ま、適当に

思いつきで書くよ

和司解任

お久しぶりです。天皇杯で負けて、和司が解任されました。

前半戦はよかったから最終順位は5位で終わったけど、ありゃバックラインと飯倉ががんばったからなんであって、どこまで行っても個の力に頼っていた。リーグ戦も後半に入ると、その限界が吹き出て負け散らかしたってことだよね。とにかくチームとしての攻め手が何もねえもんだから、全体が崩壊しかかってたし。このまま来年彼が指揮を執ったとしても、ま、ぶっちゃけ無理でしょ。要するに、まだ監督の器じゃねえって事だよ。解任はしょうがない。もうちょっと修行してから出直した方がいいと思います。

で、次の監督は樋口だって。これ、どうよ。

他チームの監督やってあれだけ結果出せなかった人を今ここで監督にするって、なんなん?彼は典型的な「そばにいるとよく見えるタイプの人」(←こういう人、よくいるでしょ)なんでしょう。そして、やらせてみたら全然ダメで、よく考えると、前からの業績をよく見れてれば使えないことは分かっていた。・・・今回ばかりは成長したと思ったんだがな~。ダメだったか~。・・・こういう人なんちゃうんか?

おいら、この人が山形の監督やったとき応援してたんで印象深いんだけど、とっても失望させられたことばかり覚えてる。あれから成長した?・・・・いや~、アルディージャとか横浜FCとかを単年で解任されているところを見ても、あんま期待できないんちゃうかな。

監督は反町にして欲しかったなあ。長谷川健太とかいろいろ報道されてたけど、おいらはずっと反町がいいって思ってた。ちぇ。

それにしても、社長の嘉悦は辞めねえのかよ。ACL行けなきゃ辞任とか言ってたくせしやがって、この大嘘つきが!今更役員報酬を50%カットだ何だ言われても、そんな戯言(たわごと)、おいらは一切認めねえからな。おめえにどんな能力があるのかは知らねえが、組織のトップが一旦”辞める”などと重大な約束をした以上、何があっても辞めるのが筋。どんな言い訳も通用しない。それに、こういう類の発言を翻したやつが、その後期待を超える成果なんぞ挙げたためしがないなんてことは歴史が証明している。そんなトップなど縁起でもねえ。とっとと辞めやがれ!

スポンサーサイト
  1. 2011/12/31(土) 00:05:18|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PCスピーカー

1ヶ月ほど前まで、リビングに設置したPC(以前のおいらの主力PC)のサウンドは、1万数千円で買った23インチモニターについてるおまけスピーカーで聞いていました。それがね、時を経るに従ってそのあまりのしょうもなさに他の試みに走るヤカラが後を絶たなくなり、いつしか百均で買ってきた1mイヤホンで聞くのが常態化することと相成りました。ただ、室内で、なおかつ100円のイヤホンごときを使用するというのは耳の健康上もよろしくないですし、イヤホンを使っているヤツ(主におかんとこたろ)に近くで話しかけても返事すらしやがりませんので、こりゃあかんと思って対策を検討。結局、PCスピーカーの購入という抜本的改革に乗り出した次第です。

一口に”スピーカー”と言ってもピンキリで、結構いいスペックを保持しているこのPCのサウンド機能と相談するなら5.1chのスピーカーを買うというのが順当なんでしょうけど、リビング内にコードを引きずり回してリアスピーカーの置き場所に頭を悩ませるのも面倒だし、我が家で3セット目の5.1chなんてムダにもほどがあるって感じだし、そもそも貧乏だし、・・・てことで、5.1chどころか、ここは思い切って2.1chのサブウーファーすら諦めて、とり回しが簡単な3,000円くらいの2 wayのスピーカーにしました。

で、早速つなげて鳴らしてみたんですが、これがまた結構いい音で鳴るんですわ。一昔前ならスピーカーの音ってのはほとんど筐体で決まり、重低音を鳴らしても微動だにしないような重量級の大型スピーカーが良しとされておりましたが、そんな価値観はもはや遠い過去のもの。今どきのスピーカーってのは本体がちっこくて軽くても、とってもよく鳴ります。(と言っても、さすがにウーファーを存分に鳴らすほどじゃあないけどね。)

「1,000円台のスピーカーだとハズレが多いよ。でも、3,000円も出せばまずハズれない。売れ筋のものを買っておけば間違いない。」

そういってくれた方がいらっしゃったのでその通りにしたのですが、これが正解だったのかもしれません。たったの3,000円で以前のペラッペラなどうしようもない音質が何年もの間この音にアップグレードされ続けるわけですから、そのコストパフォーマンスはちょいと考えただけでもべらぼうなレベルで、1,000円台と3,000円との差など屁みたいなもんです。

PCの音がヘボイあなた、ここは一発購入を考えてみたらどうスかね?お勧めしますよ。

んじゃ。

  1. 2011/12/03(土) 10:53:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次は何?

皆様既にご承知の通り、昨年夏に2L切り張りによる高解像度ポスターの作成を始めて以来、タイでの巨大印刷からフォトモザイクと、それなりの紆余曲折を経てそれなりに楽しんでまいりました。そんな中、2Lを組み合わせただけの単純なポスターの作成には既に興味が失せつつありまして、その代わりとして「大きな作品を作る」というニーズに対しては様々なサイズのタイでの巨大印刷をスタンダードにしちゃおうなどと人の迷惑も顧みずに勝手に妄想していたのですが、こちらはこちらで洪水によってそれどころではない状態。結局、サッカー端境期に当たるこの1~2ヶ月の間はフォトモザイクに傾注して取り組むことと相成りました。

この間、タイで印刷をお願いしたゆたろこたろの試作フォトモザイク2本を皮切りとして、16:9のコマ画像をベースとしたB1縦置きに相当するサイズの作品を15本、4:3のコマ画像をベースとしたB0横置きに相当する作品を1本、頼まれたり勝手に差し上げたりしながら世に出してきました。短い期間に多数の作品を作ってきた過程においてPhotoshopでの2L分割プリント用のフォーマット等も全て用意されることとなり、あとは淡々と作業するだけという環境が整ったところで、いつものように少し飽きてきました。(←より完成度の高い”システム”を作っていく過程が面白いんですよね、こういうの。)

「次は何をしようか?」

写真処理の新しい技法を開発したがっている自分がそう問いかけてきます。今のところはPhotoshopを使って油絵調にしてみるとか、点画調にしてみるとか、あるいは元絵とエンボスの凸凹感を組み合わせて立体感をかもし出してみるとか、そんなこと考えてます。ド素人があんまりアザトイことをしようとしてもうんざり感が漂うだけでしょうからなるべくシンプルなやつってことで、Photoshopのフィルタを一つ一つ試しながら、2~3のフィルタを組み合わせて何か面白い表現は出来ないかとイメージを膨らませているところです。

フォトモザイクでもそうでしたが、こういう細工を前提にすれば元画像の高解像度は必要なくなりますので、画素数の低い画像でも結構大きく拡大して鑑賞が出来るようになるというメリットもあります。価格面に目を向ければ、B1相当くらいの大きさの印刷物が実質的に700円くらいで出来ちゃいますので、大変安上がりでいい趣味なんじゃないかと。モニター上の画像と現物とでは相当印象が変わったりも致しますので、画像処理をしてはどうしようかと悩むんじゃなくて、ちょっとでも見所があるなら印刷してみてから判断する。とにかく安いんだから、そんなんでいいんじゃないかと思っています。

とりあえずB2サイズ1枚もののカレンダーか何かを念頭に作成してみる気でおります。こいつが何か定番めいたモノにでも仕上がったら、またご報告申し上げます。

ちなみにこの”フォトモザイク”ってやつですが、作成するには大量の画像が必要になります。普通の人が作ろうにもそんなに画像を持ってないと辛いッスよね。おいら自身、ゆたろこたろのサッカー関係だったら「何でも来いや!」ってな感じではありますが、それ以外だと相当心細い。逆に言うならサッカーならいろいろと作れそうなので、これってせっかくのチャンスでもありますから、人様に差し上げるなんてことも視野に入れながら考えられるだけのことを考え、作れるだけ作っちゃろうかと思っています。

ただ、最初に述べましたようにA版やB版といった規格サイズを作るのはもう飽きてきちゃったので、規格外の世界へと羽ばたきましょうか。まずは等身大のゆたろやこたろを作っちゃって、じいさんばあさんの家にでも納品するとか。襖(ふすま)サイズなんかどうだろ?「襖が古くなってきたら、張替える前にこいつを使ってみてほしい」とか「いつでも等身大の孫が見られるよ」とか何とか言って。

って、こんな子供だましの言い草がまともに通用するとも思えませんが、通用しなくたって別にいいじゃん!ゆたろこたろが片隅に破片的でも映っている画像までかき集めれば、彼らのここ1年余りのサッカー画像って4,000枚くらいはあるから、襖サイズのフォトモザイクがコマの重複なしで作れちゃうんでね。思い立ったが吉日だよね。早速作業に入ろっと。

んじゃまた。

  1. 2011/12/01(木) 21:08:30|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる