ま、適当に

思いつきで書くよ

リアルタイム空間線量率

前にも少しご紹介したかもしれませんが、文部科学省のサイトで全国の空間線量率が公表、毎日更新されています。おいらはちょっと前にあったあの美味しんぼ騒動以降、気になってしばらくこれを見続けてきたんですけどね。その間毎日愕然とさせられるとともに、ある種の絶望感に打ちのめされています。なぜなら、福島市をはじめとする福島県のほぼ全域で、空間線量が総じて0.1マイクロシーベルト/時間を越えているからです。

この0.1マイクロシーベルト/時間(≒1ミリシーベルト/年)ってのは、震災後においらもこのブログで触れておりますが、東大大学院の放射線安全学教授の提唱された安全基準値ッス。それも、あの教授が分かりやすい言葉で「自分の孫をこれ以上の線量の下で生活させるなんて絶対にいやだ!」といみじくもおっしゃられていた通り、これって放射線感受性の年齢格差をも考慮したまさに子供のための基準値なんですが、こんなところに基準を置いちゃうとやるべき対応があまりに法外なものになっちゃうからって、子供を切り捨てて年寄りの鈍い感受性をベースとした20ミリシーベルトにすり替えることに躍起になっていたクソ枝野によってもみ消されてしまったという幻の基準値でもあります。(詳しくは2011年の震災後立て続けに書いたエントリーをご覧ください。)

話を戻します。

文部科学省が公表している測定値は一見して分かる通り、それぞれ幼稚園、保育園、小学校、公園といった子供が生活する場所をメインに測定されております。そうは言っても、クソ枝野のクソ方針を受けて同じ施設の中でも線量がなるべく出ないようなところにわざと線量計が設置されているんじゃないかと邪推したりもしますが、それでも尚、そのほとんどが0.1マイクロを越えているなんちゅー事実の前には、もはやどんな言い訳も通用しないでしょう。

他の施設よりも草木がより多く存在している公園のような場所では、0.1マイクロよりもずっと高い値になる傾向があり、0.5マイクロくらいあるような公園まであります。これ、おいらが普段から言っているように、自然環境に富んだ生活圏から完全に除染なんてできっこないってことっす。

放射線被ばくによる疾患や異常の発現率ってのは、どんなに少なく見積もっても線量増加の2乗以上のペースで跳ね上がるようですから、例えばここ横浜の線量が平均でざっと0.03マイクロくらい、福島がざっと見て0.12~0.15マイクロくらいですから、線量は4~5倍、てことは身体的異常の発現率は最低でも横浜の20倍内外あるはずです。疾患・異常の種類によっては3乗説、4乗説もあるらしいので、理論的には100倍、1000倍もあり得るってことですね。

おまけにこれ、おいら的には平均的空間線量よりも遥かに危険と考えているホットスポットの生殖器被爆についてのリスクは含まれておりません。それでこれなんですからね。もうこんなの、何をか況(いわん)やです

小さなお子さんをお持ちで正しい知識と正しい判断力を持たれた方の中には、既に彼(か)の地での生活を断念して移住してこられた家族もおります。私の周りにも福島から引っ越してこられた家族が複数おりますが(うち一家族は、転職をも厭わない覚悟の引っ越し)、こういう方々は実際に残る人々の前で「ここでは子供が生活できない」などということは口が裂けても言えないまま、静かに引っ越して来られたようです。確かに、現実問題として経済的に引っ越すことなどできないような方もたくさんいらっしゃるでしょうから、現地にてそんなこと、軽々に発言できるものではないでしょう。

こういうのを何とかするために行政ってものがあるんだと思うんですけど、こいつらったらいったい何をしているんでしょうか。

プルサーマルの受け入れを反対する前任者を追い落とす陰謀まで働くくらいの強烈な原発推進者で、その利権を一族をあげて吸い尽くしてきた典型的なド田舎の利益誘導政治屋クソ野郎だったくせしやがって、事故が起こった途端に自分は関係ありません的に被害者面を前面に押し出して、厚顔にも一方的に被害を受けた県民の代表を演じ続けた佐藤雄平みたいな骨の髄まで腐りきっている人間のクズが県知事をやってたくらいですから、そんな行政に期待などできようはずもありませんが、それにしたってこの状況を放置する神経が分かりません。全然分からない。適切に対処するなら法外なことをやらなければならないという現実を前にして健全な感覚が完璧に麻痺しちゃってるんでしょうけど、そんなんで本当にいいと思ってるのでしょうか?

てことで、あんたも是非、文部科学省が発表しているリアルタイム空間線量率を見てみてくださいよ。全国各地の地図とともに各地の線量率の数値が並んでいるだけのページですが、正しい知識さえあれば感じるところがあろうかと存じます。

んじゃ。

(メレ)

スポンサーサイト
  1. 2014/10/16(木) 21:14:34|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっぱ、健康が一番 | ホーム | メガネ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/497-00265aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる