ま、適当に

思いつきで書くよ

未だに除染論議かよ

あのさあ、放射線源がセシウム主体だとしたら、そんな簡単に線量は減少しないんだってば。たとえ原発からの放射性物質の放出が完全に抑えられてたとしても(←本当は未だに駄々漏れしてるようだが)、30年でようやく半分に減るだけなんだってば。

あと、”除染”か。これについては以前書いたのをコピペするよ。

「福島の山という山全てに満遍なく小麦粉を撒き散らして、それらが雨で地中に溶け込んじゃった状態を想像してみるがいいさ。この溶けちゃった小麦粉を取り除けって言われたら、あんたどうする?福島全県下の草木生い茂るべらぼうな面積の山肌からいったいどうやって・・・・・いくら口先だけで”除小麦粉”なんて言ってみたところで、そんなこと現実にはできっこないでしょ?いや、福島県なんて大それたことは言わない。自分の町内だけ考えても無理だよね、そんなの。」

これで分からんか?んじゃ、あんた自身の生活環境に置き換えて少し補足しようか。

あんたの家の周りに小麦粉をまいてごらん。そしてそこに水をぶっかけたり、雨が降るまで放っておいたりして、小麦粉がその環境に十分に染み込むのを待ってから、これを取り除く”除小麦粉”って作業をやってごらん。エアコン室外機の中やその回り、物置の下回りの隙間、壁と地面の境界、あの白い砂利の下、点在する鉢植え、地面に露出している木の根の間、庭のはずれに置きっぱなしの自転車・三輪車に子供のおもちゃ、壁面や石ころ等々にへばりついたりなんかして、最早どこに溜まっているか、どこにあるのかも十分に認識できない小麦粉を、ことごとくきれいに取り除いてごらん。やれるもんならやってごらん。

次に、家のすぐ近くの手入れの行き届いていない竹まで生えてるあの小山と、駅に行く途中にいくつか点在しているあの未使用の空き地で同じことをやってごらん。

あと、あんたの通勤経路の電車の線路にことごとくぶわ~っと小麦粉をまいて、何日か雨が降った後にあの砕石の隙間やらその下に染み込んだ小麦粉をきれいさっぱり取り除いてごらん。

続いて、あんたの通っている役所でも同じことをやってごらん。奥さんの通っている会社でもやってごらん。あんたの出た幼稚園、小学校、中学校、高校、大学でもやってごらん。ここは読み飛ばしちゃダメだよ。一つ一つ、幼稚園のジャングルジムとか小学校の校庭に埋め込んであるタイヤの内側とか、砂場とか花壇とか体育館の裏とか、その環境を丁寧に生々しく思い起こしながら、それぞれの施設からの”除小麦粉”をちゃんとイメージしていくんだよ。

更に、いずれにおいてもね、小麦粉を少しでも残しちゃダメだよ。子供がそこに行っちゃうかもしれないからね。そこでしゃがんじゃうかもしれないからね。そこでコケちゃうかもしれないからね。小麦粉ホットスポットを一つでも残しちゃダメなんだ。綺麗に取りきってみせてね。

ついでにさあ、想像の規模をもっともっと拡大していって、同じ行為を大きな公園でやってみてごらん。例えば代々木公園とか日比谷公園でどうだろ?地元に近い舞岡公園とか新林公園でもいいぞ。ヘリを飛ばして上空から小麦粉をまきちらしてさ。雨降ってそれが十分に染み込んだところで、全部きれいさっぱり取り除くんだよ。さあ、やれるもんならやってごらん。

視点を変えて、高尾山の登山道なんかはどうだい?鎌倉の山でも奥多摩とかでもいいや。子供がコケてどこに尻もちをついても平気なように、ホットスポットは一つ残らず全部取り除いておくれよ。

更に更に、海岸なんかはどうだろ。まずは砂浜。神奈川だけ考えてもとんでもねえ砂の量だろうけど、どうだい?できそうかい?・・・・って、事例はもうこの辺でいいよね。

もちろん、線量が30年でやっと半分になるような放射性小麦粉なんだからさ、物理的にただ”除小麦粉”してもそれだけじゃダメだぞ。そこで出てきた大量の汚染土、汚染水をどう扱うのか、誰もその小麦粉汚染土や汚染水には二度と金輪際触れないよう見事に処理しきる方法、具体的にどこにどうやって捨てるのか、ちゃーんとシミュレーションしといてね。

・・・・・って、もういいかな。未だに除染などというものに真面目に期待してる人って、よほど現実感、想像力がないんだと思うよ。それをベースとした議論なんていくらやっても不毛だと思うんだけど、そんな現実味のないところに話を合わせなきゃならない理由って何なの?

んじゃ。

(メレ)

スポンサーサイト
  1. 2014/10/24(金) 21:09:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<50mmF1.4 Art続報 | ホーム | うちわって・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/501-37f64576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる