ま、適当に

思いつきで書くよ

落ちないで

最近、Photoshop CS5がよく落ちます。

CS5で今作成しているのは米国駐在時代をたった一枚の画像で表現しようとしたメチャクチャなもので、縦横それぞれ数百ピクセル程度の当時のゆたろこたろ画像を大量に動員して10,000ピクセルx7,000ピクセル規模のB1サイズ(300dpi)に仕上げちゃおうという”ウォーリーを探せ”みたいなシロモノです。まだ半分以上が余白状態なんですけど、既にそのPSDファイルは700MBを越えちゃってます。

こんな容量食いのデッカイ画像をつくろうってんですから、作業を進めて履歴がたまればたまるほどソフトが落ちちゃうってのも無理はないところなんですが、落ちたときの被害を最小限に食い止めるために作業ファイルを小刻みに保存する必要が生じてます。これがまた、思いっきり面倒くさい。

作業ファイルは700MBを越えているからといって、作業自体は重くありません。結構サクサク進めることが出来ますので、各種コマンドの処理時間にはさほどのストレスは感じません。イラつくのはファイルの読書きです。いつ落ちてもいいように(?)頻繁にファイルの保存を繰り返すんですけど、その度に”うんに~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~”っとノタクタ進む画面を見ながら20~30秒くらい待たされるんで、コレがどうにも精神衛生上よろしくない。とにかく数分ごとに”うんに~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~”なわけですから、ぶっちゃけ作業効率上も支障があり、こいつをなんとかしたいところなわけです。

で、考えうる対処法としては、やはり64bit OSの導入でしょうか。

読書きを早くするなんてことは、ちょいと難しいでしょ?それよりも、ソフトを落ちなくすることが肝要ですわね。落ちている原因はたぶん作業容量の不足にあると思われますから、こいつをなんとかしなきゃなりません。言いかえると、コレだけでかい容量のファイルを抱えたままの作業は32bit OSの3GBにも満たない作業領域では到底処理しきれず、かと言ってトロくさいHDDにアクセスするもやっぱり速度的に処理しきれず、仕方なくソフトが落ちるしかなくなる。こういうことだと思うんですわ。そんな悪循環を断つには、十分な作業領域を確保してちゃんと処理できる環境を整えてやればいい。具体的に言うなら、64bit OSを導入して、メモリを8GBとか12GBとかにしてやればいい・・・・・

ただまあ、おいらが現在PCで使用している3大ソフト、いずれも画像、映像を扱うソフトウェアですが、Photoshop CS5、SILKYPIX Pro、VideoStudio 12Plusの3つが64bitにネイティブに対応してるかっチューとそんなことはないわけです。CS5だけはネイティブ対応しておりますが、SILKYPIX Proは64bitでの動作確認はされていますがあくまでも32bitソフトとして動作、VideoStudioに至っては動作確認すらされてないみたいだし。

まさか、3本の中で最も使用頻度の低いPhotoshop CS5だけのために64bit OSマシンを導入する気もありませんし、そのCS5だって一説によると64bitバージョンは一部のフィルタが使えなかったりするみたいなので、ますます導入する気が削がれているのが実情です。てなわけで、マシンの新調はおそらく数年後になるんじゃないかと。それまではひたすら”うんに~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~”に耐え忍ぶしかないか。うんざりするけどさ。

スポンサーサイト
  1. 2010/10/28(木) 23:13:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5DとCFカード | ホーム | Photoshop CS5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/215-133c892f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる