ま、適当に

思いつきで書くよ

5D3試写中

貧乏なんぞ今に始まった話ではないので、貧しさに纏わる話題はさておいて、5D3の話をします。

今、取説熟読により機能の理解に励むとともにいろいろと試しているところなんですが、まずこのカメラ、吐き出す画像は思ったよりも解像感がありカッチリしてます。絞りやAF、感度等の設定をいろいろと変えながら中望遠単焦点(85mm)で100枚くらい撮ってみて、そんな感想を得ました。

5Dと比べて高感度耐性は目が回るほど向上していることを実感しましたが、その一方で画質が少しデジタルっぽいと言うか何と言うか、うまく説明できませんが、同じレンズを使って同じ被写体を同じようなタイミングに同じISO100で撮った5Dの画像と比較すると、空気感(つーよりも”湿度感”って言い方がおいら的にはしっくりくるかも)や立体感といった”生々しさ”の点ではやはり5Dの方が上だいうこともしっかりと確認致しました。(←これ、画像を見てみりゃ誰でもわかると思う。)

更に先週末、おいらの撮影の本丸であるサッカーを試写してきました。こたろ高校の卒業生を送る内輪の試合だったんですが、使用したのは手持ちでお手軽に振り回せる遠近両用EF70-200mmF4L IS+1.4xエクステンダーという組み合わせと、買ったばかりのEF35mmF2 IS。これらを5Dと5D3というカメラ2台に付け替えたりしながら撮りました。

この試写ではね、とにかくAFの進化っぷりを見たかったッス。もともと5D3ってのは高感度耐性とAFの2点が進化の二大巨頭だっていうことでしたし、高感度耐性の方は先日の試写で実感出来ちゃいましたからね。今回はもう片方のAFの進化について、味わえるだけ味わっちゃおうっちゅうわけでありまする。

で、この5D3のAFなんですが、とにかくすごいッス。レンズはエクステンダーつけたズームだってのに、ビシッビシッとフォーカスが来てます。SILKYPIXで現像しながら鳥肌を立てていました。5Dのフォーカスって実は甘かったんですね。それを思いっきり実感できました。ま、フルハイビジョンのスライドショーにする場合は画像を縮小しますからその差なんかほとんどわかりゃしませんが、モニターで普通に観察したり印刷したりすればテキメン分かります。これだけの差があることを認識しちゃったもんですからね。もう二度と5Dでサッカーを撮ることはないと思います。

そのカメラ設定なんですけどね、これまで使っていたTv(シャッタースピード優先)を放棄し、TvでもAv(絞り優先)でもないM(マニュアル設定)+ISOオートで臨みました。SSは高校生の動きが概ね止まる1/1000秒、絞りは我が家の両望遠レンズ(サンヨン、シグマ50-500mm)の解像度がグイっとはね上がるF8で固定し、カメラの方でISO感度を適正露出に合わせてもらおうっちゅーわけです。レンズは違いますが、今回の試写でこの設定に何の問題も感じなかったので、今後はこれをサッカー撮影のスタンダードとします。だってこれが最も理にかなっている方法だから。

これを読んでるあんたらも同じ年代だから分かってくれると思うんですけど、”ISOオート”ってのは銀塩で言うなら1枚1枚感度の異なるフィルムを使用するのと同じことなので、フィルム育ちのおいらとしては、TvやAvと違って何だか”禁断の機能”って感じがしないでもありません。
 ●ISO感度というものはシャッタースピードや絞りと違って固定されているのが当たり前。
 ●まとまった量(フィルム1本)を撮らないと変えられない類のもの。
 ●それなのに1枚1枚感度が変わるなんて、そんなことしちゃって本当にいいの?
 ●それに、たとえ変えるとしても、フィルム選びと同じように自分の意思で変えるもの。
 ●これがカメラ任せで変わるなんて言語道断。
こんな固定化された概念がいつの間にやら醸成されていたっちゅーか何と言うか・・・・・ほらね、頭の凝り固まったジジイって結構面倒くさいっしょ?

ってそれはともかく、被写体ブレを抑えるギリギリのシャッタースピード、高画質が得られるギリギリの絞りで、その場の露出に応じたギリギリの低感度・・・・。この撮影条件って画質の観点から画像1枚1枚に時間をかけて追いつめていくのと同じことですからね。90分コンスタントに撮り続けるというスライドショーを前提としたおいらの撮影スタイル的には最善の技術と言えるように思います。あくまでも理屈上は、ですけど。

ただまあ本当は、理論上 8bit-JPEGに戻しても諧調が乱れないという14bit-RAWという特性を当てにして、露出を-2/3EV~-1EVに補正。現像時に+2/3EV~+1EV引きもどすことにより撮影時の低感度を更にがめつく稼ぎたいところなんです。でも残念ながら5D3にはその機能がないし(M+ISOオートで露出補正が出来ない)、カメラの判断による適正露出(±0EV)で撮る以外にありません。1DXはファームアップでこれができるようになったようですから、5D3の方も是非対応してもらいたいところッス。

んじゃ、長々とわけ分からんことを書き散らかしましたが、このカメラったら相当面白いので、また撮ってきます。

スポンサーサイト
  1. 2014/03/14(金) 20:41:59|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<EF35mmF2 IS USM | ホーム | ようやく復帰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/461-2bb284ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる