ま、適当に

思いつきで書くよ

公式戦終了

準優勝に終わった先週末の地元の大会を最後に(土日に詰め込みで行われました)、こたろサッカーチーム(3~4年生)の年度内公式戦が全て終わりを告げました。といっても、”市長杯”とかいう4、5年生のチームで当たる大会がまだ残っているので休みに入るというわけではありませんけど、まあ、心の中で一区切りついたわけです。

この1年を振り返ってみますと、まず、カメラを持ち出して撮影に当たった日がちょうど30日。年間休日日数を年間120日とすると、休暇全体の25%に当たります。この間に撮りためた写真の枚数が大まかに言って6,500枚くらいですから、それぞれの日に200枚強を撮影してきた計算になります。また、その全ての画像をトリミング・調整・現像してきたわけでして、この撮影後にかかった労力まで勘案いたしますと、これはもうとんでもないエネルギーをこたろサッカーに注ぎ込んできたことになります。

これだけ満遍なく継続的に同じ題材を撮影してきたのはあとにも先にもこれが始めてのことなんですが、これがちょうどチームの成長期に当たっていたこともあって、以前にも書きましたように新しいレンズを欲しくなったりもしてますけど、撮影自体は結構楽しみながら行うことができました。

この前コーチから話を伺ったのですが、もともとこたろの所属するサッカーチームは伝統的に弱いグループに属するチームで、運動神経に優れた子供は別の強いチームに所属するのが常だったそうです。それが、こたろの学年だけは何故かそういう傾向が希薄で、だからといってとっても強いというわけでもないのですが、実力的には平均よりは上位にあり、それなりに強い、やや強いくらいのレベルになっているとのことでした。実際、今年度は地元の大会ではずっと準優勝を続けておりますし(優勝できないところがカワイイでしょ?)、参加チームがべらぼうに多い横浜市の大会あたりですと、予選リーグを突破するくらい(本選ではすぐに負けちゃいますけど)の成績を残すようになっておりますから、この”やや強い”という評価も確かに肯けることではあります。

こうなってくると、「せめて地元の大会で一回くらいは優勝させてやりたい」「本選でもせめて一回くらいは勝たせてやりたい」などと考えてしまうのが親心ってなモンで、キーとなる試合が白熱してきたりすると、いつの間にやらファインダーを覗くのも忘れて試合を食い入るように見つめていたりします。こんな調子で撮影しているモンですから、6,500枚も撮っている割には「決定的瞬間を撮った」という経験がないというド素人丸出し状態なんです。いつの日かこいつを撮りたい。その決定的瞬間ってのはやはりゴール前で起こりますから、それを撮る機材として年初に「EF70-200mmF4L ISが欲しい」と書いたのは記憶に新しいところです。

でも、実際にはまだこれを購入するには至っておりません。その理由は、もちろん”金欠”ってこともあるんですけど、実のところ5D後継機と併せて発表されるであろう新しいレンズに対して密かに期待を寄せていたからでした。

> EF100-300mmF4L IS USM

こんなレンズをキャノンが開発しているなどという話は金輪際聞いたことないんですけど、こたろサッカーを撮影する上で、この焦点距離が私の考えるベストのスペック。もしかするとキャノンはこの私のニーズに応えるべく(そんなわけねえだろ!)、水面下で着々と開発を進めて・・・・なんて、デタラメな妄想を抱いていたわけです。

この私の妄想レンズと同じスペックのレンズをあのうんこシグマが発売しています。まあ確かに私のニーズとつき合わせてみると、焦点距離、明るさ、重さ、価格等のバランスは取れていると思わざるを得ませんが、そうは言っても私、あの会社のレンズを意地でも買うわけには参りません。また、幸いなことに(?)あのレンズの解像度は私が満足できるレベルにはありませんので、物欲が沸いてこないで助かっているってこともあります。

「EF70-200mmF4L ISで解像度を上げた技術を使って、キャノンがこのスペックのレンズを作ってくれたら・・・」

自分の希望だけを頼りに、世の中のニーズも何も分からずに何の根拠もないまま淡い期待を抱いていたわけなんですが、昨日発表された新機種の内容を見て、ちょいとガックリきました。カメラは5D後継じゃなくてキスデジXの後継機だし、レンズの方は200mmと800mmという誰も買いそうにない馬鹿でかいLレンズのみでしたからね。カメラは廉価機種なのにレンズは超高級。これを同時に発表しちゃうところが最近のキャノンの訳の分からなさを象徴しているようでなんとも素敵ですが、とにかく、私の欲求は満たされなかったのでした。(当たり前のような気もするが・・・)

我ながら話があっち行ったりこっち行ったりして訳分かりませんが、とにかく、ここんところに何らかの知見が得られない限り、EF70-200mmF4L ISの購入行動にも移れずに困っているというのが実情です。来年度の公式戦が始まる3月までに、なんとかもっともらしい理屈を構築して、自分を騙した上で行動に移さなければなりません。でないと、決定的瞬間が撮れないばかりか、チームプレーを一枚の写真に収めるという新たな試みに着手することすらママなりませんから。

ま、そうは言っても新年度の公式戦が始まるまであと一月ほどの猶予がありますから、ゆっくり考えていきたいと思います。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/25(金) 22:45:08|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2-2.下り坂 | ホーム | EOS Kiss X2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/28-73128eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる