ま、適当に

思いつきで書くよ

ライブビュー機能

今どきのデジイチには必ず搭載されている機能、ライブビュー。私がこの機能を持つカメラを手にしたとしても、通常はこの機能など絶対に使わない自信があるんですけど、だからといってこれが不要かというとそうでもなく、あったら便利だよなとは思っています。

子供のサッカーを撮影するとき、しゃがんだり跪いたりして撮影位置を下げる。私はこれをしてるんですけど、これを拡大して考えると、ライブビューがあったら便利と思われる撮影機会って結構あるように思います。実際、スイバル機構をもつNikon COOLPIX4500を使用していたときには、自分のおなかの位置にカメラを構えて家族の写真をよく撮ったものです。ただ、これをデジタル一眼に当てはめて考えたとき、ライブビュー機能だけでは片手落ちですよね。だって、カメラ背面に液晶が固定されたままでは、例えば自分のおなかの位置でカメラを使えないでしょ。液晶が見えなくなっちゃいますから。ライブビューを多用するであろうマクロ撮影を想定してもこれは同じ。すなわち、ライブビュー機能を搭載するなら、これと併せて液晶画面が可動式であることが求められるわけです。液晶も動かないのにライブビュー機能だけを付加したデジイチ。こういうのがまだいっぱい店頭に並んでますけど、目の前に軽々と掲げて扱えるコンデジじゃあるまいし、あんなの手ブレを増発するだけで、撮影の実態も認識しないまま機能スペックばかりを追いかけてしまったおバカの象徴的機能だって思うんですけど、何か私、間違ってますか?

そう思ってたところに、ソニーのα350ってのがこの両機能を搭載して発売されました。このカメラ、APS-Cの分際で1,420万画素もあるおバカカメラなんで相手にするのもバカバカしいんですが、唯一このライブビュー&上下可変液晶に興味があったので見てみました。が、・・・・う~ん・・・・・確かに両機能を搭載してるけどさあ・・・・液晶も上下にしか動かない上に、なんだかデップリしちゃってて、デザイン的にも物理的にもウザったすぎます。こんなのいらない!

ま、可動式の液晶ってどうあがいても体積とりますから、どうしてもゴツゴツしちゃいますよね。しょうがない。でも私はそれがイヤなんだから、これまたしょうがないッス。また液晶を薄くしてその存在感を抑えれば抑えるほど、今度は強度が保てなくなるだろうから何をかいわんや・・・。そもそもこんな機能があったところでろくすっぽ使いもせずに、ファインダーを覗いての撮影がほとんどになるでしょうからね。ごくたまに使うライブビュー機能のためにここまでゴテゴテされちゃうくらいなら、最初からなくてよろしい。そんな感じです。

ただ、私自身にも確実にそういうニーズはあるんですよ。普段はすっきりと普通に撮れて、使おうと思ったときにライブビューも使える。何とかしてこういう状態を現出できないか。これを突き詰めて行くと一つの解決策にたどり着きます。脱着式の”液晶ビューファインダー”です。これって要するに一眼のファインダー部分にはめ込む液晶モニターなんですが、いちいちつけたりはずしたりするのが確かに面倒といえば面倒です。でも、四六時中ゴテゴテしているよりかはずっとましでしょ?そういう観点から、私はここ数年間というもの、三脚で有名なベルボンが代理店販売しているZigviewってやつ。こいつに注目しておりました。(この前のバージョン(日本未発売)から米国のショップなどを巡って追いかけたりしてました。)

着脱式液晶ビューファインダーZigview、世の中ではこれがまた\92,295というふざけた値段設定で売ってます。この商品はその昔、発売記念と銘打ってベルボン直販でも”半額!”などとアピールしながら売り出しましたが、今では定価に戻ってしまいました。が、もちろん探せば未だに半額で売ってるネット店もあります。ただ、いくら半額とはいえ\45,000はしますから、この機能にこの額は出せない。一級のコンデジが買えちゃう値段だもの。たかがファインダーの分際で、この値段設定はいただけません。

私はこれ、どこかの会社がまねして安く出してくれるのを待ってるんです。が、出てこない。Zigviewの方はリモートケーブルを使ってカメラを制御できるなどという全く不要な機能までついてるもんだから高額になると思ってるんですが、そういう余計な機能は全て排してくれて構わない。機能なんぞ、”どこからでも見られるビューファインダー機能”の一点だけでいい。この機能だけを確実にフォローした液晶ビューファインダーを、とにかく安く出して欲しい。そう思ってるんですよ。だれかこれ、作ってもらえないでしょうか。ぶっちゃけ、ケンコーとかあの辺にがんばって欲しいんですけど。

スポンサーサイト
  1. 2008/05/30(金) 23:07:44|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<70-200mm再考察 | ホーム | ショスタコーヴィチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/107-3d43dba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる