ま、適当に

思いつきで書くよ

横浜F・マリノス

ご承知のとおり、私は横浜F・マリノスのサポーターを自称しております。その歴史は案外古く、Jリーグ発足前、木村和司や水沼貴史が生き生きとプレーしていた日産FCの時代まで遡ったりします。とはいえ、サッカーを本格的に見るようになったのはやはりJリーグ発足からで、当時の横浜マリノスの大旗をどこからか仕入れてきて、当時住んでいたマンションの17畳相当のリビングの天井にどっかんと飾ったりしておりました。

当時のライバルはヴェルディとかいう三流チームで、アホな読売系マスコミの煽りにまんまと引っかかったゴキブリレベルの大量の阿呆がサポーターの主力を形成しておりました。ゴキブリサポの人数を背景に、一時期は企業名がどうだの、川崎だの東京だのと、ナベツネとかいうクソジジイが先頭に立って訳の分からないことを叫んだりしておりましたが、Jリーグブームが過ぎ去ったとき、このゴキブリどもはササッとどこかに消えていなくなり、このヴェルディとかいう三流チームを応援するサポーターは片手で数えられるくらいしか残っていなかったという事実は、皆様既にご承知のとおりです。バカは死ななきゃ直らない、といわれているように、長年にわたって懲りずにバカを続けてきた結果、3年前、見事J2に陥落しました。そこで反省するかと思いきや、日本サッカー界のおバカの象徴であるラモスを監督に起用して翌年昇格できなかったくらいですから、バカは死んでも直っていないようです。

Jリーグが発足すると、ブラジルの元スポーツ大臣に率いられた血豆ウンコラーズというチームが台頭してきました。このチームは主体思想を是とする茨城民主主義人民共和国に本拠を構えたチームで、鹿島アントラーズとかいう別称を掲げて近隣住民を洗脳して回り、主に無菌室的田舎育ちのお年寄り信者から巻き上げたお布施で運営されています。得意技は”寝転がり”で、相手選手と少し肩が触れ合っただけでピッチ上でわざとらしく転倒しては、痛くもない足を押さえながら痛がったふりして目で審判にファールを懇願することで有名です。このチームでは、監督の笛に合わせてピッチ上に倒れこむ練習、突然涙目になる練習が、正規の練習科目として採用されています。

続けて、ホンダとの原チャリ戦争で無様な敗北を喫したヤマハという中途半端企業を母体としたズビロ田舎も頭角を現しました。ズビロはウンコラと同様、ブラジルマリーシアの考え方を誤解したまま取り入れちゃってる救いようのないチームで、敵選手の髪の毛やユニフォームを引っ張るなんてのはアサメシ前。それどころか審判の見えないところで足を踏んだりひじ打ちしたり、それはもう見るに耐えない卑怯な行為をチームスローガンに掲げて実践してきたという言語道断なチームです。当時から、ジュビロ磐田とかいう妙なチーム名を自称していると聞きます。
2006年のF・マリノスとの開幕戦で、この流れを汲んだ福西とかいう選手が、FKのボールを手でゴールに押し込んだのは有名です。

最近では、埼玉の沼地にある山芋スタジアムを本拠地としている浦和レッズ(なんでそのまま?)が成績を残し始めました。このチームは、一昔前は弱くて弱くて目も当てられない漫画みたいなチームでしたが、飛行場もなければ港もない、外界への唯一の連絡が”埼京線”というおぞましい名前の鉄道しかないといった陸の孤島状態を逆手にとり、サッカーしか楽しみが見出せない近隣住民を扇動して金をかき集め、他のチームから有力選手を引っこ抜くという安直な補強を続けてきた結果、一昨年はようやくJリーグを制するまでになりました。こうした他のチームの主力を引き抜くやり方は、バルサやレアルマドリーのように、同じことをするライバルチームがいてこそ機能するものであって、一チームだけでこんなことしてるとまだ未熟なJリーグというリーグ自体が死んでしまうという懸念がつきまとうものですが、もちろんこのアホなチームの思慮がそこまで及ぶことは決してなく、この自分さえよければいいというどこかの阿呆グループの新聞屋の野球チームと同じ行為を何の反省もないまま今でも続けています。日本のサッカーがつまんなくなるじゃねえかと言いたいところですが、何をどう言ったところで、やつらに理解力がないんだからどうしようもありません。

こういう諸悪の根源のようなチームが群雄割拠する中、日本リーグ時代からただ一つ筋を通し、正統派サッカーで精進するという正しく地道な活動を繰り広げてきたのが横浜F・マリノスです。正義は勝つ、ってことで、2003年から2年間連続してJリーグを制しましたが、ここ最近、正義は負け続けています。サポなのにこんなことを言うのも何なんですが、今年も正義は負けるような気がします。いつになったらまた正義が勝つときが来るのでしょうか。誰か教えてください。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/11(金) 23:53:18|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1-2.加速 | ホーム | EF200mmF2.8L USM>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/12-edb0f677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる