ま、適当に

思いつきで書くよ

久々のフォトブック

今月上旬からなんですけど、一眼のみならずスマホの中までほじくり返しておかん書道作品を撮影した画像をかき集め、その一方で書道とは何も関係のない背景用の画像と組み合わせてはありゃこりゃ細工を加えてみたり、はたまた表紙に使う画像を何度も撮り直したりもしながら、350dpiという過剰スペック(?)でデパ帳フォトブックのスクエアXL(30cm四方)原稿画像を地道にネチネチと作成して参りました。で、ようやく先週末にその作業を完了し、メルマガ会員限定の基本料40%offクーポンってやつを利用して32ページもののフォトブックを発注したところッス。

デパ帳最大となるこのスクエアXLというサイズですが、こたろサッカーフォトブックを作成した9カ月前にはグロッシーやラスターの用紙設定がありました。グロッシーなどは解像感のみならず、美しい光沢感や重厚感なども他のフォトブックを寄せ付けない圧倒的なレベルにあったんですが、お店を再開した今ではこれらの用紙設定がなくなり、サテンのみに限定されてしまいました。で、まあ他に選択肢もなかったため、ものは試しとサテンを発注した次第です。届くのは来年になる見込みですが、大きいサイズのサテンってのがどんな感じなのかってことも含めて、とっても楽しみにしちょりますです。

次のフォトブックは作成内容も作成時期も未定ではありますが、デパ帳の用紙、様式を一通り全て経験すべく、A4レイフラットのシルキーで作ってみるということだけは決まってます。さてこのフォトブック、何を題材にしたもんかいなっと。(あんたは予定通り、サテンのレイフラットをよろしく。)

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2016/12/29(木) 22:10:25|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酷すぎる異臭

少しでもほとぼりが冷めてからってことなんでしょうけど、調べりゃすぐに分かるようなことだってのにあれからナント10ヶ月もの時が経過した今、ようやくガソリーヌが謝罪しました。つーか、100%秘書のせいにして逃げやがりました。いくら言い訳のしようがなかったからって秘書のせいって・・・・昭和の妖怪ジジイ議員か、お前は!

事件が風化し世論やマスコミの追及が最も緩くなるであろう年末のこの時期を選んでの卑怯極まりない内容の謝罪、つーか責任回避が予想通りと言うか何と言うか、この手の意地汚いだけで中身のない頭悪すぎ生意気千万バカ丸出し女が頭蓋骨内に詰まっているであろうクソと化した腐敗脳細胞を顔面の毛穴という毛穴からジワリとにじませてきたとしか思えない耐えがたい異臭を撒き散らしながらのこのクソすぎるクソ女のあまりのクソっぷりにクソ感心させられるだけでクソクソクソ・・・・・って、さすがッス。国民の期待を裏切らないよね、民進党。あ~不愉快!

命名:脱糞女

んじゃ。


  1. 2016/12/28(水) 22:41:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おでんツンツン男

コンビニのおでんを指でツンツン突っついて、その映像をYouTubeにアップした大馬鹿野郎が逮捕されました。このニュースに触れ、「これってあのパンや揚げ物の話と同じやんけ」と思ったんですけどどうでしょうか。

あんたらのうち約1名にはこの話をした覚えがあるんですけど、日本中ありとあらゆるところに数多く存在しているパン屋とスーパー、それもトングで自分の好きなものをトレーに取って精算する方式のパン、そして自分で袋詰めするタイプのスーパーの揚げ物や焼き鳥、天ぷら、惣菜など、売り場にむき出しの状態で放置されているそのまま口に入れる食材を、おいらったら何があろうとも決して絶対に永久に金輪際買いません。それはなぜか。人の唾液が大量にかかったことが明らかな食べ物など気持ち悪いからです。

人が普通にしゃべった時、その口から出る唾液がどれくらい飛沫となって飛び散るか、あなたはご存知ですか?ある薬液を一回口に含んだ後、特殊なカメラで撮影するとその様子がよく分かったりするんですけど、別に特にしゃべらなくとも口をちょっと開けて息をしただけで人の唾液っつーのはそこら中に飛び散ります。しゃべったりなんかしたらもうとんでもない、その辺一帯が唾液の飛沫だらけとなり、それを特殊映像なんかで見せられた日にゃ「こんなに飛び散ってんのかよ~!」と衝撃を受けること請け合いです。

売り場に放置されたむき出しの食材というのは不特定多数の人々のこうした唾液の飛沫によって散々汚染されています。後で洗って火を通すようなものですら気持ち悪いので避けたいところだというのに、直接そのまま食べるような食材ともなると、もうそんなの絶対に無理!・・・だから買わないんです。単純でしょ?

衛生面から言うなら、もちろん唾液だけじゃないッス。大量の人々が入れ替わり立ち替わり、何のケアもしていない汚れ放題の衣類を身につけたまま土足でズカズカと目の前を行き交うんですよ。そこにはどれだけの埃が舞い散っているとお思いですか?どれだけの細菌・ウイルスが運ばれてくるのでしょうか。その度に訳の分からんものにどんどん汚染されていくむき出しの食材。ゾッとしませんか?

更に、誰だって見たことがあるはずです。パンなどはガキがよくツンツンしているじゃないですか。大人と比べてガキの手がどれだけ汚いか、ちょっと考えてみれば分かるでしょう。スーパーで天ぷらやとんかつをツンツンしているジジイやババアを見たことだってあります。ツンツンされるのは、なにもコンビニのおでんだけじゃないんです。

更に更に、そこに一人でも悪意を持った人が現れたらどうしますか?おでんツンツンなどとは比較にもならない、想像すらはばかられるような不潔な行為を、人知れずこっそりとやられちゃってるかもしれないんですよ。愉快犯によるおぞましき低レベルバイオテロ。これがないと言い切れますか?

そんな唾液まみれ、リスクまみれのものをよく買いますよね。汚染の中でもおいらは個人的に唾液が飛びぬけて気持ち悪いと思っているのでその話から入りましたが、とにかく、世の中の主婦どもっつーのは、どうしてそういうことに無頓着なのでしょうか。「汚染度」という尺度から考えれば、一人の男がツンツンするよりも遥かに大きい問題だと思うんですが。

売る方も売る方です。なぜあのような方式で食べ物を売るのでしょう。おいらには全く信じられません。何人も何十人も、下手すりゃ百人を超えるような全身汚染されたままの人々がしゃべくりながら立ち止まり、通り過ぎていく場所にむき出しの食べ物を置いておくなど、正気の沙汰ではありません。

おいらはね、今、あそこでぺちゃくちゃおしゃべりをしている無神経ババアの唾液がいっぱいふりかかっちゃったあのパンを、自分の口に入れるなど真っ平御免なんです。さっき1年ぶりにタンスから引っ張り出してきた埃だらけ、カビだらけで細菌が増殖しまくった上着を着たまま、フケの浮き上がった頭を商品の真上にまで突き出しながら商品を選んでいるあそこにいる寝起きババアが続々と振りまき続ける様々な汚染物がたっぷりと降り積もっちゃったあの揚げ物を、自分の口に入れるなど絶対に嫌なんです。もちろん、コンビニのおでんだって同じ理由から言語道断です。不特定多数の人が行き交う場所でむき出しの食材を売り買いするなど、あまりにアホすぎる文化だと思いませんか?

もうこんなこと書いているだけでゾワゾワしてきました。なんであんな唾液、細菌、埃、ウイルス、そして下手すりゃ悪意による●●にまでまみれているかもしれないものを、あろうことか口にしようなどと思うんでしょうか。汚れが目に見えなきゃそれでいいの?本当にケアすべきはツンツン触ったか触ってないかじゃないでしょうに。

んじゃ。

  1. 2016/12/15(木) 22:42:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恨み、妬み、嫉み

年末だというのにこんなテーマでドヨ~ンとした空気が漂うのは嫌なんですけど、目の前で知人がやられていてとてもいやな思いをさせられ続けているので、一回だけ書きます。

あんたったらなぜいつもいつも異常なほどに粘着しながら手当たり次第に嘘八百を並べ立てることまでして、こういう卑しい感情を爆発させては発狂まがいに騒ぎ立てるのでしょう。仕事上滅多に絡んですらいないというのに、彼が挙げた実績は全てあなたのやり方を盗んだからこそできたもので、自分が仕出かした失敗は全て彼の陰謀で彼のせい。そんな滅茶苦茶な作り話が、一般社会で通じるはずないではありませんか。彼の方があなたよりずっと優秀というだけの話で、そこは誰が見たって明らかなんですよ。

だいたい、その有り余るエネルギーをなぜ取り組んでいる物事や自己のスキルアップへとストレートに向けようとしないんですか?あんたの国だってそうです。聞こえてくるのはあふれんばかりのマイナスパワーで相手をやっかんだり足の引っ張り合いをするような後ろ向きのニュースばかり。権力にへばりついていい思いをしてきたババア&娘&ホスト憎しってことで100万人規模にまで膨れ上がったあの朴大統領退陣デモなどその最たるもので、正直に言うと、ネガティブなことほどここぞとばかりに群れ集っては喜々として大騒ぎするその恨み妬み嫉みパワーが気持ち悪すぎます。

ちなみに、そういう人の割合が他国と比べて桁外れに多いのが特徴だと、あんたと同じ国出身の友人が本当に悲しそうに言ってたよ。彼はそれがいやで日本に逃げてきたらしく、それを動機として留学後も戻らずに国を捨てる自分のような若者が増加の一途をたどっているとも言ってた。あんたはどうやらそういう健全な若者とは違って、国内に大量にとどまっている(残されている?)連中と同類みたいだけどね。

大戦後、もしもそういうくだらねえことに貴重なエネルギーを使うことをキッパリと止め、国民の持てるパワーを全て自国の繁栄へと向けてさえいれば、今どれだけ立派な国になっていたことか。なぜそういうことが分からないのでしょうか。自国経済基盤の脆弱性を人のせいにしている暇があったら、それを克服することに全エネルギーを注ぎ込みなさいよ、まったく!

有史以来虐げられ続けたんだか何だか知りませんが、そりゃ長~~~い目で見たときのあんたの国の話なんであって、あんた自身は別に虐げられてなんかいないでしょうが。被害者面して話をすり替えてんじゃねえよ。涙まで流してでたらめなことを叫びながら後ろ向きに大騒ぎする。そんな発狂状態にあるときほど活き活きとしているなど、あんたったら人として悲しすぎる。ひねくれるにも程があります。

人を怨む人生など、つまらんよ。おまけにその根拠がデタラメなんだから尚更だ。まずは「何でもすぐに人のせいにする」「人を恨んでいなきゃいられない」という表面上卑しさしか見えてこないあんたのその心の中を見つめ直すところから始めるべきでしょう。そして何事も真正面から向き合い取り組む訓練を積む。あんたも地頭のレベルだけはソコソコ高いんだから、やればできると思いますよ。

ただまあわたしゃ、いつまた発狂するか分からない修行中のあんたにお付き合いするつもりなど更々ないので、くれぐれもすり寄ってこないでね。またあの激発性人のせい病を突然おいらに対して発症されちゃったりなんかりしたらバカバカし過ぎるので、修業するなら自分ひとりでよろしく。

んじゃ。

  1. 2016/12/13(火) 22:08:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グッド!モーニング

ここ数年、我が家では平日の朝はこの番組を見てきたんですけどね。あの娘ったら昨年いきなり宇賀さんに代わって出てきたはいいがいつまでもいつまでも噛みまくり、一年以上もの間ほとんど毎日おいらから「また噛んだ」と指摘され続けるほどの得難い人材でしたが(←我が家で完全に定番化していました)、アナとしては余り成長しない娘でもやるこたぁちゃんとやるんだなと感心しきり・・・・って、違います。おいらは別にこのネタを使ってあの両アナウンサーをディスる気など更々ないッス。

まあ確かにやらかしたことはあまり褒められたものではありませんがね。ただ、二人とも民間企業に勤める会社員にすぎないというのに、プライベートをここまで暴き立てられ騒がれて、ちょっとフェアじゃないような気がします。相手が反論できないのをいいことに、いじめにも通ずる類の身勝手な手法をもって寄ってたかって一方的にぶったたく。こんな昭和の田舎世論みたいなやり口がまかり通るようになっちゃうなんて、今の日本って社会的にもなんだか昭和真っ只中のレベルにまで後退しちゃってんじゃないでしょうかね。いや、ホンマに。ま、今回のはそのお先棒を担いでいい気になってたテレビ局内の出来事なんですから、これぞまさしくブーメランというかなんというか、世の中ってのは皮肉なもんです。

とにかく、彼らは芸能人じゃねえんだからさ。彼らの私生活は他の一般人には関係ないことだし、どんな倫理的な不祥事を起こしたとしても家族などの関係者間で決着すればいい話でしょ。こんなときに自社従業員をどう守るか、テレ朝の度量と力量が試されてる。おいらもそうなんだけど、そこに注目している人だってたくさんいると思いますよ。ここは踏ん張りどころだぜ、テレ朝。

んじゃ。

  1. 2016/12/10(土) 22:18:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポリゴン

今回はまたポケGOネタなんですが、前にも書きました通り、ここんとこボーナスを狙った1日1回のポケモン捕獲とポケストップ回し以外はタマゴを孵すこと(=歩いている間は必ずポケGOを立ち上げておくこと)だけに専念しております。その一環として今日の昼休み、外食で出歩くためいつもの通り機械的にポケGOを立ち上げたところ、目の前にいきなりポリゴンが出現しました。おいらはもう脊髄反射的にそいつをタップ。CPはたったの19でメチャ弱っちいやつだったんですけど、迷うことなく直ちにハイパーボールに持ち替え、ズリの実まで投げて慎重にこれをゲットしました。

ポリゴンをタップするタイミングで一緒に外食に出ている2名のクソジジイに対してポリゴンの出現を伝えたんですが、こいつらが慌ててポケGOを立ち上げたときには時すでに遅く、ポリゴンったら彼らのスマホには出現してくれませんでした。どうやらおいらが脳髄からの指令でこいつをタップしたあのタイミングっつーのは、こいつ自身が消滅する直前だったということのようです。

新しいポケモンを図鑑に載せるのは超久しぶりでしたし、ゲットできたのはおいらだけということもあって、思いもよらぬご褒美に舌鼓を打った次第。(←日本語の使い方を間違っとる)

というわけで、残る未入手ポケモンはラッキーだけとなりました。

ポリゴンゲットにより5kmタマゴを孵す意味がなくなりましたので、今後はラッキー狙いで10kmタマゴを孵すことに専念し・・・・・と言いたいところですが、10kmタマゴなんぞここんとこまるっきりお目にかかってすらおりませんので、ポケGO自体に対してますますやる気が失せてきました。せっかくのポリゴンゲットがあだとなった形っつーわけです。

そんな中、本日ナイアンテックより、「年内には新たなイベントがあり、新たなポケモンも実装される」という意味合いのお知らせがありました。ただ、具体的な中身は12日にならないと発表にならないようなので、これがモチベーションの再上昇につながるものなのかどうかは現時点では分かりません。残った「ラッキー入手」のために10kmタマゴの入手と孵化などといった超非効率的なことを続けることだけは勘弁してちょ、といった感じなので、12日の発表次第ではタマゴ孵化も止めてドラクエ周回プレイ(←歩きながらできるのだ)に戻っちゃおうかと思案中。

んじゃ。

  1. 2016/12/08(木) 22:13:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔の経験だよ

そうそう、その通りだ。競馬場はともかく、競輪場や競艇場の中に入ったのはかれこれ20~30年前の話だ。最近は全く入っていないけど、唯一、平塚競輪なら数年前に入場のあの行列に並んだこと・・・つーか、並んでる人に会いに行ったことがある。そのときの客層の雰囲気は以前と何も変わっていない感じで、周りには廃人がいっぱいいた。実際には昔と比べて変わった部分と変わってない部分がそれぞれあると思う。現状にほとんど触れたことのないおいら的にはどれがどれといった特定はできないけどね。

中央競馬はおいらが通ってた時代にももう既に改善されつつあった。当時通ってたのは東京と中山だが(東京がメイン)、オグリキャップが激走していたあたりの両競馬場の雰囲気は、日曜日ならもう初めての人でもあまり違和感を感じないで済むくらいまでになっていたように思う。今ではおそらく、あれより更に雰囲気は良くなっているだろうから、ほとんど問題ないレベルになったものと想像する。京都や阪神もきっと同様だろう。

ただ、本当にその雰囲気が全く気にならないか、客層が例えば野球やサッカーの観客と同等レベルか、などと言われればそんなことは全然なくて、やはりたそがれたジジイはそれなりの人数いる。完全無欠のド廃人みたいな極端な人はいなくなったというだけで、依存症の人だって一定の割合で存在するだろう。そこは別に競馬場にまでは行かなくとも、土日に場外の前を通ればすぐに分かる。人によっては近寄りたくないと思うに違いない部分は確実に残っているからね。

地方競馬に目を転じてみると、大井なら20数年前でもぶっちゃけ中央競馬より一段落ちる程度で、多くの人の許容レベルギリギリくらいにはなんとかあったと思う。今では間違いなく更によくなっていることだろう。立地だって東京23区内、つーか、おいらがその昔住んでいた品川区内にあるし、天王洲アイルの開発や平日のナイター開催などもその改善を後押ししたに違いない。だが、こんなのはあくまでも東京23区内にある大井に限った話で、本当の地方はもっとずっと落ちる。

昔の話ではあるが、オグリキャップのふるさとである笠松や、おいらのふるさとである高知などは、そりゃあもう酷かった。笠松競馬場は全体があまりに汚くて、極端に言うならその辺の手すりに触ることすらはばかられる感じ、とでも言えばお分かりいただけるだろうか。それなのに、愚かにも結構小奇麗な格好で入場してしまったおいら。小雨降りしきる中、おいらったら場内でただ一人完全に浮き上がっていたのだが、おいら以外の入場者たちは場内のあちこちにある馬糞にまみれた水たまりの泥土と見事なばかりに溶け込んでおり、完全に景色の一部と化していたんだから何をか況やである。

高知の方は建物だけはやけに新しかったんだけど、その分、まばらにしかいなかった入場者のド汚さばかりが目立っていた。ホント、そこにいるジジイどもは見てくれだけはことごとく新宿の地下鉄の出入り口付近でダンボールに囲まれて寝ているみたいな人達と何ら変わりないんだもん。「エラいところに来ちまったな」というのが率直な第一印象であった。あそこまで酷いとその後改善したところでたかが知れているとしか思えないのだが、現状はどうなっているのだろうか。地方経済だって沈みきったままだしね。一昔前のハルウララの登場でよくなっていることを期待したいところだが・・・。

高知競輪場は更に酷かった。高知の祖父母宅から徒歩10分弱のところにあるのだが、入場したらすぐに豪友会のチンピラ麻薬売人が足音も立てずにすり寄ってきて、「おんしゃあ、クスリいらんかえ?」って小声で話しかけてくる。誰が作ったかは知らないが、そんな高知ならではのド田舎伝説がやけに生々しいリアリティを持って心に響いてしまうほどの底辺っぷりだった。高知という一地方に限らず、競輪場ってのは総じてヤサグレ感が半端なく、競馬場より一段も二段も下を行くとされていたし、どこに行っても実際にその通りだった。

競艇も酷い。おいらが唯一行ったことのある平和島競艇場などはギリギリ23区内にあることもあって、魔界転生魑魅魍魎の限りを尽くした感のあるあの裏社会の伏魔殿高知競輪(大げさ?)などと比べりゃ赤子同然のかわいさであったが、それでも中央競馬などとは比べ物にもならず、大森海岸からゾロゾロと競艇場へと向かうその客層を見ただけで、普通の女子高生・女子大生ならその行列に近づくことすら拒絶すること間違いなしっていうくらいの、それはもう見事なまでのド腐れっぷりだった。今では競艇自体があの "Change yoursel! Dynamite Boat Race!" のCMによって相当見直されていると期待したいところだが、今の現場がどうなっているのかおいらは知らないし、行く気も起らないからどうでもいい。

とにかく、以前と比べてどの程度改善されてるのかは知らないが、競馬場、競輪場、競艇場といった公営ギャンブル場には相当数のギャンブル依存症患者が存在する。働けるのに働きもしない一部の生活保護不正受給者が開店前に行列を作っているパチンコだって同じである。廃人と化したかのような人々が確実にそこにいるのだ。

そこに目を向けることもせず、カジノを作るかどうかなどといった緊急性・重要性とも取るに足らない案件で屁理屈遊びをしている場合ではない。そんなインフルエンザワクチンにも似た、効果があるんだかどうだかもよく分からないレベルの予防医薬品の許認可についてつべこべ議論している暇があるのなら、今まさにバタバタと死人を出しているインフルエンザをどう治療して実効をあげるか、今目の前でもがき苦しんでいるインフルエンザ患者をどう救うかについて、具体的に突っ込んだ議論をするのが先であろう。

今も休むことなくギャンブル依存症を生み続けている公営ギャンブルやパチンコに手を入れないで、カジノがどうのこうのなどといった言葉遊びに終始して悦に入っている蓮舫や志位のドヤ顔など、想像しただけで吐き気がする。何度でも言うが、おいらったらバカは死ぬほど嫌いなのだ。頼むからおいらの視界から消え去ってほしい。それが日本国民のためでもあろう。

おい、おバカどもよ。お前らはこの天才による上の主張に何か反論ができるかね?どんなバカが口にするどんなにバカなことでも一回だけはちゃんと聞いてやることにしているから、出来るもんならやってみなさい。ま、軽く一刀両断してやるけどさ。そして、できればバカを自覚しなさい。そうすりゃまだ救いがある。そして真摯に反省してバカな行動は慎むのだ。バカだから無理かもしれないけどさ。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/12/07(水) 23:25:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カジノ法案

正確にはIR(Integrated Resort)推進法案というらしいんですがね、いわゆるカジノ法案ってやつが衆院を通過しました。で、民進党やら共産党やらがいつものようにこれに反対しているわけですが、その理由っつーのが「ギャンブル依存症によって身を滅ぼす」的な、ギャンブルに対するステレオタイプの批判がベースとなっています。こいつらったら相変わらずつける薬がないっつーか、バカは死ななきゃ治らないっつーか、反対の理由として本当にそこにフォーカスしたいのであるのなら、国会議員としてもっと他にやることがあるだろうに・・・・。

カジノなんかね、たとえ出来たところで日本全体でせいぜい数か所でしょう。おまけに、海外のカジノに行ってみれば誰でも分かると思いますが、カジノの設置区域にグローバルスタンダードな規制をかけてしまえば、ギャンブル依存症など滅茶苦茶マイナーなレベルにしかならないし、その地域だって荒んだ感じになどなりゃしないわけです。

一方、日本中くまなく存在しているパチンコ、競馬、競輪、競艇といったギャンブル施設を見てごらんなさい。ギャンブル依存症の発生率がもし数値化されていれば、カジノなんぞの比ではないことは間違いないでしょう。おいら的に行ったことのある中では高知競輪、平塚競輪、百歩譲って高知競馬あたりがそりゃあもう相当なレベルのゲスっぷりでしたが、場内のそこら中にいるオヤジっつーかクソジジイがことごとく身を滅ぼすレベルのギャンブル依存症だと断定できてしまいそうな廃人環境ですし、そんなことは現場に一度でも行ってみればすぐに分かるはずです。

今さら民進党や共産党などに所属してしまうほどのバカを相手に何を言っても無駄なのかもしれませんが、もし国民のギャンブル依存症が本当に心配であるのなら、お前らがやるべきはこのカジノ法案に反対することではない。カジノなんぞに構っている暇があるのなら、パチンコ、競馬、競輪、競艇といった既存のギャンブルを野放しのまま放置したりせずに、せめて今の中央競馬と同レベルくらいに、即ち場内に一目見て廃人と分かるような奴がほとんどいなくなるよう何らかの手を打つこと、こっちが本丸だろうが。なんでこれしきの事が分からんのかなあ。もうバカにはホント、うんざりするわ。

そこに気付かない、それをしないってことはだよ。こいつらったら国民のギャンブル依存症など実はどうでもよくって、ただ単に反対のための反対をしているだけってことでしょ?もしくは、病的に視野が狭く発想の広がりも皆無というアホが服着て歩いているようなクソ野郎、クソババアの分際で、現場に足を運んだこともないまま(運んだところで見る目もないんだろうけど)頭の中でちょっと算数しただけで偉そうに意見してしまうような救いようのないウスラバカ。そういうことか?いや、実際にはその両方なんだろうな。とにかくこいつら、党名の設定、党首選びなどといった基本的なことから各種政策に至るまで、やることなすことあまりにバカすぎるもんなあ。頼むからこれ以上国民を失望させないでくれよ。

ちなみにおいらは、個人的には別にカジノなんぞあってもなくてもどちらでもいい。ただ、定量的にプロコンを比較して意見せにゃならん状況になったら、別に反対する理由もないから賛成に回ることになるんじゃないか。その程度だ。カジノが出来たらモノのついでに行くこともあるだろうが、カジノを主目的にわざわざ出かけることはない。カジノなんぞそんなもんなのであって、そんなものにピント外れに入れ込んでもしょうがない。

もし依存症の視点からギャンブルを社会的問題と捉えるなら、まずは、街中ではほとんど見かけることのないような廃人みたいなやつらが、これだけ大量にどこから湧き出てきたのか全く理解不能ってくらいウジャウジャいるド田舎の競輪場、競艇場、地方競馬場などといったあの超下品なやさぐれコスプレ劇場的現場を何とかすべきだろう。こちらには政治的にカジノなんぞよりもずっと興味がある。これらに対して適切な規制法案が出たらおいらはおそらくある程度の積極性を持って賛成し、選挙で賛成をうたう候補者がいればそいつに投票すると思う。それくらい身近な話だ。併せて、パチンコにも制限を加えた方がいいかもしれない。北朝鮮の資金源にもなってるようだし、射幸心をあおるという意味ではこちらの方がよほど大きな問題なのだから。

既存のギャンブルに政治的なメスを入れる。これって利得権益でがんじがらめの自民党には絶対にできないことでしょ?おいらが野党第一党なら文句なくこっちをやる。つーか、なんで野党どもがこれをやらないのかが不思議だ。国民の利益になる話を前向きに進めながら自民党をぶったたく絶好のチャンスだし、カジノとバーターで法案を出すのも面白そうだってのに・・・・。

せっかくギャンブル依存症に焦点を持って行きながら問題だらけの既存ギャンブルを放置しておいて、大した問題にもなりそうもないカジノにだけいちゃもんをつける。そういう糞尿垂れ流し的なことを仕出かしておいて一切省みることができないノ~タリンの脱糞野郎、放尿ババアどもなんぞ、今後は一切まともな脳細胞の持ち主として扱うことはせず、前頭葉、そしてもしかすると大脳新皮質までをも欠損した真性のおバカであると認定したい。そして、こうしたウスラバカのことをこれからは「民進党員」とか「共産党員」と呼ぶことにしよう。・・・って、そう言えばおいらったらもうとっくの昔にそういう意味でやつらをこう呼んでいたよなぁ・・・・・わりぃ。

んじゃ。

  1. 2016/12/06(火) 22:56:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩酌

それ、相当細かい話になるけど、楽しそうなので久しぶりにだらだら書いちゃうよ。

うん、おいらはハイボールだ。あんたが大好きなビールは飲んでいても酔いがなかなか進まずかったるいので、飲み屋なんかで一杯目の乾杯をする以外はあまり飲まなくなった。

出来合いじゃない。自分で作るよ。まあ「作る」なんて言ったって、大ジョッキサイズのコップに氷を入れ、ウィスキーと炭酸水を混ぜるだけなんだけどね。週に5日はこれを飲む。

1.ウイスキー

ウイスキーは毎週一本買っている。毎週買うということもあって価格で縛りをかけており、通常は一本2,000円以下、高くても3,000円までと決めている。まあザックリと「一月10,000円以内」って感じだな。

購入ブランドだが、2回に1回は角かオールドを買い、それ以外はいろいろな銘柄をとっかえひっかえ試したりしている。一昔前までは山崎や白州などで贅沢をすることもあったが、今は買わない。逆に、これで満足できたらコスパ抜群と思って600円台のブラックニッカを買っていた時期もあったが、ベトっと重たいあの平面的な感じがビミョ~に馴染めなくなってきて、今では角が最低ラインとなっている。ちなみに、トリスはおいら的には論外だ。

ハイボールに仕上げることを前提とするなら、ぶっちゃけ角とブラックニッカの間に差はほとんどないように思う。角の方が多少澄んでいてスイッと飲める(←サントリーの酒って、どれもこれもこういう仕上げだよね)という程度で、おいらが重視する”鼻香”的には角にも不満を感じつつある。角と同価格帯のプレミアムのついたブラックニッカ(リッチブレンドとかディープブレンド)なら、ニッカの方がずっといい。じゃあ角を買わずに後者を買うのかっつーとそうでもなく、角までもがダメとなると味も分からん貧乏人のくせにカッコつけて贅沢言ってるだけみたいになるし、何より井川遥さんに悪いもんだから、どうにも角を許容範囲から外せないでいる。そんな感じだ。(←我ながら100%説明不能)

ハイボール用途限定で安酒にコスパランキングをつけるなら、あんたからは超意外と言われるだろうけどジョニーウォーカーの黒ラベル、これがNo.1だと思う。実はこの酒のハイボールって今週初めて試したばかりなのだが、いきなり結構な強さで鼻に抜けてきたので、素直に「こりゃすげえ」と思った。高級な酒でしか味わえないと思っていたあの鼻の中をホワホワと吹き抜けていく感じが、3,000円しない酒(それもハイボール)で楽しめるとは・・・・・さすがはその昔、高級酒だっただけのことはある。

ジョニ黒。サントリーでは絶対にあり得ないようなこの独特なスモーキーさには賛否あるだろうが、おいら的には問題ない。価格は角の倍くらいするが、逆に言うならその程度でこれだけの酒が買えてしまうので、今後、我が家のハイボールメインブランドへと一気に駆け上がってくるかもしれない。

No.2は今のところオールドだろうと思っている。角よりほんのちょっと値が張るだけで、角より確実にいい。その癖のなさから、スモーキーなジョニ黒の箸休め的な意味合いも相まって、我が家の基本ブランドとなっていくと思う。その代わり、井川遥さんにはホント申し訳ないのだが、角などは買わなくなっていくに違いない。ジョニ黒ハイボールにより評価基準が引き上げられちゃった今、角の出る幕がなくなった感じ。

昨年、一瓶2万円くらいするような良質なウィスキーをいただき、これで水割りとハイボールとを交互に飲んでは至福な感覚に包まれたことがあるのだが、その酒ったらもう全くの別物であった。出来のいいウィスキーってのはどうにもならんくらい美味い。

というわけで、その時の至福感の全てとは言わないまでもその何割かを再現してみるべく、何かの記念にかこつけて、半年に一回くらいは高級ブランドを買おうと決心している。いい酒になると炭酸が邪魔になってくるので、ハイボールより水割りの方がベターでしょ?そのときはハイボールは一休みにして、水割りを飲むってことになりますな。

2.炭酸水

炭酸水はウィルキンソン一筋だ。一昔前までは炭酸水のブランドなどは気にもせず、場末のスーパーで売っている1本50円くらいのノーブランド激安炭酸水なんかも平気で使ったりしていた。それがまたいつ頃のことだったか、炭酸水の違いでハイボールの味(というか、香りの立ち上り方)が変わることに気付いてからというもの、50円物の出来の悪さが許せなくなってしまった。以降、いろいろなブランドを試してみてウィルキンソンに落ち着いた次第。(一本85円なので価格的には大差ねえけど)

他の炭酸水と比べるとウィルキンソンの泡には微妙な大粒感がある。これがハイボール向き、つーか、おいら向きなのだ。他の炭酸水の泡は細かくて長持ちしない感じがするのだが、この細かい泡ってやつが向いているウィスキーだってもちろん存在すると思う。ただそんなの、おいらの好みではないことは明らかだが。

量的には一回あたりペットボトル一本500mlの2/3くらい、350ml程度の炭酸水を使用する。150mlのウィスキーを350mlの炭酸水で割って500mlにするって感じか。これだと市販のサントリー角ハイボール缶<濃いめ>よりも更に濃くなって12度くらいになるが、飲んでみりゃすぐにわかる。濃くなんかない。風呂上がりの晩酌、その最初の一口として、おいらったらビールと同じ感じでゴクゴク飲むもん。別に酒飲みじゃなくたって、それが出来ちゃうのがハイボール。炭酸によって一気に吸収が進むため、短時間でのほろ酔いにうってつけなのだ。

ちょっと脱線するけど、おい、サントリー!アルコール度数が9%しかないあんな水っぽいものを <濃いめ> などと呼んでんじゃねえよ。濃いめじゃない普通の方なんて、薄すぎて意味不明ですらある。それに、氷なしのハイボールとかそもそもあり得ねえだろ。あんな生ぬるい得体のしれない飲み物を飲まされるこちらの身にもなってくれよ。炭酸も弱っちいし味だってあちこちが足りない、文字通り”間抜け”な飲み物だ。お前ら、酒造メーカーだろ?あんなもんを商品化するなんて、アホなのか?

ビールは冷やして飲むが、氷を入れたりはしないよなあ。それはなぜか?3~4℃がビールを最高においしくする温度だからだ。でもウイスキーは違うんだよ。

ウイスキーには2つの旨味のピークがある。その一つは・・・・なぜロックなどという飲み方があるんだと思う?簡単だ。融点ギリギリまで冷やすとうまいからだ。ハイボールだって同じである。美味しく飲むには氷が必須なのだ。もうひとつのピークは室温だ。これは医学・薬学の世界で言うところの”室温”のことで、25~27℃あたりを指す。ちなみに、室温で美味いのは水割りだけだ。それも1対1の比率で割っておいて、ゆっくりと舌の上で転がしながら飲む。これで安酒でも驚くほどうまくなったりするからやってみろ。・・・って、そんなことはどうでもいい。

冷蔵庫で中途半端に冷やしたウイスキー(ハイボール)を飲むなど、酒のことが分かっていないとんでもねえ愚挙だろうが。こんな基本中の基本を酒造メーカーのお前らが知らんはずなかろう。飲んでみろよ、その缶を。生ぬるくて気持ち悪いから。ったく、こんなもの作りやがって。消費者をなめるのもたいがいにせ~よ。・・・・・って、ふぅ~、ようやく気が済んだ。脱線終わり。

ウィルキンソンの炭酸水にはコーラの香りを付加した「ドライコーラ」というのがあり、おいらはたまにこれを使って遊んでいる。香り的に貧困な廉価ウィスキーの弱点をコーラの香りが程良くちょろまかしてくれるので、安酒ほど使用頻度が高くなる。週5回ハイボールを作るとして、角の週は3~4回このドライコーラとなる。オールドの週で1~2回かな。2,000円越えの酒になるとさすがに止めるけどね。

そうだ、今思いついたんだけど、今度あのお安いブラックニッカでドライコーラを試してみよう。ドライコーラを知る前にブラックニッカは飲まなくなっていたので、おいらったらこの組み合わせを経験したことがないのだ。もしかするとこれでブラックニッカもルーチンに復活できるかもしれないなあ。

こういうイレギュラーな組み合わせって、一週間連続は無理でもたまにピンポイントで飲むなら問題ない、なんてこともありそうだ。つーか、そもそも同じブランドを一週間連続で飲み続ける今のやり方が変態すぎるのかもしれない。普通に考えるなら、数種類のウィスキーを常に持っておいて、その日の気分によって飲むブランドを変える。これが健全だよな、やっぱり。・・うん、今後はそうすることにするわ。

3.氷

氷は冷蔵庫が勝手に作るやつを使っている。以前には袋入りの氷を買ってみた時期もあるのだが、結局差が分からなくて止めてしまった。我が借家にはシンク一体型のシステム浄水器が導入されているし、製氷機能付きの冷蔵庫を買ったばかりでもあるので、平均的な家庭よりは氷の出来がいいのかもしれない。いい酒なら違いが分かりやすく出るのかもしれないが、廉価の酒では無理。おいらレベルの舌なら我が家の氷で十分だ。

とまあ、以上がおいらのハイボール事情ってことになるのだが、このおいらの晩酌コストをネチネチ計算してみると、一日300~500円くらいってことになる。ビールがぶ飲みのあんたと比べりゃ、半分以下だろう。

ビールもソコソコ美味いとは思うんだけどね。ただ、ほろ酔いでコトッと眠りにつけて、朝起きたらスッキリしている。この晩酌の本来あるべき姿が、ビールだとどうしても実現不能になってしまうから辛い。だって、酔うためにリッター単位で飲んだら、どうしたって夜中におしっこで起きちゃうでしょ?そんなの嫌だもん。つまみなしでリッター以上飲むってのも辛けりゃ、費用的に一日1,000円を軽く超えちゃうってのも辛い。やっぱ、おいら的に晩酌にビールってのはあり得ない選択なのだ。

あと、大酒飲みには程遠いおいらですら「どんな酒でも金さえ出せば本当に美味いものが手に入る」くらいのことは承知している。でも、たった数百円で毎日の飲酒に耐えられる酒となるとねえ。安い日本酒や焼酎ってのはおいら的にあの臭いが全然ダメだし、安ワインなどはアルコールをぶち込んだぶどうジュースって感じでお話にもならない。いわゆる”安酒”だと「悪酔い」とまではいかないが、朝起きた時に気持ちよくないしね。で、結局、低コストで毎日楽しむにはハイボール。これしかないのであ~る。

ちなみに、ハイボールを飲まない日は市販の酎ハイ缶などを飲んでいる。こいつを飲むのは決まって休日だ。500ml一缶か350ml二缶。アルコール的には全く物足りないが、ジュース的な味がついているせいか、量飲むとウンザリしちゃうので仕方がない。こちらはコスト的には多少のメリットが出て、一日150~200円也。たまにはこうした肩すかしを食らわした遊びもいい。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/12/04(日) 22:13:24|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる