ま、適当に

思いつきで書くよ

タムロン「SP 24-70mm F2.8 Di VC USD」(Model A007)

5D3と前後しておいらが買うかもしれないと宣言していたタムロンの標準ズーム24-70mmですが、4月26日に発売だそうです。定価14万円也。各販売店での予約価格も10万円を越えちゃってるようなので、現時点ではちょっと手が出まへん。もう少し安くしてもらえるとうれしいんですけどねえ。

この機種っておいら的には「A09の広角側を広くして超音波モーターをつけた機種」というイメージしかないんですが、多くの世の中の人は違っていて、VC(タムロンの手ぶれ防止機能:キャノンでいうIS)があるってところを評価しているらしいッス。

前にもここに書いたような気がするんですけど、おいらは広角~標準に手ぶれ防止機能をつけてもしょうがねえって思ってます。そりゃたまには使うこともあるだろうけど、そんないつ享受できるか分からないようなメリットよりも、IS機構を入れることによる画質劣化の被害の方がどう考えても大きいから。撮影する全ての写真の画質を劣化させてまでほしがるような機能じゃねえ。そういうことです。・・・ただ、ISがそれだけ求められてるってことなら、おいらの気づかない何かがあるんじゃないか。そう思って価格コムあたりで手ぶれ防止機能をほしがっている人の意見を読んではみたんですけど、どいつもこいつもとにかく闇雲に欲しいっていうばかりで、ガキが訳も分からず騒いでるとしか思えないような発言ばかり。これではセンサーに高画素を期待する阿呆と同じじゃないですか。

広角で手ぶれするようなシャッタースピードだとね、いくらIS利かせたって動いている被写体は被写体ブレが酷くて見られたモンじゃないでしょ。てことは、広角にIS求める合理性って、夕方の風景とか、やや暗めの室内での静止物とか、そういう被写体ばっか高画素カメラで撮ることが趣味って人に限定されるんちゃいまっか?要するに、そういうニーズってマイノリティだってことッスよ。違うの?

普通の人が広角にISがなくてそんなに困ってる?うそつけ!絶対にそんなことないって。普通の人が普通に撮影する分には滅多に困ったりしないでしょ。それに、困るようなレアなケースに遭遇したらしたで、今どきのカメラなら高感度耐性が高いから、感度上げて対応すればいいだけでしょ。それなのにさ、お前ら阿呆が結託してこんな機能を闇雲に求めちゃうから、メーカーがムダを承知で載せちゃうんでしょうが。電池だって無駄に食いそうだし・・・・

「阿呆は高コスト。」

おいらのこの持論がまた証明されてしまった形ですね。この機能を搭載しなけりゃどれだけ安くなったかと思うと、ホント、残念です。ソニー用はVC非搭載らしいですから、いっそのことキャノン用にも非搭載のヤツ、安く作ってくれませんかね。おいら、そっちを買うからさ。

反論ある人、メールください。ちなみに前もって言っとくけど、いくらレアケースを持ち出して力説したところで、それは反論にならないからね。普通のケースでいかにISが必要かを説明出来るモンなら説明して御覧なさい、重箱くん。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/14(土) 20:43:19|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<右ひざボキボキ事件 | ホーム | グダグダ書くよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/361-81c2ca0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる