ま、適当に

思いつきで書くよ

メール便

大量のデータを人様に送る際に、最近よくメール便を利用します。

送る荷物の規格はあのA4がすっぽりと入る角2封筒なんですが、その送料は厚さが1cm以内で重さが1kg以下なら日本全国どこにでもたったの82円で済むんです。(厚さが1~2cmだと164円)

具体的には、送付するディスク10数枚を2枚ずつ不織布ケースに入れ、A4クリアフォルダを使って厚さが一律になるようにケースをうまく固定してから角2封筒に入れます。でもって、普通に封をして普通に宛先を書いて、それをセブンイレブンやファミマに持ち込むだけ。

ダイソーで仕入れた25枚100円の不織布ケースにデータを入れた1枚20円弱のDVD-Rを10数枚ぶち込み、これらを会社で使い古されて捨てることになったA4クリアフォルダに固定して12枚100円の角2封筒に入れて82円で送るわけですから、1回の送付当たりの原材料費総額はどんなに頑張っても500円を越えることはありません。それで最大70GBくらいのデータなり何なりが全国どこへでも送れるんですから、なかなかお安いでしょ。皆様も是非お試しください。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2014/09/25(木) 20:50:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天気予報

ここんとこ、天気予報って全然当たらなくなっちゃいましたよね。「今日は曇り」って言っていた僅か数十分後に雨が降り出したとか、それもにわか雨じゃなくて本降りだったとか、今日みたいに「午後は雨」と言っておきながら綺麗に晴れたりとか・・・・、明日の天気どころか、直後の予報すら平気で外したりしてます。それもしょっちゅう。

週間予報に至ってはそれはもう悲惨です。日替わりで予報が変わっていくんですからね。例えば今日の天気について、一週間前、5日前、3日前、昨日、そして今朝どう予報していたか調べてごらんなさい。大概の日の予報は晴れ、曇り、雨を一巡していたりします。こんな日替わりの”週間予報”なんぞまるっきり無意味でしょ。何の予備知識もないおいらがサイコロ転がしてテキトーに予報するのと大して変わらないってことだよね。

なんでこんなことになってるかっつーとそこだけは明確で、要するにオゾン層が破壊されているからでしょう。天気の予報なんてものは経験則による確率論で行われるものですからね。オゾン層がしっかりしている時代のデータを用いてオゾン層がぶっ壊れてつつある今の天候を予想するなど、そもそも無理なんですよ。かといって、オゾン層が本格的にぶっ壊れはじめてからまだ日が浅い現在、新たに使おうにも使えるデータがまだ揃わないし。

おいらが言いたいのはね、それならそうで正直にそう言えっつーんですよ。

「俺たちの予報はもはや当たらない。今の天気予報っつーのは砂漠での蓄積データを用いて熱帯雨林の予報をしているようなもので、当たるはずがない。とにかく、オゾン層が破壊されているせいでこれまで蓄積してきた膨大なデータが全く役に立たなくなっているのだ。」
「でも俺たち気象予報士の雇用を守らなければならないので、天気予報という番組・情報提供を止めるわけにもいかない。だから、せめてものお詫びとして申し上げておきたい。俺たちの予報なんぞ占いを見るくらいの気持ちで見て欲しい。こんなの、どう考えても当たりゃしないので、お願いだから真剣に信じたりしないでください。頼みます。」

詐欺師でももう少し控えるぞと言いたくなるくらいの頻度で毎日毎日飽きもせず偉そうに嘘八百を並べ立てちゃってんだから、少しは後ろめたい気持ちにもなるでしょ。ならせめて、正直にこう言えっつーの。それがまっとうな人間のやることだろ。

とにかく今の天気予報って、ここまで外れまくるとなると生活する上で何の役にも立ちませんからね。こんなものを信じて傘を持っていくかどうかを決めるなんて、あとになってムカつくだけ。おいらったらもう、何度ムカつかされたことか。ゲリラ豪雨とか、ここんとこ各地で起こっている記録的な大雨とか、これまで経験したこともなかった異常な気象現象がこれほどまでに頻繁に見られるってのは、やはりオゾン層、引いては地球がぶっ壊れてるから。そうでしょ?

テレビ局さん、この前いっしょに昼飯を食った数名のサラリーマンを代表して物申したいと思いますが、見た目は温厚・誠実そうな人畜無害的気象予報士を使って人をだまし続けるインチキ番組を垂れ流すのはもう止めませんか。でもって、あの”天気予報”という偽善番組をバラエティに位置付けるでも何でもいい、どんな方法を用いられても結構ですから、見るに堪える番組に仕上げてください。よろしく。

んじゃ。

  1. 2014/09/11(木) 23:41:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仙腸関節

ここんとこ歩けないほどの酷い症状を呈することもあったおかんの腰痛が、たった3日間のマッサージで劇的に改善しました。

そのマッサージというのは、いわゆる尾てい骨の少し上くらいの位置にある”仙腸関節”という腰の関節をゆっくりと動かしてやるという他愛もない方法なんですが、こんなんであれほどの症状が綺麗になくなるなんて、目の前で起こったことではありますが俄(にわ)かには信じがたい感じがしております。

その道に通じた医師たちによりますと、なんでも腰痛の90%はこの関節の不調により生じているらしく、にもかかわらず多くの患者が未だにヘルニアだの何だのという誤診をされては全然直らない投薬を受けたり牽引されたりなんかしていて、そこに投じられた医療費やら患者のQOL・時間等々を勘案すると、これまでの腰痛治療には莫大な無駄が発生しているとのこと。

「整形外科でいくらけん引したって無駄だよ。それで腰痛が治ったなんて話、聞いたことないでしょ。そんな効かない治療よりも、仙腸関節を動かしてやるだけで多くの腰痛はたちどころによくなるよ。」なんだとさ。

おいらが話を聞いた医師(←実は相当アホ)以外にも、こういうことを主張する医師たちはググるとたくさん出てきます。が、天才のおいらはすぐさまその理論に飛びつくような不用意なことはせず、科学的にその論理の成否を見極めようと、関連する論文を10報以上読んでみました。その上で、「これはもしかすると本当なのかもしれない」との思いを抱くに至り、あとはもう面倒くさいから、いきなりおかんで試してみた次第。(おいおい)

このマッサージってのはコツをつかめばとっても簡単で、受ける側はうつ伏せでもいいし、横向きでもいい。要は、施術者が指先で仙腸関節を感じながら、腰痛持ちの背骨に対して相対的に骨盤をゆっくりと回す(仙腸関節を動かす)ことができればどんなやり方でもOK。YouTubeなんかにもやり方がいろいろアップされてたりしてますから見てみるといいッス。ただまあ、「仙腸関節を指先で感じつつ動かす」ってのは解剖学が頭に叩き込まれているおいらだからこそ簡単にできましたが、一般愚民であるあんたらにはイメージすることすらちょいと難しいかもしれません。(超上から目線で大威張り)

それはともかく、このマッサージってのは時間で言うと1回あたりせいぜい5分くらいしかかからない、やられている側にとっては痛くも痒くもない、骨盤にやさしく手を添えてゆっくり旋回させたり、前後にゆっくりずらす動きをされるだけのとても治療とも思えない、いや、マッサージとすら思えないような生ぬるい動きをするだけの代物(しろもの)ッス。

「え~、もう終わりなの?」

こいつを受けたことのない人なら、そう思うこと請け合いです。

おかんの場合、痛みが激しくてほとんど歩くことが出来なかった3日前の夕方、これを初めて施行してみました。そのへなちょこすぎるマッサージ自体はもちろん無痛でしたが、その日の夜は相変わらず腰の痛みが引かずに全然動けないままでした。

で、「こんなへなちょこマッサージ、無意味だったかな」などと思いつつあったその翌朝、起きてリビングに入っていくと、おかんがいきなり「すごく楽になった」と言ってスタスタと歩いていました。もちろん完全に良くなったというわけでもなく、腰には違和感が残っていて、時間とともに痛みも少しずつ出てくるようでしたが、とにかくその日は普通に歩けたんですよ。

「これはもしかすると効果があるのかも」と期待しながら、その夜再び施行してみました。

翌朝(昨朝)起きて真っ先に症状を聞いてみたところ、「これまでがウソのように楽。昨日までの痛みは何だったの?」とか言って、見た目は完全に普通の状態に戻っていました。本人的には違和感が少し残っていたようですが、痛みはほとんど感じなくなったようです。

そしてその日の夜、ってぶっちゃけ昨晩のことなんですけど、3回目の施術を行いました(”施術”って、表現が大げさだっつーの)。その時は既においら自身も仙腸関節の動きをとらえて動かすコツを完全につかんでおりまして、そのマッサージはあっけないほど簡単に終わりました。

でもって今朝、残っていた”違和感”ってやつすら忘れるまでに改善していました。そう、自覚症状ゼロってことッス。あれほどまでにしつこく痛がってたっつーのに、もう信じられな~~~い。・・・でも、なんたってあれだけの痛みです。油断はできません。そんなに簡単に完治するはずがないってことで、念のためあと2日ほど続けて、痛みのことなど完全に忘れてもらおうかと思っちょります。

それにしても、もう少し早くこの仙腸関節のことを知っていれば・・・・ホント、バカみたいです。会社休んで整骨院に送迎してまでして針したりお灸したり電気流したり整体したり、大枚はたいてコルセット買ったり杖を買ったり・・・・、あれはいったい何だったんでしょうか。こんなに簡単に治る方法が目の前にありながら、あいつらはいったい何をしていたんでしょうか。不勉強にも程があるんちゃう?

おいら、腰痛専門の整骨院でも開いちゃおうかな。整骨院って免許なんぞ一切いらないしね。とにかく、来た腰痛患者の90%をすぐに直しちゃう整骨院なんて、流行って流行ってしょうがなくなるんちゃいますか?もちろん10%の軟骨の飛び出た本物のヘルニア患者にこんなのが効くはずもありませんが、こういう患者が来てもへなちょこであるが故に痛くもかゆくもないだろうし、副作用だってあるはずもない。万が一痛けりゃすぐに止めるだけだしね。即ち、残り10%の重症患者を悪化させるようなこともないでしょうから悪評だって立ちようがないでしょう。

1回3,000円くらいでどうでしょうかねえ。

「通常の腰痛なら5回くらいやれば十分です。」
「腰痛以外を対象とした施術はできません。」
「腰痛でも10%くらいは当院では治らない患者さんがいらっしゃいます。」
「3回やって効果が認められなければそれ以上やっても無駄です。」

こう正直に言っちゃえばいいんですよ。でもって、最大15,000円で90%を着実に治しちゃう。これ、間違いなく流行るでしょう。とりあえず土日の副業として開院しちゃおうかしら・・・・

とまあ、妄想は限りなく膨らむばかりですが、そんなことは置いといてほら、そう言えばあんたも腰がメチャ痛いって言ってたじゃん。やってみるといいよ、これ。本当に効きそうだから。ただ、仙腸関節を指先で感じるってのは自分じゃ難しいだろうから、おいらがやってやってもいいよ。もちろん3,000円なんて言わねえよ。その代わりあの丸源で肉そばとチャーハンのセットを奢ってくれよ。どうだい?

んじゃ。

  1. 2014/09/02(火) 20:46:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる