ま、適当に

思いつきで書くよ

こたろ再々々骨折

まだ左腕にギプスをはめたままの状態のこたろですが、この度、鎖骨をまた骨折しました。いったい何回骨折すりゃあ気が済むのかって思うんですけど、それはともかく、今回のは全治3ヶ月とのこと。すなわち、これによってこの骨折バカの中学サッカー人生は突然終焉を迎えたのとほぼ同義ってことになっちゃうわけです。

てことでね、この前立てた計画の前提が脆くも吹き飛んでしまいましたので、これに合わせてボーナスセールでの5D3の購入もあっさりと断念。買うのはぶっちゃけ来年ですね。そうでなくともこの5D3、発売以来ボコボコ発見されてきたいくつかの不具合への対応で、たとえ今発注しても6月以降の納品になるみたいですしね。更には価格だってまだちっとも落ちてない状態ですから。ま、来年になれば、世間様の評価が低い分、価格も落ちてることでしょうからね。こたろの高校でのサッカー活動状況に合わせて購入を検討するざんす。

そんじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/26(木) 22:25:12|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無能の権化

嘉悦、下条、樋口。これほど往生際の悪いじじいどもって久しぶりだ。

いい加減にせよ。

  1. 2012/04/22(日) 21:15:46|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

右ひざボキボキ事件

糖尿病、高血圧、腎臓病、心筋梗塞、大動脈瘤、・・・・・様々な成人病を引き起こすリスクの高い”デブ”。

デブは医療費高騰の元凶。

デブの多い健康保険組合には容赦ないペナルティを課そうじゃないか。

というデブ廃絶に向けた世論の高まりとともに各企業の健康保険組合独自の努力があちこちでクローズアップされてきている、かどうかは定かではありませんが、この度、会社の健保より「メタボ予備軍のあんたのために保健指導プログラムを用意したから参加しない?」という案内が来ました。外部業者に健康管理させるこのプログラム、4万円もする費用は全額健保もちで、「あんたはただ参加してくれればそれでいいから」なんだそうです。建前は”任意”なんだけど、実質”強制”的なにおいのプンプンするこのデブ廃絶キャンペーン。

「んじゃまあ、せっかくの機会ですから参加させていただきます。」

次々と繰り出されてくる執拗な(?)勧誘についに屈して、そう返事をしたのは3月中旬のことでした。それを受けて4月早々に詳細の説明があり、早速その”特定保健指導プログラム”とやらが始まりました。

まず、目標設定させられます。「○○○○のために、6ヶ月後××kgを目指します!」というフレーズの”○○○○”と”××”にテキトーな文言・数値を入れさせらます。なんだかピンと来なかったおいらは、「何を書いても結構です」というインストラクターの助言に従い
  ・○○○○=10年前のスーツを着る
  ・××=-6kg
と書きました。これはこの前、我が家の衣装換えをしたことでたまたま昔のスーツを発見したから思い浮かんだけで、他意はありません。

そしたら、今度はそのためのアクションを3つ設定させられます。で、これについても様々な紆余曲折を経て、
  ・揚げ物は週3回まで
  ・夕食は20分以上かける
  ・毎日10分以上のストレッチを行う
という、誰でも出来そうなレベルの具体的なアクションを設定したんすよ。

でね、この最後の”10分間以上のストレッチ”ってのをここんとこ一週間以上、自分なりにやってるんです。
 (1)開脚して左右の脚の脛(すね)に頭をくっつけるように身体を倒していく
 (2)脚を曲げて胡坐(あぐら)に近い感じで両足の裏をあわせた状態で、両足の親指にキスをする感じで身体を前に倒していく
 (3)片足を伸ばしたまま、もう片側の脚の股関節、ひざ関節、足首をそれぞれ90度に曲げて、その状態で身体を曲げたひざの方に倒していく
それぞれ8回を1セットとして、風呂上りに毎日10セット以上やってるッス。・・とまあ、ここまでが本日のテーマの前振りです。

一昨日、3つ目(3)の90度のヤツをやっていたときのことです。関節という関節が硬直化しきっているおいらは、片足の関節を90度90度に曲げていくこの体勢だと身体を垂直に保つだけでも苦労するような状況に陥るんですが、それでもなんとか無理やりにでも曲げた膝関節の方に向かって身体を倒していくわけです(実際には倒れちゃいませんが)。ただ、右脚なんぞはまだ運動を始めてもいない段階から右膝が結構痛かったりしたんです。そんなところに身体を倒そうもんなら、骨がきしむような痛みとでも申しましょうか。まあ硬い身体を柔らかくしようというストレッチですから、ある程度は痛いのを我慢して身体を倒しかけるわけなんですが、そんな右膝の痛みがだんだん激痛じみてくるんです。最後は結局、痛みのせいで手加減する羽目に陥るんですけど、昨日はいつもとちょいと違いました。

痛みが激痛に近くなってきてそろそろ手加減しようかなと思った瞬間、突然右膝が”ボキボキボキ!”って言いやがったんです。北斗神拳のケンシロウみたいに手の指の骨とか首の骨とか、自分でボキボキいわせる人がいるでしょ?あれと同じことが膝で起きたんです。それと同時に右膝がつっかえ棒を失った感じで、10~20cmくらい右膝側にグイッと身体が倒れました。

「右ひざ、逝ったか!」

そう思ってすぐさまストレッチを中止し、右ひざをまっすぐ伸ばして深呼吸。その後ゆっくりと左右に捻じ曲げたりしてみたのですが、右膝の内側に相当の違和感を感じるものの、痛み自体は大したことはない。別に逝っちゃったわけじゃないってことを確認して少しホッとしたんですけど、関節が動くたびに多少の痛みを伴うもんですからおっかなくなって、昨日はそこでストレッチを止めておきました。

んでもって本日に至るわけなんですけど、相変わらず右膝内側の違和感が消えません。歩行に支障があるわけではないんですが、痛みも少しだけ残っています。何なんでしょうか、これ。特に(3)などは痛みが酷すぎて未だに出来ないし。ただ、現時点で確かめることが出来ないんですけど、痛みさえ引けば関節の稼動範囲がワンランク広がったような気もします。てことで、デブいせいで健保の財政を直撃するリスク因子であるという屈辱的状況を少しでも早く脱却しなければならない事情を鑑み、(3)の右脚以外はこれからも継続してやって行こうと思います。はよ、痛みが引かんかな。

それにしても、じじいになるとホント、いろんなことが起こりますなあ。たかがストレッチでこんな目に遭うなんて、果てしなきポンコツっぷりってところでしょうか。

んじゃまた。

  1. 2012/04/17(火) 21:51:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タムロン「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」(Model A007)

5D3と前後しておいらが買うかもしれないと宣言していたタムロンの標準ズーム24-70mmですが、4月26日に発売だそうです。定価14万円也。各販売店での予約価格も10万円を越えちゃってるようなので、現時点ではちょっと手が出まへん。もう少し安くしてもらえるとうれしいんですけどねえ。

この機種っておいら的には「A09の広角側を広くして超音波モーターをつけた機種」というイメージしかないんですが、多くの世の中の人は違っていて、VC(タムロンの手ぶれ防止機能:キャノンでいうIS)があるってところを評価しているらしいッス。

前にもここに書いたような気がするんですけど、おいらは広角~標準に手ぶれ防止機能をつけてもしょうがねえって思ってます。そりゃたまには使うこともあるだろうけど、そんないつ享受できるか分からないようなメリットよりも、IS機構を入れることによる画質劣化の被害の方がどう考えても大きいから。撮影する全ての写真の画質を劣化させてまでほしがるような機能じゃねえ。そういうことです。・・・ただ、ISがそれだけ求められてるってことなら、おいらの気づかない何かがあるんじゃないか。そう思って価格コムあたりで手ぶれ防止機能をほしがっている人の意見を読んではみたんですけど、どいつもこいつもとにかく闇雲に欲しいっていうばかりで、ガキが訳も分からず騒いでるとしか思えないような発言ばかり。これではセンサーに高画素を期待する阿呆と同じじゃないですか。

広角で手ぶれするようなシャッタースピードだとね、いくらIS利かせたって動いている被写体は被写体ブレが酷くて見られたモンじゃないでしょ。てことは、広角にIS求める合理性って、夕方の風景とか、やや暗めの室内での静止物とか、そういう被写体ばっか高画素カメラで撮ることが趣味って人に限定されるんちゃいまっか?要するに、そういうニーズってマイノリティだってことッスよ。違うの?

普通の人が広角にISがなくてそんなに困ってる?うそつけ!絶対にそんなことないって。普通の人が普通に撮影する分には滅多に困ったりしないでしょ。それに、困るようなレアなケースに遭遇したらしたで、今どきのカメラなら高感度耐性が高いから、感度上げて対応すればいいだけでしょ。それなのにさ、お前ら阿呆が結託してこんな機能を闇雲に求めちゃうから、メーカーがムダを承知で載せちゃうんでしょうが。電池だって無駄に食いそうだし・・・・

「阿呆は高コスト。」

おいらのこの持論がまた証明されてしまった形ですね。この機能を搭載しなけりゃどれだけ安くなったかと思うと、ホント、残念です。ソニー用はVC非搭載らしいですから、いっそのことキャノン用にも非搭載のヤツ、安く作ってくれませんかね。おいら、そっちを買うからさ。

反論ある人、メールください。ちなみに前もって言っとくけど、いくらレアケースを持ち出して力説したところで、それは反論にならないからね。普通のケースでいかにISが必要かを説明出来るモンなら説明して御覧なさい、重箱くん。

んじゃ。

  1. 2012/04/14(土) 20:43:19|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グダグダ書くよ

久しぶりに「キャノンではない。キヤノンだ。」などという化石レベルの指摘をしやがる阿呆にめぐり合いましたので、ここで今一度ダメを押しておきます。

 ・キヤノンと書いて欲しければ、読みもキヤノンにせよ。キャノンと発音する以上、おいらはキャノンと書く。
 ・キャノンと書いて意味が通じなくなる人などいねえだろうし、辞書登録も面倒だからやらない。
 ・だいたい組織名に当て字を使うなんて、三流芸能人のやることやぞ。
 ・そんな一製造業社の社名にこだわってわざわざ人様に意見してくるなんて、知らん間にナベツネにマインドコントロールされちゃってるクソ巨人ファンか、お前は!

というわけで、おいらはあくまで普通に面倒くさいのでキャノンと書きます。それが何か?

さて、一昨日のこたろ再々骨折により撮影機会が奪われた状態になるもんだと思ってましたが、

「サッカーの試合?出ていいよ。うん、問題ない。」

という医師のありがたいお言葉がありまして、やつはひじまで固められたギプスを振り回しながらも試合に出ちゃってます。はじめは身体の重心がいつもと違うせいか何だかやりずらそうでしたが、そのうち慣れてきて、最後は普通に走り回るようになりました。やつの腕はヒビじゃなくて折れてるってことなので、なんで試合なんぞに出てもいいのかよく分からんところですが、おいら的にはやつが試合に出ていたほうが面白いんで、まあいいやってことで。

というわけで、おいらの5D3購入計画を変更するようなことにはならなくてホット一息ってところなんですが、そんなところに別のニュースが飛び込んできました。なんでも5D3は供給量が少なく、今注文しても1ヶ月以上待たなきゃならないらしいじゃないですか。おいおい、うんこキャノンよ。そんなデタラメな生産計画のまんま新商品を出してんじゃねえよ!

そんなわけで、昨日までは「神奈川県大会の本選進出が決まったら、5D3を即買い」と思ってましたが、そのタイミングで発注かけても本選は終わっちゃいますよね。ならもう神奈川県大会はこのまま5Dで臨み、5D3の方は次の7月の総体(高校でいうインターハイ)に間に合うタイミングで買おうと思いなおしたところです。というのもね、ほぼ4ヶ月ぶりとなる昨日のこたろ中学公式戦2試合の撮影に思いっきり影響されちゃったからなんです。

昨日の午前中に行われた前後半順光メインの第一試合を5D+70-200F4LII、午後から行われた前半逆光の入る第二試合を5D+サンヨンで撮ったんですけど、ピーカン状態だったこともあって、現像してみるとどちらも文字通りめまいのするような画質だったんすよ。「こんなの、5D3じゃ絶対に無理」と言いきれちゃうような圧倒的画質。ドキッとするような画質とでも言い換えましょうか。このドキドキ感、いくら口で説明しても5D使ったことのない画素数崇拝教信者のド阿呆には絶対にわからないことなんでしょうけど、5Dを使ったことあるあんたは理解してるよね。(←これは、5Dを使用した経験からその魅力に気づいちゃったこのブログ読者約2名の方に向かって言ってます。)

話が脱線したので戻します。とにかくこれ、晴れてりゃ5Dなんです。特に光の回り方や空気の澄み具合による鮮やかなコントラストまで勘案すると、一年で最も美しい画の撮れる春先のこの時期に、わざわざ高い金かけてまでして画質の落ちるようなカメラを準備してやる必要もないかなって思っちゃった次第。すいません。夏になればこの感覚も薄れるから、5D3はそれまでに用意するってことで自分なりに納得したところ。要するに、ボーナスセールで買うってことになるわけですね。

総体が終わるとやつは受験に入ります。即ち、7月の総体で早々に負けちゃったら何のために買ったんだかよく分からないってことになるリスクもあるんですが、「それなら今年は5Dを使用し、5D3は来年高校に進学して試合に出れるようになった頃に買うのが一番お得」などという常識的損得勘定が頭をもたげてこないうちに、購入ボタンをポチッとしてしまおうと思ってます。これは「割高なのを承知の上でとっとと買う」というポリシーを踏まえての行動なんだから、そこんとこを忘れたらあかん・・・・と、自分に無理やり言い聞かせてね。そうでもしないと、いつまでたっても買えなくなっちゃいそうだから。

んじゃ。

  1. 2012/04/09(月) 23:14:08|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こたろ再々骨折

先ほど、こたろがまた左腕(手首と肘の間)を骨折し、病院に行ってきました。明日から公式戦だというのに何やってやがるんだって感じ。ギプスが取れるのが3週間後ってことなので、5D3買うのは早くても5月になりますな。ふ~。

んじゃ。

  1. 2012/04/07(土) 13:18:54|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

友人への返信メール

(ここに書こうと思ってた小ネタをメールで使っちゃったので、今回はそのコピペです。)

うん、そうそう。確かに EF70-200mmF4L II はワイド端からテレ端までガシガシに解像してくれるいいレンズではあるけど、所詮はズームでしょ?エクステンダーまでつけちゃったら5D3じゃ解像しないんじゃないかって思ってるわけだ。だから5Dを使う。5D3はサンヨンを使う機会で初登場させるのが最もリーゾナブルでしょう。それが5月になりそうなので、5D3購入は必然的に4月末~5月になるわけ。価格も全く落ちていない今、こいつを慌てて買う必要がどこにもないし。更に、今買っても結局5月までは使わないだろうしね。どうせ使わないんなら、少しでも値が下がってから買った方がお徳だもんね。

だからといって、5D3はサンヨン以外には使わないかっつーとそんなことはなく、70-200+エクステンダーも後日練習試合とかで試してはみるよ、もちろん。使えたら使うに越したことはないから。ただまあ、キスデジにくっつけた感じで言うと、やっぱ解像しないんちゃうかなあ。そんな気がする。(そんなこと言ったら、サンヨンだって解像するかどうか怪しいんだけどさ。)

んじゃ、そういうことで。

  1. 2012/04/03(火) 22:14:03|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる