ま、適当に

思いつきで書くよ

超久しぶり

このブログを更新しなくなってはや3ヵ月が過ぎようとしています。皆さま、お変わりございませんでしょうか?最早、誰も訪れてくれなくなってる可能性を濃厚に感じつつ、久々に更新してみます。

わたしゃ、昨年末ベトナムに行った際に現地のスモッグ(PM2.5?)に誘発されて喘息が発現してからというもの、帰国したらしたで昨年末から飛んでいる花粉へと引き継がれちゃって、ず~っと咳が止まらずに苦しんでいます。

だからといって、これが原因でブログの更新を怠っていたってわけでもないんですけど、一旦喘息が出ちゃうと何もかもがしんどくて、なかなかやる気が起きてきません。というわけで、ここんとこなんかこう人生に変化が認められず、倦怠感に覆われて退屈しちゃってるせいで、ブログ更新のネタが何もないってのが本当の理由なのかなって感じです。

で、こんな自分にちょっとしたインパクトを与えて、何かをしでかす気合いを再び呼び起こすために今書いてみているんですけど、今年はね、ひとつだけ新たに取り組もうとするネタがあるッス。これ、以前にも少し書きましたが、おいらったらいよいよ表装技術を磨こうと考えてますです。おいらがこれを始める動機として、まずおかん作品をちゃんとした形に残すことを念頭に置いてはいるのは間違いないところですが、目指すところはそんなチンケなものではありません。

表装技術って言ったらね、普通は書道作品等を掛け軸にするとか、歴史的な古い作品をより長持ちするよう保存し直すための職人作業って感じで受け取られるかと思うんですけど、おいらの興味はそんなところにはない。そもそも表装し直すような古い作品など持っていないし、そんな面倒くさい事、端(はな)からやる気もないし、・・・・書道においておいらが表装に期待しているのは、書いたばかりで不均一な波を打った書道紙の平面性を高めることでおかん作品の保存性をよくしてやる。これだけなんです。

てなわけで、その程度のことならば、何事も手際よくコツをつかんではあっという間に質の高い仕事をこなしてしまうこの天才(的器用貧乏)にとってわけないようなことだと思われるんですが、おいらの真の狙いはそんなところにはなく、その次のステップにあります。

って、前に一度書いちゃってますから勿体ぶるほどのもんでもないんですが、大げさに言うなら新たな芸術領域の開拓。簡単に言い換えると、一定の表装技術を身に身につけたら、今度はこれに写真技術やら2L連結プリント技術やらを組み合わせて、おいら独自の芸術世界を現出させちゃおうっちゅー訳です。この辺の技術については、少しずつここに記録に残していく予定。

てな感じで、今日はとりあえずこんなところで。
(誰も来なくなった可能性の高いブログの更新って、結構新鮮だな。)

スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 22:28:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる