈絡のない話になりますが、7インチのタブレットに物欲を燃やしています。通勤時に映像鑑賞をするにはCOWON V5で十分なんですが、コミックスを読むとなるともうちょっと解像度が欲しい。V5で読めないこともないんですけど、4.8インチで800x480というのは少しだけ小さくて少しだけ粗いんですよね。コミックスを読むならV5より一回りでかくてより解像するもの。そんな欲求がず~っとあったもんですからね。

iPadみたいに10.1インチのものに興味はありません。電車の中で取り出すにはちょいとでかすぎますんで。(特に、立ったままこいつを鑑賞するには無理があるし。)欲しいのは7インチもので、V5の800x480よりも解像度の高いもの。解像度がV5並みでいいならいろいろと選択肢はありますが、同じじゃ意味ないんでね。となると、機種がグッと限定されてきます。価格も4万円台のものが多くなる。

そんな中、Lenovoが安いのを出してきました。7インチで1,024x600、HDD16GBのが23,000円ちょい、2GBのものでいいなら18,000円を切るような価格です。他社のと比べて相当安いですよね、これ。

映像もやろうと思えばいけるんでしょうけど、映像鑑賞時の電池の公称持続時間がV5の10時間に対して7時間。おいらの通勤条件では、おそらく2往復フルにはもちません。またAndroidって再生アプリをいろいろ入れないとmp4すら読めないくらい映像に弱いみたいですし、いくら再生アプリを駆使したところで、大概の映像は問題なく再生できるV5(ほとんどの拡張子/コーデックに対応)とは異なり、日本製のAVプレーヤーとかでもよくクレームがつくように同じAVIファイルでも再生できないケースが結構あったりするんじゃないかと思います。だからまあタブレット入手後は、映像が見たけりゃV5、コミックスを読みたけりゃタブレット、移動時にお気軽に見るならV5、座ってじっくり見るならタブレット、休日のプライベート使用にはV5、自宅で寝転がりながらタブレット・・・・こんな感じの棲み分けになるんじゃないかと妄想中。

買うか買わないかはSkypeが出来るかどうかで決めようかと思ってます。スペックはもうこんなもんでいいですから、あとはWi-Fiを通じて完全無料でSkypeができるかどうか。これさえ出来るんなら買います。出来ないんなら、出来る機種の発売を待ちます。出来るか出来ないかなんてすぐにわかりそうなモンなんですが、現時点でどうにも分からないんですよね。もうチョット経てば分かると思いますんで、そこで判断するつもり。

んじゃ。

  1. 2011/11/06(日) 22:17:15|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる