ま、適当に

思いつきで書くよ

5D2のドットピッチに耐えるレンズ

デジタルフォトのサンプル画像に関する友人とのやり取りを通じて、5D2でもすばらしい写真を撮ることのできそうなLレンズ3本、5D2にふさわしいLレンズはこれだ!ベスト3!っていうのがある程度つかめたような気になってしまいましたので、この場をお借りして発表します。

望遠単焦点300mmF2.8L IS(当たり前だろ)、広角ズーム16-35mmF2.8L2(ワイド端はちょっと辛いかも)、そして標準ズーム24-70mmF2.8Lの24-60mmくらいのところ(テレ端はダメ)、の3本です。(条件部分が見苦しいぞ!)

逆に、5D2にこのLレンズじゃお話にもならない、こんなの買うやつはアホじゃ!ワースト3!ってのも特定できたような気になっておりますので、こちらも遠慮なく発表させていただきます。

標準ズーム24-105mmF4L IS、望遠ズーム70-200mmF2.8L IS、広角ズーム17-40mmF4L、の3本、こいつらは5D2では文句なくダメです。(特に前2本は5Dでもダメだが。)

理由はこれまで述べてきた理屈と同じなので、ここでは繰り返しません。その屁理屈に加え、実際にサンプルを見ちゃいさえすれば、この結論に異を唱える人は限りなく減ることになるでしょう。尚、この他に50mmF1.2L、85mmF1.2Lなんていうレンズと5D2とのシンクロっぷりも評価してみたかったんですが、いずれもサンプルがない、あるいはサンプルの数が評論するには不十分であったため評価から除いています。ま、常識的に考えれば、(Lズームはともかくとして)L単なら大丈夫だと思いますけどね。おいらの持ってる300mmF4L ISあたりだとちょっとダメっぽい気がするけど。

この他、5D2自体の「高感度ノイズが少ない」、「フォーカスが弱い(APS-C的)」、「回折現象に弱い」、「周辺減光のカメラ内補正は使えない」等々の特徴を一連の議論の中で再確認しています。

詳細を知りたい人はメールで問い合わせるように。かいつまんで言うと”レンズとドットピッチ”っていうエントリーで述べたことが「ズバリ正解!」(ゴーオンブルーの決まり文句←分かる人には分かる)だったわけ。比喩的に言うなら初代キスデジ相当って事です。

今日はこれまで。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/05(水) 22:39:46|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昇格試験の面接練習 | ホーム | 70-200F4L IS>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/142-b039dd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる