ま、適当に

思いつきで書くよ

サッカー撮影の多様性

何だか最近、休みの度にサッカー撮ってるような感じがしてましたので、8月のサッカー出動回数を数えましたところ、合計8回に達していました。夏休みで休日日数が増えたことを無視するなら、土日の全てを費やしてる的なペースです。別に出動回数が多いのはかまわないんですけど、結果として同じことばかり繰り返してきましたから、最近さすがに飽きてきました。だってサンヨンばっかなんだもん。それも同じようなポジションからの撮影ばかりだし。

おいらは普段から「サッカーは基本的にゴール裏から撮る」なんてこと言ってますけど、中高生の公式戦ともなるとゴール裏にいること自体が難しいことが多いッス。基本的に保護者の観戦場所というのは特定の場所に限られおりますので、逆光条件を強いられることも多々あります。最近では保護者がうろちょろしていてもギリギリ許される(とおいらが勝手に思ってる)コーナーフラッグ周辺に出没して撮る頻度が増えてます。

で、結局同じような写真ばかりになるんです。前の選手ばかりがくっきりきれいに写り、ポジションが後ろに下がるにつれて画質も下がって行き、一番遠いゴールキーパーともなると、背景にフォーカスを持ってかれてるようなしょうもない写りが多かったりします。画質云々だけにフォーカスするなら、ゆたろはFWだからそれでもいいんですけど、こたろはCBなのでちょいと困りますし、どちらにしても構図的には同じようなものばかりになりますから、面白みに欠けるんです。

というわけで、先週末はサンヨンの使用を放棄し、5D + EF70-200mmF4LIS + 1.4xエクステンダーという組み合わせで、前半はセンターライン付近のサイドから、後半はコーナーポスト周辺から、多少変化をつけて撮ってみました。

う~ん、何だかイマイチなんだよな~。センターライン付近からの撮影では、バックラインやGKが大きく撮れるというメリットは享受できましたが、ただまあ言ってしまえばそれだけのこと。ズームだと被写体の位置によって被写界深度も相当変わるので、出来上がった写真群はサンヨン一本での撮影よりも多様な感じはしましたが、どうもこう、なんだかパッとしません。いや、画質はいいんですよ。画質的に期待のしようもないズーム+エクステンダーの組み合わせではありますが、このズームレンズの解像度がべらぼうに高いこともありまして、挙がってきた画質たるや、ぶっちゃけサンヨンに劣るものではありません。ま、ズームにエクステンダー咬ませちゃってるわけですから、ワイド端やテレ端での多少歪曲収差が相当酷くなりますけどね。それでも解像度そのものはとってもいい。

問題は、やっぱ構図でしょうか。ボールを蹴ってる、頭に合わせてる、相手と競ってる・・・・という選手たちの全身をただ捉えているだけ。(って、「ただ・・・だけ」なんて言っちゃあ身もフタもないけど。)被写体はいつもほとんどが選手の全身で、どこかフォーカスすべき部分を切り取って見せるような(例えば、顔だけのドアップだとかいう)変化がない。要するに、トリミングが単調なんですね。・・・と言っても、何かヒントが欲しくて雑誌見たって何見たって、サッカーの写真と言えばおいらが撮ってるのと同じような写真ばかりだし、何をどうすりゃいいのか・・・・・・何かいいアイデア、ないスかね?


スポンサーサイト
  1. 2010/09/14(火) 21:35:20|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<炊飯器 | ホーム | 自家製ポスター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/210-e7bd44ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる