ま、適当に

思いつきで書くよ

単焦点絞り開放

選挙の話を除くと、最近では珍しく写真についてのエントリーが多くなっているんですが、10年くらい続けたシャッタースピード優先のサッカー撮影をしなくなってはや10カ月、動き回るガキどもをAIサーボで追い回す呪縛から解き放たれ、ようやく絞り優先を中心とした凡人の凡人による凡人のための撮影ライフスタイルを取り戻しつつある面白さからこんなことになっておりますんで、写真の話はまだしばらく続くことになろうかと存じます。

さて、先日の「レンズ優先ダイエット」もそうなんですけど、おいらにはそれ以外にももう一つ、絞り優先の凡人撮影をベースとしたマイブームがあります。表題にも書いた「単焦点絞り開放」です。どんな単焦点でも一段、二段と絞っていけば画質のキレがとてつもなく上昇するでしょ?でもそんなことにはわき目もふらずに開放で撮るんです。例えば、EF35mmや50mmArtなどはこれまでF4-F5.6で撮るばかりでしたが、これを開放のF2、F1.4で撮る。比較的絞りを開けている85mmでも、よく使っていたF2.8じゃなくて開放F1.8で撮る。こんな感じで、絞ることを一切止めるッス。

それでどんなことが起こるかと申しますと、当然のことながら画質が落ちます・・・って、当たり前やんけ。でもそこは甘んじて受け入れる、つーか、そんなことはさておいて、単焦点ならではの被写界深度の浅さとボケの美しさ。PC上で画像を開くと同時に目の前にバッと広がるこの機能美を堪能するんです。

この当たり前すぎる言い草においら自身も拍子抜けするくらいなんですが、10年以上絞ってばかりの写真を撮り続けたおいらにとって、この試みは”衝撃的”と言っていいくらいのインパクトがあります。圧倒的に撮影枚数の多かったサッカーもそうなんですけど、これまでは装着するレンズが何であれ、常に画質的に最善の結果を追い求めることばかりを続けてきました。要するに、どのようなシチュエーションであろうとも全てのレンズを絞って撮ってきたということでして、その結果として手元には絞り開放で撮った画像がほとんどないんです。10万枚超の画像のほとんどが絞った画像。そのつまんなさにようやく気付いちゃったわけですな。・・・・・もしかしておいらったらバカなのか?

とにかく、撮影にあたっての主眼点をこれまでの「解像感」や「被写体のキレ」ではなく「被写界深度の浅さ」とか「ボケ」なんぞに置くわけですから、写真撮影への価値観そのものを180度変えるところから始めなければなりません。と申しましても、価値観を変えるなど実際にはそう簡単には行きませんので、今のところ勝手がわからず我ながら超絶的にへたくそな写真を量産している毎日です。でもこれがまた、おいら的にはとっても新鮮で面白い時間になってます。

てなわけで、今後とも絞り開放をテーマとした手前勝手なエントリーが続くことは間違いありませんが、己の記録のために書き散らかしていきます。おいら同様画質を追求してきたあんた、今の撮影スタイルに飽きてきたら一度やってみてもいいかもよ。結構オモロいで。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/28(木) 22:31:26|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケモンGO

閑話休題。ってことで、先週金曜日に日本でも公開されましたポケモンGOについて、メールは止めてここで返信するッスよ。

おいらもこれ、へなちょこレベルではありますがやってます。公開初日の昼休みにアプリをインストールしてポケモン数匹ゲットした後、帰りの電車の中でまたやり始めたらいきなりフリーズ(帰宅サラリーマンが一斉にやり始めたせいらしい)。その後、土日は全く手を着けずに今週月曜日の通勤から再度始動。レベル2で出社すると周りには既にレベル20に迫るような阿呆がいっぱいいたが、おいらはおいらのペースでやるんだい!とばかりに、それ以来通勤時間中心にマイペースで続ける。てな感じで、往復3時間半の通勤時間の多くをつぎ込んでる割には、今のレベルはまだ9です。

通勤経路、並びに会社の周りだけだと、限定的なポケモンしか出てこないし、ジムでバトルもできないので、たまにはレアポケモンを探していろいろ歩き回ったり、ジムで立ち止まって戦ったりしなきゃダメなんだよね。てことで、クソ暑いのも覚悟して朝の通勤経路を見直すことにしました。一昨年もやってたけど、早起きして早めの電車に乗って渋谷で下車し、明治神宮とか代々木公園とかあの周辺を通って新宿まで通っちゃう予定。

更にこれ、通勤以外でも夏場のウォーキングのトリガーとしてうまく活用したいところ・・・・って、これ以上の小賢しい屁理屈などどうでもいいか。

やくみつるの記事、さっきおいらも読んだよ。でも、どうでもよくね、こんなの。

どんなにあいつから心の底からの侮蔑を受けようと、どんなにあいつから「親は子供にもっと楽しいことを提供せよ」などと言われようと、そんな戯言などな~んにも心に響いてこないので、おいらはこれ、自分が面白いと思っている間はやり続けるし面白くなくなったらやめる。それだけだよ。

八百長にまみれた大相撲なんぞを面白いと思ってしまうような洞察力偏差値が2くらいしかない怒涛の阿呆の分際で、もっと楽しいことを子供に提供しろだと?八百長全盛期の大相撲でも子供に見せれば気が済むのかよ。バカバカしい。こんなのただ一言、「お前が言うな!」と言ってやれば済む話だ。

大抵の人はあんなのより自分の方がはるかに利口であるという自覚があるでしょ?その利口の我々が面白いと思ってるんだから、それは面白いに決まってんじゃん。世の中をなめきった教養のない贅肉デブが行うたどたどしい八百長をガチと勘違いして面白いと思い熱中してしまったような無様な感受性しか持ち合わせていないウスラバカが、偉そうに何言ってんだ!アホか!恥を知れ!すっこんどれ!・・・ってことで、はいっ、終了~。

あんたもあんな阿呆の言うことにいちいちムカついてないで、思いっきり楽しんでやればいいだけだよ。でもって、それこそこっちから「世界中の人が認めているこの面白さが分からないのかねえ」「どこまでバカなんだろうねえ」って侮蔑してやればよろしい。ズレた感性の老人の発言にまともに反応するなんて不毛だし、関われば関わるだけ時間の無駄だからさ。バカなど相手にせず、侮蔑し返しておしまい。それでいいじゃん。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/07/27(水) 21:46:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バカすぎて気持ちが悪い

一週間以上前に3日でできるなどと大口をたたいたくせに未だまともな政策を一つも打ち出せずにいる鳥越とかいうウスラバカがね、今度は大島など島嶼部の消費税を5%にしてくれちゃうそうです。大局観がなく算数が苦手で経済がさっぱり分からない時代錯誤的イデオロギー老人&ヒステリック無知ババアの支持するお笑い漫画政党共産党はともかくとして、その他の野党はまだこんなボケ老人を支持するのでしょうか。おい、アホ野党。お前らが今このバカバカしい政策を口走ったこの阿呆を支持するってことは、都議選でこの阿呆が落選しようが当選しまいが(ん?)、国政の場でお前らがこのバカ丸出しの政策に対してけじめをつけなきゃならなくなるってことなんだぜ。分かってんのか?

まあ普通に考えれば、都知事選挙だってのに相変わらず都政については何も述べず、思いつきでこんな偏りまくったでたらめなことばかり言っちゃう頭のおかしい老人など、いくらなんでももうダメでしょ。つーか、この人、マジ痴呆なんじゃね?

「昭和15年生まれだから、終戦時に私は20歳だった。」
「誰が日本を攻めるんだよ。中国が攻めてくるなんて妄想だよ。日本に攻めてくる国などない。誰も攻めてこないよ。だから自衛隊など要らないんだよ。・・・・・米軍など要らない。万が一だよ、万が一中国が攻めてきたら自衛隊が日本を守らなければならない。だから、そういうときのために自衛隊は要るんだよ。」

話す内容がそもそも都政には関係ないってところが痴呆老人らしいところだけど、百歩譲ってそこに目をつぶったとしても、算数が出来ないばかりか論理がここまで破綻してるなんて、脳がまともに機能している人ならあり得ないでしょ。おまけに、文春の淫行記事に対してまともに反論もできず、訴訟を起こして逃げやがった。言論には言論で対抗するのが言論人なんじゃないのか?そのくせジャーナリストとして51年の実績だとか何だとか、言ってることとやってることが矛盾ばかりで滅茶苦茶だ。ジャーナリストが聞いてあきれるぜ。つーか、正直に白状しなよ。脳の一部がまともに働かなくなっちゃったもんだから、その場で的確に言い返すことができないんでしょ。

民進党も、この腐れ脳味噌ジジイをとっとと病院に連れて行った方がいいと思うよ。ちゃかしてんじゃないよ。本気ッス。こいつったら本当に痴呆でしょ。だから都知事選の争点に沿った演説がそもそも出来ない。鳥越陣営ではこいつ演説が下手だからってなるべく人前で話をさせない方針みたいだが(だから他の候補者に比べてこいつの街頭演説の回数はハチャメチャに少ない)、これ、演説が下手なんじゃないよ。能力的にできなくなっているんだよ。もし今何もせずに選挙後に痴呆と分かったりでもしたら、そんなのを担いでた無責任政党だってことで、野党は揃いもそろって全国民から引導を渡されることになるぞ。いいのか?

もうこの痴呆老人、目にするだけで吐き気がします。言ってることが支離滅裂、かつ都知事としてピント外れで、とてもじゃないけど選挙に出てこられるようなレベルじゃねえじゃん。こんなのを推す野党だって、人をなめるにもほどがあるだろってなもんです。こいつが行くべきは都庁ではなくて病院。ほら、早く手を打てよ、岡田!枝野!お前らが人として最低限の判断力を持ち合わせているなら分かるだろ。有権者を愚弄するのもこれくらいにしておいて、候補者として醜悪に過ぎるこのボケ老人を我々の視界からとっとと消し去りなさい。それがお前らが為すべき最低限の仕事です。

こいつ、世論調査でもほぼ落選確実な位置に落ち着いたみたいだね。現実に落選が決まったとき、どうせこいつはそれを文春のせいにするんでしょうけど、そもそも政策もないまま立候補するようなでたらめジジイが当選すると考える方がおかしいんで、まあなんつーかこんなの、100%自業自得だよね。おいらなんぞ、別にこいつが淫行しようが何しようがどうでもいいし、それ以前にこいつのでたらめっぷりに呆れ果てていたのはここに書いてきた通りなので、文春云々という言い訳がいかに的外れであるかを投票前のこの段階からちゃ~んと看過しておいてあげるからね。いいね、ボケじじい君。

それにしても野党は貧乏くじ引いたよね。進むも落選、引くも落選でどうにもならん。でもって落選した後、あの大島5%を追求されるんだよね。おいらがジャーナリストなら絶対追求するもん。

「大島の消費税5%は野党共同の政策として今後打ち出されるのでしょうか?」
「それとも、あれはあくまでも選挙のための方便なんですか?」
「野合なんだからこれくらいのウソは言っても許される。そう思っているということですか?」
「あんたらの選挙って、いつもこうなんですか?」
・・・・・

あ~あ、やっちまったなあ!これから候補者を立てる際は、せめて長谷川式簡易知能評価スケールくらいは受けさせてから立候補させるようにしな。これ、おいらから精いっぱいの善意の忠告だ。

言うまでもないことだが、痴呆老人は罵倒の対象ではない。介護すべき対象、守るべき対象だ。そういう人を都知事選などに立たせて罵倒の対象としてさらし者にしているのは、政策などお構いなしで野合することに血道をあげている野党の罪だ。岡田の罪だ。枝野の罪だ。都連じゃねえけど、お前らこそが一族郎党打ち首獄門の刑に処されるべきである。それがいやなら、直ちにこのような非人道的なことは止めるべきだ。そして、お前らに少しでも人の心が残っているのなら、4党まとまってこの老人の今後の生活を守ってやんなよ。それが、この哀れな痴呆老人を都知事選などに担いじゃった側のとるべき責任だと思うぜ。

んじゃ。

  1. 2016/07/26(火) 22:44:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズ優先ダイエット

昨日、200mmと35mmを持ち出して試合観戦に行ってきたんですけど、肝心の横断幕をピッチ対角線上の一番遠いところに張られちゃったこともあって、一枚も撮らずに帰ってきました。アホみたいだったけど、試合は勝ったんでまあいいか。

で、帰宅後、200mmをつけたまま何の目的もなくふらりと外出。テキトーに30枚ばかりスナップを撮ってきました。200mmでスナップっていうのも変な話なのですが、スナップなんだからしょうがないでしょ。得られた画像はあまりにへなちょこすぎるものばかりで、ほとんど削除しましたから。にもかかわらず、帰ってきたときには結構ウキウキしていました。

なぜこの天才のおいらがこんな変人じみた意味不明の行動に出たかと申しますと、あることを試してみたくなったからです。きっかけはある阿呆とのメールのやりとり。その一環としておいらのレンズラインナップを昨日ここでさらすことになったのですが、・・・・・って、細かい説明は面倒くさいのでぶっ飛ばします。

ここ数年、サッカー撮影ばっかりで使用するレンズが一部に偏りまくっておりましたが、サッカーを撮らなくなった今、レンズラインナップ全体を何とか生かす撮影生活を取り戻したい。てことで、これからは撮影対象によるのではなくレンズを優先させて写真を撮り続けるという愚行を犯してみようと思いたったッス。

レンズを優先させる撮影ってのがどういうものかっつーと、要するに、「今日は○○mmで撮るぞ」と決めておいてから、どこに行く、何を撮るなんてことを後付けで決めるっつーことです。普通ではあり得ないこのレンズ逆順選択。バカでしょ?でもやるんです。

対象となるレンズは、おいらの持っているレンズから90mmマクロ、EF300mmF4L、APO50-500mmの3つを除いた全てで、あらかじめ持ち出す順番を決めておきます。で、出かける用件が何であれ、その順番通りに持ち出す。これだと、日産スタジアムに魚眼レンズを持っていくとか、書道展に200mm単焦点を持っていくとか、アホ丸出しのレンズ選択になることも当然起こり得ます。でも一度決めたルールは曲げません。やり抜きます。って、バカでしょ?でもやるんです。

これをするとどうなるかっつーと、まず、出かける機会が増えます。あるイベントにどうしても50mmArtを使いたいなんて時に、事前に何度も出かけてこのイベントを50mmの順番に無理やり持っていくからです。その逆で、次が50mmの順番だから再来週のイベントのためにこの土日は出かけない、などという消極的な対応は内規で禁じます。基本的に、出かけて二桁(10枚)以上撮影して帰宅したらそれを外出1回と数えるものとし、毎週最低2回は出かけることを義務付けます。でもって、特定レンズの使用を目論んで出かけるスケジュールを増やすのはOKですが、出かけるのをセーブするという消極的な調整は内規で禁じます。ほら、やっぱりバカでしょ?でもやるんです。

実はこれ、初代キスデジを購入したころに面白がってやってた方法です。あの頃は手持ちレンズが少なかったこともあって、面白かったんスよ。更に自分の撮影バリエーションを広げる訓練として機能しているような気がしてやってたんですけど、実際に効果があったのかどうかは????です。でも、またやってみるッス。サッカー撮影で培われた固定観念を一旦全てブチ壊し、新しい気持ちで撮影バリエーションを広げるッス。更に、出かける機会を増やすことで消費カロリーが増えて痩せちゃうというおまけ付き。このおいらにしかできないおいら独自のダイエット。バカでしょ?でもやるんです。

もし真似したければいつでもどうぞ。無用にイライラすることを除けば、面白いことだけは保証します。

んじゃ。

  1. 2016/07/24(日) 10:19:18|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズラインナップ

以下の通りだス。

●単焦点
Sigma 15mmF2.8 FISHEYE
Canon EF35mmF2 IS USM
Canon EF50mmF1.4 USM(完全お蔵入り)
Sigma 50mmF1.4 Art
Canon EF85mmF1.8 USM
Tamron SP90mmF/2.8 MACRO (F004)
Canon EF200mmF2.8L USM
Canon EF300mmF4L IS USM
Canon EXTENDER EF1.4x II

●ズーム
Sigma 17-35mmF2.8-4(AF故障、片ボケ → F8MF撮影専用)
Tamron SP28-75mmF2.8(A09)
Tamron AF28-200mmF3.8-5.6(A031)
Canon EF70-200mmF4L IS USM
Sigma APO50-500mmF4.5-6.3 OS HSM

●APS-C専用
Canon EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II

(メレ)

  1. 2016/07/22(金) 23:09:22|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

200mmと35mm

先日のエントリーでも書きましたが、先週末表記の200mm単焦点レンズを5D3に装着して近所の高校に出かけて、数年ぶりにこのレンズでシャッターを押してきました。ただ、実際に撮ったのはたったの3枚。グラウンドが見学とか撮影とかには極めて不向きな構造をしていたため、周りには観戦者がいっぱいで、撮影対象の横断幕もメチャ遠かったため、なんだか撮る気が失せたッス。せっかく撮影した3枚も結局豆粒大に写っただけで、200mmを堪能するどころではありませんでした。

その一方で、ゆたろこたろ高校サッカー部は幸いにして勝利をおさめ、第三回戦へとコマを進めました。相手は一回戦免除で元気いっぱいだったのに対して、こちらは中一日の試合で疲労感が半端ない様子でしたが、何とか地力の差でねじ伏せたといった感じ。次戦は今週土曜日、我が家から地下鉄で4駅目にある高校で行われます。ドアツードアで30分弱。てことで、今週末も電車乗って行って撮ってきます。

持っていくレンズは再度200mm単焦点ですが、ついでにEF35mmF2 ISなどというレンズも持っていって、なんとか使ってきます。車なら超望遠ズーム+50mmArtで行くところですけど、今回は電車で運ぶわけだし試合を撮るわけでもないので、軽さというメリットを優先するッス。サッカーの無駄走りじゃないけど、それぞれ普段あまり使ってやっていないレンズだから、無駄シャッターいっぱい押してこよっと。

んじゃ。

  1. 2016/07/21(木) 22:03:14|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都知事選

何度もすいません。政治の話はご法度と決めていたこのブログなんですが、今回の都知事選はあまりに面白すぎて、どうしても黙っていられません。自分が書いた記述を将来読み返すことが楽しみだというおいら固有の自虐的趣味の具現化手段であるこのブログですから、都民でもねえおいらがこんなこと言うのも滑稽であることは重々承知の上で、ここは一つ禁を犯して(もう何度も犯してるけど)書いちゃうことにします。

まず百合子グリーンこと小池さんですけど、この人のパフォーマンスってすごいですよね。あるイメージを有権者に植え付けるため、事前にしっかりと脚本作ってその通りに演じている。その作り物感がプンプンしてます。自民党都連を手玉に取るどころか石原の無能っぷりまで最大限に利用して選挙戦を思い通りに進めているその様は、歴史に残る大女優兼演出家の一人として人々の記憶に残ることでしょう。ただまあ、こういうことする人って実務能力がない、つーか、実務能力がないからこそこういうことをするようにも思えるんですけど、実際のところ、そこはどうなんでしょうか。

それにしても石原って哀れでした。以前からその無能さが指摘されて久しい人ですが、今回は一瞬にしてその飛び抜けた指導力のなさ、主義主張のなさが白日の下にさらされてしまいました。都連も含めたこの阿呆どもの反応を全て読み切った上で作られた天才的な脚本そのままに、持ち前の惚けた面よろしく、哀れな道化役をものの見事に演じてしまった阿呆x阿呆x阿呆=アホの三乗代議士石原。観客たる都民に対してこれを瞬時に見せ切った小池さん、お見事!って感じですかね。慎太郎の子供というだけで中身空っぽのこのトッチャン坊や、愚かだな~、哀れだな~、惨めだな~、・・・てことで、おいらったらもう腹を抱えて大笑いさせていただきました。

いや、それどころか、これってアホで済まされる問題じゃないような気もします。「一族郎党を罰する・・・」というあの通達って何なんでしょう。自民党って自由を標榜する政党だよなあ。それが今どき、個人どころか一族郎党などというそんな前時代的な発想するなんて、都連って共産主義者の集まりだったのか?小池の脚本に胡蝶蘭級の花を添えるこんな自由主義とかけ離れたバカ丸出しの通達を出すなんざ、石原や都連の方こそ破門なんじゃね?

ここにもいたよ、自民党守旧派の宇宙レベルの阿呆が。どうしてこれほどまでに愚かなんでしょうか。以前にも触れましたが、説明すると約束しておきながら無視を決め込んでシレッと代議士を続けていやがる群馬の汚れ小娘ドリル小渕とか、児童買春に関与したクソやくざ野郎に税金を貢ぐために比例で参議院議員になった元SPEED今井絵理子なんかもそうですが、おいらが自民党に虫唾が走るのはまさにこういうところなんですよ。こんなやつらを食わせるために税金を払うなんぞ、おいらは金輪際、絶対に絶対に嫌なんだよ。分かってんのかよ、おい。それが分かったらお前、二度とおいらに自民党支持など頼んでくるんじゃねえぞ、いいな!

って、脱線が過ぎますので、話を元に戻します。

ぶっちゃけ、小池さんっつーのは政策もへったくれもないままに政党の浮き沈みを読んでは所属政党を変えながら代議士を続けたというだけのテメーのことしか考えてねえ露骨セルフィッシュ女という印象しかなく、実際に代議士になって何をしたわけでもねえただの税金泥棒だと思いますので、今更「応援してください」と言われても「いやだよん」っていうしかありませんな、残念ながら。

次は増田さんですか・・・あのね、自らも手が汚れているからって舛添の追及をあっさりと放棄してしまった与党が応援するこいつをおいらが支持するはずないじゃないですか。岩手県知事やってたことをもって、さも実務能力があるような話にすり替えようとしてるみたいですけど、こいつが知事をしている間に岩手県はただ単に台所事情が苦しくなっただけなので、この男にそんな能力は最初からみじんもないってことを断言しておきましょうか。そもそもあの自民党都連なんぞに担がれるようなこんな影の薄い傀儡野郎にコメントすることすらめんどくさいので、こいつについてはこれでおしまい。

次は鳥越さん・・・・・こいつもいいでしょ。政策がないまま立候補とか、こいつのやってることって全然意味が分かりません。そこに相乗りする野党も野党です。バカ丸出しで、全ての野党が石原より無能で自民党都連よりも腐っているということなのかもしれません。それにしてもこのジジイ、選挙運動が解禁になっても街頭演説で政策について何一つ語らず、応援に来た森進一を紹介しただけで演説を終えるとか、頭おかしいんとちゃいますか?知名度だけで出てきやがって。おいらは都民じゃないけど、「都民をなめんなよ!」って感じです。

こいつが取ってつけたように出してきた「がん検診受診率を100%に引き上げる」という政策も”笑止”です。医療被曝による都民のがん罹患リスクを上げるだけのこんな愚かしい政策など、税金の無駄遣いにも程があります。金かけてマイナスを生むという意味で政策的には全候補者の中で断トツの最下位、下の下の下の下の下の下の下ですね。前は頭のいい人だったらしいのですが、今はもうやることなすこと、ことごとくバカすぎます。荒唐無稽に聞こえるかもしれませんが、頭がいいとされていた時にこいつの頭の中にあった何かが加齢とともに壊れてしまったのではないでしょうか。

だって、もし彼が優秀なジャーナリストのままなら、政策なしで選挙に出てくる意味不明野郎なんぞ、自ら真っ先に攻撃してるはずでしょ。「政策のない立候補などあり得ない」「こんな人を選んでしまって本当にいいのか」「知名度だけで出てくるな」と。昔はこの人、実際にそんなことばかり言ってたじゃないですか。それが今ではこんな簡単なことに気付くことすらできないんですよ。異常すぎます。とてもじゃないけど、頭がいい人の行為とは思えません。やはり、どこかが壊れてるんじゃないかと考えるのが自然でしょ。特に、根気よくじっくり考えて何らかの結論を導き出す能力。ジャーナリストだろうがなんだろうが、ひいては政治にはもちろん絶対に欠かすことのできないこの重要な能力を失ってしまった感じがしてなりません。

その原因って、もしかすると抗がん剤・・・・・いや、これをまたがんサバイバーへの差別だの何だのとすり替えられるのも嫌なので止めておきましょうか。とにかく、無駄どころか害のあるがん検診、無駄どころか害のある抗がん剤治療、どちらも止めとこうね、いや、マジで。

そしてもう一つ、お前さあ、がんサバイバーがどうのなどと言ってる暇があるなら、その前にお前の政策についてちゃんと述べろよ。こんなの、政治家になろうってやつの基本中の基本だろ。それを満足に説明できねえからって差別だの何だのと妙な所に逃げこみやがって。卑怯だろ、おい。政策討論の席でだってのにそんなクソみたいな話、都民が聞きたがるとでも思ってんのかよ。まともな政策も掲げられない、まともに説明もできねえようなクソ候補者なんぞ、金輪際いらねえんだよ、このタコジジイ!

その他の候補者は泡まつ扱いされていますが、本来なら彼らの政策にも耳を傾けるべきでしょう。マック赤坂、在特会の桜井、元労相山口、それなりに知名度のある候補者というとこれくらいでしょうか。・・・・・でもちょっとねえ、ぶっちゃけ無理でしょ。なんたってこのメンツですから。笑う気はあっても、まじめに耳を傾ける気は起りません。てことで、個別候補者の話題もそろそろこれくらいで。

この面白すぎる都知事選の結果ですが、劇団女優、操り人形、痴呆老人の中からいったい誰が、あの卑しき舛添が汚しつくした都知事の椅子へと座ることになるのでしょうかねえ。神奈川県民のおいらには直接関係ねえから、今後も遠慮なく面白がっちゃおうと思います。ただまあ、誰が都知事になろうとも、その椅子の座面には目に見えないきったねえうんこが大量にこびりついてるでしょうから、よく拭いてから座ってね。ま、いくら拭いても、あんたのうんこでまた汚れちゃうんだろうけどね。

んじゃ。

  1. 2016/07/19(火) 22:11:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GR digital II

9年前に発売された表記のカメラですが、最近ある方から頂いちゃいました。この”コンパクトデジカメ”ってやつは我が家に10年以上ない状態が続いたため、突然我がものとなったこのちっこいカメラにおいらはとっても興味シンシンとなり、なんだか気分的に楽しくなっちゃって面白がって使っています。

GR digital IIといえば、その発売当初こそ画質の良さから一世を風靡致しましたが、今となってはさすがに普通、というか、コンデジの普通ってのがどんなもんか今ひとつよくわからないおいら的には「スマホよりは多少きれいかもね」って感じの評価なんですけど、一口にスマホと言ってもおいらのは画質的に評判の高いiPhone6sなので、結構なレベルだってことッスよ。などと今さら力んで言うほどのものでもなく、画素数的には1,000万画素くらい(3,648x2,736)でiPhone6sよりも少ない分、ドットピッチやらレンズの出来やらを勘案致しますと、スマホなんぞよりこっちの方がいいに決まってますです。

こいつを頂いて以降、いろいろと撮ってみて気付いたんですけど、まず、高感度耐性はスマホより少しましな程度で、笑っちゃうほどありません。ISO400くらいでもうおいら的にはん?って感じ。どうしてもフルサイズ一眼と比べちゃう価値観を変えられないバカなおいらのアホ丸出しの評価ってことなのかもしれませんがね。更に高感度へと行くと、画質はそこから更に劇的に低下していきます。ってことでこいつの高感度、全然使えません。あと動作ですが、なんだか少しトロくさいッス。でもまあ、スマホよりはましってことで納得しています。

とまあノッケから弱点並べてネガティブにも程がありますが、ぶっちゃけ言うなら気になるところはせいぜいそんなもんで、これらの欠点を差っ引いたとしても全体としては相当気に入ってます。絞り開放F2.4なので、屋内でも照明を煌々と照らせばISO100~200で撮れちゃいますし、昼間の屋外での撮影なら何も気にすることありませんからね。暗闇で盗撮するとでもいうならともかく、普段使いには何ら問題なかとです。てことで、機能相応に楽しめちゃってます。

まず、スマホよりぶ厚いけど縦横のサイズはコンパクトなので、ズボンのポケットにひょこっと入ります。でもって、外に持ち出してはスナップをピョコピョコ撮る。おいら的には使いづらいあのスマホのカメラ機能(特にフォーカス合わせる操作がうざくて我慢ならないよね)よりも操作性はずっといいので、リズムよく撮影することができます。

28mm相当の広角単焦点ってのも、おいら的にはとっても目新しくていい。週末には訳も分からず近所を練り歩き撮り散らかしたりなんかして、とりあえず最初の仕事として最寄駅から我が家までの徒歩ロードマップを作製してみたんですが、全体の作業がリズムよくサクッと終わりました。とまあ、そんなことしても広角を撮る楽しさってのが全然わからないままのおいらなのですが、なんかこう、もしかするとこんな作業の延長線上で何かをつかみとれるかもしれないといった可能性を感じてるような錯覚に落ちいっちょります。

また、21mm相当のワイドコンバージョンレンズというのも頂いてます。受け取りの際に「21mmは強烈にひずむ」とのコメントも頂いていたのですが、試しに撮ってみると、それほどでもありません。皆様(と言っても数名ですが)ご存じの通り、樽型収差恐怖症で有名なおいらがそう言うくらいですから、推して知るべしって感じです。ま、このまましばらく使い続けてみます。

一眼の方は半年くらいまともに撮っていません。そろそろ何か撮ってやらないと電池が液漏れするんじゃねえかとか気にはなっているんですけど、撮影対象に事欠いておりますのでドモなりません。ただ、これはもうたまたまのことなんですが、今週末ゆたろこたろ高校のサッカー選手権県予選の試合が我が家から徒歩3分の高校で行われるので、一眼とGR digital IIの両方を連れて、撮影かたがた見に行っちゃおうかなと思ってます。

撮影対象は今年初めにこたろが卒業する際に保護者会から寄贈した横断幕ッス。おかん直筆の書道文字をおいらが5D3+Sigma50mmArtで撮り、フォトショでデコって業者に出して作りました。こいつが会場でどんなふうに見えるのか、見物がてら記録に残しとこうってわけです。とはいえ、横断幕だけじゃ数枚撮っておしまいになっちゃうので、ついでに選手やら観戦に来ているであろう顔見知りのOBたちも撮ってやろうかと。

いくら会場が自宅のすぐそばとは言え、もはや重い機材を抱えていくような情熱もないので、広角はGR digital IIに任せて、5D3の方は200mm単焦点一本で行くつもりです。マジで10年近くまともに使っていなかったこのEF200mmF2.8L、カビが生えたりしていないことを祈りつつ、あの切れ味を久々に楽しんできます。頼むから雨降らないでおくれよ。現時点での予報は曇り時々雨らしいけど・・・・ま、天気予報なんぞ当てにはならんし、いつものように外れてちょーだいね。

んじゃ。

  1. 2016/07/12(火) 22:07:38|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さあ、始めちゃおう

引っ越しから早一ヶ月、しつこすぎるほど続いているひかりTVのトラブルを除けば生活もようやく落ち着きを取り戻してきましたので、ここらで一つ、我が家全体の舵を前に一歩踏み出す方向へと切っていこうと思います。って、相変わらずこけおどし的な導入で辟易とさせっちゃったかもしれませんが、以前にもここに書きました通り、書道の裏打ちってやつをボチボチやり始めるッス。

書の処理についての最終目標は「自力での表装」、即ち、誰の助けも借りずに書を掛軸や額などに仕立てることなんですけど、まずは表面が文字部分の墨汁で波打ってしまった紙をまっ平らに仕立てる「裏打ち」ってやつ。表装プロセスの最初に行う基本中の基本であるこの技術をマスターしないことにはお話にもなりませんので、最初はこの技術を習得します。でもって、慣れてきたらそこに天才であるが故に気付いてしまったオリジナリティを適宜付加しつつ、誰にも真似のできない高邁なる独自技術へとじっくり熟成させていく。でもって、最後は技術進歩に無関心なその辺にある表装屋くらいでは逆立ちしてもかなわなくなるほどに、この技術を高みへと導いちゃおうって寸法です。いつものようにね。(って、偉そうにするにも程がある?)

裏打ちをマスターしたら次は装具を用いた仕上げを学んでいくわけですが、書の表装と言えば何といっても「掛け軸」ですよね。でもおいらったらあの古典的な掛け軸ってやつに何の興味もないんですよ。収納性という意味では簡単に小さく丸められるところを評価はしますが、我が国の家屋の中で床の間なんてものが絶滅危惧種化しつつある今の時代、洋室に飾ると違和感しかない上に、丸めたまま収納して時間がたてば間違いなく紙表面や裏打ちの糊にヒビが入って見るも無残な状態になってしまうという重大な欠陥をもつあの中途半端なスタイルが、今まで同様に今後もずっと生き残っていけるとは到底思えないからです。

んじゃ掛け軸を止めて「額装」をするのかっつーと、それもまたちょいと違う。裏打ちした書をただ単に市販の額に入れるだけなら技術もへったくれもないですし、それではそもそも面白くもなんともない。もちろん思い入れの濃い乾坤一擲の作品には王道の額装、即ち、相応の価値が認められる市販の額にきっちりと入れることになるとは思いますけど、普通の作品にまではそんなことは致しません。普段着の収納にいちいち桐の箱を用意するようなお金もないですし、そんなスペースもありませんから。

将来的においらが習得を目指している表装技術はこの世にないもの。即ち「新たな概念による表装の開発」です。(って、またまた偉そう?)掛け軸風にするにせよ額装風に仕上げるにせよ、いずれにおいても素材として写真を使います。妄想レベルにすぎない今の段階で細かいところまで白状するのはあまりに恥ずかしいので細かい説明は控えておきますが、王道を行く古典的な作品にはこれ、今風のアレンジを加えた新しい感じの書にはこれ、といった具合に、試してみたいアイデアがいくつかあるとです。

その第一歩として、とにかくおいらはこれから裏打ちの技術を習得するため、必要な道具や材料を取り揃えていきます。障子紙、障子のり、はけ、パット、定規、霧吹き、千枚通し、作業台となる1畳大の化粧べニア、作品を貼って乾燥させるこれまた1畳大のベニヤ板などなど、概算で5,000円くらいになりそうなんですが、これで裏打ち技術がマスター出来て、それを天才的技術へと昇華させてしまえるんですから安いものですね。

んじゃ早速来週、買ってきます。(ベニヤとか、車に乗るのかな?)

  1. 2016/07/11(月) 21:01:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windows10

巷を騒がせているWindows10無償アップグレード問題ですが、おいらも被害に遭いました。

先週、まだトラブルを引きずっているひかりTVへの対策としていろいろなことを試してみようと、リビングでノートパソコンを開いて様々なネット情報をチェックいた時のことです。一休みしようと少し席を外していた隙をついて、あの悪名高き無断強制アップデートが始まってしまいました。おいらはもちろんこんなアップデートを許した覚えなどありません。それなのに突然始まったんすよ。

で、一旦始まっちゃうとこれ、どうしようもないんです。画面にはこれを中断させるボタンも何もなく、ただただ「途中で電源を切るな」的なメッセージが出たまま、延々とアップデートが続くんです。お前なんぞに命令される筋合いなどないわ、ボケ!とばかりにぶった切ってやろうかも思うんですけど、途中で強制終了などして二度と立ち上がらなくなったりでもしたら超めんどくさいので、軽率に電源を落とすわけにもいかない。おかげさまで1時間以上、何の作業もできませんでした。

これ、やられてみると超ムカつきます。こんな無茶苦茶なサイバーテロ、まともな会社がやるようなことじゃない。ってことで、いつもと同じ月並みな反応で申し訳ないのですが、おいらはこれからマイクロソフトなどというクソ企業に勤めて妻子を養っているようなゲス社員全員を心の底から思いっきり軽蔑し、心の中で遠慮なく唾を吐きかけてやろうと思います。

ちなみにこの忌々しいWindows10とかいうテロリストOS、最初の使用許諾画面で力いっぱい拒否してやりましたが、あっけないほど簡単に元に戻ったWindows8.1ではwifiにつながらなくなっていて、パスワードの再インストールを強いられました。wifiのパスワードなんか手元にないっつーのにめんどくさいったらありゃしねえ。更に、他にも現時点では気づいていない何らかの問題が生じているのかもしれないかと思うと、このテロリスト企業への憎悪がまた噴出してきてどうにも収まりがつきません。ふざけんな、このインチキ野郎。ペッペッ!(心の中で唾を吐きかける音)・・・ついでに、これから鎌倉詣でも行ってお祈りしちゃいましょうか。

「マイクロソフトなどというクソ企業が、どうかつぶれてなくなりますように。」

んじゃ。

  1. 2016/07/06(水) 21:20:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう少しまじめに政治してよ

またまた天気予報がからきし当たらない季節がやってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今週末には参議院議員選挙がありますね。そこでの勝敗ってのはおいら的にはもう見切っちゃった感があるんですけど、野党第一党である民進党・・でしたっけ?そんな名前の政党がこれまでいかに英断に次ぐ英断を重ねてきたのか、政治向きの話はご法度と決めたこのブログにおいて、あえて笑い話として触れたいと思います。

今の名前になる前は・・・確か”民主党”でしたよね。それが、橋下から見捨てられた維新の党(でしたっけ?)とかいう、股間から腐れチンチンぶら下げてるってだけの、知名度ばかりか何の主義主張もない救いようのない論理破綻ジジイどもから成る意味不明コロニーを取り込み、ついでに自分の名前まで変えちゃいました。誰が見たってこの合流&改名は民主党にとってマイナス以外の何物でもない、誰もが絶対に失敗すると想像した通りに大失敗をやらかしてしまった知能指数が3くらいしかないと想像されるパナソニック経営陣によるプラズマテレビへの無謀投資にも匹敵するくらいの、これを決めたやつは一族郎党打ち首獄門レベルの愚も愚、愚の骨頂ともいうべき決断だったかと思うんですけど、本当にこんなアホ丸出しなことを仕出かしちゃって世間の評判を便所コウロギ以下にまで落としてしまったのもまだ記憶に新しいところです。

この暴挙に1mmたりとも共感できなかったおいらは、それでもなんとかこの超常現象を理解するために「岡田とか枝野とか、この党を運営する連中って超絶レベルのドMなんだろうな」とやつらの個人的な性癖へとその結論を持っていかざるを得ませんでしたが、それがあなた、今度はあの時代錯誤の化身、共産党と選挙協力するってんですから、こりゃあもう笑う以外にありません。ここまでくるとこの党ってのは執行部連中の異常な性癖くらいでは説明しきれない、われわれ凡人の想像をはるかに超えたレベルの・・・組織ぐるみのお笑い興業?いや、ホンマ、こいつらったら揃いも揃って宇宙レベルの真性のバカであるか、そうでなければ天才的なお笑い政治結社なんじゃないでしょうか?

おいらったら、自民党のあのアベノミクスとかいう実態経済とはかけ離れたところで数字だけ良く見せようと目論んだわけのわからん政策を支持するつもりも全然ないのですが、本来なら心情的に応援したくなるはずのその対抗馬たる野党第一党に、自分たちに投票させまい、させまいとばかりにこれほどまでに頭の悪さをむき出しにした愚行を繰り返されちゃうと、自分がドMであるとでも言うならともかく、残念ながらどちらかというとSに属する自覚が少しだけあるおいら的には、こんな汚物まみれの穴開き破れパンツみたいなクソ政党においらの貴重な一票を投じるなどどうしたってあり得なくなってしまうんですよ。そうじゃありませんか、みなさん!(選挙演説風)

なんでこうまで愚かなんでしょう。今どき、マルクス、エンゲルスなどという破綻しきった死滅思想を党名に掲げて恥とも思わない何でも反対するだけの脳細胞機能停止政党にすり寄ってしまうようなこんなおバカが、よりによってわが国の野党第一党とは・・・・・いや、これをそのまま受け取ってしまうと日本国のレベルが知れてしまうので、おいらはこれを既存の政治手法の延長としては捉えずに、お笑い芸人が商売でバカを演じているのと同種の斬新な集票アプローチと解釈して、素直にその路線に乗っかってやろうと思います。

その観点からみるとね、こいつらの演説っておもろいっすよ。おいらの頭の中にある「もし自分が野党だったら自民党のやってることをこうやって口撃するのに」ってところには一切近寄ることすらせず、後からいくらでも自己矛盾を突っ込まれてしまうレベルのくっだらねえアホ丸出しの演説ばかりしてますからね。起承転結がバラバラで、論理性のかけらもないこいつらの話を聞いてるとね、あの中身のないアベノミクスってやつがとてつもなく素晴らしい政策であったかのごとき錯覚をしてしまいそうになるくらいですから。

こいつら、政治家としてはもう目も当てられないくらいの思考停止型愚者の集まりではありますが、お笑いプロダクションとしては比類なき才能に満ち溢れてますよね。何といってもそのボケの質が抜群でしょ。全く想像もつかなかったことを突然仕出かすって意味でのボケっぷりが半端ない。でもって、次はいったい何を仕出かしてくれるんでしょうか?卑賤者舛添、号泣野々村、五輪盗作佐野でも集めて公金着服撲滅ユニットでも組んでみる?でもって兵庫県議ダッシュ岩谷にはその後ろを無意味に走りまわらせるとかね。金になるなら何でもするんじゃない、こいつらなら。

とまあそんなことはともかくとして、せいぜいがんばってね。あんたら、「イワシになったところ、見てやって~」の永野よりも訳のわからなさじゃ一枚上みたいだし、選挙じゃ結構受けるかもしれないよ。望み通りにおいら、笑ってあげる・・・・・つーか、TVの前でその見事なボケにつっこみ入れてあげるからさ。

「止めなさい。」
「よしなさい。」
「違うだろ!」

んじゃ。

  1. 2016/07/05(火) 23:12:07|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる