FC2ブログ

ま、適当に

思いつきで書くよ

調子こきやがって

希望の党だと?もう都知事に飽きちゃったんですか。さすがは女版風見鶏、実績ゼロの舞台女優ですなあ。何事も散々ひっかきまわすだけひっかきまわしておいて、飽きたら放り出してそれでおしまい。あんたが動くところ、いつも何も完結せず、べらぼうな税金が浪費されたという事実だけが残る。相変わらず話題作りだけはプロフェッショナルなのに、相変わらず中身が伴っていない。保守本流の税金泥棒、ここに極まれり!って感じですよね。ま、都民的には面白いからいいってか?

だいたい実績ゼロの都知事をてっぺんに頂き、都民ファーストなどという何の経験もない烏合の衆に与党の議席を持たせて、いったい何ができるというのだろうか。芝居がかった出来事ばかりで、実質的には凡庸な対応以外何一つ進まない。都政が止まるだけだろ、こんなの。その辺歩いてるチャラい若者からいくら野球好きを選んでチーム編成したところで、経験もなければ練習すらしたこともないような思いつきレベルの軽薄野郎で構成されたチームなんぞに甲子園出場など叶うはずねえじゃんかよ。それどころか、予選で一試合も勝てねえよ。相手はどんなに弱いチームだろうが、それ相応にまじめに練習してきた野球チームばかりなんだからさ。そのくらいのことが分からんのかね。バカなの?

こっちが飽きたわ、そんなあんたに。都政をちょっといじっただけでもう国政?調子に乗んなっての。

んじゃ。

スポンサーサイト



  1. 2017/09/26(火) 22:36:01|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全治8ヵ月

今季終了。学、あわてず騒がず落ち着いて、じっくりと直せよ。

んじゃ。

  1. 2017/09/26(火) 22:20:18|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真由子様

無理だってば。

んじゃ。

  1. 2017/09/19(火) 22:53:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダメなものはダメ

14はいつも消えてて何から何まで全部中途半端だし、27はオタオタしっぱなしで下手すぎる。5は運動量だけはあってもガサツすぎるし、34はフィジカルだけでセンスがない。中にはこいつらを擁護する意見もあるようだけど、そういうこと言うやつってとってもアマチュアチームサポ的で見る目なし。試合に出始めてからしばらくの間はチームにフィットするまである程度かばってやる必要はあるかもしれないが、もうその時期はとうに過ぎ去った。高校サッカーじゃねえんだからさ。その辺はサポの側もいいかげん自覚しねえとな。

世界の片田舎リーグでしか見られないような「応援するチームの選手だから、何があろうと好意的に見る」などという過剰に色づいたその生ぬるい色眼鏡を完全に外し、一度でいいから「何やってんだ、このバカ!」という評価もありという厳しい姿勢でこいつらのプレーを見てみろ。そうすりゃ気付くだろう。信じられないくらいのクソプレーばかり仕出かしちゃってくれてるから。そんなのを厳しく指摘することなくぬるま湯的な扱いをするなど、欧州トップリーグのサポーターでは絶対にあり得ない。なぜかって?決まってんだろ、そんなことしてたら愛するチームが弱くなるだけだからだよ。Jリーグができてもう25年、サポーターもいい加減それくらいのこと学んでもいいはずだ。

そもそもこいつらにはこれまた世界の片田舎リーグでしか見られないようなマイナスの共通点がある。「自分のその致命的な弱点をキチンと認識し、それを克服するために我武者羅に努力する」みたいなところが一切認められないのだ。よって、さも当然のように同じことを繰り返す。もう無理だ。アマチュアじゃあるまいし、甘ったれてんじゃねえぞ!こんな中途半端野郎どもはもう見切ってよろしい。プロサッカーというのはそういうもんだろ。

こんな奴らがいるのにこれだけ上位にいる。言い換えれば、ちゃんと采配すればもっと行けるってこった。非情に徹するわけじゃない。選手を普通に正しく評価するだけだ。当たり前のようにそれができてこそのプロってもんだろう。勝ってる間はなかなか難しかったのかもしれないが、今ならできるだろうし、今がチャンスだ。特に前二者。FK以外は基本消えてて、流れの中で攻撃的なボールの配給がまるっきりできねえようなトップ下などいらない。攻撃も守備もどちらも満足にできないサイドバックなど、金輪際起用してくれるな。弱い相手のときだけ出てきて、相手が強いとなると途端に手も足も出なくなるこの二人は、常勝チーム脱皮への足かせにしかならん。何が気に入って使ってるのかは知らないが、もうこれ以上の依怙贔屓は止めて、可及的速やかに正しい采配をふるってくれることを期待しているよ、モン君。

んじゃ。

  1. 2017/09/11(月) 21:37:25|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小者だらけの男ども

ここんとこ女性議員ばかりを取り上げて書いてることもあって、それを見た熟考偏差値5くらいしかないと推定される超短絡的脳細胞をお持ちの重箱隅男様から「女ばかりを攻撃するお前は男女差別的な危険思想の持ち主である」との強引かつ支離滅裂な指摘をいただきました。まあこういういつものアホ丸出しな意見など本来なら無視しとけばいいだけなんですけど、そこはもう「哀れな何とかにはお恵みを」を座右の銘とする慈愛に満ち溢れたおいら様のことですから、それがどんな阿呆によるどんなに阿呆なご意見であれ、時間が許す限りは痒い所に手が届く的に丁寧に説明させていただこう。そう思ったがゆえに、以下、思い起こされたことを徒然なるままに、ご質問の趣旨に沿った形で書き進めてまいりたい。そう決心したところでございます。(←劇場型大女優小池都知事的言い回しのマネ・・・似てねえか?)

皆様もとうの昔から感じていることとは存じますが、最近の男性議員は小者ばかりでしょ。ぶっちゃけ言うなら攻撃する甲斐がないんです。目立ったところではうんこ舛添をはじめとして号泣野々村、全力疾走岩谷、架空発注橋本・・・・一世を風靡したこういう類の罵倒対象ならソコソコおりますです。ただねえ、こいつらったらいずれも本質的には私腹を肥やすためにみみっちいことを積み重ねてきたってだけのゲス小物野郎ばかりじゃないですか。こんな小銭に執着する救いようのない性格を世に晒して社会的息の根を止められてしまった再起不能的チンピラ風情に、この天才がわざわざ文章を書いてまでして攻撃するような価値があると思いますか?だいたい、こんな小者を攻撃したっておいら様自身がつまんないッスよ。攻撃する価値もない、単なるお笑いの対象だもん。そんだけです。(あらま、説明終わちゃったよ。)

ただ、ここに何度も書くようなまねは致しませんが、こいつらが常に意識の外にあるというわけでもありません。みみっちい奴ほどムカつくというのは真理ですし、こういうゲス野郎には私は私なりにソコソコの頻度で個人的に大制裁を加えていますよ。なんたっておいらったら社会正義派のへなちょこサラリーマンですからね。

その方法ってのはね、遠い昔にここに書いたような気もしますが(探すのも面倒なのでいちいち探したりはしませんが)、要するに毎朝トイレに座ったら、こいつらの顔面がケツの下にあると想定した上で、思いっきりうんこをぶちまけてやるんスよ。ムリムリムリ・・ブババババッてね。(←Ready ..... GO! 的リズムで読んでください。)近頃そのレギュラーポジションを獲得しているのはもっぱら橋本であることが多いのですが、最近ゲスい下心でテレビに再登板することを目論んでいるのが目に余る舛添なんかも、先日久しぶりにスタメンへと復帰しました。ま、こちらはそのおかげさまをもちまして毎朝快便で困っちゃいますなあ。

あと、維新とかいう腐れチンチングループとか鳥越とか石原慎太郎親子とか都議会議長川井とか枝野をはじめとする旧民主党のアホアホ議員どもとか、こんなやつらもたまに代打で登場してきました。こんなふうに、新人も入れれば相当数の男性罵倒対象がいるってことはここにも書き連ねてきたとおりなんですが、無名であるバカな小物を繰り返し取り上げたって全然面白くありませんからね。通常は2~3回うんこぶっかけたらそれでおしまいッス。

それにしても、あらためてこうやって並べてみると、女性議員なんぞよりもずっと多くの男性議員を取り上げてきてるじゃん。どこに目をつけてんだよ、重箱!女性の方がゲスさに筋金の入った本物(?)ばかりであるが故に罵倒リピート率が高いってだけだろうが。アホめ、ちゃんと見ろ!

んじゃ。

  1. 2017/09/08(金) 23:54:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガソフリーヌ

ガソリーヌが不倫してガソフリーヌなどと呼ばれ始めてるようですが、この人ったらもう、車で地球5周したリ2ヵ月でコーヒー1万杯飲んじゃったりするだけでは飽き足らず、こんなことまで仕出かしちゃってくれてたんですねえ。相手は弁護士なんでしょ?さすがは検事上がりですなあ。法律家ってのはホント、そっちの方面がすごいッスよねえ。ちょっと前には法律家を目指していた既婚慶大生の嫁(法律事務所勤務)を寝取ってちんこ切られちゃった弁護士までいましたけど、法曹界というのはその予備軍や関係者までをも含めて、どいつもこいつも、右を見ても左を見ても倫理観などカケラも持ち合わせていない手あたり次第的な怒涛の性欲を抑えきれない絶倫野郎、絶倫女ばかりってことですよね。あ~、なんてうらやましい世界なの!

ま、そんなことはともかくとして、おいらはね、不倫なんてもんはあくまでも個人的な問題なので、当事者と関係者だけで解決すりゃいい話だと思うんですよ。全然関係のない輩(やから)が正義面して他人の不倫を暴き立てては大騒ぎする今の風潮ってのは、ちょっと違うんじゃないかなと思ってるってことッス。ただ、公職にある者がね、そんなことにうつつを抜かしてやるべきことをやってないとか、言ってることとやってることが違うとか、それをちょろまかすために嘘をついているなどということになれば、それはやはり批判の対象になって然るべきだと思うわけです。

ガソフリーヌの場合だって同じです。不倫したけりゃ自己責任ですればいい。週4回も会わなきゃいられないほど性欲が抑えられないんだったら、思う存分やりたいだけやればいいんです。それ自体おいらには関係ないことだし、おいらはただそれを外から見て面白がるだけで、それをもって政治的にどうこう言う気などサラサラありません。

ただこいつはね、そのちょいと無防備だったテメーの性欲処理方法以前に、公職に就く人間としてやってはいけないことを平気でやってしまうという許されざる性癖(?)があるでしょ。秘書に責任を押し付けてきた過去の自民党議員を非難して「秘書のやったことは議員の責任」などと言っておきながら、テメーのガソリン問題を秘書のせいにして何の責任も取らなかったり、我が子が生まれたタイミングで不倫していた巨乳大好き宮崎を口汚く罵倒したのはもちろん、ホテットル絵理子の一線騒動までも「あきれる」の何のと非難しておきながら、週4でテメーも同じことしてたとか、もうそんなところが議員以前に人としての許容限界を大きく飛び越えちゃってますからね。他人はダメだけど自分はOKってなんなのさっつーか、ダブルスタンダードってダメだろっつーか、二枚舌にもほどがあんだろっつーか・・・・それでも代議士を続けようなどと国民をなめるにもほどがある。こんな性根の腐ったクソ野郎、じゃねえや、クソババアにおいらが収めている税金が投入されているってことが、おいら的にはどうしても許せないわけです。

こんな性悪女を幹事長に起用しかかった前原民進党って、もう始まる前から終わってるでしょ。ガソリン問題のようなこんな単純な善悪も判らないようなうすらバカ政党に、政権をとらせてやろうなどと誰が思うのでしょうか。早いとこ解党して、また今世紀何度目かの代わり映えのしない政界再編とやらでも目指してた方がまだマシというもんでしょう。

それにしても、我が国にまともな野党第一党が現出するのは一体いつになるのでしょうか。おいらはもうずっと前からそれを渇望し続けているんですけどねえ。実際には維新という腐れチンチンと組んだり、民主党から民進党へと名前を変えてみたり、あろうことか熱湯風呂に代表やらせるなどといった中身は腐ったまんま表向きだけの変化を装いながら第一党の座に居座ろうとするクソ政党があるから、我が国にはいつまでたってもまともな野党第一党が現出しねえんだろうが!

せっかく自民党がドリル汚物、稲田メガネフレーム、真由子様、ホテットル絵理子などといった支持率激落を具現化してくれる超大型新人を次々とデビューさせてくれているというのに、こいつらを軽くたたきつぶしてしまうような一段も二段も上の実力を持った二重国籍熱湯風呂やガソフリーヌみたいな希代の超大物タレントをほぼ同じタイミングで世に送り出してどうすんだよ。ちがうだろ~~~~~~~!(という叫びはこういう時に使うんですよ、真由子様。)

お前ら、アホちゃうか。千載一遇のチャンスを自らの手でつぶしてどうすんだよ。おまけに半島のスパイコンビみずほ辻元寸足らズ(←超売れっ子芸人のコンビ名です)や共産党みたいな脳内やぶれかぶれヤサぐれイデオロギー結社と共闘までして、お前らったらどこまで自民党の味方をすれば気がすむんだ?もういい加減にしやがれ!どけよ。邪魔なんだよ。お前らなんぞ、金輪際いらねえんだよ。とっとと消えてなくなりやがれ、カス!

んじゃ。

  1. 2017/09/07(木) 23:10:24|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

井手口さん

国運を賭けたあのオーストラリア戦で彼は一体どれだけ走ったのでしょう。気が付けば前にいるし、気が付けば後ろにもいる。もう彼に国民栄誉賞をあげちゃってもいいのではないでしょうか。おいらったら走る選手は大好きです。(でも、ガンバでは寝てていいッスよ。)

んじゃ。

  1. 2017/09/06(水) 22:39:22|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる