ま、適当に

思いつきで書くよ

故意による無気力相撲

1989年と1991年の2回にわたって当時の理事長であった二子山親方が全力士を集めて「最近とみに故意による無気力相撲が増えている。俺たちの目は節穴ではないぞ。」と言ったらしい。その証拠テープがあって、相撲協会もこの発言自体を否定することは出来ないらしい。

でもって、この”故意による無気力相撲”のことを、講談社は「八百長相撲のことだ」と言っている。これに対して北の湖は、「病気やケガにより力をわざと抜いてとる相撲のことだ」と言っている。さて、どちらが正しいのか・・・・・・なんてことを裁判でマジな顔して争っている。

アホか。もし病気・ケガだったとしたら、みんなの前で”故意による無気力相撲”なんて理解し難くて回りくどい言い方するわけねえだろ!理事長が全力士の前で「俺たちの目は節穴ではない」なんてヤクザまがいのセリフ、言うわけねえだろ!そもそも、病気やケガをおしてわざわざ出てきてるってのに、わざと力抜いて負ける理由がねえだろ!

更に突っ込みを入れられた北の湖は、「”故意による無気力相撲”というのは懲罰の対象であり、最も重いと”除名”処分になる」と答えちゃったらしい。そう答えなきゃ二子山親方の発言とつじつまが合わなくなったって事なんだろうが・・・・

アホか。病気やケガしてんのにわざわざ出場して力抜いて懲罰を受けるくらいなら、最初から休場するに決まってるだろ!そもそも、そんな理不尽で誰もやりそうもない”故意による無気力相撲”が「最近とみに増えている」わけねえだろ!!!

北の湖ももう少しマシなうそをつきやがれ!バカすぎる!

スポンサーサイト
  1. 2008/10/17(金) 23:29:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やけくそ | ホーム | 被写体>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/135-15bfc442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる