ま、適当に

思いつきで書くよ

原発作業員のデータ

この前のエントリーに対してめずらしく複数のご意見をいただきました。そのうちの約1名様からのメールがほぼ全てのご意見を網羅しておりましたので、代表してこのメールにお答えします。この方のポジションやメールの内容を具体的にここに公開するのは問題があるので避けますが、それさえ書かなければ公開OKとのことなので(と言っても、このブログの読者なんぞたったの数名なんだけど)、その辺テキトーに想像しながらお読みください。

---------------------------------------------------------------------------------------------
そりゃ話のすり替えだってば。インチキ詐欺師のそんな低レベルのレトリックに引っかかってんじゃねえっつーの!

分母の数字は「日本全国で過去雇用されてきた原発で働く従業員数(累積)」ではない。俺たちゃ別に原発に就職した人々の死亡率が知りたいわけじゃない。被曝したらどうなるか、即ち被曝した人々の中でどの程度の死亡者が出ているのかを知りたいのだ。よって、その累積従業員の中からろくすっぽ被曝していない人(多くの従業員はほとんど被曝していないはず)を除いた「数十ミリシーベルト以上の被曝をしてしまった現場作業員の数(累積)」を分母にとり、分子はそのうち何人が被曝死しているかが、被曝の影響を見る正しい方法だ。

まずは分子から。過去どれだけの原発作業員の方々が被曝で亡くなっているのか、ためしにググってみてもらいたい。すぐに認識できるだけで10人は出てくるよ。表に出てきている人だけでこれだけいるんだから、人知れず亡くなっていった方も含めれば現実にはもっといると思う。が、とにかく確認できるだけで最低でも10人はいる。これを押さえておこう。

んじゃ、分母の方はどの程度なんだろうか?

例えば50ミリシーベルトあたりで線を引いたとしようか。その50ミリシーベルト以上の被曝をしてきた現場作業員って過去(&現在)どれだけいると思う?何十人、何百人、何千人?そもそも現場作業員の全部が全部、片っ端からそんなに被曝していると思うかい?もしそうなら原発ってのは平時から現場作業員が簡単に被曝しちゃうような放射線ダダ漏れ施設ってことになっちゃうよねえ。逆に、もしそうでなければこの分母(高線量被曝者数)はとっても小さな数字になるから、50ミリシーベルト以上で被曝死する確率がグンと高くなってしまうでしょ?どちらにしたって電力会社はこのヤバさを表に出せないっちゅーことだよ。それくらいのことは、阿呆のお前だって分かるだろ?

噛み砕いてみようか。

例えば50ミリシーベルトって相当な被曝量だと思うけど、50ミリシーベルト以上被曝しちゃった作業員が過去累積で何百人レベルいるとしよう。そのうち、最低でも10人が亡くなっているわけでしょ?てことは、要するに何十人に一人の確率で死んじゃうってことだよ。こりゃすんげえ死亡率だ。表ざたになることもなく人知れず亡くなられた被害者も入れれば、これが更にもっと酷い確率になる。そんな危険度ってことだ。もしこれが公になったら、国や電力会社はこの事実が表沙汰にならないようにデータを隠蔽しながらこの状況を放置してきたってことで、その極悪非道っぷりを糾弾されてしまう。だから、今更こんなこと言えるはずがない。

「何百人?いや違う、そんなことはない。原発の作業環境はちゃんとコントロールされている。50ミリシーベルト以上の被曝者など、過去からの累積でもせいぜい何十人規模しかいない」なんてことだったらもっとヤバイ。その何十人の中から最低10名が死亡したってことになるからだ。これだと50ミリシーベルトというのは数名に1名が死に至るべらぼうに強い毒性だってことになってしまう。福島第一原発作業員の被曝上限を100⇒250ミリシーベルトに引き上げてしまった国や電力会社が、今さらこんなこと言えるはずもない。

逆に50ミリシーベルト以上の被曝者が何千人規模だったとしようか。すると、死亡率自体は1%を切る何百人に一人というレベルになる。(それでもおいらは高いと思うけどね。)ただ、そもそも「50ミリシーベルト以上の被曝者が何千人規模」ってあんた、どういう規模なん?これじゃあ原発ってやつは平時にも現場作業員をことごとく高い線量の被曝者に仕立て上げてしまう言語道断な被曝者製造施設ってことになっちゃうジャン。・・・・てことで、これまた「原発は安全」などというウソを貫き通してきた国や電力会社が、今さらこんなこと言えるはずがない。

とまあこんな感じで、最低でも10名の死亡者を出しているという現実を前提に考えると、どちらにどう転んでもやつらにとっては都合の悪い、しゃべればしゃべっただけ墓穴を掘る、ダンマリを決め込む以外に方法がないような事態だということがよくわかろう。そう、こいつらは過去からずっと今に至るまで隠蔽を積み重ね、いつしか隠蔽が当たり前になっちゃって罪悪感が完璧に麻痺しちゃっているのだ。

死ぬ確率だけでこれなのだ。もっと言うなら、人への影響って”死ぬ”か”死なないか”だけじゃないよね?本当はその症状にはいろいろあって、”死ぬ”なんてのは端っこの端っこ、最悪の結果をピンポイントに取り上げただけに過ぎないんだから。

実際に被曝した人々の症状ってのは、口先だけの”死にそう”(?)なんてのから、”気持ち悪い”、”万年下痢だ”、”めまいが止まらん”、”すぐに疲れて寝込む”、”薬が手放せない”、”臓器を切除しちゃった”、”後遺症が残った”、”寝たきりじゃ”、”植物状態”、”人工呼吸器がないと生きられない”等々、各者各様の様々な症状が出ていると思う。更に更に言うなら、こうした各種症状のみならず、次世代への影響、生殖毒性、変異原性、遺伝毒性なんちゅうのもある。こうした考えうるリスクを片っ端から測定していけば、”死ぬ確率”の何倍、何十倍もの酷いデータになることは想像に難くない。

繰り返すが大人ですらこれなのだ。子供なんぞ計算するまでもない。イチコロである。その次の孫世代まで含めれば、何かよろしくない事象が相当な確率で発現してしまうように思う。ことここに至って、経済的損失とか社会的パニックとか、そんな俗物的なことを恐れて躊躇している場合ではないのだ。子供だけは絶対に被曝させてはいけない。閾値がないんだから、極論するなら1ミリシーベルトだって許容できるかどうかも分からない。それくらいシビアなものであるはずなのだ。考えうる限りの手を尽くして子供を放射線から守る。それが人の親ってもんだろ?違うか、おい、山添!

そんな中でのこの「食材からの内部被曝だけで100ミリシーベルト」というバカ丸出しの東北大山添基準。こんなデタラメを出してきた本当の理由は東北産の食材流通を止めないためなんじゃないかと推察するが、こんな基準は間違っている。安全性基準で守るべきなのは食材やら流通、経済なんてもんじゃない。断じて違う。守るべきは人の命である。子供、孫、ひ孫と続く日本の将来である。その観点からもこんな基準値、その存在自体が汚らわしい。

「以前と言っていることが違う」とかなんとか、また話をすりかえられないように言っておくが、この基準値に基づく食材、おいらは放射線感受性も低くて老い先も短いクソジジイだから食ってやるよ。(←まだ50前なので本当はそこまで老人ではないと言いたいけど・・・)東北産の食材ばかり食うわけじゃねえしな。大人はまだいい。でも子供はダメだ。繰り返す。子供はダメ。図に乗った山添の「100ミリシーベルトなら子供でも大丈夫」という発言は心底許せない。だいたい、大人だって50ミリシーベルトや80ミリシーベルトで死んでるんだぞ!どこにそんなことを言える根拠があるというのだ?

おいらが断言してやろう。そんなことを言える安全性データは存在しない。放射線による人間の子供の健康被害について統計的に安全などと言いきれるようなデータなんぞ、この世になどありゃしないのだ。次善の策として動物実験データを人に外挿しようとしたって、逆の結果が出るだけだ。なんたって、既にもうおいらが学生時代にそんな動物実験はやっちゃっているからな。即ち、こんな断定的なデタラメ、口が避けても言えるはずがないのである。

だから言っている。こいつは科学者じゃない。菅の傀儡御用学者か、そうでなければただのバカだ。そして、そのやらかしたことの罪深さたるや、一族郎党打ち首獄門レベルである。・・・あんたもさあ、もういい加減、こんなもんが検討に値しないってことくらい直感的に理解できるようになってもらいたい。(超上から目線的発言)

この政府は貴重な原発作業員のデータを紐解いて発表することもしなけりゃ、原発の状況を正確に発表することもしない。子供やその生殖毒性・変異原性に至っては一切何も触れようとすらしない。次世代への影響・・・・この日本の将来にとって一番大切なことをなぜ言わないのだろうか?

その理由は簡単だ。菅や枝野がクソ野郎だからだ。細野が白状してたように、どうせ経済的損失とか社会的パニックを恐れてるんだろ?お前らがそれを恐れるのはお前らの勝手だ。でもな、そんな重要性の優先順位もわきまえられない浅はかな考えしか持てないお前らなんぞに国家レベルで情報操作されたら、国民の方がたまったもんじゃねえんだよ。お前らはそんな器量の人間じゃねえだろ。便所コウロギ以下だろ。お前らなんぞに次世代、次々世代の命や健康を託す気なんぞこっちにゃサラサラねえんだから、もうホント、とっとと辞めてくれませんかね。

・・・・なんか、書けば書くほどむかついてきて不毛なのでもう止めておくけど、とにかく、こんなクソ野郎どものいうことなんぞ一言だって信じちゃいけないのだ。そうは思わんか?

とまあ、こんなもんでいいかね?

スポンサーサイト
  1. 2011/08/06(土) 23:36:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<64ビットマシン | ホーム | ナオキが>>

コメント

原発ジプシー

「原発ジプシー」を思い出した。オレが読んだのはいつだったか忘れたくらい昔だ。、この本、廃刊になってたみたいだけど、今年復刊されたそうだ。
それにしても、すごいコメントを寄せる読者がいるんだね。面白いね。
  1. 2011/08/07(日) 12:06:31 |
  2. URL |
  3. t182c #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/328-a76b83fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる