ま、適当に

思いつきで書くよ

EOS 5Ds

5,060万画素だって?・・・・すごいね。とんでもねえドットピッチの狭さだけど、昔と違って問答無用で切り捨てるみたいな一刀両断的な否定はしないよ。撮影条件を絞ったり特定の機材やソフトを使用したりすれば、可能性は十分あるような気がするから。

●DPPでレンズ補正できる純正単焦点Lレンズを使って
●SSの下限を1/(焦点距離×5)秒くらいにして
●必ず2~3段は絞った状態で
●三脚か一脚を常用レベルで使用しながら
●極力止まった被写体を撮影することを心がけ
●動く被写体については、動く方向や速度が一定なら行けるかもしれないが
●ランダムに動く被写体、例えばサッカーなんかは相当難しいことを覚悟して
●現像時にはDPPを用いて、高画素化でデフォルメされた色収差を徹底除去

こんな感じを貫けば、今まで見たこともないようなとんでもねえ画像が撮れる優れモノのカメラってことになるのかもしれない。ただこれ、相当厳しく狭苦しい撮影条件だけどね。この条件にうまく寄り添い、このカメラのメリットを活かしきった使い方が出来るのは、まあどうしたってプロかハイアマってことになっちゃうと思うのよね。そうじゃない人たちが使うと、手ブレ・被写体ブレだらけのやたら重たい画像量産機に終わると思う。

おいらはっつーと・・・・・いらねえなあ。今の5D3ですら、ちょっと気を抜くとビミョ~~~~な手ブレ・被写体ブレが出るんで面倒くさく感じてるってのにさ。この5Dsを使うとなるとその何倍、何十倍も面倒くさそうだからね。

いや、あの、この機会を借りて言い散らかすけど、5D3の画像ってね、それなりのレンズで撮れば本当に美しいんですよ。ただ、それもブレをおさえきって初めて成立する話なんだけどね。とにかく1/(焦点距離x3)は絶対に確保して(←それでもがっちり構えてないとビミョ~にブレる)、それだけのSSを稼げなければ必ず高感度に振る。これを徹底しないと等倍でシャッキリしないからね。ある条件下での写真、例えばピーカンで撮る集合写真なんかはそのメリットが生きていいんだけど、残念ながら普段使いがちょいと面倒くさいのだ。5D3ですら面倒なんだから、5Dsともなると・・・・高画素機ってホント面倒だよね。

だいたいおいら、標準域のL単なんぞ持ってねえもん。ちょいと乱暴な言い方だが、標準レンズがない=普段使いには使えないってことでしょ。純正だと35mmF2 ISなら持ってるけど、その解像感は5Dと5D3ですらあれだけ違うんだから、5,060万画素の5Dsともなるととても解像する気がしないんだよね~。もしかするとこれ、DPPだと解像するのか?試す気も起らんのだが・・・・フルハイビジョンモニター上で綺麗でも、等倍にした途端にガッカリする。あのいや~な感じはもう、できれば味わいたくないんだよね。

ヨンニッパでも持ってたら少しは考えたのかもしれない。でも、持ってねえしなあ。おいら手持ちのレンズで解像する可能性のあるのは、ぶっちゃけ50mmF1.4 Artくらいなんじゃね?でもこれ、DPPのレンズ補正は効かないから、その分解像しきれないのかもしれないけど・・・・・

となると、例えおいらがこのカメラを所有したところで、ほとんどの場合、結局高画素の弱点ばかりが表に出ちゃって地団太を踏む結果になるだけっしょ。要するに、持ってても無意味ってこと。こんな高画素を必要とする機会だってほとんどないし。(←集合写真くらいしか思いつかない。)つーかね、このカメラを欲しがる人に是非お聞きしたいんだが、こんな高画素数が常用レベルで本当に必要なのかい?何のためなんだい?手ブレ予防で普通のカメラとちゃんと撮り分けるのかい?全部このカメラで撮ったらなんちゃらフリンジ発生率の高い画像だらけでHDDがすぐにいっぱいになっちゃうだけだと思うんだが・・・・・

てことで、そう、おいらにはこういうカメラに対するニーズがほとんどないのでした。5,000万画素という物珍しさから一度撮ってみたいとは思うけど、さすがに40万円以上出して買う気までは起こらないッス。

んじゃ。

(メレ)

スポンサーサイト
  1. 2015/02/25(水) 00:20:09|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真画質レーベルのディスク | ホーム | ココアルの基本料半額が始まったよ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/522-7fb71baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる