ま、適当に

思いつきで書くよ

ダークドレアムとはぐれの悟り

主人公であるおいら一人が全職業を完全制覇。そして、それ以外の人6名とドランゴがはぐれメタル以外の職業を完全習得した状態。レベルは全員70超。その上で、主人公のおいらを入れた4名のパーティを編成。
 - はぐれメタル★8(はぐメタ)=おいら
 - 盗賊★8+やまびこの帽子(山盗)
 - 盗賊★8+ゲントの杖(+賢者の石)(ゲン盗)
 - 盗賊★8(素盗)

更に、素早さ下位2名に星降る腕輪、素早さ2番目に疾風のリングを装備し、パーティ全体の素早さを出来る限り上げておく。これで楽勝。攻撃方法は次の通り。

はぐメタのおいらが仁王立ち、他の3名は正拳突き。これが鉄板の基本パターン。あとは、下記のケースのとき、基本パターンを外した攻撃を行う。
●戦闘開始最初のターン:はぐメタ仁王立ち、山盗スクルト、ゲン盗バイキルト自分(ゲン盗)、素盗バイキルト自分(素盗)
●戦闘開始二回目のターン:はぐメタ仁王立ち、盗賊の誰かがバイキルト山盗、他2名は正拳突き
●ダークドレアムが凍てつく波動を打ってきた次の2ターン:誰でもいいからアストロン、その他メンバー防御
●その直後の3ターン目:はぐメタ仁王立ち、山盗スカラはぐメタ、ゲン盗と素盗正拳突き
●ダークドレアムがバイキルトを打ってきた次のターン:はぐメタ仁王立ち、盗賊の誰かが凍てつく波動、他2名は正拳突き
●ダークドレアムが凍てつく波動を打ってきた次の2ターン内に(こちらがアストロンしている間に)バイキルトも打ってきた場合、その直後の3ターン目:はぐメタ仁王立ち、山盗スカラはぐメタ、ゲン盗と素盗が凍てつく波動と正拳突きを分担
●はぐメタのHPが70~80減ったところで:はぐメタ仁王立ち、山盗と素盗正拳突き、ゲン盗ゲントの杖はぐメタ
●上記パターンを堅守すれば盗賊の3名がHPを減らすことは絶対にないが、もし操作ミス等で減っちゃったようなことがあれば:はぐメタ仁王立ち、山盗と素盗正拳突き、ゲン盗賢者の石

20ターン以内にダークドレアムを倒しちゃうと強制エンディングに付き合わされるらしいので、20ターン以内に終わらないよう、確実にヒットするやまびこメラゾーマ等の強烈な技は封印。たまに避けられてしまう正拳突きが丁度いい。更に、ゲントの杖とか賢者の石とか使ってのまどろっこしい回復作業もこの意図から。ハッスルダンスではなくこれらのアイテムを使用している理由は、操作上、ハッスルダンスへのコマンド移動が面倒だからってだけ。

これでダークドレアムをやっつけたら40%くらいの確率ではぐれの悟りが入手できるとのことだったが、おいらの実績値は80%以上(12回のトライで10個ゲット)。スマホ版でドロップ率の計算式が変わったのではないだろうか。

戦闘終了後、一回そのフロアから出て(階段を下りて)下の洞窟的な場所で中断セーブ。もしMPが減って辛くなってきても”ねる”で歩きまわって回復。再びダークドレアムに対戦を挑めば、はぐれの悟りが必要個数集まるまでどこかに戻ったりする必要はない。(ただまあ、実際にはMPはそれほど減らないので、寝る必要が生じる前に全てを終えられると思う。)

ちなみに、ダークドレアムから累計で14個のはぐれの悟りを奪えば、あとから仲間になるスライムも含めて全員に行きわたる。でも通勤往復1日半、10個ゲットした時点でアホらしくなってやめた。本格的にアホらしいと思っちゃったんで、これ以上はもうしない。即ち、もうはぐれの悟り目的でダークドレアムと戦うことはない。ただレベルアップ等の全てを終えた最後の最後に一回だけ、ダークドレアムを20回以内のターンで倒し、真のエンディングとやらを見ることだけはやる。そんときゃ、やまびこメラゾーマやギガスラッシュ等を連発して、20ターン以内で確実に仕留める。

というわけで、こんなところで。カジノ攻略法、Thanks.
(他の方々、久々のところをいきなり訳の分からんエントリーでごめん。)

んじゃ。

(メレ)

スポンサーサイト
  1. 2015/08/28(金) 06:24:24|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<こたろ選手権終了 | ホーム | 選手権予選>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/553-0d12f600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる