ま、適当に

思いつきで書くよ

フォトブック新機軸

以前、おかんの書道作品をフォトブックにするってことで利用したネットプリントジャパンの超格安フォトブックですが、現在次作に取り組んでおります。今回の題材は「US Tours & Life」、即ち米国駐在時の旅や生活の記録ッス。今更何?って感じですが、いいんです、これで。

ちょうどこたろが生まれたころのことですから20年前ってことになるんですけど、デジカメってもんがこの世に登場して参りました。そこからの6年間、おいらったら家族の日常生活やら家族旅行なんぞを会社経費で買ったへなちょこデジカメを使って記録してきたんですけど、米国駐在中は家族旅行に行くたびにデジカメ画像を挿入したフォト日記を作成していました。でもって、それをレターサイズ(A4より横長寸足らずの米国規格)の写真用マット紙に印刷してはパイプファイルに綴じてきたッス。

で、6年ほどの間、その地道な作業を繰り返しているうち、いつの間にやらその総ページ数は300を超えることとなり、その印刷物を頑丈だが出来損ないチックの厚さ4インチ米国製業務用パイプファイル2冊に綴じておりました。ただ、こいつったらお気軽に持ち出すにはあまりに重過ぎるってこともあって、結果として今現在、本棚の奥深い場所を占有する役立たずの肥やしと化しちゃってます。

「こいつをNPJで写真集にしちゃえば、お気軽にみられる薄い本になるじゃねえか。」

ある日本棚を眺めていてふとそんな風に思っちゃったもんですから、とにかく作っとくことにしたんスよ。

とはいえ、このフォト日記のオリジナル原稿ファイルはとうの昔に紛失しておりますし、もう一度文字部分をタイプし直して同じものを作りあげるほどの情熱もありません。(文章の部分が結構多いッス)よって、こいつをフォトブックとして再生するには、まずパイプファイルに綴じた印刷物をスキャンしておいて、文字部分はそのままに、写真部分だけ画像ファイルを上書きしていく。そんな作業をすることになりまする。

てことで早速、いくつかの旅行記をまとめてスキャン致しました。ただ、そこで出来上がってくるのはレターサイズのJPEGファイルですから、縦がレターサイズ、横がA4サイズというNPJのページサイズとはビミョ~に合いません。そこで、マット紙のザラツキ感を抑えるためにスキャンしたばかりのファイルにNeat Imageをかけた後、NPJサイズに設定したフォトショップフォーマットへと1枚1枚移植。そこに、紙の余白が文字通り真っ白になるよう画質調整をかけていきます。

それぞれページで使用されているデジカメ画像の方は、そのオリジナル画像ファイルをPCの画像フォルダから探し出しフォトショップで画質を調整。その後、リサイズ&トリミングを加えてスキャンページ内の当該画像の上にピタリと重ねていきます。

それをNPJページサイズ相当の1枚のJPEGファイルとしてページごとに保存。ちょうどフォトブック1冊分たまったところで表紙や目次ページも作成し、ようやくフォトブックとして発注できるってことになりまする。(上記一連の作業に関わる表現は作業記録としておいらが分かればいいという前提で書いているので、あんたらは意味が分からなくともスルーするように。)

ちなみにこのフォトブック、ページ数を自在に決められないという安物ならではの制限がありまして、24ページ、48ページ、96ページという3種類しかありません。この条件と実際のフォト日記や保存画像の状況をつき合わせながら、ページ数合わせのために写真だけのページも何枚か作り足したりすることも想定して、最終的には96ページものと48ページものとを織り交ぜ、旅行編3冊、日常生活編1冊の計4冊を作ることに決しました。コスト的には税送料込み込みで7,000円くらいのプロジェクトになります。

で、ちょうど昨日、96ページフォトブック1冊分の作業が終了し、発注をかけたところなんですが、最初に発注したのは旅行編の最後、3冊目でした。最初に3冊目を作るってところがとてもおまぬけな感じでアホらしいところですが、日付的に新しい方から遡る形で作業を始めちゃったのでこんなことになっちょります。

その処理スピードなんですけど、1ページ当たり5~20分くらいかかります。時間に幅があるのは掲載写真の枚数やらトリミングの有無によるんですけど、これらをひっくるめてザックリと言うなら1冊分仕上げるのに20時間くらいかかるものと推察されます。

一方、一応サラリーマンをやっているおいらがこれに投入できる時間ってのは平均して1日1時間も割ければいいところ。てなわけで、このままでいくと2冊目の発注は来月上旬、3冊目に至っては来月末くらい・・・・といったペースになりそうッス。

今回のフォトブック発注にあたって気になっているのは「色」です。おかん書道作品のフォトブックを作成したときには題材が書道、即ちモノクロベースでしたので特に問題を感じなかったんですが、今回のは普通のフルカラー写真が思いっきりちりばめられています。この格安フォトブックに用いられている紙ってのは少し黄ばんだ薄暗い感じのペラッペラな廉価用紙なので、最初から「真っ白」が表現できないってことが約束されている。即ち、そんな用紙で写真が綺麗に印刷されるとはとても思えないわけです。それが実際にどんな仕上がりとなるのか、出来上がってきたらその辺を中心にまたご報告申し上げます。

もし満足のいくものに仕上がっていたら、引き続き残りの3冊もNPJで作成して終わらせるつもりです。でも、もし不満の残る仕上がりだったら高画質路線、例えば同じNPJの光沢紙ハードカバーとかデパ帳サテンA4ソフトカバーなどという手もありまする。コスト的には5~6倍くらいかかりますが、クオリティは確実に上がる。特に後者のクオリティに至っては画質オヤジたるおいらのお墨付きレベル。思い出深い内容でもありますし、もしかすると遠い将来、高画質路線で作っちゃうことになるかもしれませんです。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2017/07/14(金) 22:58:18|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都議会議員選挙

都民ファーストの圧勝となりました。そのあおりを受けて自民党は惨敗こいたんですけど、これを「このハゲ~~~~~、ちがうだろ~~~~~っ!」の自己肥大精神病ババアや「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」の稲田メガネフレームのせいにする向きもありますが、こんなのは後から出てきた単なる政界お笑い劇場の一コマに過ぎず、本当の原因は別にありますよね。

都議会議員選挙で自民党が敗北した原因、それは偏(ひとえ)に、小池さんが知事に当選した時にみせた都議会議長川井重勇による北朝鮮核弾頭搭載ICBMマンハッタン着弾級のあり得ない対応「握手・写真撮影拒否」が、テレビニュースを通じてそのバカ面とともにこれでもかってくらい全国放送されちゃったせいでしょう。

「こんな偏差値マイナス25レベルの行動しかとれない絶望的バカ率いる自民党都連などという伏魔殿的汚濁組織を自分が支持しているとは思いたくないし、人からも思われたくない。」

そう判断した比較的頭のいい側の自民党支持層が都民ファーストへと流れた結果ですよ。今回の自民党の敗北なんてものは、もうあの瞬間から既に決まっていた。あの時、テレビであのシーンを目撃したおいらをはじめとする結構な人数の人々が「次の都議会選挙で自民党は絶対に歴史的敗北を喫する」と自信満々予言していたくらいですから、本当にこの敗北の責任を云々したいのならあのうすらバカジジイを追及すべきです。

「負けました。完敗です。我が党は都民の民意を汲み取ることができず、小池さんの主張が民意にミートしていたということを激痛により身をもって知る結果となりました。今後は謙虚な心を取り戻して真摯に都民の皆様と正対させていただき、知事に協力すべきは協力し、批判すべきは批判しながら、東京都のとる施策が都民の意図に沿って前向きに進むよう是々非々の精神で都政へと取り組んでいきたいと思います。」

偏差値50の平凡な人間ですら、これくらいのことは言って笑顔で握手することでしょう。それをあの腐れ老人ったら、いったいどんだけイカレた脳細胞を持っているのやら・・・・・

やつの脳みそでは、知事ってもんが民意で選ばれるという当たり前のことすら理解できない。そういうことでしょ?それをあの繰り返し流された絵面で都民から一瞬で見抜かれちゃったわけですよ。こんな幼稚園児よりもレベルの低い低能ジジイが縁故と利権だけで幹部やってるような胡散臭い組織など、誰だって関わりたくない。そういうことだよね。

川井ったらホントバカだ。どうしようもねえバカだよな。バカでバカであまりにもバカで、情けないを通り越したレベルのバカすぎるバカだぜ。何度も言うけど、おいらったらバカは大嫌いなので、遠慮なく毛嫌いさせていただきます。

さて、今日のテーマは実はこれではありません。自民党の敗北なんぞどうでもよろしい。都民ファーストなんざ、所詮は時限政党ですから、短絡劇場的な勝利はあげられても永続的には無理。その支持はいつの日か回りまわって自民党に帰ってくるに決まっています。そんなことより、本当に悲惨なのは民進党でしょう。この選挙で本当に敗北したのは自民党ではなく民進党。こいつら、もう完全に再起不能に陥っちゃったんちゃいますか?

獲得議席数が5だってよ。共産党ですら19議席もあるのにさ。54→15→5という見事なまでの転落っぷり。ここまで落ちぶれると、もはや泡沫政党だよね。だいたい代表があれだもん。悪い冗談だよね。外国人だから日本語が読めねえのか、ガソリンの精算すら満足にできない分際で、テメーらの疑惑は全てうやむやにしておきながら、提案型とか言って相変わらず何も提案しやがらねえしよぉ。もう永遠にさようなら。いつまでもヒステリックにその醜い口角吊り上げ、いつまでも見苦しく他党の批判だけしとけ、ボケェ!

お別れに一つだけ助言してやるよ。

泰葉と松居一代を貴政党から立候補させてみたらいかがでしょうか。ピッタリだと思いますよ。そして、たとえ選挙で落選したとしても、党幹事長と総務会長にはこのお二方を指名。熱湯風呂代表の下でガソリーヌを政調会長に復帰させれば、なんということでしょう。過去に例を見ない華麗なる政党執行部が誕生するではありませんか。(ビフォーアフター風)

これ、ぜひ実現してください。ついでに豊田真由子様やメガネ枠大臣、松島うちわ店も引き抜いて脇を固めれば完璧ですね。広告塔には加藤紗里あたりがお勧めです。見たこともないような革命が起こせるかもしれませんよ。

んじゃ。

  1. 2017/07/06(木) 23:29:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる