ま、適当に

思いつきで書くよ

健康診断

やはり高血圧でした。上が160越え、下が100越え。Ⅰ度高血圧ってやつです。シャレにならん。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/29(土) 00:55:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4Kモニター

フィリップス製の42.5インチ4Kモニターを発注してしまいました。

現在おいらのデスクトップPCに接続しているモニターは2台ありまして、EIZOの27インチWUXGA (1,920x1,200)と、同じくEIZOの23インチフルHD(1,920x1,080)という構成です。

前者はおいらがメインのモニターとして使用している定価が20万円近くしていた超高級品で、今からちょうど8年前の2009年春に購入致しました。こいつは2008年発売ですから9年も前の製品ってことになりますが、そのナチュラルな諧調や色の表現などは、その辺に転がっているへなちょこモニターと比べて未だに一線を画す能力を持っています。

後者は4年くらい前に同じ会社の人からもらってきたもので、サブモニターとして使用しています。これが発売されたのは5年くらい前だと思いますが、我が家にある2台の24インチフルHDモニター(iiyama、BenQ)の上をいく能力を持っており、見るからに華やかな絵を吐き出してくれます。ただまあ、上記のメインモニターと並べて比べてしまうと彩度とコントラストがどぎついだけの廉価モニターであることがバレてしまうレベルではあるんですけどね。

こんなダブルモニター体制を続けていたおいらなのですが、最初は大いに満足していたこのシステムも、長年にわたるPhotoshopやSILKYPIXでの作業や画像観賞、あるいは最近のdマガジンの閲覧などといった解像度を必要とする使用経験を通じて、「WUXGAでもまだ小さいよな」との思いが高じつつありました。そこにもってきて、8年もの間酷使し続けてきたのだから無理もないんですけど、最近稀に画面がちらつく現象が出るようになり、いよいよ買い替えかとの思いが心の中で頭をもたげてきたわけです。

で、この前たまたまなんですけど、駅ビルの電気店にてフィリップスの4Kモニター群(いろいろなサイズがありました)を見かけて驚いたッス。思ったよりずっときれいで、とっても安いんだもん。世の中がこれほど進んでいたということを知らなかっただけなんですが、その無知さ加減が今回の4Kモニター購入の直接のトリガーとなった、という妙な物語となってるッス。

具体的に言いますとね、PCでの作業として画像処理を頻発するおいら的には、廉価PCの相方として大量に売られているあの2万円しない21~24インチ廉価フルHDモニターの階調表現、色表現ごときにこの天才のメインモニターを任せらるはずもないでしょ?だから、解像度4倍の4Kモニターへの買い替えともなると大きさ的には同じ27インチくらいで我慢したところで、どうしたって10万円を大きく超える投資が必要になるはずと勝手に思い込み、買い替えは今は無理、将来の話だと決めつけていたのです。

そんなところに、フィリップス製4Kモニターの現物を見ちゃったってことなんスが、いや~、ホンマこれ、衝撃的でした。

階調と色、おいらがモニター性能として重視するその表現力は、そりゃ高級モニターには全然かないませんよ。そんなことは当たり前です。ただ、ドットのにじみとでも申しましょうか、あの大量に売られている廉価モニターに共通する強烈な弱点である彩度誇張のベトつき感、言い換えるとあのおいらが嫌悪する階調の崩壊感、これがない。これならモニター上の画像を見て最終アウトプットのクオリティを正しく予想することが脳内変換で可能なのではないか?そう思ったッス。・・・で、早速現実的な検討に入りました。

おいらの机ってさほど大きくもなく、モニター1台を真正面に置いてギリギリ鑑賞に堪えられるサイズは最大でも40数インチくらいまででして、50インチまで行くとちょいと無理ッス。よって、サイズは45インチを上限としました。

で、ザックリとした4Kモニターの販売状況を価格comでみてみたんですが、ちょうど先日電気店で見かけたフィリップス製モニターの中の一台、6万円台後半の値付けだった42.5インチのやつが、ネット最安値だと5万円台半ばで売られているという事実を知りました。対大きさという意味で、他と比べてコスパは抜群。性能は実物見てるんで許容ギリギリOKなわけですから、購入機種はこいつにしよう。あっさりとそう決めてしまいました。あとは、残った既存の機材をどう使うか、です。

おいらはもうモニター2台体制でないと耐えられない身体になっていますので、今メインで使っているEIZOのWUXGAをサブモニターとして転用します。こいつをメインモニター上の作業とは関係のない動画を流したりDAZNの観賞用、あるいは音楽のプレーヤーコントロール用として使うってわけです。稀に画面自体が多少ちらつくことがありますけど、サブモニターを長時間真剣に観ることなどほとんどありませんので別に構わない。更に、撮った画像などを新4Kモニターと交互に表示させれば、モニター上の画質差も一対一的に理解できて、最終アウトプットの脳内変換もより容易になることでしょう。

現在のサブモニターであるEIZOフルHD23インチモニターは3台めのモニターとして使用します。ただ、その用途はPhotoshopやSILKYPIXの操作パネル置き場などに限定し、各ソフトの操作履歴がなるべく長く追えるように縦置きとします。そんなこと以外にモニターが3台必要となることなどまずないと思いますので、普段未使用の際には電源をオフっておくという日陰の存在になりますな。

3年前に購入したPCはそのままです。こいつにはギリギリ4K出力に耐えるグラボが既に搭載されておりますし、CPUも4コアのCore i7なので、速度対策がなされているはずもないフィリップス製4Kモニターの方でサッカーを鑑賞するみたいな無茶なこと(?)さえしなければ十分実用に耐えるんじゃないかと思っています。ただまあ、実際に接続してみたら4Kにならなかったなんてこともあり得ると思っていますので、そのときは諦めて新しいグラボを買いまする。

さて、これを実現するのに一番の障壁となっていたのは、毎度毎度のことですが我が家が貧乏だってことに尽きまする。問答無用といった体(てい)で、アホガキどもに湯水のごとき勢いでなけなしのお金を吸い取られていくこの現状。おいらったらこの状況を打破する術(すべ)を何一つ持ち合わせてはおりませんからね。(大威張り!)

ただ、5D3を購入して以来ここ3年もの間、おいらったらスマホとベッド以外、自分のために単価が1万円を超えるような買い物を何一つしたことがないという超絶的禁欲生活を送ってきましたので、今ここで総額5万数千円程度のモニターを1台買っても罰(ばち)は当たらないだろうと思い、買っちゃいました。まだ発注しただけで物は届いておりませんが、貧乏の神様、許してくれますよね?

んじゃ。

  1. 2017/04/26(水) 22:49:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見る目がないのでは?

ダイレクトできねえなあ。扇原だけだぜ、ダイレクトのパス回しができてたの。DAZNでもう一回見てみろよ。周りにいる前田や天野などは全然付いてこれてねーし。こいつらったらトラップしては一呼吸置いてパス、つーか、下手なトラップして、ろくでもないこと考えて、精度悪すぎるパスを出す、なんてのんきなことばかりやってるもんだから、相手の裏をとるなんて夢のまた夢。ブロックを全然つぶせないで、奪われてばっかり。だというのに、唯一ダイレクトを実践していた扇原を真っ先に変えた。意味不明。ベンチ要員から一皮むけようと試合中にも黙々と努力を重ねていて、地味ではあるがソコソコのプレーをしてたと思うぜ。繰り返すが、それを意識してDAZN見てみろっつーの。おいらの言ってること、本当だから。

前田はもう無理だろ。こういう試合で輝いたためしがない。このままじゃ終わるぜ。イマイチ君は修行に出せ。

天野にトップ下なんかできっこねえだろ。役に立ちそうなのはFKだけだっつーの。

一耀くん、SBに向いてないんちゃう?つーか、絶対に向いてないって。右サイド、無人の荒野だったし。

金井は頭が悪すぎる。前の試合など、こいつったらオフサイドってルールを知らないんじゃねえか?っていうくらいの阿呆なプレーを連発してたし、今日の試合では・・・・

ミロシュ、一発で行き過ぎ。

ここんとこ消えまくってるウーゴを何もできないあの鈍足阿呆と交代。結局、予想通り何もさせてもらえず。こんなの出すなら仲川とか出して引っかき回す方がよほど効果的だと思うんだが。意味不明采配その2。

一耀を渓太と交代。一耀は確かに無力ではあったが、3枚目のカードがSB交代かよ。意味不明その3。2点ビハインドであと10分くらいしかないというのに、SB交代って全然追いつこうって気がないでしょ。前に置いといたってどうせ何もできないんだから、この際思い切って前田をSBに下ろし、渓太を前に出して、仲川と併せて俊足野郎がガンガン走って敵を攪乱する。こっちの方が絶対に有効でしょ。

とにかく今日はやることなすこと、100%意味不明だった。モンってバカなの?

んじゃ。

  1. 2017/04/22(土) 22:57:59|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこまでもポンコツ

最近、朝目覚めて起き上がろうとすると目が回ります。いや、ホンマ、文字通り目が回るんです。今月始まって早々はこれがひどくて、これから電車乗るなんて絶対無理って感じだったもんですから、会社を2日連続で休んじゃいました。もしかしてこれ、高血圧でしょうか。ある程度の年齢になると突然血圧が跳ね上がって高血圧の症状を呈するジジイやババアがいることは存じておりますが、おいらもそうなっちゃったのかな?父方が超絶高血圧の家系なので、ついに来たかって気もする。来週健康診断なので、そこでわかると思います。請うご期待・・・か?

会社行く日は相変わらず1日60~80分くらい歩いてます。それが、つい先月くらいからのことなんですけど、夜自宅に帰り着くとふくらはぎが張ってて、階段の上り下りにも違和感を感じるくらいになっちゃいました。ちょうど運動をしすぎたのと同じ感覚なんですが、なんなの、これ?デブ過ぎんのかな~。つっても、別に走ってるわけでもねえんだから、やっぱ衰えたってことなのか?

あとね、先週から右手の人差し指と中指の根元が突き指したみたいに腫れ上がってます。突き指特有のあの青黒い内出血の所見はないし、そもそも突き指した覚えすらないんですけどね。ただ、違和感だけはバリバリあるもののほとんど痛くもない。手が腫れて厚みが1.5倍くらいになっちゃってるだけ。不思議です。なんでこんなことが起こるのでしょうか。まあいいや、もう少し様子見だな。

といった具合で、とにかくもう、近頃のおいらったら自分でも意味が分からないッス。ポンコツ過ぎるってばよ!

んじゃ。

  1. 2017/04/19(水) 22:54:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今期初参戦はBMW湘南戦

一昨日、平塚のBMWスタジアムで行われた湘南vs.岐阜に行ってきました。Jの試合としては今期初参戦です。

その前の週末にやってたFマリvs.磐田には結局行かなかったんですけど、そっちに行かなかったおいらがなぜこの湘南戦に行ったかっつーと、こちらは
●タダ券の提供があった
●暖かい日だった
●スタジアム周辺(平塚総合公園)は満開の桜が散りまくって花見に絶好のタイミングだった
●飲み会を兼ねていた
つーわけで、要するに花見がてら酒飲みに行ったってことですな。

おいらったらJ1、J2リーグに所属する神奈川県の4チームは全て二ケタを超える回数の観戦経験がありまして、タオルマフラーも全チームのを持ってるっス。最も観戦数が多いのはもちろんダントツでFマリってことになるんですけど、平塚というド田舎に本拠を構えるベルマーレでも、累計で20試合近くは見に行ってますでしょうか。ヒデがまだ新人で古前田監督、奈良橋、岩本輝、名塚、小島・・・・なんて時代からの累計だけどね。

というわけで、おいらったら大昔に入手したベルマーレタオルマフラーを押し入れの奥底から引っ張り出してきて首にかけ、年季の入ったサポーターみたいな面してタダ券で入ったバクスタ席からビール&ハイボール缶を片手に観戦していた次第。

で、肝心の試合についてなんですけど、実は試合開始前から飲んだくれて出来上がっちゃったもんですから、試合経過も結果も何一つとして覚えちょりません。気づいたら翌朝、家で寝てたッス。おまけに、今となっては貴重と言えそうな昔のタオルマフラーも現地で紛失しちゃったんですよね。まったく、何しに行ったんだか・・・・・翌日DAZNで確認したら引き分けてましたが、いい試合だったみたいね。ごめんなさい、ベルマーレ。次は絶対、真面目に観戦するから許してちょ。

んじゃ。

  1. 2017/04/17(月) 22:48:10|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やり直しだ

(今回のエントリーは相当御下劣です。これを読んでもしご不快の念を抱かれたとしても当方は責任をとりかねますので、御下劣嫌いの方は速やかにお立ち去りください。)

一昔前に民主党と合流して民進党が誕生するトリガーとなった維新とかいう名の腐れチンチングループですが、また腐臭漂う放尿行為をやらかしました。

その名のとおり腐りかかっててほとんどの生殖能力を失してしまっている感のある松野と江田とかいう左右の金玉がね、腐れチンチンの一部として唯一の血脈ともいえる陰茎とやっとこさつながっていた「精管」を自らの手でブチ切ってしまい、わずかに残っていたかもしれない最後の生殖機能すら完全に失って、どこからどう見ても何の価値もない単なる壊疽肉片様グループへと分裂しちゃったそうです。腐ってもチンチンだからこその生殖能力じゃないかと思うんですけど、腐れ金玉くんたちは腐臭紛々たる片タマだけでいったいどうしようと思ったんでしょうか?

ふ~、・・いくら「馬鹿に付ける薬はない」と言ったってさ~・・・・・おい、岡田、枝野!だから言ったじゃん、こんな奴らといっしょになったって何も得しないって。お前らホント、救いようのない阿呆だよな。何度同じこと言わせるんだ。お前らみたいに人を見る目のないバカ、先を見通す力のないバカって、絶対的に政治家に不向きだと思うがいかが・・・・って、共産党と組んじゃうような完全無欠のバカに、今更バカの称号をもう一つ二つ付け加えたところで何の意味もないか。わりぃ。

ま、そもそも、既に完全に終わってる阿呆どもの阿呆どもによるこんな阿呆なアホアホ騒動なんざ、本当は心の底からどうでもいいと思ってるんですけどね。そんなことより、このお笑い漫画政党ったら今度はね、共産党との共闘は受け入れがたいとして長島代議士が離党届を提出したんだとさ。どーよ、これ。

ま、おいら的には、共産党と共闘できないなどというそんな当たり前のことで今頃離党されたところで、遅きに失するっちゅーか何ちゅーか、評価のしようもないんですがね。今まで何年もの間、こんなお笑い集団に所属しその存続に手を貸していたという黒歴史は決して消すことができないでしょ。そんなことをやらかしきた真性のバカが今更手の平を反したからといって、こちらも突然手のひら返しで支持しはじめるみたいなバカの上塗り的なことをする気はいくらなんでも起りまへんがな。

ただ、あまりに厳しいことばかり言いすぎて、気づいたときには政治家としておいらのお眼鏡に適う人間など現実的に一人もいなくなるなんて状態を招いてしまうのも、有権者的に本末転倒なバカへと転落自爆するのと同義のような気がしているのも事実ッス。てことで、このバカがバカであることにはここはあえて目をつむり、バカはバカなりにやっと人の道の方向へと進み始めたという意味で、過去の果てしなきバカっぷりを知りつつも、それでもこのバカを少しくらいはほめてあげるというのも、バカをバカとして簡単には切り捨てない清濁併せ呑む的な大人の道なのかもしれません。

あんた、こういうでたらめ政党の存続に図らずも手を貸してしまっていたという己の過去の現実をまずは心の底から反省し、今後は真っ当な野党保守勢力として真摯に活動しなさいよ。言っとくけど、今あんたに誘いの手を伸ばしている自民党とは絶対組むなよ。もし組んだら、おいらったらお前さんの鼻っ面にあの両金玉野郎にも劣らないクズ政治屋の権化、ゲスの中のゲス代議士というレッテルをバチンと貼って、一生涯その評価を変えてやらねえからそう思いな。

日本の政治の行き着く先は「(右寄り)保守vs.保守中道」という構図・・・・・。もともとはあんたらもこれを目指してたんじゃねえのか?なら話は簡単だ。これが目指すべき真っ当な姿だったってことを今一度思い返そうぜ。原点回帰だ。

ただし、今度は、今度こそは歴史に学ぼうね。左の人を入れちゃだめだよ。現実世界では脳内お花畑の左巻きが先頭に立っただけで全体がまともに機能しなくなるなんてことは民主党の歴史的惨状を見ればわかるでしょ。左は左だけで第三極でまとまって、マイノリティ代表として政治にスパイスを利かしてくれればいいし、それが分相応ってもんだ。

もちろん、バカも駄目だぜ。おいらったら左ですらそのマイノリティ機能における存在価値を積極的に認めるし、そういう意味でなくてはならない存在とまで思っているが、腐れチンチン、ドリル汚渕、沖縄変態愛人今井、ガソリーヌ、熱湯風呂といった類の真性のバカどもは、その価値をかけらも認めることはできない。こんなやつら、全然いらん。歳費泥棒、邪魔だ。消えろ!

繰り返すが「保守vs.保守中道」なのであって「保守vs.うんこ」じゃねえからな。今の民進党ってのは岡田や枝野といった中身のない脆弱保守が菅みたいな左巻きの激烈無能ジジイと交わった結果、途中で大きくヨレちゃって道を見失い、見るも無残にうんこ化しただけなんであって、うんこ化していない保守が全部自民党に行っちゃって保守なら何でもありのだだっ広い一大保守政党を形成しちゃったら日本の政治は永久に真っ当にはならん。どうせやるなら真っ当な一極を立ち上げてみよう。よろしいね、長島君。すこ~しだけ期待してるよ。

んじゃ。

  1. 2017/04/12(水) 22:44:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今期は未だ参戦なし

Fマリのリーグ戦の試合ですが、今期はまだ直接参戦しておりません。功労者を無遠慮にぶった切ってきたオフのゴタゴタやら、調子よく見えたのは最初の2試合だけで、正直素質イマイチの若造交えたチーム編成のせいもあってか、ここんとこボロが出てきた感のある戦力。そんなこんなで参戦を躊躇している・・・・・などというわけではありません。どんなにメチャクチャだろうが、どんなに弱かろうが、ブーイングをかっ飛ばしケチつけながらも心の中ではチームの勝利を強く強く願っている。おいらったら欧州型のサポですからね。基本的には参戦したいんです。んじゃ、なぜ行かないのか?

そう、それは完全無欠のクソジジイだからです。

まず、参戦する試合は土曜日に限ります。日曜だと疲れが月曜日まで持ち越されちゃって、ただでさえいやでいやでたまらない通勤ってやつが、もう現実的に耐えられないレベルになっちゃいますんでね。おいらったらもうそれくらい会社行くのが嫌になっているので、こればっかりはしょうがないでしょ。だから参戦日は土曜日限定。ここは譲れないポイントです。

まだあります。参戦を限定する次の条件は「試合の開始時間」です。キックオフは14:00を理想とし、どんなに遅くとも16:00開始。でないと個人的に対応困難となります。

サッカーの試合ですからキックオフ2時間後にはお開きとなりますが、日産スタジアムにせよニッパツにせよ、試合終了の30~40分後には市営地下鉄に乗り込み帰宅するという段取りになります。で、帰りつくのはそこから更に1時間近くたった後。即ち、帰宅に試合終了後1時間半~2時間くらいかかるわけです。14:00試合開始なら18:00、16:00キックオフなら20:00近くになって家に着くってわけで、そこでようやく夕食となる。作り置きしてたのを食べるにせよその辺で弁当とかを買って食うにせよ、これ以上の遅い夕食は勘弁してもらいたいっつーわけです。

ちなみに、あの試合終了後にごった返す新横浜や横浜で夕食をとるという意志決定は、休みの日の食事くらいは落ち着いてとりたいおいら的にはあり得ないッス。だからといって地下鉄を降りた自宅周辺にはろくな店がないときたもんだ。というわけで、結局自宅での夕食となるわけでして、21:00過ぎの夕食を強いられる17:00以降の試合開始はおいら的には無理なんです。

更に更に、2月3月は寒いので、4月以降じゃないとヤダなってのもあります。同じ理由から11月12月も勘弁してほしいッス。

とまあ、そんなことまで考慮に入れないと試合観戦ができないなんて、身軽だったころと比べると死んだ方がマシなんじゃねえかってほどのクソジジイっぷりでしょ?ただ、言い訳させていただきますとね、たとえ現場で生観戦できなくてもDAZNがありますんでね。全てのJの試合をリアルタイムに見ることができる。となると、条件悪いのに無理に出かける気もしないんスよね。ジジイだから。

とまあ、おいら的には極めてリーゾナブルなこれら三つの条件をクリアした試合があれば参戦しようと考えて、ジーッと試合日程表を眺めてみたりしたんですが・・・なんということでしょう。今期はそんな試合が5/20の仙台戦しか見当たらないではありませんか。(Before-After風)

でも残念ながらおいらったら仙台には何の魅力も感じないっつーか何つーか・・・・わざわざ行って観ようという意欲がどうしたって沸いてこないんすよ。さあ、どうしてくれましょう。

本当は今週末の磐田戦(日産スタ:土曜日19:00キックオフ)にメチャ行きたかったんだよな~。俊輔に「ふざけんな、このクソガキ!」ってブーイングを浴びせてみたかったな~。でもこの試合、19:00キックオフってのが全然ダメなんだよな~・・・・この際だから、夕食は試合開始前のおにぎりとかで乗り切るべきなんでしょうか。う~む・・・・もうちょっと悩んでみよっかなっと。

んじゃ。

  1. 2017/04/05(水) 22:33:32|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

dマガジン

皆さま、月額400円で180誌もの雑誌1,300冊以上が読み放題というdocomoの表記サービスをご存知でしょうか。おいらったらね、一昨日の4月1日からこいつを利用しはじめました。31日間無料トライアルキャンペーン中ってことで、現時点ではまだ無料なんですが、花粉で表に出られないことをいいことに、既に相当量の記事を読み散らかしてます。

読んでいるのは主にゴシップ誌のゴシップ記事です。Friday、SPA!、週刊現代、週刊文春、週刊ポスト、週プレ、AERA、週刊新潮、週刊朝日・・・・・いい年こいてゲスいにもほどがあるってなもんですが、暇つぶしとしては大変意義深いものがありますし、AERA以降に列記した真面目度が少し高い(?)ようなものも無理して(?)読んでおりますので、なにとぞお許しください。

更に、スポーツではサカダイ(サッカーダイジェスト)にワールドサッカーダイジェスト、月刊フットポリスタ、そしてNumberあたりは全部読むこととなりました。週刊ベースボールやゴルフダイジェスト、週刊パーゴルフなんてのもありましたが、おいらはもう既に野球やゴルフにはほとんど興味がなくなってしまったので、開く気も起りませんでした。その代わりと言っては何ですが、RUNNING styleなどという長距離走専門誌みたいなのを見つけちゃったので、こいつを面白がって読んだりしています。

カメラ雑誌はCAPAが入っています。もちろんこいつも読みます。

過去のバックナンバーは画面が大きくて見やすい家のPCでゆっくり読み進めていくとして、平日は毎日180誌いずれかの新刊が発行されますので、行き帰りの新宿湘南ライン50分はこれ読んで過ごすことにします。もちろん決まった雑誌ばかりではなく、女性誌とかダイエット誌とかゲーム誌、ギャンブル誌、・・・・なんだか見たことないような雑誌もいっぱいありますので、とりあえず新着のものは興味なさそうでも一回開いてみて目を通してみる。でもって、面白そうならばルーチン読書の対象として正式採用することにします。

ちなみに今日の新刊とされていた週刊現代、週プレ、AERAを電車内で読みました。ただ、iPhoneだと字が小っちゃいので、いちいち拡大して読むのに疲れちゃったとさ。

んじゃ。

  1. 2017/04/03(月) 21:32:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる