ま、適当に

思いつきで書くよ

D800と5D3

ニコンがD800なるカメラを発表しました。フルサイズ3,630万画素だそうです。

いい加減なキャノンならともかく、”画質”というものに対して常に真正面から取り組み続けてきたあのニコンがこんな高画素のカメラを出してきたんですから、そこにはとんでもない技術的ブレークスルーでもあったんかいなという衝撃めいた感覚がおいらを包みこんだわけなんですけど、いろいろな情報に当たってみて、どうもそんなことはないらしいってことが分かりました。そもそもレンズの解像度を上回るような画像が得られるカメラなんぞ技術的に出来るはずもなく、単に高画素のカメラってことみたいです。・・・が、ちょっと考えさせられちゃいました。

サンプル画像を見ると、どれもこれもF2.8クラスのズーム(キャノンで言うならLズームの最高峰みたいなレンズ群)を3段くらい絞って撮ったものばかり。でもって、その画質は真ん中は結構いい感じではあるのですが、周辺はどうしても流れてしまっている。すなわち、画質を追い求めるならこれがギリギリってことです。てことで、絞り開放的な使い方とかしちゃうと高画素の宿命であるなんちゃらフリンジとかが派手に出まくることは間違いないでしょうし、ディテールの引き締まり感まで求めちゃったら、おそらく廉価レンズなんか絞ろうが何しようが全滅かと思います。

ただ、そんな弱点を承知の上で、このカメラを買う人もいるだろうなと思っちゃいました。(弱点を認識できないで買うやつはもっといっぱいいるだろうけど。)

例えばこういう高画素のカメラがキャノンから出たとして、もしおいらがヨンニッパとか持ってたとしたら買うかもしれないでしょ?普通のレンズは5Dに任せときゃいいんだし、ヨンニッパならこんな高画素でもギリギリ解像しそうだし。それに、おいらはサッカー撮ってスライドショーにするのがメインの使用法になっちゃってますからね。言い換えると、どんなショットもトリミングを前提として1,920x1,080という枠組みで鑑賞する目的で撮っているわけでして、トリミング後も等倍じゃなくて縮小かけることがほとんどです。だからね、・・・・ほら、あり得るでしょ?

「じゃあお前、こういうカメラを買うんか?」っていわれたら、「買いません」って答えますけどね。ただまあ、可能性としてはありなんじゃないかと思った次第です。

でもって唐突に5D2の後継機5D3の話題に移るわけなんですけど(これから述べることは、上のD800の話題とは何の関係もありません)、噂は出ているみたいですね。こんなサイト(リンク)がありました。

 ■2,200万画素
 ■AF 61ポイント
 ■6.9コマ/秒、ISO 100-25600(50-51200)
 ■1 Digic 5+ Digic 4
 ■最高画質のハイビジョン映像が撮れるよ

だそうです。

もしこれが本当のことならば、おいらは別に連射速度やらハイビジョン映像の画質改善なんかは必要としていないので、5D2からのAFの進化が大したことなければ5D2を買うかもしれません。ま、もちろん、5D2の値下げ幅がどの程度かにもよりますがね。

んじゃまた。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/12(日) 23:31:04|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<花粉症悪化 | ホーム | マジ、勘弁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/348-daa70b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる