ま、適当に

思いつきで書くよ

YouTubeクラシック鑑賞各論

●恥ずかしながら、おいらったらP・ヤルヴィって指揮者のことを比較的最近(数年前に)知ったばかりなんだけど、彼のベートーヴェンってものすごくいいよね。いやそれどころかね、この人はよくいるバロック、古典派しか振れない古楽器バンド指揮者ってわけでもなくて、この人の振るマーラーやショスタコまでもが結構いい。プーチン大統領みたいな顔してるけどさ、中身はプーチンとは全然違ってやることのセンスは抜群だ。オヤジのN・ヤルヴィはおいら的にはイマイチだったけどね。

●モノラルはやはりモノラルだ。一回聴けばそれでもうおなかいっぱい。同じ演奏を立て続けに聴く気にはなれない。即ち、どこの誰が何を振っていようが、ソコソコいい演奏だと思うことはあっても”名演”とまでは思わないってことだ。

●ミュンシュ/パリ管の幻想交響曲はとてつもない。

●ザンデルリンクのブラームス全集は出色だね。ベルリンSOって相当ドイツドイツしてる。つーか、ヌタ~~~っとしてる。最初聴いたときはいきなり辟易としたんだけど、聴けば聴くほどよくなっていく。おいらのブラームスランキングに変化をもたらすことは必至。今ではそれくらいいい。評価が固まるまでもう少し聴きこんでみる。

●アバドのブラームスはそうでもない。そもそもアバドったら没個性の優等生って感じで、おいら的にはなんだかちっとも面白くない。捉えどころがないので印象にも残らない。

●朝比奈のはブルックナーに加えてベートーヴェンやらブラームスも聴いた。が、とにかくオケがヘタっぴなので感動するには至らない。総じて押すところはソコソコだが引き際がダメ。引くところこそ最高レベルの緊張感が必要だってのに、少し気がぬけちゃってる。テンポ的にはゆっくりだが、今演奏しているその音を大切にしていないっつーか、気持ちが次に行き急いじゃってて心ここにあらずって感じ。サビばかり気にしてる二流の演歌歌手のよう。(←こんな書き方で分かるか?)
・・・とはいえ、感動の予感はあった。彼のブルックナーが世で評価されているのも肯ける。特に5番8番などはオケさえよければ恐らく死ぬほど感動していたかもしれない。・・・もうどうしようもないけど。

●朝比奈のシカゴ響のライブも「ふ~ん」で終了。ブルックナーとCSOが相いれないだけなのかもしれないけど、オケがただうまいってだけでもダメなんだね。とにかくブルックナーは泥臭くないと。これがドイツのオケだったらなあ、・・・・これまた、もうどうしようもないけど。

●朝比奈ではマーラー2番だけはべらぼうによかった。同曲で映像としてYouTubeにアップされている他の「復活」(小沢、ブーレーズ、ラトル、ゲルギエフ)もチェックしたが、おいら的には朝比奈のが飛びぬけていい。もちろんオケはダントツに下手だよ。テンションが保てなくて、途中、中だるみもしてるよ。画質も録音も出来損ないだし、合唱なんか大阪のおばちゃんが歌っとる・・・・・でもね・・・・最後は不覚にも涙した。何も言うことはない。すばらしかった。・・・ちなみにおいら、もう二度とこの映像を再生しない。つーか、聴きたくない。二度目はたぶん粗ばかりに気をとられちゃって、せっかくのあの感動が失せちゃうような気がするから。

●ヴァント/ベルリンPOのブルックナーは総じていいように思う。世間の評価とは逆になるのかもしれないけど、おいら的には他のオケの盤よりしっくりくる。

●テンシュテットのマーラーライブはいいです。とってもいいです。ものすごくいいです。

●ゲルギエフのショスタコは結構いいって感じ。優れているとは思うが決定版ってほどではない。が、チャイコフスキーの5番はよかった。突き抜け感あり。

●ムラヴィンスキーのショスタコは、以前では考えられないような録音のいいやつが出てる。そこにはとっても感激。音楽としてはゲルギエフ同様、優れモノだが突き抜けちゃいない。特に映像を見ちゃうとダメ。この人の指揮っぷり見てるとテンションが駄々落ちする。

●小沢征爾のドキュメンタリー的なやつを何本か見た。おいらったら彼の演奏によって心が打ち震えるような感動を得た経験が一度もないんだけど、ま、それはそれとして、偉大な人だという思いが出てきた。やはり単細胞なやつを洗脳するには相応の映像を見せるに限るようだ。

●カラヤンの3本立ても見た。でもカラヤンのファンにはなれなかった。すごいな、とは思うんだけどね。好きとすごいは違うっちゅーこっちゃ。

てな感じなんだが、こういう評価って何年かたつと真逆のものに変わってたりするから面白いよね。そんなこともあるんで、後年面白がるためにも書き残しておいた。次はあんたの番だよ。やってみ。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2015/03/19(木) 22:53:56|
  2. クラシック音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<創玄展 | ホーム | 名曲名盤300>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/533-63d8189e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる