ま、適当に

思いつきで書くよ

EOS Kiss X50

X50のキットがついに4万円を切りましたんで、おいらったらついにこいつを買っちゃいました。最初は平凡に黒いのにしようと思ってたんですが、いざ買う段になって「たまには変わったことしてみよう」と思い立っちゃいまして、半ば衝動的に赤い方をポチッとしてしまいました。

(いきなり脱線しますが、自慢じゃないけど、おいらったら底値で物を買ったことがありません。言い換えると、おいらが何かを買うと、必ずその後で更に値が下がったりします。よって、こいつを買うんならあとちょっと待てば更に値が下がり、ひょっとすると3万5千円とかになるかもしれませんので、買いたい方はもうちょっとだけ待ったら幸せかも。)

昨日そのブツが届いたので、この土日のゆたろ&こたろの試合で何枚かでも試写をしたいなと思っているところなんですけど、その前に、事前にどんな妄想していたのかここでまとめておこうかと思います。あとから言い訳できないように妄想の内容を文章で記録しておいて、後日、事前に妄想していたことが実際にはどうだったのかを比較して、自分のアホっぷりを面白がろうっちゅーわけです。


1.初代キスデジの方が高画質

先日ぐちゃぐちゃ書きましたドットピッチ-色収差の観点から、画質(解像感)についてはキスデジの方が上だと思ってます。これはもう誰が何と言おうと絶対にそうなんで、ここがハズレてたらおいら、腹を切らせていただきます。ただ、マイクロレンズ等による画素ごとの集光技術はだいぶ進化したんじゃないかと妄想されますんで、ドットのボソボソ感は思ったほど悪くないのかもしれません。(画素数が倍もあるので、逆転するほどじゃないでしょうけど。)それがどの程度かちょいと注目しているところなので、暗めの被写体でどう写るのか試してみたいとも思っています。


2.オートフォーカス

これも以前に述べましたが、キスデジだとフォーカスの合焦許容度が低い(まだバッチリ合焦していない少~しだけボケた状態なのに、カメラが勝手にこれでいいと判断しちゃってAFの駆動を止めてしまう)ため、この8年でAFの基本性能がどの程度改善されているのか、とっても興味があります。フルサイズと比較してAPS-Cの不利な点が解消されるわけではありませんから、遠くにある被写体などが辛いってことに変わりはないでしょうが、フォーカスのヒット率は上がっているんじゃないかとちょっと期待してます。サッカーなんかを普通に撮っていれば、1~2試合で大体の評価は固まってくるかと思います。


3.ズームレンズ

まず、キットとして付属しているEF-S18-55IS2というズームレンズですが、X50ではほとんど使えないと考えています。(オーマイガッ!)初代キスデジのセットズームの出来栄えを参考にするなら、このレンズは初代キスデジの方でF8くらいまで絞ってようやく使えるか使えないかビミョ~といったレベルだと思いますので、画素数が倍のX50ではちょいと無理。初代キスデジの常用レンズとして使用するのが最もお利口な使い方かと思っています。それくらいこのズームってへなちょこってことです。

5Dだとあれだけ使えるA09も、APS-Cではおそらく無理でしょう。F5.6~F8くらいまで絞れば画質的にはもしかすると何とかなるのかもしれませんが、焦点距離的にあまり使えないですから。我が家で唯一の高倍率ズーム28-200mmなんぞは、最初っから画質的に無理です。

結局、ズームで使えるのは70-200mmF4L ISくらいではないでしょうか。この組み合わせでの画質ですが、ズバリ5Dにタム高倍率ズーム28-200mmを装着したくらいでしょう!(丸尾君風。古くてごめん。)あ~、あと、絞り開放は無理で、F8くらいがベストかと。(←これら全部、ブタ勘です。)


4.単焦点レンズ

こんな感じで、ズームがほとんど使えないと妄想されるX50なんですけど、5Dのサブ機として機能してくれないことには購入した意味がありません。んじゃどうして購入したのかっつーと、単焦点ですよ、単焦点。X50には現在出動機会を失っている単焦点を積極的に使用していくつもりです。使用する絞り値に制限は付くでしょうけどね。

まずは50mmF1.4に85mmF1.8。これらは630万画素のキスデジですらF2.8以上に絞らないと「なんだかな~」って感じでしたので、X50の方はおそらくデータ的に解像感がピークを打つF4~F5.6近辺での使用に制限される(そうでないと画質的に我慢ならない)と思ってます。フルサイズ換算で80mmと136mmってことですから、カメラ一台だとなかなか使い道が思い浮かびませんけど、サブ機ならなんだか使い道がありそうでしょ?そこにちょいと期待しているところッス。

一方、我が家で最も高い解像感の得られる極上単焦点EF200mmF2.8L、通称ニーニッパ。こちらならF値の許容範囲がもう少し広がると思っています。なんたってキスデジで唯一開放(F2.8)から使えるレンズですからね。X50でもF4くらいから見事に写ることを期待しています。サッカー撮影のサブ機としては、ぶっちゃけこいつがメインレンズになると妄想しています。

もう一本のL単焦点サンヨンはF8専門で使うことになります。初代キスデジで撮ったF8の画質はまあまあのレベルで「最高って訳でもねえな」っていう印象がありましたが、今このときの画像をさかのぼって見返してみたところ、これは高感度に弱いキスデジのISO400で撮ったからなんですね。サンヨンにおけるF8の解像度は掛け値なしに高いですし、あとは低感度で撮れるかどうかが勝負。ISO100は無理でも、せめてISO200で撮れればと思っています。1/1000秒、-1EVでは少しでも暗いと不可能だと思いますが、今の時期のピーカン環境では大いに期待が出来ます。実質480mmとなる超望遠レンズとして、練習試合か何かの機会に試してみる予定。

あと、画質的に期待できるのはシグマ15mm対角線魚眼レンズですね。F8絞り優先限定になるかと思いますが、これはこれでそこそこ写るんじゃないでしょうか。ただまあ、実質的には魚眼のトリミング画像ですから、的確な使い道はあまり思い浮かびませんけど。


5.1.4xエクステンダー

エクステンダーは絶対に無理です。APS-Cで使うことはないでしょう。


以上、事前の妄想でした。

スポンサーサイト
  1. 2011/05/20(金) 20:40:12|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<感度と露出補正 | ホーム | サンヨン+1.4xエクステンダー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/296-66fc3708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる