ま、適当に

思いつきで書くよ

1.腫瘍とがん

(1)腫瘍の種類
・腫瘍には「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」の2種類があります。
・良性腫瘍は大きさによる物理的な障害を除き、特に人体に害を及ぼさないものです。
・悪性腫瘍はいわゆる「がん」「悪性新生物」と呼ばれるもので、大きさの大小によらず人体に害をもたらします。
・良性腫瘍と悪性腫瘍は細胞診(病理検査)により見分けられます。
 (以降、ここで取り上げるがんは固形がんを対象とし、白血病等の血液系のがんは対象から除きます。)

(2)がんと死
・悪性腫瘍は死に至る病とされてきましたが、近年、実はそうでもないものも含まれるということが分かってきています。
・つーか、悪性腫瘍はその昔、自覚症状等により人を死に至らしめるものばかりが見つかっていたので、世間に死の病との認識が定着しました。
・ところが最近の診断技術、特に画像診断技術の大きな進歩により、無症状のものも積極的に見つけられるようになってきました。
(ここからわざと話を少し飛躍させますが、・・・)
・それに伴い、自覚症状もなく放っておいても死ぬことのない類いの悪性腫瘍の発見率が跳ね上がり、これをもって早期診断だともてはやす風潮が世に増殖してきました。
・でもって、これをむやみやたらに治療しまくってはがんが治ったと騒ぎ立てる。そんなケースが、世界の中でも本邦のみで激増しています。
・これがいかに胡散臭いものであるのか、次からこの辺のからくりについてゆっくりと触れていきます。

スポンサーサイト
  1. 2016/02/05(金) 21:58:57|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2.がんの特徴 | ホーム | 【無責任連載】 阿呆でもわかるがん対応>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/558-7f50fea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる