ま、適当に

思いつきで書くよ

ポータブルAVプレーヤー(1)

COWON V5ってのを購入してみました。

わたしゃ2003年の帰国以来ずっと神奈川の山奥に車通勤をしているというコッテコテの田舎モンなんですけど、それでも東京駅周辺に出かける機会が週1~2回のペースであります。で、片道1時間以上かかる東京駅往復の際の暇つぶし方法として、本棚から過去に読んだ単行本をテキトーに取り出して読書をしたり、携帯型MP3プレーヤーに仕込んだ音楽をノイズキャンセリング機能を持ったイヤホンで鑑賞したりしていたのですが、さすがにこれを7年も続けてくると、読書と音楽しか選択肢のない文化水準の貧しさに辟易とするようになってしまいました。ぶっちゃけ、”読む”とか”聴く”だけじゃなくて”見る”娯楽もほしい。映像を楽しみたい。この欲求が、長い時間をかけていよいよ我慢ならないレベルにまで増幅されてきたのです。

この欲求を満たしてやろうと、一時はポータブルDVDプレーヤーの購入を検討しました。が、ただこれ、重いでしょ?どの機種も1kg近くあったりします。持ち歩くには相当な覚悟がいりますよね。また、DVDメディアと言えばご承知の通りあの12cmディスクですからね。本体やディスクがかばんの中でかさばちゃって、何だかとってもウザそうですし、そんなでっかい機材を電車の座席で”うんこらしょ”ってかばんから出すのも結構恥ずかしい。おまけにディスク1枚にたったの2時間程度しか入らない。こりゃ、ソフト面でのディスク供給の手間が大変だ。更に、ディスクを物理的に回すってところがとっても電気を食いそうですから、1回の充電で再生できる時間も他の機器と比べて相対的に短い。実質的に東京駅往復2回は持たないし、かといって行く度に充電するのも面倒くさい。そして、映像に飽きたから久しぶりに音楽を楽しみたいなんて思っても、このプレーヤーではDVD以外には何も対応できない。・・・・こうした各種の問題点が頭に浮かんじゃって購入意欲が減退し、相変わらず読書か音楽というたった2つの選択肢しかもっていない状況に甘んじる生活が続いておりました。

そんな満たされない状態をだらだらと続けている一方で、少しずつではありますが多岐にわたるポータブル機器に注目するようになりました。そのうち、購入候補の機種は”AVプレーヤー”というものに絞られて行き、求めるスペックも下記のように特定されるようになっていったのです。

 ・携帯することが気にならない重さ。(どんなに重くても500g以下)
 ・スーツの内ポケット、あるいはYシャツの胸ポケットにギリギリ収まるサイズ。
 ・モニターの解像度はDVDディスクのクオリティがそのまま楽しめる720x480以上。
 ・記憶容量は20GB以上。外部からの衝撃に弱いHDDタイプではなく、メモリタイプ。
 ・SDカード等、外部フラッシュメモリ対応。
 ・フル充電時の再生時間が6時間以上、できれば9時間以上。

いつしか、これらの条件をクリアするAVプレーヤーの登場をナニゲに期待するようになっておりました。

実のところ、上記条件のほとんどをクリアする機器は、もう既に昨年の段階から市場に出回っていました。ただ、あくまで”ほとんどの”条件をクリアしているというだけで、”全ての”条件をクリアできていたわけではありません。特にネックになっていたのはモニターの解像度です。480x272などというワンセグに毛の生えた程度のクオリティのものでよければ市場にいくらでもありました。が、”画質”ってもんに人一倍、ってか人十倍くらいこだわるおいらが、そんな中途半端画質の機材を購入するはずもありません。

「DVD映像が720x480なんだから、それをそのまま表示できる機器が、いつか必ず出てくる。」

そう信じて待つこと半年(?)、このニーズがようやくCOWON V5という形となって、市場に登場してきたわけです。4.8インチ800x480。3.3~4.3インチ程度の他のAVプレーヤーより一回りから二回りくらいは大きい一方、解像性能はピクセルの数でいうと3倍くらいあります。価格も他機種の2倍前後するような高価格設定でしたが、その差はAPS-Cとフルサイズとの差みたいなもので、それくらいはあって当たり前。てか、2倍くらいならむしろ安いくらい。そんな感覚でおりました。

ただまあ、特にこういう映像を扱う機器の場合、スペックだけを見て飛びついて買うわけにも行きません。スペック表には出てこない要素、例えば実際に皆様が所有しているような映像ファイルをそのまま再生できる確率がどの程度であるか(諸般の事情で再生できないケースが結構ある)、あるいは、物理的に再生できたとしてもブロックノイズが出たりしないか、大容量ファイルの場合はカクカクとコマ送りみたいなことになったりすることはないか、・・・・などといった実使用上の問題点を確認する必要があるからです。

こうした問題点の確認の仕方は比較的簡単です。1~2ヶ月購入を待てばいいのです。待ってれば、発売と同時に飛びついた人たちが人柱となって、価格comの掲示板とかで使い勝手等を報告してくれます。それを読ませていただければ、その機器の本当の実力が大まかなレベルで分かると言うもの。というわけで、発売後2ヶ月たった今、各種コメントを読んで購入に十分値することを確認した上で、晴れてこの機種を購入するに至った次第です。もちろん、電車での鑑賞が主体となりますので、イヤホンは付属のものじゃなくて、ノイズキャンセリングイヤホンを使うことになります。

で、こいつを実際に使用してみての感想ですが、それはまた次回に。

スポンサーサイト
  1. 2010/05/13(木) 21:58:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポータブルAVプレーヤー(2) | ホーム | 山芋戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/193-732b5bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる