ま、適当に

思いつきで書くよ

3-2.ビーコン

あなたの車にVICS機能を持ったナビが搭載されているならば、ビーコンユニットを装着してください。


<我流解説>

渋滞情報には、ナビのHDD/DVDにあらかじめ保存・記録されている情報、FM多重放送情報(都道府県単位)、そして周辺の渋滞詳細に特化したビーコン情報があります。ナビを購入すると、前二者は購入時にたいがい付いておりますが、後者のビーコンユニットだけはオプションの設定であることがほとんどです。これを導入すると2万円を超える出費となりますので、こりゃたまらんということでつけない方も数多くいらっしゃいます。でも悪いことは言いません。つけた方がいいッス。ビーコンのないナビなど、宝の持ち腐れです。(って、ちょっと大げさ)

これもコストパフォーマンスとか言い出すと判断に迷いますが、もともとナビそのものがコストパフォーマンスの低い(?)ものでしょ?ナビなんかただの地図帳&ラジカセのくせに(卑下しすぎ?)、その価格たるやなんと30万円!?なんじゃその価格設定は!まともに考えるとそう言いたくなる程高額です。が、実のところは、ナビという代物はコストでは説明できないけど、なんだか必要。なんだか欲しい。ないと困る。そういうものだと思います。ビーコンも然りです。あるとないとでは渋滞対応力に大きな違いが出てきます。上記前二者の提供する渋滞情報など、田舎の県庁所在地でもない限りはまるっきり使い物になりません。ビーコンがあって初めて渋滞情報が生きてくる。これは紛れもない事実ですし、これを利用しない手はないでしょう。

あなたは目の前に渋滞が発生していたらどうしますか?みすみす渋滞にはまるタイプですか?それとも抜け道開拓に命を燃やすタイプ?

ビーコンで渋滞情報を拾うと、余裕を持って渋滞考慮の別ルートをナビに探させることができます(渋滞を感知したら、ナビが勝手に抜け道を探してくれます)。また、ナビの指定する抜け道は限られておりますので、渋滞が前もって分かった段階で、行ったことのない脇道を試してみるといった冒険頻度が増えます。ナビが指定していない交差点で突然曲がり、抜け道を求めてさまよい走る。ナビを搭載しているんだから道に迷う心配だけはありません。そうやって試した道の中から、自分だけの抜け道を発見することも一度や二度のことではない。こうした別の楽しみも出てきます。

渋滞を避けようとしたばかりにどんなにドンくさい道を走ってしまったとしても、渋滞より燃費が悪くなることはほとんどありません(ただ、その分余計な距離を走りますので、燃料消費量そのものは増えちゃったりするかもしれませんが・・・(^o^;)・・・・・エコじゃねえじゃん、それ)。大概は渋滞より早く目的地に着きますし、確実に燃費は向上します。そんなあなたの冒険心に火をつける間接的燃費向上アイテム、ビーコンユニット。渋滞に突っ込んでいく頻度の高い都会の方には特にお勧めです。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/15(金) 21:29:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<古典派 | ホーム | デジタルフォトフレーム追記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/50-9aa7ddd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる