ま、適当に

思いつきで書くよ

サッカー撮影

とりあえず、さっき設定した全てのカテゴリーについて、ものは試しとばかりにちょいと書いてみます。

まずはサッカー。
Jの話題は開幕後にとっておいて、今回はサッカー撮影について。

これまで、こたろサッカーチームの撮影に使ってきたレンズは概ね次の2本に集約されます。
 ①EF300mmF4L IS
 ②EF200mmF2.8L

被写体は、チームのフォーメーションとかはさておいて、基本的に順光か斜光が得られるゴール裏やサイドラインから選手個々人を狙って撮ってます。小学生が対象ですから、立ったまま見下ろした状態で撮ると、選手が幼稚園児みたいにチビッこく見えちゃいますので、なるべくしゃがんだり椅子に座ったりすることで低い位置から撮ることを心がけています。

露出については、いずれのレンズでも1/800秒のシャッタースピード優先で、①はF8近辺まで絞り込まないと解像度がイマイチなので、ISO100~200の範囲で晴天時に使用。曇天になるとISO感度をそれ以上落としたくないので、②の方(こちらはF4くらいでシャッキリ写ります)を使用しておりました。最近では目に見えて子供達にスピードがついてきたので、そろそろ1/1000秒あたりをスタンダードにする時が来たような気がしています。

AFフレームは全て中央のみを使用し、フォーカスを合わせたい選手を常にど真ん中に捉えながら、AIサーボで追いかけます。そして、撮影した画像は全てトリミングします。というか、等倍でも使えるフルサイズの高画質を生かし、単焦点でトリミングを前提に撮っているわけです。

で、こうした撮影を足かけ1年半ばかり続けてきたわけですが、撮りためてきた画像が5,000枚を突破した今、なんだか・・・こう・・・・・飽きてきました。

撮っていてたまに思うんです。ああ、画角を制御してみたい、と。

300mm主体にゴール裏から撮っていると、CK後のゴール前の混戦とかはもうほとんど傍観状態になります。選手を追おうにも、上半身くらいしか写らない。そんな狭い画角で、CKにピタリと合わせたヘディングとか撮ってみたいとは思いますが、わたしゃプロじゃないんだからそんなの無理だってば・・・。

というわけで、要するに(ゴール裏に限って)ズームを扱ってみたい衝動がわき起こってきたわけです。

単焦点とズームの画質の差。
これについて今ここでいちいち説明することは避けますが、写真に対する私の価値観は、画角が固定されるという不便さをも顧みず、サッカー撮影に単焦点を使い続けていることでもお分かりいただけるかと存じます。
そう、私は「ズームなんかうんこである」と思っているわけです。

食わず嫌いって訳ではありません。
ゴール裏から子供のサッカーを撮るには理想とも思えるEF100-400mmF4.5-5.6Lなんてレンズも、人様からお借りして使用してみたこともあります。
でもダメでした。絞っても絞っても画質がうんこなんです。

EF70-200mmF4Lなんてレンズもお借りして使ってみました。
でもやっぱりEF200mmF2.8Lには足元にも及ばないんです。(当たり前やんけ!)

私のこの”うんこ画質”を判断する基準は、正直に申し上げますと相当高いところにあります。
1枚ずつ見比べても差なんか分からない。何枚も何枚も見比べて、ようやく「なんだかこっちの画像ってふにゃらけてね?」って思うようなレベルなのかもしれません。
普通に考えれば「子供のサッカーにそこまで求めてもしょうがねえジャン」と言えましょう。

でも、求めちゃうんですよ。だって、その高画質が手の届かないところにあるならともかく、実際には目の前にあるんですモン。それなのに、何が悲しくてわざわざ画質を落とさなきゃならないのよ。そう思っちゃうんですよ。

というわけで、これまでは頑なにズームを拒んで参りました。
単焦点一筋。
ズームを使ってみたいなどという欲求とは、まるっきり無縁の撮影人生を送っていたのです。

それがね、その信念がね、昨年よりグラグラと揺らいできたんです。
その切っ掛けは、もちろんゴール前での混戦撮影の不便さってのもあるんですけど、実は、あるレンズの発売がその背景にありました。

 EF70-200mmF4L IS

これです。

私、今でもそうなんですけど、ISなんぞもともと嫌いなんです。
どんなレンズもIS付けたことで画質は確実に落ちてますし、EF70-200mmF2.8Lみたいに、ISつけて画質が崩壊したレンズまでありますからね。(MTFだけはなんとか同等に保っていますから、そのコントラストに騙されて「高画質」なんて思いこんじゃってる人も数多く見受けられますけど、解像度的には超うんこレンズに成り下がってます、これ。)

それがね、このEF70-200mmF4L ISはね・・・・・ISなしのレンズより画質が上がっちゃってるんですよ。いや、ホント、レンズ枚数は増えたってのに・・・・・うまく説明出来ないんですけど・・・・・とにかく、このレンズの画像を公開してくれている人々の写真を見ていくに従って、そう思わざるを得なくなりました。(もちろん、さすがに単焦点EF200mmF2.8Lには届いておりませんが、それでも許容レベルには入ってきています。)

とまあこんな感じで、このレンズでゴール前の混戦を撮影するという欲求がムクムクとわき起こってきちゃったわけです。
この欲求は自分の目で画質を確認してのモノなので、誰になんと言われようとも治まることはない。即ち、おそらく私、このレンズを買っちゃうように思います。(今ちょっと貧乏してるんで苦しいけど、そのうち・・・)

といっても、ひねくれた私の価値観は世の人々のそれとは一線を画しておりまして、ISになんぞ期待しておりません。例えこのレンズを購入したとしても、ISなんか、ほとんど使わないと思います。

EF300mmF4L ISでもそうなんですけど、IS切った方が画質は上がりますからね。特に300mmならともかく、70-200mmの1/800秒とか1/1000秒ともなりますと、手ブレを起こす方が難しいでしょ?そんな状況でわざわざISを入れる必要などないですから。

IS付きにリニューアルされたレンズでIS使わないってのも何なんですけど、その方が理に適ってるんだからしょうがないでしょ。・・・とまあ、そこまで妄想は進んじゃってるわけです。・・・・・買うしかねえだろ、これ。

というわけで、買ったらまたレポートします。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/06(日) 21:38:01|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MPV乗ってます。 | ホーム | ブログ開設>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/2-44f37d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる