ま、適当に

思いつきで書くよ

花粉、先月から来てるよ

花粉症はもちろん発症している。正月からね。こんなの毎年のことで、いちいち書くのも面倒なので触れなかっただけ。

今月既に38度を越える発熱と目まい症状で計2日休んでる。TVなどでは「花粉はまだ飛んでない」と言っている時期にもうこれだ。クリニックに行くと、数はとっても少ないが超微量の花粉に超過敏に反応してしまう超絶アレルギーに悩まされる同士がいる。花粉症が流行る1ヵ月以上前から、花粉は確実に飛び始めているのであ~る。

アレルギー患者が常時アレルゲンにさらされているのだから、ホントこれ、どうにもならない。何ヵ月もの間、ず~~~~~~~~~~~~~~~~~っと決して37度を下回ることのない継続的な発熱、目まい、片頭痛が続き、ピークにはこれに重篤な喘息症状が加わるのだ。毎年のことだが、3月、4月はそれぞれ最低でも数日は休まなきゃならん羽目になると思う。この辛さ、喘息で呼吸困難になったことのないような軽症の人には決して分かるまい。目がかゆいだの、鼻水が出るだの、そんな症状で済んでいる人は本当に幸せだ。

これはアレルギーなんだから、アレルゲンを排除する以外に治しようがない。花粉症のために、日本はどれだけの経済的損失を被っているのだろう。花粉症治療(対症療法だが)のための国民医療費への圧迫も半端ないレベルになっているというのに、なぜ行政は何の対策も打たないのであろうか。

人の免疫系を自在にコントロールすることが不可能である以上、アレルギー症状が出ない究極の方法はアレルゲンの排除しかない。花粉症の原因となる杉やらヒノキやらを根こそぎ排除する。それしかないのだ。人の手で植えてきたものだ。人の手で切っていけばよろしい。今後永遠に続くであろう花粉症による経済損失を鑑みれば、木を切るくらい、十分にペイする一大プロジェクトになるはずだ。

戦後いい気になって植林してみたものの、今となっては木材として使われる目途が全く立たなくなっちゃって全国で不良資産と化しまくっている杉ってやつを、この際とっとと見切って片っ端から切り倒そうじゃないか。切りっぱなしでまさかはげ山にするわけにもいかないだろうから、根が浅くて保水力のない杉から根付きのいい別の木を植えて、山の保水力も昔ながらに高めたりしてね。これで土石流被害も減るのでは?トータルで見て、これってすごく国益になると思うんだけどどうだろ?

毎年毎年、年度末になると無駄に道路工事をあちこちでやってるけど、そんな無駄な工事を雇用の安定にも結びつかない一時期に集中してやるくらいなら、いっそのことその労働力を公共事業「林業」に振り向け、コンスタントに杉を切り続けてもらえばいいじゃん。その方が雇用も安定して一石二鳥だろ。

「戦後の植林事業は失敗だった。国益を損なっている現状を鑑み、この際思い切って使い道のない杉をドンドン切り出し、代わりに○○を植林していく。」

そう公約してくれる政治家が出てくれないだろうか。おいらったらその候補者をそれだけで積極的に応援しちゃうけど。

んじゃ。

(メレ)

スポンサーサイト
  1. 2015/02/20(金) 21:02:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ココアルの基本料半額が始まったよ | ホーム | フジフォトアルバム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/520-0c8e26a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる