ま、適当に

思いつきで書くよ

5-2.休日の燃費

こんなの当たり前のことなんですが、休日の燃費はもう、それぞれの置かれている環境で全然変わってきます。東京のど真ん中に住んでいる人と地方都市在住の人、郊外の幹線道沿いに住んでいる人と山小屋に住む人とでは、燃費のベースが根本的に異なります。また、休日にはどこに行くのか、一回にどれくらいの距離を移動するのかによっても燃費は大きく振れてきます。とはいえ、私の運転の実態をお知らせするのに通勤燃費だけでは片手落ちになりますから、運転環境が異なるであろう皆様の参考にはあまりならないかもしれませんが、私の休日の燃費についても触れておきます。

私の住んでいるところは横浜市内の山の手です。周辺はアップダウンを伴った昔ながらの狭い道が多く、近くを走る幹線道路も本数自体が少なくて、休日でも結構混みます。いや、「結構混みます」どころか、鎌倉や箱根に抜ける神奈川県有数の渋滞ポイントが近所に2箇所もあるってこともあって、土日はどこに行っても渋滞ということになりがちです。もちろん地元だけに少しは抜け道を知っていることもありますから、こんな渋滞に思いっきりはまるような間抜けなことはしませんが、それでも渋滞を完全に回避することは不可能で、休日にはどこに行くにもある程度の渋滞は覚悟しなければなりません。

こんな状態ですが、近所へのチョイ乗りが多い休日の燃費は、平均すると9.0km/Lといったところです。エコ運転を心がけているというのに10km/Lを割り込むというのは正直屈辱的な気分なのですが、今のところチョイ乗りをしている限りはどうやってもこれ以上の記録が出せないでいます。

高速や自動車専用道路を走る頻度は低いのですが、たまに走ると燃費は大きく伸びます(これも当たり前のことなんですけど)。昨年社用で静岡方面に1日往復300km近く走った際には、高速道路上での燃費は17km/L近くにまで伸び、会社を基点とした全行程でも15.5km/Lになりました。燃費に関してよく使われている報告スタイルを踏襲するなら、「高速7割、市街地1割、郊外1割、渋滞1割で15.5km/L」って感じでしょうか。いくら高速利用が大半を占めているとはいえ、10・15モード燃費が12.2km/Lの車で大した記録だ・・・と自慢したいところですが、こんな記録、あんまり意味がないように思っています。

余談ですが、この静岡県往復以来、「高速道路を含む燃費の記録というのはいんちきだな」と思うようになってしまいました。まあ確かに高速でもアクセルワークひとつで燃費は多少上下したりもするんですけど、高速を走っている限りは基本的に高い燃費記録が出るわけです。実際、この前書きましたが、家族4人と相応の荷物を載せて速度を気にせずに行った高知往復ですら11.5km/Lなんですからね。おまけに高速道路って技術的にもほとんどアクセルワークだけに神経を集中すればいいわけですから、一般道で駆使するエコ運転の技術レベルとは比べ物にならないくらい楽で、それも一般道で培った技術を小出しにすればいいだけですから、あまり人様の参考になるようなポイントもありません。要するに、「これはおいらだからたたき出せた燃費記録だ!」という感じが全然しないのです。燃費改善ってのは、いみじくも通勤燃費のところで述べたように、同じ条件(同じ行程、同じ時間、同じ天候、同じ搭載荷物、同じ同乗者、同じ・・・)でどれだけガソリン消費量を減らすか、に尽きるわけですから、「高速なんか走って燃費がいいのは当たり前やんけ」と思ってしまうわけです。

ただ、数少ない高速の経験から、気づいた点がいくつかあります。

その一つは、「高速道路上の渋滞はさほど燃費は悪くない」という点です。止まりそうになったかと思うと少しだけ進み、またすぐに止まりそうになる。こうした高速特有の渋滞では、長時間止まったりしない限りは10km/Lくらいは軽く行きます。進まない代わりに、ガソリンだってほとんど消費しないからです。

こうした高速の渋滞には「アクセルもブレーキも極力踏まない」という精神で臨みます。特に減速には気を使い、車を絶対に止めない、ブレーキは死んでも踏まない、というくらいの覚悟で臨みます。また、アクセルは踏んでもアイドリングの3倍以内の燃料噴射量にとどめ、踏んでいる時間も極力短い時間となるよう神経を集中します。このアクセルの踏み方は、燃費計をご使用の方ならご理解いただけるかと存じますが、結構微妙で繊細です。そんなアクセルワークでなるべく車速を稼ぐ。距離を稼ぐ。こういう一見相反する条件をできる限り満足させることに精力を注ぎこむのです。そんな遊びに興じていると、渋滞が結構面白くなったりします。やむを得ず渋滞にはまってしまったら、退屈しのぎも兼ねて是非お試しください。

また、(ローカルな話題になって申し訳ありませんが)東名高速はあまり使わない私ですが、都内に行くのに第三京浜や横浜新道にはよく乗ります。もともと私は「有料道路というもののメリットは”移動時間の短縮”にある。コストを投入する価値はそこにある」と思っていたのですが、第三京浜あたりになりますと、トータルコスト的にもこれを利用した方がお得になるケースが結構あります。東名高速みたいに単価の高い道路だと無理でしょうけど、比較的通行料単価の低い道路は、これを利用した方が下の一般道を走るよりもガソリン代が安くあがる。その差額が通行料を上回ることがあるというわけです。第三京浜や横浜新道のように、下の一般道が混雑したり、信号がやたらと多かったりする道なら尚更です。ここで細かいことはいちいち述べませんが、混雑した一般道をネチネチ走るよりも通行料の安価な有料道路を使った方が、時間短縮はもちろん、トータル費用的にも安上がりになることがありますので、皆様、お近くの有料道路について一度研究してみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/10(金) 23:47:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ISの評価 | ホーム | 心神喪失状態>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/129-f8572ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる