ま、適当に

思いつきで書くよ

70-200mm再考察

先日、一部の方から罵倒された(?)ことを受けて予告いたしましたとおり、本日、ズームレンズ70-200mmF4L ISと単焦点200mm、85mmとを使って、こたろサッカーチーム運動会(仮称)を撮り比べて参りました。今日はその結果をお伝えしようと思います。

その前に、え~っとこのズームのテレ端、やはりIFのせいで焦点距離は200mmありません。単焦点を同時並行的に使用したこともありまして、今日はシミジミとそれを実感してしまいました。平均すると推定で180mmくらいかな(←超いいかげんな推測)。そんなわけでどうしても同じ土俵で比較する感覚になれないのですが、そこを無理やり単焦点EF200mmF2.8Lと比較評価してみます。

まずはこのズームで開放となるF4の画質。これはもう何から何まで単焦点の方が上を行っています。開放F2.8から一段絞ったことになる単焦点の方はとてつもない解像感で、周辺減光も色収差も歪みもなくボケも大変美しい。一言で言うなら比較する相手を間違えてるって感じ。F5.6、F8と絞り込んで行くとこの差は縮まるどころか開く一方で、いちいちここに一つ一つの項目を取り上げて書いていくのもバカバカしくなるくらい。ただ、だからと言って70-200mmが使えないってことじゃありませんよ。単焦点の方がすごすぎるんです。で、・・・これ以上書きようがねえんだけど・・・・ほら、だから「こんな比較意味ない」って言ったのに、おめえが比較しろなんていうから・・・・ただ、こんな風に「全面的に単焦点の勝ち」っぽく書いちゃいますと、このズームがへなちょこみたいに受け取られるかもしれませんので、そういう誤った結論に行かないようフォローに力点を置いて評価を進めます。

例えば趣向を変えて、単焦点の開放F2.8とこのズームの開放F4との画質とを比較してみましょうか。すると、解像感ではいい勝負。見る人が見ればズームF4の勝ちと判定するかもしれません。同じ開放同士なら負けない。これで分かるでしょ、このズームの実力が。何度でも言いますけど、それくらいこのズームの解像力は優れてるんですよ。F5.6へと一段絞ることでその解像感は増しますが、その増し方は微々たるもの。ここら辺が他のレンズとは一線を画すところで、どんな単焦点でも(てか、どんなレンズでも)開放はそれなりにゆるいのに、絞るとグイッと引き締まるでしょ?それがこのレンズではちょっと違ってて、開放から適度に引き締まっていると言うか・・・。解像感だけから言うなら、開放F2.8のそれなりに優秀なレンズを物理的にF4からしか使えなくしちゃったようなレンズ。そんな感じです。(もちろん周辺減光とかありますんで、全体を通じてこう言える訳ではありません。これはあくまでも解像感だけの話です。)そんなわけで、一段絞った対決”ズームF5.6 vs. 単焦点F4”は単焦点の勝ち。この辺から単焦点にはどうやっても及ばなくなってきます。

もういいかな。書いていてアホらしくなってきました。とにかく、昔ある方よりお借りして使っていたEF100-400mmF4.5-5.6などはへなちょこで使い物にならないと判断した私のこの”眼”が、70-200mmF4L ISの方はエクステンダーつけても開放からOKとのお墨付きを与えたわけですから、そのレベルの高さは推して知るべし。もう200mm対決には決着をつけて、とっとと85mmでの比較へと移りたいと思います。

85mmでもほぼ同じことが言えます。同じF値で比較しても、解像感などはもう単焦点とほとんど遜色ないです。周辺減光や色収差もあまり目立ちません。ただ、フォーカスの切れやボケ味と透明感については単焦点にはっきりと劣ります。・・それにしても、あの単焦点独特の透き通った感じ。あれって何なんでしょうね?ここでは”透明感”って書き方をしちゃってますけど、ボケの軽みって言うか素直さって言うか黒の引き締まり感って言うか・・・ま、とにかく、そこさえ気にしなければ(気づかなければ)このズームで何も問題はありません。

85mm域について敢えて問題点を挙げるとすれば「F4からしか使えない」こと。なんたってわたしゃ、85mm単焦点ではF2.8を常用F値としてましたからね。EF85mmF1.8というレンズで色収差の排除とボケ味とが絶妙にバランスする絞り値F2.8。その美しさを物理的に再現できないとなると、どうしても潜在的不満がたまってくることでしょう。でもね、そんなときには85mm単焦点を使えばいいだけのこと。というわけで、このズームが85mmF1.8の用途を侵食することはなさそうなんで、以降、ズームと単焦点とをうまく棲み分けて使用していこうと思います。

尚、一点だけ申し添えておきますが、今回の運動会の撮影で、ズームで撮った何枚かは「ウオッ!」と叫んでしまうような画像がありました。(←すごくよく撮れてたってことよ。)こういうのって単焦点でもそれほどある話ではないし、もちろんズームでは初めての経験です。ピーカンだったことと、このズームがすげーってこととの相乗効果ってところですな。

これで私のズームラインナップは、

  ● 17- 35mmF2.8-4(うんこシグマ)
  ● 28- 75mmF2.8 (タムロンA09)
  ● 70-200mmF4 (キャノンL IS)
  ●100-280mmF5.6 (キャノンL IS+エクステンダー)

となって、開放F値はバラバラですが、超広角17mmから望遠280mmを連続的にカバーできるまでになりました。残ったのは280mm以上の超望遠域。これさえあればコレクション的な満足感は得られることでしょう。ただ、今のところそれほど強い購入意欲は沸いてきません。300mmと420mmを単焦点(+エクステンダー)で押さえてますし、解像力的に単焦点でも苦しい超望遠域で満足が行くほどのズームなんぞ今後とも出てくるはずもないって感じもありますんでね。期待せずに気長に待つことにします。

いや~、それにしてもズームの選択って難しいですよね。ダメだととことんダメだし、いいのに当たると単焦点を脅かすような存在にもなり得るし。おいらの場合、3本中2本は大当たりを買い揃えられましたから、ラッキーなのかもね。(だからと言って、うんこシグマを許す気にはなれませんが。)

あとは懸案の高倍率ズームですね。タムロンのA20(28-300mmVC)。こいつはすぐにでも買う勢いだったんですが、こんな高倍率ズームなんてスナップ以外に使いそうもありませんので、春のスナップ撮影期を逃しちゃったせいか、物欲が一段落しちゃってます。これから梅雨が始まり、夏は暑くて表に出る気が失せる時期ですから、このレンズを欲しくなるのは秋頃かな。然るべき屁理屈を構築してまた物欲が高まってくるまでは、買うのを控えておこうと思います。んじゃ、そういうことで。

スポンサーサイト
  1. 2008/06/01(日) 23:41:14|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こたろチームのサポーター | ホーム | ライブビュー機能>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/108-6d7ba17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる