ま、適当に

思いつきで書くよ

7Dの性能

先週末、ゆたろ高校でサッカー部卒業試合ってのが行われたんですが、ここで5Dと7Dとを直接比較できる機会がありました。一部の知り合いのアホウどもが「お前が買おうとしている5D3ってのは、AFの進化とか高感度耐性など、7Dのフルサイズ版と考えて然るべきカメラだ」なんてことを言いやがったりしておりましたので、7DとやらのAFやら高感度やらがどんなものなのか、頭の中だけではなく自分の感覚で理解してみたいような気なっていたところ。まさにちょうどいい機会でした。

と言っても、たかだか半日弱の撮影で全てが理解できるとも思えないので、またもやいつもの誤解まみれの発言になってしまうのかもしれないんですけど、とにかく感じちゃったもんはしょうがないってことで、感じたまんまをここでご報告したいと思います。

まずはAF。昔のカメラと比べて7Dってのは相当進化しているという話を聞いておりましたが、確かにその進化した感じを実感することが出来ました。キスデジなんかよりはずっといい。でも、やはりそのドットピッチが狭すぎるために、ピクセル自体の表現力が下がるのはもちろん、手ブレ・被写体ブレが酷くなることもあるためか、吐き出された絵を見てもフォーカスの切れ味が全くと言っていいほど感じられませんでした。5Dなら高校生のプレーにギリギリ耐えられる1/800秒でも、7Dだとブ~レブレ(つーか、全体が薄ボンヤリした感じ)なんすよ。1/1600秒で撮った写真もあったんですが、それでも5Dの1/800秒に負けてるレベルなんです。

ちなみに、ブレってのは被写体と背景との境界部分だけで確認できるわけではありません。例えば顔面。ブレのない画像なら毛穴まで解像するところが、ブレがあると毛穴のないお肌スベスベの画像になる。なんていうと女性に喜ばれちゃいそうですが、その副作用として階調が単調になりますので、境界が薄ボンヤリして色がベトッとついた塗り絵のような画像になってしまいます。って、これも女性に喜ばれる現象かもしれませんけどね。ま、ともかく、結果として不自然さが際だった感じになってしまうわけです。(これ、7D画像を単独で見ていても気づかないかもしれませんが、同じ被写体を5Dと7Dで撮り比べてみれば一目瞭然です。)

てことで、純粋にAF性能を比較したいならば、この被写体ブレを除いて比較評価すべきなのでしょうが、おいら的には
 ● ランダムに動き回るサッカー選手を、
 ● 1/1000秒くらいのシャッタースピード優先で(感度を上げたくないので、これ以上SSを速くできない)
 ● AIサーボで追いかけながら撮影
したときによりよい画像を得るという前提でこんな比較をしてるんですから、そこからAF性能だけを切り取って評価したところで実態と乖離するだけなのでしておりません。つーか、出来ません。ただ、感じとしては皆様が仰るとおり、AFが相当進化しているってことは認めます。なんたって、キスデジと違って「明らかにフォーカスを外している」と言えるような画像はほとんどありませんでしたからね。

次に高感度耐性。これはすごいです。思ったよりずっとすごい。

5Dで同じ被写体をISO100とISO1600で撮ってみると、明らかな違いが認められます。同じことを7Dでもやってみたんですが、低感度と高感度との差異が明らかに少ないんです。5DでのISO100とISO400との差よりはちょっと大きくてISO800よりは小さい感じですから、ISO100とISO640くらいの差ってところでしょうか。とにかく高感度にしたときの劣化の度合いが少ないんです。これ、結構衝撃でした。

んじゃ、高感度画像は7Dの方が上かというと、もちろんそんなことはない。だって、スタートのISO100の画像が違いすぎますからね。要するに、分かりやすく得点で言うなら、5DのISO100を100点、ISO1600を30点くらいだとすれば、7DのISO100は40点、ISO1600は20点、そんな感じだってことです。確かに高感度”耐性”は高い。高感度方向に持って行っても劣化の度合いは少ない。この点、5Dよりずっと上でしょう。でも、出てくる絵は5Dの方が上です。これも実際の絵を見てみれば誰だってすぐに分かる。明らかなんですよ。

ここをもうちょっと詳しく申しますと、7Dから出てくる高感度画像というのは、一見すると5Dの高感度画像より上かと思ってしまうかもしれません。5Dの方はノイズが多くて大人しいような画像になりますが、7D(JPEG)の方は色乗りもよく、ハキハキした感じがしますしね。でもそれは違うんですよ。これ、5Dの高感度画像にノイズリダクションを掛けて彩度やコントラストを上げたりなんかするとテキメンに分かります。5Dの方がいいじゃん、と。そのついでに、7Dの画像(JPEG)って最初のぱっと見で少しでもよく見せようと、ノイズリダクション+彩度・コントラストアップしたのっぺり画像、ノイズの上から色を塗りたくって派手っぽく見せたような画像、そんな感じに仕上げていることが丸分かりになるんです。”ちょっとだけわざとらしい感じ”とでも言いましょうか。ま、これ、やってみてちょ。5Dの画像をちょいといじくるだけですぐ分かるってば、誰だって。

”機能”ってもんに着眼するとね、いや~もう、この7Dってすばらしいです。載せているセンサーを完璧に間違えちゃってるってだけで、こいつをたとえば800万画素とかのセンサーにすれば、ものすごいカメラに化けると思うんですけどねえ。キャノンはなんでそうしないんだろ?バカだから?そうか、バカなのか。やっぱりね。・・・つーか、結局ユーザーがアホなんでしょうね。画素数を抑えることを求めていないから、メーカーが作ろうともしない。そういうことなんだと思います。

ちなみに、今回の実験(?)に使用させていただいた7Dの所有者もサッカー撮影を生業(?)にしております。最近の彼はおいらも持っている解像度のメチャ高いEF70-200mmF4L IIを7Dに装着し、感度はISO400に固定、露出補正なし、F6.3の絞り優先でJPEG撮影しています。7DだとISO100もISO400もさほど違わないこと、一段以上絞ってなんとか切れを獲得しようとしていること、など、このカメラの性能を何とか引き出そうとしていることがよく分かる設定だと思いました。おいらの趣味とは合わないけど。

でね、7Dでいろいろ試させていただいたときに「晴天時と天候悪化時の画質格差が激しい」と言っておられましたので、

 ● それはSSが落ちて手ブレ・被写体ブレが増えるのが原因。
 ● このレンズは開放からバリバリ使えるし、絞ることによる画質の向上など知れている。絞る意味がない。
 ● それよりブレを抑えた方が効果は大きい。一脚とか使用するといいかも。
 ● また、RAWの露出補正-1EVくらいで撮って後から現像するようにすれば、劣化を感じることなく感度も稼げる。
 ● 稼いだ分をSSに回す。具体的に言うなら、1/2000秒とかのSS優先の方がいいと思う。

とまあ、こんな屁理屈を述べておきました。・・・通じたかどうかは分かりませんが。・・・・本当は「7Dなんて、やめときなはれ」って言うべきなのかもしれませんけどね。

ぶっちゃけおいら、7DなんぞよりもX50の方がいいと思います。いいと思うってのはどういうことかっつーと、たとえこの2機種が同じ価格だったとしてもX50の方を選ぶ。そういうことです。いやこれ、冗談ではありません。ホンマです。だってこの7D、まともにサッカーが撮れないんだもの。1/2000秒以上という高速シャッターを強いられ、それでもなおかつビミョ~にストレスが溜まっていく使えないくせにバカでかい高感度画像を排出し続けるカメラ。そんなのいらないっすよ。この感じ、分かる人には分かるはず!

あ~、あと、こたろの公式戦ですが、過去2年の経験からGW直前の4月末から始まると思ってたんですけど、今年に限って開始は4月8日からとの情報が入りました。もしこれが本当なら大変です。とっとと5D3を買わなければなりません。5Dのときもそうでしたが、発売後1ヶ月で数万円下がったりしましたので、せめて1ヶ月は待ちたいところ。最高値で買うのだけはイヤなんですがねえ。

あとこの前ね、5D2ユーザーに2000万画素超のフルサイズのよさを教えて欲しいって言ったら、「特にない」「5Dほどの感動はない」「よほどいいレンズじゃないと(画質は)凡庸」みたいなことを抜かしやがりました。おまけに「5D3だと、きっとサンヨンはダメだと思う」だそうです。思いっきり出鼻をくじかれた感じ。ますます最高値で買う気がなくなりました。

さてっと・・・・

スポンサーサイト
  1. 2012/03/21(水) 21:34:09|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<またもや5D3の話 | ホーム | 5D3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/353-1797bece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる