ま、適当に

思いつきで書くよ

ウィルスウォッシャー(2/2)

ミストファン購入以降、ウィルスウォッシャーは快調に機能しておりますです。夜寝るときはもちろんですが、それ以外でも結構使えてます。

例えば、外にいる時間が多少長く続いちゃって鼻の周りがズオ~ンって感じになり目がショボショボしたりしても、帰って来て除菌電解ミストを浴びればすぐにコテッと寝てしまい、1~2時間経ってみれば元の快適状態に戻っている。粘膜上に大量に付着したアレルゲンが続々と浄化され、暴れ出そうとしていた免疫反応がそこで治まる。それが実感できる感じです。おかげさまで、四六時中苦しんでいた結膜炎なんぞ起こらなくなりましたし、普段の頭痛も消えました。鼻水だって多少グシュグシュはしますが、ダダ漏れ状態で流れたりはしません。

ただまあ、だからといって花粉症が完治したわけではない。活性酸素で目前の症状は消えたとしても、アレルギーそのものが治るはずありませんから。よって、錠剤に点眼薬、鼻シュッシュという花粉症対症療法薬3種類は相変わらず使用しております。これ即ち、これらの薬を使用している限りは普通に近い状態でいられるということです。それでもね、例年にないこの楽チンな状態。花粉の飛散量が飛びぬけて多い年だってのに、もうホント、信じられな~い!特に「咳が出ない」ってところがおいら的には奇跡のようでス。これならもう今年はおそらく、例年みたいにアレルギー性喘息にまで症状が進んでステロイドの緊急静注を受けるようなこともないでしょう。(←大言壮語しちゃってるけど、本当に大丈夫か?)

厳密に言うなら、それがこのウィルスウォッシャーのおかげなのか、はたまた他の機種の長期連投効果がより深まったおかげなのかの区別は付きにくいところです。ぶっちゃけこの機種単独の効果がどの程度なのかは、なかなか定量的には表現できませんからね。ただまあ定性的に言うならば、花粉症に苦しんでいるおかんの症状が劇的に改善されているところを見ると、やはりウィルスウォッシャーの活性酸素的な効果ってのは相当あるように思います。(彼女はプラズマクラスターには一切係わっておりませんから。)

ちなみに、このミストファンにはいろいろな運転モードがあるんですが、外で花粉を大量に吸い込んだようなとき、こいつを”パワーミストモード”で運転して高濃度のミストを浴び続けます。その際、顔面直射じゃなくて、頭上に降り注ぐ感じになるような位置にこれを設置します。眠くなったら”標準モード”にして椅子に座ったまま両脚を机の上に放り出してコテッと眠りこける。これがおいらが試した中で最も短い時間で健常復帰できる最適な方法です。

肝心の夜寝るときなんですが、我が家ではほとんど”標準モード”で運転しています。ただ、この標準モードってのは夜間の寝室などでは相当喧(やかま)しい上に、空気が対流しすぎて室内の体感温度が下がるのが分かるくらいです。よって、これに我慢できないようなとき(特に寒い日とか)には”静音モード”にしたりしてます。静音モードだと無音に近くて空気の流れもほとんど体感出来ないレベルになっていていい感じですし、朝起きたときの効果の差もぶっちゃけほとんど感じません。取り説によると「標準モード時のミスト量=静音モード時の量×3.5倍」なんですけど、14畳まで適用可能なミストファンを6畳しかない寝室で使用しているので、ミスト量が1/3.5の静音モードでも十分なはず、という屁理屈も成立するかと。まあ、あくまでも効能効果を重視する我が家では今のところ標準モードにしておりますが、近頃は症状も安定してきたことですし、そろそろ静音モードに切り替えようかと思っています。

以上、二日間にわたってグダグダと書き連ねてまいりましたが、花粉症の皆様のご参考になれば幸甚です。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/07(木) 19:57:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<各種雑感 | ホーム | ウィルスウォッシャー(1/2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/268-6cf0ea1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる