ま、適当に

思いつきで書くよ

あり得ん!

今日は県立高校後期試験の合格発表日。「お前にとっては”私立高校入学決定日”だよな」なんてことをゆたろにはズケズケと言いつつ、某私立高校のアホみたいに高い入学金・授業料・設備維持協力金(なんじゃこりゃ?)・寄付金(ふざけんな!)等々を、明日に迫った支払期限に何とか間に合うよう金策に駆けずり回って何とか用立て、今週頭にようやく「銀行口座スタンバイOK」ってな感じにもってきたんですけどね。それが本日昼前、おかんから我が携帯へと届いた”奇跡”という件名のメールによって、この一連の準備が全て取り越し苦労に終わる展開になったことを知りました、っつーか、なんとも信じられないことが起こりました。あり得ねえだろ、おい!

というわけで、いつ何時神様が「今のはウソ。全部なし。」なんて言い出して、幸せが全て逃げて行っちゃうんじゃないかっていう気がしてなりませんので、なかなか具体的に書くのがためらわれるのですが(歯切れ、悪!)、とにかく起こったことがあり得なさすぎて、おいらもおかんも精神的にちょいとおかしなことになっちゃってます。

3校全てをビリで突破するという綱渡りの妙。あり得ないことを目の当たりにしてしまったこの居心地の悪さ。なんということでしょう。あんまりなことに、今日は定時で速攻帰宅してしまったほどッス。

先ほど、何故こんなことが起こったのかとゆたろに聞いてみたところ、その偏差値13というずば抜けた国語力での解説によると、合格者の選考基準が、
  - 後期試験合格定員の80%を内申4割、試験6割で決める。
  - 残りの20%は、残った受験生の中から試験の点数が高いものからとっていく。
という、何だか分かったような分からないようなルールに基づいているんだそうで、ゆたろの自己判断によると「残りの20%の方に引っかかった」ということらしいッス。

「最初からこの20%枠狙いだったんだよ。内申がこんなレベルだから、80%枠で合格するはずねえもん。」

ゆたろの野郎は得意満面でこんなことを言いやがりました。偏差値13のブンザイで、その偉そうな態度になんだかムカついたのですが、あんなクソみたいな内申でとにもかくにも合格したわけですから、それに免じて今日だけは殴らないでいてやろう。そう思って我慢した次第です。

ま、ともかく、このスーパーアホーの今後の進路なんですけど、全くの想定外であったこの結末に関係者一同戸惑いを隠せず、学校の先生や塾の講師などはまるで口裏を合わせたかのように「(既に合格している)私立の方がレベルが高いんだから、そっちに行った方がいい」とか言ってるみたいなんですけど、この辺の偏差値2~3の差はおいら的には I don't care. って感じだし、授業料は県立の方が私立よりもずっと安いし、何よりも本人が希望していることでもあるので、おとなしく県立に行かせようと思います。腐っても独自問題実施校ってことで。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/27(金) 20:49:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<液晶テレビ購入 | ホーム | 欲求>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/165-78818ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる