ま、適当に

思いつきで書くよ

ダンス撮影

この度、ひょんなことから千葉にありますダンス教室の発表会でカメラマンとしてデビューさせていただくことと相成りました。といっても、まだ2ヶ月以上も先の話なんですけどね。ジャズダンスとかヒップホップとか、舞台上で繰り広げられているソコソコ激しいダンスを撮るみたいなんですが、おいらったらそんな撮影などしたことないし、どんな条件でどうやって撮れば効果的なのか、今からもうネットを徘徊して各種情報を仕入れながら妄想を炸裂させまくっているところです。

ただ単にその発表会の雰囲気を写真に収めればいいというなら、意外と簡単かもしれません。5DにEF70-200mmF4L ISでもつけて、寄ったり離れたりしながらテキトーに枚数重ねて撮っておけばいいだけでしょうからね。でも、現実はそうもいかないでしょ?だってこれ、”発表会”なんですから。

発表会っちゅうのは、この教室に通う一人一人が日ごろの練習の成果をそれぞれの家族や友人、知人にお見せする場ですよね。どちらかっちゅーとチームよりも個人が重要でしょ?てことは、激しく踊るダンスチームの全体写真なんぞよりも、各個々人にフォーカスすることが重要だってことになりますよね。この目的を完遂するためには、センターの人ばかりを撮影するのではなく、中央から端っこにいる人まで一人残らず満遍なく撮らなければなりません。その枚数だって、被写体となる機会の平等性もある程度は求められるでしょう。また、それぞれの人が同じ位置関係にいるとは限らず、ダンサーの位置が目まぐるしく変わることだってあるのではないでしょうか。全員の顔と名前を知っているとでもいうならともかく、おいらはこの教室の人を誰一人として知らない状態ですので、気を抜くと誰を撮っていて誰を撮っていないんだか、分からなくなること必至って感じでしょ?

更にまたこれ、”ダンス”なんですよ。激しい動きが連続するダンスってやつを、静止画でどう表現したらいいんでしょうか。ただ撮りゃいいってモンでもないはずなんですが、何をどうしていいのか皆目見当もつかない。無知無教養の権化状態。結局、阿呆なおいらが全員を満遍なく撮るなどといったニーズを満たすためには、つべこべ言ってないでひたすらシャッターを押し続けるしかないのかも・・・・・

というわけで、あれこれとあまり欲張っても出来っこありませんので、少なくとも全員を満遍なく撮る。これだけはなんとしてもやらなきゃならんと思ってます。その条件を満たすためにどうやって撮影するのか、今からワクワクかつ戦々恐々としたような妙な気分になっております。さあ、どうしてくれようか。

では。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/28(木) 20:47:24|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5Dがまた壊れた | ホーム | 基本路線変更>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/285-620097b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる