ま、適当に

思いつきで書くよ

川崎フロンターレ

これまで神奈川のJリーグ3チームについて触れてまいりましたので、残りの1チーム、川崎フロンターレにもコメントしてみます。

フロンターレの本拠地は”等々力競技場”です。以前はヴェルディとかいう浮世離れしたでたらめチームがここを本拠としておりましたが、既に皆様ご承知の通り、一時の浮かれムードに乗ったこの阿呆チームが阿呆であるが故に東京がどうだとか抜かし始め、あろうことか本拠地である川崎を捨て(←この一事を持ってしても、この阿呆チームにサッカーというものが分かっていないということが分かる)、東京(と言っても稲城市ですが)の味の素スタジアムに本拠地を移したはいいものの、軽薄短小を絵に描いたようなゴキブリサポどもに見放されたのを機に、味スタでは味スタでFC東京に弾き飛ばされそうになっているという八方塞状態で、まさに「ざまあ見ろ!」って感じなのですが、それはまあともかくとして、フロンターレの本拠地は等々力なんです。(なんのこっちゃ)

過去3年間、私はこの等々力に10回以上通っています。そのうち、横浜F・マリノスと対戦した試合はたったの1試合で、それ以外の試合は全てタダ券を仕入れてはホーム側に陣取り、フロンターレの応援をするようになっておりました(心の中でだけど)。三ツ沢に行きまくって逆に嫌いになった横浜FCなんぞとは異なり、フロンターレの方は等々力に行くたびにこのチームを応援する気持ちが増幅していったからです。その要因は二つ。ひとつは「関塚監督」、もう一つは「サポーター」です。

このチーム、J1に昇格したあともJ2にいたころとほとんど同じメンバーで戦い続けたにもかかわらず、今ではJのトップチームの一つに数えられるまでに成長を遂げました。他チームの主力選手を引っこ抜くしか能のないどこかの真っ赤な山芋チームなんぞとは異なり、自前で選手を育てながら一流の結果を残す。その名采配をふるってきたのが関塚監督でして、ジュニーニョというとんでもない選手がいることも幸いしておりますが、マリノスが契約しなかった谷口の才能を見抜き、生え抜きである中村憲剛を代表不動のボランチにまで仕上げ、川島にはシーズンを通じて自分の殻がバリバリと破けるような怒涛の成長を遂げさせるなど、選手たちがそのときの精一杯の実力を発揮しながら生き生きとピッチを飛び回るチームであり続けているのは、この監督の力量以外の何ものでもないと考えています。その成長過程を私はタイミング良くこの目で見てきちゃったわけでして、一度こういう”人”並びに”組織”の成長する様を目の当たりにしてしまうと、なかなかそこから目が離せなくなるってのは人情というものでしょう。

サポーターの応援もまた、私の好みでありました。同じく何度も通ったということでまた横浜FCを比較対照に取り上げますけど、何事も人のせいにするしか能のない落ちこぼれ学生がひねくれて憂さ晴らししているかような疎外感大爆発という感のある拗ねたガナリ声を上げるだけの横浜FCサポなんぞとは全然違って、フロンターレサポにはなんかこう周りを引き込む一体感をかもし出している独特の雰囲気があります。子供たちと見に行くとその差は歴然で、排他的臭いがプンプンする横浜FCのサポには近づきもしない子供たちが、フロンターレサポには自ら積極的に入っていって一緒になってピョンピョン飛び跳ねながら応援するのです。あのサポーターたちの応援には、子供たちを自然とそうさせる何かがあるのだと思います。

こんな調子なんで、私は勝手にフロンターレをよきライバルだと思っています。
バカ丸出しのヴェルディなんかはもう既にライバルでも何でもありませんし、マリーシア系のウンコラやズビロは「勝手にピッチを転がってれば?」、山芋に至っては「ヴェルディに代わって阿呆新聞の参加に入ったらどう?」って感じですからね。

同じ神奈川県のチームとして、よきライバルとして、真っ当かつ真摯にサッカーと向き合っていきましょう。ここに平塚と手を切ったベルマーレが加わればもう鬼に金棒です。歴史を振り返ってみれば、江戸時代末期、サッカーは横浜の港に初めて上陸し、日本国内へと伝わっていったのです。(神戸という説もありますが、神戸の方は外国人のみで行われていました。)

「しずおか?さいたま?なんだそれ。サッカーの本拠地は今も昔も神奈川だ!」

名実ともにそう言える日が来ることを信じてますです。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/17(日) 21:58:17|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レンズのサンプル画像 | ホーム | 古典派>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/52-d609f514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる