ま、適当に

思いつきで書くよ

5D3とサンヨン

5D3を購入して以降、サッカーと言えばシグマAPO50-500mmばかりを持ち出して、サンヨンで撮る機会が全くありませんでした。50-500mmの半分の重さしかないサンヨンは、その機動性を生かして一脚を利用することが難しい会場での撮影や天候が芳しくないようなときに手持ち撮影用として持ち出すつもりでおりましたが、先日、ようやくその機会がやって参りましたので使用してきました。

で、この撮影により貴重な知見が得られましたので、その結論から先に申し上げます。

「スライドショーに仕上げて鑑賞する限りにおいては、50-500mmで撮った300mm(近辺)F9の画像は、サンヨン画質ピークのF8画像とほとんど差はない。よって、画角のフレキシビリティを鑑みると、可能な限り50-500mmで撮るべきである。」

要するに、スライドショー目的で撮るおいらの撮影スタイルにおいて、サンヨンの存在意義が地に落ちたってことです。これは裏返すと50-500mmのF9がそれくらいいいということに他ならず、ある意味喜ばしいことではあるのですが、これまでサンヨンにさんざんお世話になったおいらとしてはなんだかめっちゃ寂しいッス。

このサンヨンには単焦点として絞り開放F4画像を撮るという50-500mmでは絶対に不可能な使い方もあるにはあるのですが、これまで何度も触れてきました通り、その開放画像って相当ヘボいですし、利用意義を見出していた「一脚を利用することが難しい会場」なんてものも現実的にはほとんど存在しないので、今後サッカー撮影にサンヨンを持ち出すのは雨天限定ってことになりそうッス。撮影機会を望遠単焦点に取り戻すつもりならサンヨンじゃだめで、ヨンニッパしかないってことですね。(買わんけど)

それにしてもこの50-500mmって改めてすごいと思いました。強引な言い方をするなら、「F9で撮るならL単並み」ってことですからね。絞らなければならないという点で撮影条件がメッチャ狭くなりますが、サンヨンをお蔵入りさせるその能力は特筆すべきものがあります。

で、そのサンヨンなんですが、”スライドショー”で使い道がないとなると、普通の”写真”撮影で使用する以外にありません。今さら”写真”を撮るなんて、そのような撮影を今簡単にイメージすることができないでおりますが、ぶっちゃけどうしたもんでしょうか。(←カメラおやじとしては、なんだかとてつもなく妙な発言ですが。)

しょうがねえから、全選手が満遍なく登場する練習試合に出かけてって一人一人寄った”写真”を撮り溜めていくとか、あるいは、5Dとの組み合わせで思い切っておかんに持たせて、おいらがスライドショー用に50-500mmで撮影している横で”写真”を撮らせる、なんてのもありかもしれません。

あっ、そう言えばこれまでの記述でちぐはぐな感じを醸(かも)し出しちゃってるかもしれないので補足しておきますが、写真として一枚一枚を鑑賞する限りは、50-500mmF9画像よりサンヨンF8画像の方が上です。同等としたのはあくまでも「スライドショーをフルハイビジョンモニター上で鑑賞した場合」という前提つきの話で、当たり前のこととは存じますが、写真としての等倍でのディテールとか、画像全体のすっきり感などではサンヨンの方が明らかに優れておりますので、そこんとこ、誤解なきよう。

あ~、あと一点、サンヨンのAFの遅さを実感してしまいました。これは「被写体にフォーカスが合うまでに時間がかかる」という意味じゃなくて、「親指でAFボタンを押してからAFが発動するまでに時間がかかる」という意味です。「AFボタンを押してからAFが作動するまでの間にタイムラグがある」ってことッス。ただ、それも毎回そうだというわけでもなく、100回AFボタンを押したうちの30~40回で実感できるくらいの感じなので、イマイチ訳が分かりません。

とはいえ、これが起こると反射的に親指の先が白くなるくらいグイッとAFボタンを強く押し直しちゃいますので、長時間撮影しているとどうしても指先が痛くなる。強く押そうが普通に押そうが結果は同じなんてことは理屈の上では重々承知しているのですが、どうしても反射的に押しこんじゃうもんですからね。(←バカなの?)こんなこと繰り返してると、いずれ親指の先ばかりでなくボタン自体がバカになることだって危惧されますので、これ、なんとか慣れようと思います。

てことで、安いの見つけたとかでサンヨンの中古を買おうなどという寝言を言ってたあんた、動きものを撮るんだったらもうちょっと設計の新しいレンズにしておいた方がいいと思うよ。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/24(火) 22:02:31|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<50mm F1.4 DG HSM Art | ホーム | STAP細胞>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/488-be239deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる