ま、適当に

思いつきで書くよ

湘南ベルマーレ

サッカーのカテゴリーだというのに写真の話題ばかりが続きましたので、ここらで一つ、純粋なサッカーの話題を取り上げようと思います。

神奈川県にはJリーグに属するチームが4つあります。J1の横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、そしてJ2の横浜FCに湘南ベルマーレの4チームです。この中で、私のご贔屓チームはもちろん横浜F・マリノス。ただ、湘南ベルマーレに対しても一種独特の感覚を持っています。

Jリーグが発足した翌年にあたる1994年、ベルマーレ平塚(湘南ベルマーレの前身)はJリーグに昇格いたしました。その本拠地である平塚総合競技場は私の会社から車で30分かからないようなところにあることもあって、水曜日開催の日には何度か観戦に行ったもんです(当時のJリーグは水曜日の試合が当たり前のように組まれておりました)。このチームには元ブラジル代表ベッチーニョをはじめとして、エジソン、野口、公文、田坂、岩本、名良橋、名塚、小島などなど、個性のある選手がこれでもかってくらい揃っておりました。これを率いるのは小前田監督。この名将の下、DFである岩本や奈良橋が「得点王を狙います」などと平気で公言してしまうような破天荒のサッカーをみせてくれておりました。翌年の1995年には中田英寿も加入。このとき、ベルマーレの前途は洋洋に見えました。その後私は渡米し、そのまま米国で生活。2003年になってようやく帰国したのですが、その間、ベルマーレは無残な歴史を残していたのです。

まず、親会社のフジタが撤退。これが主力選手の大量解雇へとつながり、そのままなす術もなくJ2に陥落したそうです。これ以降、このチームが一度もJ1に上ったことがないのは皆様ご承知の通りですが、これほどの無惨な状況を生み出した背景には、平塚市民の比類のなき鈍感っぷりがあったそうです。なんたってこいつらときたら、危機的な状況にあるベルマーレの支援にろくすっぽ手を貸さなかったそうですから。私はそれを直に確認したわけではありませんが、未だにあのJリーグ一貧相と思える平塚総合競技場の設備を見れば、その話が真実であるということが容易に想像できます。

平塚に一度行ってみれば誰でも分かるかと思いますが、市内の雰囲気はとにかく”どよ~ん”としています。何の覇気も感じられない片田舎の集落。そんな感じです。七夕祭りという古臭い祭りが唯一の観光資源というお寒い土地柄でありながら、自ら何かをするでもない。自分の生活が悪くなるのは、いつだって「政治が悪い」から。そのくせ河野洋平・河野太郎の地元で自民党べったりを続けているんですから、もう訳が分かりません。ベルマーレ平塚のような強豪チームが”オラが街”にあるんだから、それを元に盛り上がればいいのにそれすらしない。それどころか、あれだけのチームを崩壊寸前にまで追い込んでおいて、一片の罪悪感も感じていない。こういう自力では何もできない親方日の丸思想にどっぷりとつかった田舎モン連中ってのは私の毛嫌いするところであります。こういう土地の空気を吸うのもなんだか汚らわしいので、毎日車通勤で平塚を通過しなければならない身ではありますが、平塚市内を通過する際には空気を車内循環にした上でなるべく息をしないようにしているくらいです。

さて、J2陥落後のベルマーレ平塚は湘南ベルマーレと改称し、これに併せてホームタウンを周辺市町村へと拡大しました。具体的には藤沢市、茅ヶ崎市、厚木市、伊勢原市、小田原市、秦野市、寒川町、大磯町、二宮町が加わったのですが、これによってせっかく都会の香りのする大都市までが一部加わってきたのですから、いっそのことホームスタジアムを藤沢市か茅ヶ崎市あたりの競技場に移して、愚鈍でくるくるパ~の平塚市をホームタウンから外しちゃえばよかったのに、と思うのは私だけでしょうか。

神奈川県西部に行ってみれば分かりますが、平塚って周辺からメチャクチャ嫌われてるんですよ。閑静な別荘地である大磯とかサザンビーチを抱えている茅ヶ崎とか、周辺の有名市町村を合併して政令都市化しようという動きが持ち上がるたびに、無神経な平塚がしゃしゃり出てきてはぶっつぶれている。あんなしょうもない泥臭くて大局観のかけらも持ち合わせていない都市と合併することなど、誰も望まないからです。そのくせ、自分がどうしようもない存在であるという自覚もない。まさに言語道断なんです。(以上、近隣住民談)

もしこれが本当なら、湘南ベルマーレさん、何らかの形で平塚なんぞ捨てちゃってください。そうしなければいずれあなたはダメになっちゃいますよ。そのうちJ2とJFLの入れ替え戦なんかも始まることでしょう。そのときJFLに陥落してもいいんですか?更に連続で神奈川県リーグへと陥落しちゃったりしても構わないのでしょうか。・・・・あなたが平塚を本拠地とし続ける限り、こういう悲劇は避けることができないでしょう。別に現時点でのホームだからって平塚なんぞに義理立てする必要なんかありませんよ。本当の危機のとき、あの市は特に何にもしてくれなかったんですから。単なるクソわがままさが発端のヴェルディの本拠地移転とは全然違って、ベルマーレの移転は誰もが納得してくれると思いますよ。

さあ、疫病神の平塚を捨て、名門復活です。そのとき、私はまたあらためて応援に行かせていただきます。そして、J1に復帰したら、今度は横浜F・マリノスとの激突。往年の日産対フジタという黄金カード復活です。そのとき、私はもちろんF・マリノスを応援しますが、ベルマーレにもがんばっていただきたい。正々堂々とやりましょう。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/12(火) 21:06:29|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デジタルフォトフレーム | ホーム | オーケストラ・ダスビダーニャ 第15回定期演奏会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/47-4282de70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる