ま、適当に

思いつきで書くよ

安すぎる

現在タイに赴任中の友人からいただいた情報なんですが、デジカメ画像を大きなサイズでプリントするのに、かの国ではとてつもなくお安くプリントできるようです。

皆様ご承知の通り、日本でのプリントの価格はLサイズが1枚5~10円などという激安価格で始まります。そして、プリントをするサイズが大きくなるに従って、その面積比を遥かに越えるペースで価格は上昇して行きますよね。例えばLサイズの2倍の大きさの2Lが50円とか、5倍の大きさのA4だと500円とかね。大きくなればなるほど単位面積あたりの価格がべらぼうに高くなっていく。大きなサイズにプリントをしたいというニーズをもたれた経験のある方は、この不自然さ、不合理さに首をかしげたことも一度ではないことと推察致します。

それがタイ(の片田舎にあるラボ)ですと、Lサイズより一回り大きいサイズ(6x4インチ)の料金が日本のLサイズと同等(1枚6円)で、以降、2L(7x5インチ)が9円・・・・とサイズが大きくなっていっても概ね面積に比例したような料金体系になっておりまして、日本みたいに突然べらぼうに高くなっていったりはしないとのこと。ま、厳密に言うなら、さすがに完全に比例しているというわけでもないみたいなんですけど、その違いはとてつもなく大きいプリントでも面積比のせいぜい1.5倍くらいにおさまっており、十分許容範囲内といえるレベルです。

例えば、Lサイズの35倍、A4サイズの6倍相当もある30インチx20インチ(76cm x 51cm)という巨大プリントがたったの80バーツ(240円)。更に面積比でこの4倍(Lサイズの140倍、A4サイズの24倍)もある100インチx24インチ(254cm x 61cm)などというとんでもない規格があるみたいなんですけど、これが面積単価的には最も高いのですが450バーツ(1,350円)。この環境、フォトショで巨大画像作ってプリントするお遊びにはもってこいってことですよね。

というわけで、早速「今度こちらで画像作って送るから、お試しプリントしてみてほしい」とお願いして、ご了解をいただいたところです。

プリントのクオリティについては、印画紙はブランド物ではなく現地のもので、見た目はマット調で問題ないレベルだったそうです。ただ、光や酸素に強いか(長期間置いといても劣化しないか)なんてところはぶっちゃけよく分かりません。と言っても、上記のような安さです。別に劣化したって文句を言えるような価格でもないですし、一時的に楽しめればそれで十分なような。

あと、100x24インチという超巨大プリントを作成する画像について、もし300dpiで作成するとしたら 30,000 x 7,200ピクセル(2億1,600万画素相当)というとんでもないサイズの画像になります。これ、フォトショで作っていく過程でフリーズしまくるかも。まともに作ろうとしたら32ビットマシンじゃおそらく無理で、マシンを64ビットにしてメモリを最低でも16GBくらいは積んでからじゃないと・・・・・また、完成品はどんなに軽くても50~60MBくらいにはなるでしょう。そんな巨大容量の画像を処理できるような機械がタイの片田舎にあるラボに入っているとも思えないのですが、現実はどうなんでしょうか?持ち込んだ途端に「画像サイズが想定外」「処理不能で無理」とか言われちゃって、結局プリントできないことも十分に考えられますよね。

とまあ、そんなこと言っていても始まらないので、現行32ビットマシンで処理できる画像の巨大プリント、つーか、たった240円の30インチx20インチ(76cm x 51cm)あたりから試してみます。そんでもって、状況が分かってきて100x24インチにGOサインが出たら、いよいよ64ビットマシンの購入ですね。(今は現金ねえけど。)なんたって、この友人がいつまでタイにいられるかどうかあやふやなもんですからね。面白そうなことってやれるときにやっておかないと、ぜ~~~ったいに後悔しますから。

では、早速サンプル画像の制作に取りかかります。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/25(月) 21:07:27|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<基本路線変更 | ホーム | おいらが将軍様なら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/283-4cbce43c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる