ま、適当に

思いつきで書くよ

生まれて初めてのCT

この前ここに書きましたが、健康診断の胸部エックス線検査でスリガラス状なんちゃらってことで要精密検査と診断されちゃいましたので、今週初めにCT検査を受けてきました。で、その結果連絡も兼ねた診察が今日あったんですけど、検査の結果は予想通り「異常なし」。やっぱりね、といった感じです。

実は、CTを受ける前の問診で問題とされた胸部エックス線の写真をおいらも見たんですけど、特に異常は認められませんでした。(おいらは「異常症例を数枚含んだ数百枚の胸部エックス線写真を見て診断してみる」という実習訓練を受けたことがありますので、素人よりは見る目をもっちょります。)おいらに説明をしている医師も、

「これを『要精密検査』と判断したのは私ではないので見解が異なるかもしれませんが・・・う~ん・・・・この写真を見る限り特に異常は認められないように思うんですけど・・・・念のためCTを受けてみますか?」

という訳のわからない論旨で判断を丸投げされ、おいらの消極的な反応によってCTを受けることになった次第。

これってね、見ようによっては新手の健診詐欺と言えるんじゃないですかね?

なぜなら、このCT検査は受診者の自己負担ゼロなんですよ。健康診断で要精密検査となった項目にかかる検査は全額健保負担なんです。これを受診者も健診クリニックも知っている。だから、「受ける?」「どうする?」と問われた受診者の方は「タダならやっておくか」となるわけです。

健診クリニックの方はっつーとね。なんたって”クリニック”ですから、患者もさほど多くないのにCTという高額大型機器を抱えちゃっているわけで、元を取るためにこれを何らかの方法でとにかく回転させなければならないというニーズが確実にあるはず・・・・精密検査の患者を増やせば安定的にCTの償却が進むわけでしょ?だからね、裏側では『今年は健診で○○人以上の”要精密検査”を出そう』などという妙な目標があって、おいらはこの”償却枠”に引っかかったんじゃないかと。・・・って、考えすぎですかね?

ま、とにかく、こんな経緯の下で生まれて初めてCT検査なるものを受けたんですけど、この検査ってすぐ終わるんですね。上半身シャツ姿になって移動式マットの上に横たわり、バンザイした格好をして息すって5秒くらい息止めたらそれだけでお終い。あっという間に終わります。ただ、胸部エックス線とは比較にもならんケタ外れな量の放射線被ばくをしますんで、やっぱこんな検査、必要じゃなければ受けるべきではないッスよね。

ま、来年同じことが起こったらおいら、思いっきり拒否しようと思います。だっておいらの胸部エックス線写真、とってもきれいなんだもん。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/28(木) 21:38:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイエットを科学する | ホーム | EURO準決勝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/377-7c9639a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる