ま、適当に

思いつきで書くよ

50mmF1.4 Art続報

表記レンズを購入してから4カ月以上が経過しました。この間の累積撮影枚数は1,000枚程度と少ないんですが、それでもこのレンズ、おいら的には震えが来るくらい気に入っちょります。

カメラを被写体に向けてAFが合焦した瞬間のあのゾワゾワ感。これって、おいらの手持ちレンズの中ではこいつとEF200mmF2.8Lでしか感じとることが出来ないんですけど、これはこいつらのけた外れにいいボケ味からくる感覚ッス。200mmの方は最近全然使用しておりませんでしたので、4ヵ月前に50mmで再現されたこの感じってのは、おいらにとって結構新鮮でした。

この50mmってF8まで絞ると僅かながらに回折現象が出始めるという明るいキレキレレンズならではの特性によって実質的にF5.6あたりが安心して使えるギリの絞り値なんですけど、とにかく頑固なクソジジイよろしく、アホみたいに解像感ばかりを優先して止まないおいらったら、ほとんどの場合にこのレンズの解像感のピークがあるF4~F5.6、即ち明るけりゃF5.6の絞り優先、暗けりゃ1/150秒、F4、ISOオートで撮ってます。で、この被写界深度がそれなりに深いF5.6ですら、そのボケに震えが来るんです。たまにそのボケを思いっきり楽しみたくてF2.8とかF2の絞り優先とかにすると、もうそれだけで感涙にむせび泣くしかなくなります。

てな具合に、背景がうっすらとではあるけど綺麗にボケていくその比類なき透明感をはじめ、歪曲を全く感じないこの清涼感、色収差のないことがファインダー越しにも分かってしまうあのエッジのキレキレ感等々、このレンズは出色過ぎるほどに出色です。おいらったらこれまで自分の所有するレンズの中でEF200mmF2.8LがBESTだと考えておりましたが、今はもう絶対にこれで決まり。とにかくこのレンズ、とてつもない代物です。まあ、いくら字で書いてもなかなか通じないでしょうけど、近くに住んでるあんたとかにはいつでも貸してやるから、まあモノは試しってことで撮ってみろっての。

とまあ、まるで思い込みの激しい女子中学生がアイドルに入れ上げてるみたいに誉めちぎったりなんかしておりますが、このレンズを使用しての撮影に際してこれまでいいことばかりがだったかというとそうでもありません。このたった4ヵ月という短い期間に、「二度とない重要な撮影機会だったってのに失敗に終わった」という取り返しのつかないおバカなことだってしっかりと経験致しております。それは、こたろサッカー部集合写真&選手個別写真と友人の結婚式のことッス。

この二回の”失敗”の要因は実はいずれも同じで、自ら立てたデジイチシャッタースピードの原理原則=1/(焦点距離の3倍)秒を守らなかったことに起因します。即ち、この両方とも小雨や日陰もしくは室内での撮影だったってこともあるんですけど、絞り優先でシャッタースピードが足らないまま撮って、手ブレ写真(ビミョ~なブレではありますが)を量産しちゃったことです。

現場が暗くて1/150秒F5.6のISOオートだと感度が上がりすぎる。→まあ大丈夫だろうと高をくくって、ついついF5.6&ISOオートのAvモードで撮っちゃった。→当然のようにシャッタースピード1/50秒を連発。→現像時に微妙な手ブレを確認して困惑。

こんな感じで、人によってはもしかするとスルーしてしまう程度の失敗ではありましたが、おいら的にはいずれも撮影後に地団太を踏みました。切れ過ぎるほどにキレキレの画像であるが故に、どんなにビミョ~であろうとも手ブレなんてもんがあってはならんとです。ただ失敗しても尚、このレンズの評価を下げるには至りませんでしたけどね。(って、これはレンズのせいではなく、おいらが100%悪いんだから当たり前だが。)

ま、とにかく、現在5D3にはこのレンズが常着されています。以前にも述べましたが、静物を撮る際のおいら的メインカメラは5D3じゃなくて初代5Dの方なんですけど、この50mm Artは余りに凄過ぎるため、5D3でもべらぼうな画像が得られるんです。でもって、本来のメインカメラである初代5Dの方にはEF35mmF2がくっついたままです。この35mmも相当いいレンズなんですけど、さすがにこの50mm Artには及ばない。それを初代5Dの解像力が補って、これまたものすごい画像を吐き出してくれるすばらしい組み合わせになってくれちゃってます。

というわけで、おいらったら今、5D3+50mm、5D+35mmといういずれもが最高レベルの画質を提供してくれる無敵の撮影スタンバイ体制を敷くことが出来ています。これであれだけ世話になってきたタムロンA09の出番など、永遠になくなったかも・・・・って、この感じ、この感覚・・・・これってカメラに手を染め始めた20数年前と同じなんスよ。

当時、おいらは銀塩EOS5+EF28-105mmキットズームで一眼レフデビューを果たしたんですが、ふとしたきっかけで単焦点EF50mmの切れ味に触れてしまいました。

「単焦点ってすごい。モノが違う。」

おいらはこのレンズを即買いし、それ以降もEF85mmF1.8、EF200mmF2.8Lと単焦点レンズを次々に揃えて行って、いつしか標準ズームなど全く使わなくなって友達に売っちゃったくらいなんで。

あの頃のあの感覚。あんときゃ単焦点初心者だったからケタ違いの画質に目を奪われてそう思うのも仕方がない面もありましたが、おいらったらあれから単焦点レンズを散々使い倒してきたわけですからねえ。今さら単焦点に感動するなんてことあるわけないと思ってたのに、この50mmArtでまた味わえた。これってこのレンズがケタ違いだってことでしょ。

てことでこの50mm、余りにゴツくてお気楽な撮影に持ち出すにはとっても不向きではありますが、その実力はとんでもないレベルです。これをここに記録として残し、併せて事あるごとに使用していきたいという意思を表明させていただいて、グダグダと続けて参りました私の評価を終えたいと思います。ご清聴ありがとうございました。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2014/10/26(日) 23:36:29|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未だに除染論議かよ

あのさあ、放射線源がセシウム主体だとしたら、そんな簡単に線量は減少しないんだってば。たとえ原発からの放射性物質の放出が完全に抑えられてたとしても(←本当は未だに駄々漏れしてるようだが)、30年でようやく半分に減るだけなんだってば。

あと、”除染”か。これについては以前書いたのをコピペするよ。

「福島の山という山全てに満遍なく小麦粉を撒き散らして、それらが雨で地中に溶け込んじゃった状態を想像してみるがいいさ。この溶けちゃった小麦粉を取り除けって言われたら、あんたどうする?福島全県下の草木生い茂るべらぼうな面積の山肌からいったいどうやって・・・・・いくら口先だけで”除小麦粉”なんて言ってみたところで、そんなこと現実にはできっこないでしょ?いや、福島県なんて大それたことは言わない。自分の町内だけ考えても無理だよね、そんなの。」

これで分からんか?んじゃ、あんた自身の生活環境に置き換えて少し補足しようか。

あんたの家の周りに小麦粉をまいてごらん。そしてそこに水をぶっかけたり、雨が降るまで放っておいたりして、小麦粉がその環境に十分に染み込むのを待ってから、これを取り除く”除小麦粉”って作業をやってごらん。エアコン室外機の中やその回り、物置の下回りの隙間、壁と地面の境界、あの白い砂利の下、点在する鉢植え、地面に露出している木の根の間、庭のはずれに置きっぱなしの自転車・三輪車に子供のおもちゃ、壁面や石ころ等々にへばりついたりなんかして、最早どこに溜まっているか、どこにあるのかも十分に認識できない小麦粉を、ことごとくきれいに取り除いてごらん。やれるもんならやってごらん。

次に、家のすぐ近くの手入れの行き届いていない竹まで生えてるあの小山と、駅に行く途中にいくつか点在しているあの未使用の空き地で同じことをやってごらん。

あと、あんたの通勤経路の電車の線路にことごとくぶわ~っと小麦粉をまいて、何日か雨が降った後にあの砕石の隙間やらその下に染み込んだ小麦粉をきれいさっぱり取り除いてごらん。

続いて、あんたの通っている役所でも同じことをやってごらん。奥さんの通っている会社でもやってごらん。あんたの出た幼稚園、小学校、中学校、高校、大学でもやってごらん。ここは読み飛ばしちゃダメだよ。一つ一つ、幼稚園のジャングルジムとか小学校の校庭に埋め込んであるタイヤの内側とか、砂場とか花壇とか体育館の裏とか、その環境を丁寧に生々しく思い起こしながら、それぞれの施設からの”除小麦粉”をちゃんとイメージしていくんだよ。

更に、いずれにおいてもね、小麦粉を少しでも残しちゃダメだよ。子供がそこに行っちゃうかもしれないからね。そこでしゃがんじゃうかもしれないからね。そこでコケちゃうかもしれないからね。小麦粉ホットスポットを一つでも残しちゃダメなんだ。綺麗に取りきってみせてね。

ついでにさあ、想像の規模をもっともっと拡大していって、同じ行為を大きな公園でやってみてごらん。例えば代々木公園とか日比谷公園でどうだろ?地元に近い舞岡公園とか新林公園でもいいぞ。ヘリを飛ばして上空から小麦粉をまきちらしてさ。雨降ってそれが十分に染み込んだところで、全部きれいさっぱり取り除くんだよ。さあ、やれるもんならやってごらん。

視点を変えて、高尾山の登山道なんかはどうだい?鎌倉の山でも奥多摩とかでもいいや。子供がコケてどこに尻もちをついても平気なように、ホットスポットは一つ残らず全部取り除いておくれよ。

更に更に、海岸なんかはどうだろ。まずは砂浜。神奈川だけ考えてもとんでもねえ砂の量だろうけど、どうだい?できそうかい?・・・・って、事例はもうこの辺でいいよね。

もちろん、線量が30年でやっと半分になるような放射性小麦粉なんだからさ、物理的にただ”除小麦粉”してもそれだけじゃダメだぞ。そこで出てきた大量の汚染土、汚染水をどう扱うのか、誰もその小麦粉汚染土や汚染水には二度と金輪際触れないよう見事に処理しきる方法、具体的にどこにどうやって捨てるのか、ちゃーんとシミュレーションしといてね。

・・・・・って、もういいかな。未だに除染などというものに真面目に期待してる人って、よほど現実感、想像力がないんだと思うよ。それをベースとした議論なんていくらやっても不毛だと思うんだけど、そんな現実味のないところに話を合わせなきゃならない理由って何なの?

んじゃ。

(メレ)

  1. 2014/10/24(金) 21:09:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うちわって・・・・

安倍内閣の2名の女性大臣が公職選挙法違反の疑いで辞任に追い込まれました。

この中で、小渕の方は徹底的にやったらいいスよ。ありゃ明らかにド田舎での選挙民との癒着を背景にしていますからね。本人の能力とは関係なく、親が国会議員だったってだけでTBSのADだったただの小娘が何の苦労もなく国会議員になれてしまうような、言いかえるとどんなに能力があっても世襲じゃない限り国会議員にはなれないような、田舎であればあるほど深く根付いてしまっている悪しき仕組みはドンドン解体すべきだと思いますから。

でもね、うちわの方はどうよ。国民の100人が100人思ってると思うんですけど、どうして「うちわぐらい、どうだっていいじゃねえか」ってなんないの?本来の意図とは異なる解釈が出来てしまう法律の一部文言を盾にとって、鬼の首とったみたいにこんなアホみたいな指摘をして、1日に2億円もかかる国会審議コストを浪費するようなことを厭わない民主党って、あまりにバカすぎないスか?このウスラバカ政党にはやっぱり政権担当能力がなかったんだなってことを今さらながらに暴露しちゃってるだけの愚行中の愚行だと思うんですけど。

中でもこの蓮舫ってのはやっぱ、真性のバカじゃないスか。突っ込まれた方の松島の受け答えがこれに輪をかけてバカ丸出しだったもんだから、結果的には形になっちゃってたけどさ。・・・てことは、国会議員ってのはみんな、バカばっかってことなんでしょうか?

熱湯風呂で浴びたスポットライトの快感がDNAにすり込まれちゃっててもはや人として修復不能なのかもしれませんが、このような国民にとって何の得にもならないクソみたいなパフォーマンスに熱中していい気になるのはこれくらいにして、己の政治姿勢をはやいとこ「国民の幸せ」という国会議員が本来目指すべき方向へと切り直していただき、そこに全力を傾けて下さいますよう、心よりお願い申し上げます。バカだから、できっこないのかもしれないけどさ。

んじゃ。

  1. 2014/10/22(水) 22:17:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロボ

我が家で唯一のストロボ430EXがここ2~3年不調です。つーかこれ、完全に壊れちゃってます。8月末にあった友人の結婚式にも一応持参してみたんですけど、式前に控室で試してみたら2回に1回くらいしか光ってくれない上に、光ったら光ったで調光がまるで効かずにフル発光して画像は真っ白という体たらく。こんなのを本番で使うわけにはいかないってことで、とっとと使うの止めちゃいました。

てことで、とにかく今に始まったことではないのですが、我が家にはまともに機能するストロボがない。即ち、慢性的に暗い場所で写真を撮る術(すべ)がない状態に陥っています。

普段は暗い場所での写真などほとんど撮る機会がないからいいのですが、毎年正月だけは必ずお呼ばれ先のお宅の部屋の中で集合写真を撮るという習慣がありまして、そこでは必ず使いますんで、正月だけは困ってます。昨年も今年も、正月はわざと真っ暗に部屋光を落として何回か撮り直したら何とか光ってもらったので、ちょいと変な露出ではありましたがお茶を濁すことができました。でも、この次も同様に機能してくれるという保証はありませんし、一発で撮れないというこんな異常な状況をいつまでも続けるわけにも参りません。

ググってみるとこの不良はキャノンの外付けストロボ全般に結構な頻度で起こっているようでして、そもそも製品の完成度がとっても低いってことのようです。原因の一つは接点の不良にあるようで、接点改質材を使ったり大枚はたいて接点を交換したりして症状が改善された・されない、などという事例がいくつも報告されています。ただ、例え一時的に改善してもいずれまた同じ症状が出始めて、そのうちどうやっても直らなくなるってのが定番のようですから、これは接点だけの問題ではなく、製品設計全体に問題があるような気もします。

そんなわけで、おいらもとりあえず安上がりに済む接点改質剤(数百円)を購入して対処しようとは思いますが、あまり期待はしておりません。

てなわけで、接点改質剤の効果が思うように認められなかったら、新たなストロボを購入することにいたしました。今、掛け値なしにキャッシュがない状態なので、買うのはボーナス後になるんですけどね。購入するのは純正品ではなく、ニッシンというところが出しているi40ってやつ。こいつはいろんな意味で純正よりいいと思っちゃったもんですからね。年末になったらこれを買うッス。

購入したらね、今まで撮ることを諦めていた家の中のもの、例えば掲示中の自作ポスターだとかおかんの書道作品だとか(←うちのおかんは書道5段です)、バウンズやディフューズなどを試しながらいろいろと撮影していく予定。

んじゃ。

  1. 2014/10/21(火) 23:12:18|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱ、健康が一番

現在、我が家、並びに我が親族の間に健康問題が次々と噴き出て来ています。具体的には、がん及びその疑いで精密検査中なのが2名、原因不明の呼吸不全で病院に担ぎ込まれたのが1名、腰痛で足腰が立たない(月単位で寝たきり)ってのが2名、糖尿病による足指の壊疽1名、大腿骨骨折1名(骨粗鬆症気味なので完治は望み薄)・・・・・

身近な人々が立て続けに晴天の霹靂的にこういう状態になっていくのを目の当たりしちゃいますとね、少し大げさに聞こえちゃうかもしれませんが、おいら自身の人生観・価値観がある方向に向かってより強く動いた感じがします。若いうちはすぐに治るのが当たり前だった病気・外傷も、年とってから罹患するとなかなか正常には戻れない。ましてや年老いて成人病などを抱えていたら、生きること自体がしんどくなっていく。そんなことをヒシヒシと感じちゃったもんですからね。

「人間なんだからどうせいずれは死んじゃうのだ。だからこそ今この時、どんなにアホウであろうとも、どんなに貧乏していようとも、健康で人生を少しでも長く楽しめたヤツの勝ちなんだ」と。

おいらは日ごろからこの感覚を人よりもずっと強く持っているという自覚があるんですけど、それがより強くなったってことッス。

ムキになってガツガツと人生の多くの時間を仕事なんぞに投入しちゃうような阿呆は除き、普通の人なら人生を面白おかしく過ごすことを一番に考え、何よりもそのための努力に時間を優先的に割いていると思うんですけど、こと健康への配慮についてはそうでもないでしょ?ぶっちゃけ、健康的なことは何もしていなかったり、日ごろから健康を害するようなことを無頓着にやってみたりって人の方が圧倒的に多い。上で触れた健康問題を噴出させたおいらの家族・親族だってほとんどがそうです。

おいらったら成人病なんか抱えて死んで行くのはいやですからね。そう考えるとメタボなんかに甘んじてる場合じゃないような・・・・健康を気にするふりをして実はなめきった感覚でいたことを真摯に反省し、80kgで高位安定しちゃっているおいらの体重を何とかせねばなりません。「運動で痩せる。食事は我慢しないで食べたいだけ食べる。」などというくだらねえ意地をはってないで、これからは食事についても手を入れた無理のないダイエットを少しずつでも行っていこうと思いなおしたところです。

そうは言ってもこれ、楽しみながらやらなきゃ意味ないんで、そこんところがちょいと難しいんですけどね。工夫のし甲斐があるっちゅーか何ちゅーか、さて、どうしてくれようかなっと。

んじゃ。

  1. 2014/10/20(月) 23:32:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リアルタイム空間線量率

前にも少しご紹介したかもしれませんが、文部科学省のサイトで全国の空間線量率が公表、毎日更新されています。おいらはちょっと前にあったあの美味しんぼ騒動以降、気になってしばらくこれを見続けてきたんですけどね。その間毎日愕然とさせられるとともに、ある種の絶望感に打ちのめされています。なぜなら、福島市をはじめとする福島県のほぼ全域で、空間線量が総じて0.1マイクロシーベルト/時間を越えているからです。

この0.1マイクロシーベルト/時間(≒1ミリシーベルト/年)ってのは、震災後においらもこのブログで触れておりますが、東大大学院の放射線安全学教授の提唱された安全基準値ッス。それも、あの教授が分かりやすい言葉で「自分の孫をこれ以上の線量の下で生活させるなんて絶対にいやだ!」といみじくもおっしゃられていた通り、これって放射線感受性の年齢格差をも考慮したまさに子供のための基準値なんですが、こんなところに基準を置いちゃうとやるべき対応があまりに法外なものになっちゃうからって、子供を切り捨てて年寄りの鈍い感受性をベースとした20ミリシーベルトにすり替えることに躍起になっていたクソ枝野によってもみ消されてしまったという幻の基準値でもあります。(詳しくは2011年の震災後立て続けに書いたエントリーをご覧ください。)

話を戻します。

文部科学省が公表している測定値は一見して分かる通り、それぞれ幼稚園、保育園、小学校、公園といった子供が生活する場所をメインに測定されております。そうは言っても、クソ枝野のクソ方針を受けて同じ施設の中でも線量がなるべく出ないようなところにわざと線量計が設置されているんじゃないかと邪推したりもしますが、それでも尚、そのほとんどが0.1マイクロを越えているなんちゅー事実の前には、もはやどんな言い訳も通用しないでしょう。

他の施設よりも草木がより多く存在している公園のような場所では、0.1マイクロよりもずっと高い値になる傾向があり、0.5マイクロくらいあるような公園まであります。これ、おいらが普段から言っているように、自然環境に富んだ生活圏から完全に除染なんてできっこないってことっす。

放射線被ばくによる疾患や異常の発現率ってのは、どんなに少なく見積もっても線量増加の2乗以上のペースで跳ね上がるようですから、例えばここ横浜の線量が平均でざっと0.03マイクロくらい、福島がざっと見て0.12~0.15マイクロくらいですから、線量は4~5倍、てことは身体的異常の発現率は最低でも横浜の20倍内外あるはずです。疾患・異常の種類によっては3乗説、4乗説もあるらしいので、理論的には100倍、1000倍もあり得るってことですね。

おまけにこれ、おいら的には平均的空間線量よりも遥かに危険と考えているホットスポットの生殖器被爆についてのリスクは含まれておりません。それでこれなんですからね。もうこんなの、何をか況(いわん)やです

小さなお子さんをお持ちで正しい知識と正しい判断力を持たれた方の中には、既に彼(か)の地での生活を断念して移住してこられた家族もおります。私の周りにも福島から引っ越してこられた家族が複数おりますが(うち一家族は、転職をも厭わない覚悟の引っ越し)、こういう方々は実際に残る人々の前で「ここでは子供が生活できない」などということは口が裂けても言えないまま、静かに引っ越して来られたようです。確かに、現実問題として経済的に引っ越すことなどできないような方もたくさんいらっしゃるでしょうから、現地にてそんなこと、軽々に発言できるものではないでしょう。

こういうのを何とかするために行政ってものがあるんだと思うんですけど、こいつらったらいったい何をしているんでしょうか。

プルサーマルの受け入れを反対する前任者を追い落とす陰謀まで働くくらいの強烈な原発推進者で、その利権を一族をあげて吸い尽くしてきた典型的なド田舎の利益誘導政治屋クソ野郎だったくせしやがって、事故が起こった途端に自分は関係ありません的に被害者面を前面に押し出して、厚顔にも一方的に被害を受けた県民の代表を演じ続けた佐藤雄平みたいな骨の髄まで腐りきっている人間のクズが県知事をやってたくらいですから、そんな行政に期待などできようはずもありませんが、それにしたってこの状況を放置する神経が分かりません。全然分からない。適切に対処するなら法外なことをやらなければならないという現実を前にして健全な感覚が完璧に麻痺しちゃってるんでしょうけど、そんなんで本当にいいと思ってるのでしょうか?

てことで、あんたも是非、文部科学省が発表しているリアルタイム空間線量率を見てみてくださいよ。全国各地の地図とともに各地の線量率の数値が並んでいるだけのページですが、正しい知識さえあれば感じるところがあろうかと存じます。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2014/10/16(木) 21:14:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネ

ちょいと前のことになるんですけど、メガネを変えてみました。

2年半前に作ったメガネが屋外撮影の酷使に耐えかねたのか、ここんとこ急速なペースで劣化を来しておりまして、たぶんUVカットのコーティングがダメになったんせいだと思うんですけど、光源を見るとグッチョリと滲むし、AIサーボ撮影の際に被写体にフォーカスが来ているんだか来ていないんだか全く分からなくなってきたし、何より全体が白濁したみたいになっちゃったので、こりゃ限界だってことで買い替えてみた次第。

つくったのは普通のメガネと近くを見るための老眼用(って言うのかな?)の2本ッス。検眼したら2年半前から度は全く進んでなかったけど、最後の撮影年度に向けて被写体をよりクリアに見たかったので、今の度数で見えている1.2から1段進めて1.5相当の強いものにしました。

で、この新しいメガネを今掛けているんですけど、もう信じられないくらい世の中がクリアになりました。そればかりか、遠くの細かいところまでよく見えるし、度が強いくせに全く疲れないし、メガネってのは頻繁に買い替える類のものだってことをこの年になってようやく理解したところです。

かかった費用は通常用15,000円と老眼用10,000円をいくつかの名目で更に割り引いた程度でした。いい歳こいてもっと高いの買っとけよ!って感じですが、おいらったら基本的に貧乏だし、高額なものを一撃必殺で買うよりも、不都合が生じる度にテキトーなクオリティのものを買い替えていく方が性に合ってるので、また来年、紫外線バリバリの夏を越したあたりで、通常使うものをもう一本買い増すことを検討したいと思います。

んじゃ。

  1. 2014/10/13(月) 21:34:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる