ま、適当に

思いつきで書くよ

第二回 EOS Kiss X50 使用報告

X50の画像処理経験が1,000枚を越えましたので、ここらでこのカメラについて総括します。と申しましても、目新しい情報はほとんどないんですけどね。じじいのくどい戯言ってことで、ご容赦ください。

以前書いたことを追認する結果となりますが、X50って「階調がダメ」です。それをコントラストを高くしてちょろまかしています。パッと見は一見華やかで美しいのですが、よく見りゃディテールはゴワゴワしてるし、ベタ塗り的色味のわざとらしい画像。この辺はいかにもキャノンがやりそうなことですし(つーか、別にわざとやっているわけじゃなくて、そうなっちゃってるだけなのかもしれませんけど)、こちとら、そういうことがあり得ることを承知で購入していますので特段非難するには当たりませんが、その画像単独で見ているうちはさほど気にならなくても、同じ被写体を5Dと撮り比べたりなんかするとその大きな違いに愕然としたりします。

その差たるや誰が見たって一目瞭然なんですが、X50の方はコントラストのみならず、色温度が実際のWBの数値よりも低く見えるようなちょいと寒色系の色をしているために、5Dがホンワカと自然な感じなのに対して、X50の方は不自然にギスギスしています。これ、要するにセンサーがヘボいんだと思いますけど、高画素APS-Cのセンサーがみんなこんななのか、あるいはこのX50のセンサーが廉価仕様でヘボイのか、おいらには区別ができません。ま、常識的に見るならその両方だと思いますけどね。

ただまあ、これはあくまで5Dと比較しての話。このX50、標準ズーム込みで4万円しないカメラとしてはやはりずば抜けています。5Dと比べても圧倒的に軽いので、お気軽に持ち歩くにはちょうどいいです。また、AFも初代キスデジより相当進化しており、5Dともさほど遜色のない(?)レベル。今後は画質にこだわらない範囲で積極的に使用していこうと思います。

あと、あんま科学的じゃないんですが・・・・・こいつとEF200mmF2.8Lとを組み合わせると奇跡の画質を生み出します。ドットピッチが狭い分、さすがに開放で撮ると”なんちゃらフリンジ”が結構出やがりますが、それでもその解像感は相当なもの。実際、うちのおかんが何度かこの組み合わせでサッカー撮ってますけど、ちゃんと被写体をフォーカスフレームで捉えてさえいれば(←おかんのヒット率はずば抜けて低く、40%くらい)、それだけで高画質画像が得られます。デジイチとLレンズの最下層に位置するこの安物コンビがこれだけ写るんですから、軽量の望遠セットとしてそのパフォーマンスは他の追随を許さないレベルかと思うんですけどね。

そこの君、7Dなんぞに変なレンズつけて撮るよりずっと上の画質が得られますよ。お勧めです。

スポンサーサイト
  1. 2011/07/26(火) 20:27:53|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サッカー熱の行方(ゆくえ) | ホーム | サッカー熱、再び>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/324-e1bc70ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる