ま、適当に

思いつきで書くよ

英語が分からない

英語が全然分からなくなってきました。

米国赴任中はもちろんですが、帰国してからもしばらくの間は、例えば外国の方がペラペラしゃべる英語がTVから不意に流れてきたとしても何を言ってるんだかすぐに分かったりしたんですけど、今では意識を集中させて一所懸命聞いても字幕がなきゃ半分もわからないんじゃないなってくらい衰えてます。帰国後10年近くが経過し、いよいよ貯金が底をついちゃった感じですな。(最近、会社でもほとんど使わんしね。)おいらの英語力ってのは、20年近く前に晴天の霹靂的に米国赴任を言い渡されて、掛け値なしに苦労して身につけた(?)ものではあるんで、これをそのまま腐らせちゃって勿体なくないのかと。

会社とか仕事とかいうみみっちい範疇でものを考えるのなら、これをこのまま失ったって別に何てことないんです。仕事ならどこにでも”やりたがり野郎”がいますんでそういう輩にやらせときゃ何とかなりますし、そもそもおいら、人生を面白がる上で仕事なんてホンマにどうでもいいと思っちょりますんで。(仕事なんぞは食えりゃあそれでいいじゃない。)

ただ、プライベートへと軸足を移して考えますとね。せっかく苦労して一度は身につけたこの能力を無為無策のまま捨て去っちゃうのは少し勿体ないかなって感じがするんです。この能力があれば遊びの守備範囲が相当広がって、老後は確実に面白いことができると思いますんでね。例えば、ありふれたところでは格安航空券を使って行き当たりばったりにあっちゃこっちゃホイホイ出かけてみたりとか、ディープなところでは・・・・・って、こんなヤバいことここに書くのはやめとこ。

というわけで、英語に関して何か手を打とうと思い立ちました。今後、英語圏の人との日常会話がなんとかできるような方向で己の英語力をブラッシュアップしていこうと思います。かといって、英会話学校とか訳のわからない教材等に金をかければいいというものでもないので、例えば昔入手したいくつかのリスニング音源の中からテキトーなものを引きずり出してきて聞きなおしてみるとか、車の中ではFENを聴くようにするとか、基本的に投資ゼロでやっていこうと思います。

定期的に英語に勤しむのは基本的に夜のウォーキング時間になると思います。なぜなら、外国語なんてもんは基本的に聞くだけじゃダメで、発声しないことには身に付いてこないでしょ?同じ時間をかけたとしても、しゃべくりなしで聞くだけだと、しゃべくり込みの20~30%くらいしか効果がないような感覚が個人的にはありますんでね。同じ時間、同じ苦労をするなら、効果が3倍化も4倍化もする” 発声”のできる夜じゃないとあきまへん。(英語をブツブツしゃべくりながら歩く気味の悪いメタボオヤジがいたとしても、夜なら暗くて顔がよく見えませんから好都合なんス。)

あと、習得したいのはビジネス会話じゃない。日常会話ですからね。別にむずかしい単語や折衝の言い回しなんぞを覚える必要など全然ありません。英語のテストじゃないんですから、すぐに正解を出せなくても何の問題もない。どんなにゆっくりと考えながらしゃべっても、間違って何度言い直したとしても、最終的に相手に伝わればそれでいいんです。英語をブツブツ言うのを1日平均30~40分やったとして、1年も続ければ200時間でしょ。これだけ英語をしゃべくってりゃ、どんな阿呆でもたいていのことはなんとか伝えられるようになるんじゃないスかね?

リスニングだって同じです。継続的に聞いていると、ある日ある時ある瞬間、英語が突然グイグイグイっと入ってくるようになるでしょ。

「なんだ、おいらったらこれまでこんな簡単な英語が聞き取れなかったのか。なんでやろ?」

これってその昔おいら自身が経験したことなので、ウソ偽りはありません。

それに、老後に間に合えばいいんだから、たとえ1年で元に戻らなくたってまったくかまわないわけですよ。「勉強するんだ!」「毎日30~40分は絶対にやるんだ!」とか言ってガツガツ必死で聞き続ける必要なんかない。テキトーに無理なく集中できる範囲で聞いといて、いやになったら止める。そう、集中できない自分に気づいたらそこで止めちゃえばいいんです。そんな感じでゆっくりと10年かけてやっていく。

ま、ぶっちゃけ苦痛に苛まれるのはやり始め、最初の段階でしょう。なんたって、聞き始めたころって何も分からないッスからね。分からないものずっと聞かされて、集中が続くなんて方がおかしいんです。イヤになって当然、飽きて当然なんですね。それがちょっとずつでも少しでも分かるようになってくると、それだけ集中が続くように(つーか、意識をそこに持っていけるように)なってくる。そういうもんでしょ?無理して分からないまんまウンザリしちゃって全部やめちゃうなんてアホ循環だけは回避しなければならない。だから最初が肝心だっつーわけで、イヤになったら止める。決して無理やり聞いたりしない。これが外国語を学ぶ上での最善策、長続きさせるコツだと思ってます。

とは言え、英語の土台の全てを失ってるわけでもないので、さほど心配もしていません。苦痛を感じないで英語を30~40分続けて聞いていられるようになるまで、さほど長い期間を必要としないんじゃないかというような気がしています。要するに、英語ならば1年くらいで何とかなっちゃうんじゃないかっちゅーことですね。

もし早い時期に何とかなっちゃったとしたら、次はスペイン語でもやり始めようかしら。5年くらいかけてノラクラと。そんでもってその次は中国語かな?・・・で、ホントにそうなったらすごいよね。なんたって日本語がペラペラな上に、片言とはいえ英語、スペイン語、中国語を制しちゃうわけですから、こりゃもう掛け値なしに世界制覇したみたいなもんでしょ。

てなわけで、”気が向いたら”という前提つきではありますが、ゆったりと、まったりと、地球上のキーとなる言語の習得に向かっていっちゃおうかな~なんて考えているところです、はい。・・みんな、老後は一緒にいろんなところに遊びに行きましょう。有名観光地ばかりでなく、どんな国にも必ずあるディープなところへも足を延ばして・・・・。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/14(木) 22:58:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりの観戦 | ホーム | EURO 2012>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/371-2a3eeb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる