ま、適当に

思いつきで書くよ

もう避難などしない

先日職場で避難訓練がありまして、オフィスのあるビルの50階から1階まで階段を使って一気に下りました。

その日は、「避難訓練があるよ」という事前通告があった時間になると早速災害の館内放送が流れ、机の下にもぐった後ヘルメットをかぶって室内で準備。そこからおもむろに階段に向かってゾロゾロと進んで行ったわけなんですけど、最初はまあ順調に下りていたんですよ。面白がりながらね。でも20階くらいから下半身に妙な違和感を感じ始め、10階からは下りている間にも膝が笑うようになりました。んでもって、1階に着いた時には膝が常時カクカクしているような超不安定な状態になり、気合いを入れていないと普通に立っていられない妙な感じになりました。

その翌日には症状が悪化し、苦痛に顔を歪めながらでないと階段の上り下りが出来なくなってしまいました。おかげさまで、通勤ではどんなに遠回りになろうとも極力エスカレーターを利用して移動するようにしていたんですけど、JR新宿駅のホームだけは如何ともしがたく、帰りなんかは泣きそうになりながら人通りの激しい中を手すりにつかまりながら一歩一歩下りていきました。

更にその次の日、ついには階段の上り下りなどとんでもない。車道と歩道のたった一段の段差も無理!ってくらい酷い症状になり、平地ですら時速1kmくらいでしか歩けなくなってしまいました。ジジイ特有の時差筋肉痛ってやつです。この日は電車通勤ではなく、車で別事業所への日帰り出張だったからまだよかったんですけど、起床から自宅出発までに普段の5倍くらいの時間がかかった上に、出社したら出社したで同じ会社の人間からものすごい奇異の目で見られ続けまして、気分的にとっても悲しい思いをしました。

その症状をもう少し詳しく描写致しますと、ふくらはぎが完全収縮状態で足首を90度以上に折り曲げることが出来なくなっちゃってたもんですから、普通に真っすぐ立とうとするとどうしたってふんぞり返って後ろにすっ倒れてしまいます。しょうがねえからってんで、腰を前に折り曲げたへっぴり腰の状態で、膝を曲げないヒザ神状態で少しずつ前進するという、どこからどう見ても気持ちの悪いクソジジイだったわけですから、奇異の目を向けられるのも致し方ありません。

でもって、その翌日の休日も痛みは全く引きませんでした。しょうがねえから、休みであることをいいことに一切外出をすることなく、ほとんどの時間をゴロゴロと寝て過ごしました。

それ以降はようやく日を追って少しずつ症状が改善していきまして、今では少し違和感が残るだけで普通に歩けるまでに回復したんですけど、今回のこの避難訓練ったら、おいら的には”史上最大”と言い切れるとんでもない筋肉痛を招いただけの災難だったのでした。皆様ご承知の通り、おいらは普段でもウォーキングをソコソコやっているくらいですから、階段を50階下りるくらいなんてことないと思っていたんですけどね。やってみて猛省致しました。階段の下りの破壊力ったら、とんでもないことだったッス。

それにこれ、階段を下りたはいいが、全く”避難”になってませんよね。災害発生時には帰宅難民になること間違いなしのおいらの場合、こんな避難なんぞ全然意味がない。地上に避難したところで遭難したり津波に飲み込まれたりすること間違いなしなので、火山の噴火やら地震・津波といった自然災害の場合は、無駄な抵抗は止めてビル内に待機することにします。火災等でビル内に待機できない状況だったら、地上じゃなくて屋上に逃げまする。そうでもしないと、ここまで使えないクソジジイのおいらったら、二次災害で死んじゃうこと請け合いですからね。今回はそういうことを学びとるよい機会だった、と思うことにします。

それにしても、おいらの身体ったらポンコツにも程があるよね。なんだかとっても情けなくなりました。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2014/11/25(火) 22:41:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストロボ(その2)

先日のエントリーをアップして直ぐのことだったんですが、ネット上に「ダンボールでストロボ電子接点をゴシゴシすると改善する」みたいな情報を提供してくれている方がおられましので、早速我が430EXの電子接点をダンボールの切れ端でゴシゴシしてみたところ、一定の改善が見られました。

より具体的に申しますと、ストロボとカメラそれぞれの電子接点をゴシゴシしまくってから5D3に装着し試写してみたら、何の問題もなく正常に機能したんです。その後再度ゴシゴシした後、今度は5Dにくっつけて試写してみましたが、こちらは結構不安定な結果となりまして、発光しない→調光発光(正常)→フル発光(異常)という超絶不安定な挙動を示しやがりました。しょうがねえから一旦ストロボを外してもう一度装着し直してみたら、今度は正常に機能し始めました。

翌日にも5D3と5Dの順番を入れ替えてこれと全く同じことをやってみたんですけど、なんとまあ、全く同じ結果(5D:最初は不安定→装着し直して正常化、5D3:最初から正常)が得られました。

てことで、互いの電子接点をダンボールでゴシゴシすればある一定の効果は得られるものの、どんなにゴシゴシしても我が家のシステムにおいては結果的に不安定で不安を払しょくしきれない、ってことが分かりました。

んなもんですからその次の日、今度は接点改質剤を買ってきて(←新宿に通ってると、こんなのがすぐに調達できてとっても便利)、それぞれの電子接点にこすりつけてみました。

この時は5D3、5Dに加えて、Kiss X50でも試してみたんですけど、数年にわたってあれだけ不審な挙動を示し倒してきたこの430EXが、どのカメラにおいても何事もなかったかのように正常に機能し続けました。その翌日には接点改質剤を塗らずに同じ3つのカメラで試してみたんですけど、前日に塗った効果が持続しているためなんでしょう、またもや問題なく機能致しました。

てことで、何かと問題の多いキャノンのストロボですが、電子接点に接点改質剤を塗りさえすれば問題なく機能することを確認致しました。今、これをストロボケースの片隅にねじ込み、問題が起これば直ちに塗りたくれるようにしたところです。これでとりあえず一安心。おかげさまで、i40購入計画は絵に描いた餅ってことになりそうです。

つーか、買ってから気づいたんですけど・・・この製品、”接点改質剤”なんていうなんだか偉そうな名前がついてますけど、中身はカーボン粉末をオイルに溶いただけの単なるペン先形状のスポンジに過ぎないので、わざわざ数百円も出して買うほどのもんでもないように思います。炭素成分を含むペン、即ち”鉛筆”を使えば同等の効果があるように思われますんでね。

もし同じ症状に悩んでおられる方がいらっしゃいましたら、こんなのを買う前に、まずは鉛筆でお試しください。鉛筆がなければシャープペンでもいいッス。オイルがないので塗りにくいかもしれませんけど、時間をかければなんとかなるでしょう。それで効果がなければ”接点改質剤”を買ってみる。そんな順番でいいと思います。

ちなみにこれ、おいら自身が実際に試してみたわけではなく、想像だけで書いてますんであしからず。なんたっておいらのシステムは既に改善しちゃってるもんですから、もはや鉛筆を試しようもないですし。ただまあ普通に考えて、まず間違いなく機能するんじゃないかと思っちょります。

んじゃ。

  1. 2014/11/11(火) 21:41:07|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大フォトモザイク

このたび、少々トチ狂いまして、横3.3cm、縦2.2cmというちっこい画像3,200コマから成る、横120cm、縦196cmという誰も欲しがらないようなくっだらねー”等身大こたろサッカー巨大フォトモザイク”を作成致しました。Lワイドプリント(1枚16コマ、200枚)への切り出し、プリント発注、組み立てという作業工程に延べ3日間、トータル4~5時間くらいかけてようやく完成させたところなんですけど、作ってみて気付きました。

「こんなでかいの、いったいどこに飾るんだ?」

改めて我が家が豪邸ではないことに愕然とした次第です。

めでたし、めでたし。

  1. 2014/11/04(火) 21:18:31|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる